2006年02月20日

ブログ討論会まとめ!

==============================

皆さん、こんにちは!
蒲郡製作所の伊藤です。

先日、ミナログのみどりかわさんから「サービスロボット市場はなぜ
一向に立ち上がらない?」というテーマをいただき、当ブログでも、ご
意見を述べさせていただきました。

少し前になりますが、みどりかわさんが皆さんからのご意見をわかりや
すくまとめていただいたのでご紹介しようと思います。

詳しくはみどりかわさんのブログをご覧いただくとして私が印象
に残った部分についてお話致します。

(有)吉川ハードクロムブログのたくおさんの御意見ですが、
 
 こんなロボットがあったら良いなあと思う機械は、人間ロボット!
 その人の持つ能力そして行動をコンピューターに打ち込み行動して
 もらう。

技術的にどうやって人間の能力や行動をコピーするのかは、別にして
こんなロボットができたら、欲しいと思う方は多いのではないでしょうか。
みどりかわさんもサービスロボットの最終形態とおっしゃってみえますが、
自分でやってみせて憶えさせることは、人間の社会でも基本ですね。

先日書き込みいただいたsa−koさんにご紹介いただいた漫画があります。
「まるいち的風景」(全4巻)です。もう絶版になっていますので、中古し
かありませんが、ご紹介いただき、すぐに購入して読んでいます。まだ1巻
を読み終えたところですが、これだったら実用的だなと思えるロボット「ま
るいち」の日常が描かれています。ユニークな設定が話題となり、「TIME」
誌にも紹介されたことがあるそうです。

「まるいち」はアトムのような、自立思考型のロボットではなく、行動トレ
ース型のロボットです。未設定では何もせず、動きません。たとえば掃除を
して欲しかったら、自ら掃除をしてみせ、教えなければいけないのです。
さらに「まるいち」は、その人の癖までもトレースします。おもしろいですね。

人間には絶対服従が基本にあるロボットにとって、人工知能を備えたヒューマ
ノイドを想像するより、行動トレース型の「まるいち」のほうがより実現性が
高いのではないでしょうか。いずれにしても、私が思っているよりずっと早く
サービスロボットは、ある時期を堺に爆発的に普及するのかもしれませんね。

ミナログのみどりかわさんのまとめをぜひご覧ください。
サービスロボットについて考える機会をいただきましたみどりかわさんに改め
て御礼を申し上げます。ありがとうございました。

蒲郡製作所のサイトへ

kotabimax at 21:52コメント(2)トラックバック(0)インターネット関連  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by みどりかわ@ミナロ   2006年02月21日 14:46
先日は貴重なエントリーありがとうございました。

「まるいち」行動トレース型ロボットですか。
なるほどそういうのはアリでしょう。

産業用ロボットでいうティーチングでしょうか。

今はまだ人が動かして覚えさせる動作を、ロボット自身が見て覚えてくれるようになればいいですね。

ありがとうございました。
2. Posted by 伊藤@蒲郡製作所   2006年02月21日 22:36
みどりかわさん、こんにちは!

おっしゃるとおり、溶接ロボットなどは
熟練工が一度動かすと、そのとおりまねる
ことができるそうですね。

あまり何でも他のものにやらせようとする
ことにも問題があるのかもしれません。
何でも欲しいものが手に入る今の時代のように。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
Profile
伊藤智啓(いとう としひろ)
株式会社蒲郡製作所 代表取締役
1960年3月5日生まれ

精密部品加工経験 22年+α
武蔵工業大学機械工学科卒
現在、技術士(金属部門)資格
取得挑戦中!
*****参考図書*****
いろいろ


ブログランキング・にほんブログ村へ

  • ライブドアブログ