助っ人野手はここ何年も無風状態であったが来年はそうもゆかないようだ。
新たに加わったオースティンがその鍵を握る。

オースティンの前評判はすこぶる良い、そのままレギュラーになってもおかしくない
選手であるがやっぱり助っ人は試合をやってみなければ分からない部分もある。

評判通りの選手であれば野手3人起用もありうるがそうなるとどうしても投手が手薄に
なり、このあたりをどうするかも見ものだ。

目下オースティンをライトに起用しファーストをソトとロペスで争わせる方針のようがだ
問題はやっぱりロペスであろう。

年齢的にもそろそろ低下の時期にきており来年は今季以上の活躍を望むには
若干無理がある。

今季もチャンスに打ち、ロペスのお陰で勝った試合も何試合かあったが打率が2割5分
に達しないのはやはり助っ人としては物足りない。

こうなると予想されるのは来季はオースティンとソトが起用されロペスは控えに回る
ことが多くなるのではないかと予想している。


人気ブログランキングへ

������違����潟��潟�違�祉����祉��������井�����

�����祉��������井�� ������������� 罔�羌�DeNA�����ゃ�鴻�帥�若�冴��