森下/清澄白河 古本屋・古書ドリスのBlog

江東区森下の古本屋「古書ドリス」は幻想絵画・フェティッシュな写真集・妖しい魔術書や幻想小説などの古本を扱っています。 店内では球体関節人形、銅版画、オブジェ等の展示を不定期に行っています。 各種イベントにも古書店として参加。ギャラリー、雑貨店、レコードショップ、商店街、商業施設、映画館など様々な場所に古本を出品しています。

小冊子「占歌留多手稿 わがタロットカード 寺山修司」付 画家の薄奈々美と寺山修司の合作。タロットの起源を独自解釈し、新しい魔術教理によって編み出された、実用的なタロットカード。解説では、山口昌男や種村季弘 ...

古書ドリスでは、7月2日から、コラージュ作家の松島智里さんの個展「Al di la アルディラ ~の向こうに」を開催しています。 会期:7月2日(土)-24日(日)水曜休営業時間 12時ー20時会場:古書ドリス店内には、少女、バレエ、吸血鬼、ファムファタールをテーマとした、 ...

吸血鬼のイメージ吸血鬼の本場はやはりヨーロッパですが、日本に「吸血鬼」という概念が入ってきたのはつい最近のことのようです。昭和30年代に欧米の映画が数多く上映され、やがてクリストファー・リー主演の「ドラキュラ・シリーズ」をはじめ吸血鬼映画が公開され、その後 ...

泉鏡花「歌行燈」 うどん屋の歌行燈をご存じでしょうか?三重県桑名市に創業、明治10年の当時は「志満や」として営業していた一軒のうどん屋を舞台のひとつとして小説「歌行燈」が出版されたのが明治43年のこと。やがてうどん屋は「歌行燈」と名乗り今日全国チェーンとして ...

1980年代DCブームのなか、金子功によって立ち上げられたブランド「ピンクハウス」。フリル・テディベア・リボンといったモチーフを多用したロマンティックなお洋服が一定層の乙女の心をわしづかみにしていました。装飾過剰とも言えるデザインを日常着として纏うこと、一見 ...

↑このページのトップヘ