鶯谷/入谷 古本屋DorisのBlog

台東区根岸の古本屋「古書ドリス」は幻想絵画・魔術書・外国文学・写真集・などの古本を扱っています。 店内では球体関節人形、銅版画、オブジェ等の展示を不定期に行っています。 古本の買取も行っております。ご相談ください。

秋の上野は、面白い展覧会が目白押し。 東京都国立博物館でマルセル・デュシャン展、上野の森美術館でフェルメール展、国立西洋美術館でルーベンス展、東京藝術大学大学美術館で 藝大コレクション展2018が開催されています。 デュシャンとルーベンスは、今週見てきましたが、 ...

私が球体関節人形と出会ったのは17年前、高校1年生の時でした。当時、活字に没頭することで居場所を求め、現実世界から逃れ殻に閉じこもっていた私は日々貪るように本を読みあさり、地元の小さな書店にめぼしいものがなくなると少し離れた仙台まで出かけ、当時出来たばかりの ...

セルフポートレイトを撮り続けている写真家・東京るまん℃(Tokyo Rumando)の写真集「REST 3000~ STAY 5000~」「Orphee」の2冊を紹介いたします。この2冊は、『エロティックアートと秘教主義』の第3章「妖異闇黒図書閲覧室」で紹介されています。「REST 3000~ STAY 5000~ ...

スタッフ伏見です。画集「Raymond Borde ジャン=マリー・プメロル」を紹介します。 相馬俊樹氏著『エロティックアートと秘教主義』で紹介されているフランスの画家、ジャン=マリー・プメロルの画集です。 この画家の作品は、大きく2つに分けられます。細密に描かれた、静謐 ...

芸術と魔術の類似性については、以前から関心があり、今年1月に当店で開催したアレイスター・クロウリー著「麻薬常用者の日記」(国書刊行会)の発売を記念した滝本誠さんのサイン会でも関わった方やお客様とそんな話題になったことを思い出します。 今回のブックフェアのき ...

↑このページのトップヘ