ソースと言ってもいろいろあるがここで言うソースは調味料のソースである。
現在ではいろいろなソースが販売されておりその数はざっと数えても10は下らない。
まだまだ知らないソースも含めるといくつになるのか見当もつかない。

そんなソースであるが昔はソースと言えば1種類しか無かった。
無かったと言うよりは知らなかっただけでホテルや高給レストランでは当時からある程度
のソースの種類があったかも知れないが庶民にはそれは分からないことだった。

その1種類は今で言えばウスターソースでこれが醤油と同じような瓶に入っており
それをガラスの容器にその都度入れて使っていた。

食卓には2つの同じ容器が並んで置いてあったが同じような色をしておりその区別が
つかず漬物にソースを掛けるなんて失敗も何度かあった。

漬物にソースを掛ければそれこそ食べれたものではない。
何度か失敗すれば学習もし、それを防ぐためには匂いをかいでみることで解決。

家庭以外でも大衆食堂にも同じようにおいてあったが匂いをかぐ、ということがあちこち
で見られたが誰も批判をする人は居なかった。

食堂によっては容器にソース、しょうゆ、と子供でも分かるように漢字を使わずに
書かれているところもあったが良い案ではあるがたまに間違って入っていることが
ありこれでは何のための記載かも分からない状態だった。

今では容器の匂いをかぐなんてことはマナーに反すると非難されそうだがそれが
普通の光景であった時代の想い出でもある。


人気ブログランキングへ

������違����潟��潟�違�祉����祉��������井�����

�����祉��������井�� ������������� 罔�羌�DeNA�����ゃ�鴻�帥�若�冴��