森下/清澄白河 古本屋・古書ドリスのBlog

江東区森下の古本屋「古書ドリス」は幻想絵画・フェティッシュな写真集・妖しい魔術書や幻想小説などの古本を扱っています。 店内では球体関節人形、銅版画、オブジェ等の展示を不定期に行っています。 各種イベントにも古書店として参加。ギャラリー、雑貨店、レコードショップ、商店街、商業施設、映画館など様々な場所に古本を出品しています。

春の目覚め子供が大人へと成長する過程のほんの一時。子供でも大人でもない時代。誰しもが通る時期ですが、その苦さや恥ずかしさを早く忘れようと蓋をしてしまう。思春期とは、大人が直視できない恥部であり、懐かしい悪夢でもあります。ここでは、そんな思春期の少年少女た ...

ホン・サンス監督の「自由が丘で」という映画が好きです。想いを寄せる年上の韓国女性に会うために、ソウルの街にやってきた日本人男性「モリ」を加瀬亮が演じています。 モリは坂道と細い路地の多い迷路のようなソウルの街で女性を探しながら、魅力的な ...

澁澤「集成は今から考えるといかにも若書きでね。あれはあれでいいんだけど、いまやあれの読者が中学生・・・」 種村「中学生?」 澁澤「いや、中学生だけと言っちゃぼくとしても情けなくなるけど、中学生が読んで電話してくるわけ。クラスのいじめっ子 ...

アレハンドロ・ホドロフスキーのタロットカード遍歴には、神秘主義思想に通じる偉大なシュルレアリスト達が関わっています。 マルセル・マルソーの助手としてメキシコを旅行していた時、ホドロフスキーは詩人・画家のレオノーラ・キャリントンと知り合います。 ...

 2016年も、古本屋としての仕事を通して、色々な人達と関わる事ができました。展示、映画の宣伝、新刊書籍の販売など、たくさんの良い経験を重ねる事ができた一年でした。そして数ある古本屋の中から、本を売る時に当店を選んでくださるお客様のおかげで、古本の品揃えを充 ...

↑このページのトップヘ