2024年の交流戦は今日の阪神ー日本ハム戦で全ての試合を終える。

この2チーム以外は全ての試合を終えているがDeNAの結果は3位で終えた。

勝敗数は昨年と同じだが残念ながら優勝には手が届かなかったがリーグ1の
勝率であったので今年も交流戦は大成功と言えるだろう。

特殊だったのがホームで弱くビジターで強い、いわば逆内弁慶と言うべきか
それとも外弁慶と言うべきか?

ビジターでは2チームに3連勝、他も2勝1敗の勝ち越してトータル8勝1敗。
対するホームゲームは各チーム共に1勝2敗の負け越し。

本来であればホームで強いはずなのだが何故にこうなったのかは全く分からない。
言えるのはDH制がある方がDeNAには有利なのか、と言う点のみである。

慣れている試合よりも慣れないDHの方が良いなんて通常はあり得ないが
これがあったのは不思議な現象でもある。

他にはオースティンのホームラン王や新人石田裕投手が2勝を挙げたことも
特筆されることであろう。

個人的感覚で言えば今年の交流戦は昨年と共に過去1,2番の結果であったと
思っている。


人気ブログランキングへ

������違����潟��潟�違�祉����祉��������井�����

�����祉��������井�� ������������� 罔�羌�DeNA�����ゃ�鴻�帥�若�冴��