森下/清澄白河 古本屋・古書ドリスのBlog

江東区森下の古本屋「古書ドリス」は幻想絵画・フェティッシュな写真集・妖しい魔術書や幻想小説などの古本を扱っています。 店内では球体関節人形、銅版画、オブジェ等の展示を不定期に行っています。 各種イベントにも古書店として参加。ギャラリー、雑貨店、レコードショップ、商店街、商業施設、映画館など様々な場所に古本を出品しています。

11月になりました。江東区森下で約5年間もお店をやってきましたが、閉店までもう1週間もありません。11月7日(火)に、お店は閉店いたします。店内はまだそれほど変化はありませんが、移転の準備はそれなりに進んでおります。時間が経つにつれ、仕事はどんどん忙しくなります ...

9月上旬、いつもの朝。不動産情報サイトから毎朝届くLINE通知にも期待しなくなっていた頃、日暮里にちょっと気になる物件が出ました。住宅街に位置する20坪以上のスケルトン物件。扉もトイレも何もありません。古本屋は、セレクトショップ的なイメージを目指すのでもない限り ...

「頑張る」という行為は、何かを成し遂げるために困難に立ち向かい努力する事ですが、物件との出会いに恵まれない状況では、何に向かって努力したらいいのかわかりません。そもそも当店には、絶対に森下を出なければいけない理由がないのです。相談したある方には、森下の環 ...

「今、東京で一番アツいのは、蔵前から浅草あたりだと思います」あるコーヒーショップにて、東京東側でこれから盛り上がりそうな場所ってどこですかね〜と若い店員さんに話しかけたら、そう答えてくれました。しかもこの店員さん、偶然にも当店に来られたことがあることが会 ...

↑このページのトップヘ