ウリ イ・ジュンギさん の 日常

俳優イ・ジュンギ、そして人間イ・ジュンギを応援しています。

注意)記事内容には映画ストーリーの部分が含まれています。
--------------------------------------------------------
[エク'sレビュー] 'シチリアの陽射しの下' イ・ジュンギのメローは嬉しいが ⇒元記事
movie_image (1)
movie_image (4)
久しぶりに会うイ・ジュンギの本格的な 'メロー' だ。
来る28日封切りを前にして、'シチリア陽射しの下'(監督リン・ユゥシェン)は慣れた設定が結構多い台湾映画だ。  

幼い頃、脳腫瘍にかかった父と死別して、姉に従ってイタリアに行くことになったパク・ジュンホ(イ・ジュンギ)は、偶然に中国上海大学に入学することになって、彼はシャオユウ(チョウ・ドンユイ)に惚れて彼女と出会いを持つようになる。

二人はキャンパス カップルから社内カップルになって、甘い愛を育てていく。 プロポーズと共に育て始めた子犬カン・カンもまた、彼らと共にしている。 そうする中、パク・ジュンホは突然イタリアでオペラを学ぶと宣言して別れを告げる。

突然の別れを受け入れることができないシャオユウが苦しがる中で、彼女はジュンホがイタリアで転落死に遭ったという話を聞くことになって広がる話が繰り広げられる。  
movie_image (8)
movie_image (3)
何より、しばらく会うことができなかったイ・ジュンギのメローを見ることは嬉しい。 イ・ジュンギはSBS '月の恋人' をはじめとして、最近彼の出演作は彼のロマンチックな容貌よりは、もう少し強靭な姿やアクションを多く見せたところ。

イ・ジュンギは 'シチリア陽射しの下' を通じて多様な魅力を発散する。 シャオユウにアピールするための彼のコミカルな踊りも見ることができる。 イ・ジュンギは韓国語と英語、中国語を行き来して対話を消化する。 直接収録曲 'For a While' も熱唱するなど、中国スクリーン進出作のために最善を尽くした姿。  

青いシチリアの海水やビンテージな感じを与える上海の空間などは、それなりの見どころを与える。 中国のキム・ゴウンと呼ばれる新鋭スター チョウ・ドンユイとイ・ジュンギの呼吸も悪くない。 

ただし、脳腫瘍など難病を活用した典型的ながらも、押しが強いストーリー進行は、'照れ' くさい反応を得ることもできるように見える。 それまで脚光を浴びた台湾映画と似ているようで違う。 来る28日封切り。

イ・ジュンギ×チョウ・ドンユイ 'シチリアの陽射しの下' 封切りD-1、2次ポスター ⇒元記事

映画<シチリアの陽射しの下>(監督リン・ユゥシェン)が2次ポスターを公開した。

<シチリアの陽射しの下>は3年間付き合ったが、突然イタリアに発ってしまった男ジュンホ(イ・ジュンギ)とその後に一人で残った女シャオユウ(チョウ・ドンユイ)の話を描いたロマンス メロー映画。<シチリアの陽射しの下>が去るスペシャルポスター公開に続き、2次メインポスターを公開して視線を集中させている。

<シチリアの陽射しの下>は去る22日木曜日メディア配給試写会と一般試写会を通じて、ロマンスメロー映画としてより一層位置づけを確かに年興行を予感している。 公開されたスペシャルポスターの美しい色感に加えて、今回は縦型で作られた2次メインポスターを公開して映画に対する期待感がより一層高まった。

シチリアオールロケ撮影という言葉に遜色がない2次メインポスターは、美しい風景の光をより一層生かす青い色感のポスターを見せてくれた。
合わせて、スペシャルポスターにも入れられたジュンホ(イ・ジュンギ)のセリフ
'ただ一度もここを去る考えをしたことがなかった。 彼女に会う前までは'
단 한 번도 여길 떠날 생각을 한 적이 없었다. 그녀를 만나기 전까진
は、国籍を越える二人の主人公の切々たる愛がより一層伝えられて気がかりなことを誘発する。 

胸の片隅が痛くなる愛を語ったイ・ジュンギのメロー<シチリアの陽射しの下>は来る6月28日封切りする。 

2次メインポスター
movie_image (2)
スペシャルポスター
movie_image
1次メインポスター
movie_image (1)

#イ・ジュンギ #Leejoongi
#VogueKorea #tvN #クリミナル・マインド
演技職人が作り上げた逸品Bカット
#ヴォーグコリア7月号
#이준기 #Leejoongi
#VogueKorea #tvN #CriminalMinds
연기 장인이 만들어낸 명품 B컷
#보그코리아 7월호
19488548_1131307216974303_4813532115094564912_o
19488863_1131307226974302_1865204412095882023_o
19441758_1131307220307636_5252383718891068721_o
19442103_1131307296974295_6891667345606433390_o
19467863_1131307303640961_6115224028932441126_o
2072965474_sgXajcWn_0a33e6c70d53e10d080cf888674dcd117dec9744

Bカットでない画像はもちろん ↓...まっすぐに見つめられてドキドキ~~
2072965474_hFqxoTjK_57dd7461f18d2780f37b8533c8b09d0771fb39be
2072965474_G3uzCYfB_b3cd44b2b7f709ea342b28a65e3fd3554bfc673f
2072965474_Ps4TXBgD_478bde49522264d05ddee4e172930d1ed74c20ca

韓国雑誌marie claire 2017年7月号 HPインタビュー ⇒元記事

イ・ジュンギの動力/이준기의 동력
俳優イ・ジュンギはしたくて、しなければならないという心一つでそのように進む。
mck_5943a080925f1-750x945
'現場にいなければ耐えることはできない人がする演技'。

もう俳優イ・ジュンギの作品を見ることになるならば、このような気がするようだ。 インタビューが一人に対するただ数時間分量の断片的印象ということをよく分かっていながらも、俳優イ・ジュンギを置いて普通と違っても盲目的な確信の入った理由は、一時間の間交わした対話の密度のためであるはずだ。
演技に対する喉の渇きと欲をこのように積極的であって加減なしに吐露する俳優は多くない。 その上たった今、演技の面白味を悟った新人俳優でなく13年目俳優と言うならより一層。 対話の途中、彼は1年に一作品は 'したい' という言葉をすぐに 'しなければならない' と訂正した。 したくて、しなければならないという心一つでイ・ジュンギはそのように進む。
今年夏、彼はtvN心理捜査劇<クリミナル・マインド>のNCI要員 'ヒョンジュン' になって再び走って転がる。 2005年からアメリカCBSで放映されてシーズン12まで大きな愛を受けたまさにその作品だ。 過激なマニアを率いている大作のリメイク作、創社以来最大製作費を投じたtvNの2017年下半期野心作という負担を跳び越えることも期待とときめきだ。
インタビューが終わる頃、彼は一生を俳優をしたいという言葉を繰り返した。 一生しなければならないことだと想像した時、苦しさよりむしろ嬉しくて当たり前のように見なされるならば、それがまさに本当に一生してもかまわないことであろう。
이준기_워터마크10
mck_5943a04168182-750x945
mck_5943a0480fb5b-750x945
mck_5943a04eeb291-750x945
이준기_워터마크5
mck_5943a03a5381b-750x879
이준기_워터마크9
ドラマ<犬とオオカミの時間>以後、10年ぶりに要員で生きている。 久しぶりにする現代物でもあり、以前の作品らと比較すると生きて呼吸する、自分そのままのイ・ジュンギの姿を見せることができそうで楽しく撮影している。 犯罪心理捜査劇ではあるが、基本的に人間愛を入れた作品だ。  
'ヒョンジュン' というキャラクターは原作ドラマのどのような役割というよりは、韓国情緒に合うように創造された人物に近い。 冷徹なプロファイラーたちが集まっている捜査チームにスカウトされた要員で同情心と利他心(自分の利害はさておき、他人に利益となる ように振る舞おうとする心)が強い。 突発的で多血質 'おせっかいな人' に痛みも持っている。 このような性格のために被害者と捜査機関の間の中間橋の役割をするが、劇序盤にはチーム員らと葛藤を生じさせたりもする。

'ヒョンジュン' キャラクターだけ見れば、一種の成長物のように感じられる。 ヒョンジュンは被害者を助けるために自身がどんな役割をしなければならないかを覚醒してより冷徹になり、捜査チームを助けになるほど成長する。 青少年期を痛く送ったが、以後様々な事件を体験して特別捜査チームに合流して徐々に発展していく人物だ。 ヒョンジュンの人間的な面を通じて、視聴者たちが劇に同化されたら良いだろう。 痛い青少年期だなんて・・・すでに多くの作品で '事情ある男' を引き受けなかったか。
イ・ジュンギがすれば感じられる特有の悲しい情緒がある。 当たっている。 作家様が常にちょっと私をそのように、常にご両親と死別して・・・。(笑) 私が両面性を見せることができる俳優だと考えるようだ。 私を通じて両極の感情を見せて多様な状況を描きたがられる。 そのような使い道があるという事実に感謝するが、同じ感情線でも作品ごとに違うように表現しなければならないから、常に難しい。
mck_5943a06371a2d-750x945
mck_5943a06b78456-750x945
毎作品苦労もする。 今回の作品もアクションシーンが多い。
あえて苦労を探して通ったのではないが、作家様が台本を書いてある瞬間、私をちょっと転がしたがられるようだ。(笑) また、私が転がり落ちてこそ、もう視聴者たちも何かちょっと見るようでないだろうか? 私も躍動的な表現が好きで、現場で多様な意見を出すほうだ。 それではそれをまた、監督様が確かに受け取って下さる。

このくらいなれば、イ・ジュンギがすればロマンスもちょうどスペクタクルするようだ。
エアコンの風に当たって室長あるいは会長の息子役をしてみたい。 毎年夢見ている。(笑)

以前に1年に一作品はしたいと言ったことがある。
さらに正確に言えば、'したい' ではなく 'しなければならない' だ。 可能ならば、今よりさらにたくさんしたら良いだろう。 1年に最小二つの作品はすればと思ったが、ドラマを一作品したら半年が過ぎている。 それでも毎作品を1月に始めて6月に終わらせるのではないから、時期が曖昧にまたがれば常に惜しい。 俳優には履歴を作っていくことが重要なのに、時間を軽く使っているのはないかと思ったりして。
作品に対しては欲が深い。 毎度他のキャラクターに会いたくて、必ず主人公ではなくても映画でインパクトあるキャラクターを演技して観客を驚かせたかったりする。 それで映画関係者たちも会っている。 大部分が 'イ・ジュンギ有名なことは分かるだろう' と言うのに、それでは私は 'こうしたことは見られなかったのではないですか' と言いながら積極的にアピールする。

俳優イ・ジュンギでだけ、とても熱心に生きることではないのか? 仕事にだけぶらさがってみるならば、時に寂しくなる瞬間もあるようだ。
いつも責任感を感じて生きているために、それが私を寂しくするという考えは入る。 しかし、'俳優イ・ジュンギである時は熱心に演技して、人間イ・ジュンギである時は人生を楽に享受して生きなくてはならない' という考えは私とは合わない。 仕事をする時間の他にも、'私が何かをもっとしなければならないだろう?' あるいは 'どんなものを誤っているだろう?' と自問して冷静に自分評価をするほうだ。 
多くの人々の愛を受けたから、受けただけ良い機運を戻さなければならないことは当然だ。 時々大衆の願うことを私が満たすことのできない場合、私が認められなくて空しいと考えるより、私がなぜ大衆の変化に合わせていくことができないのか、また振り返る。 この一連の思考過程が今ではとても自然になった。

一生俳優をしなければならない。
たびたび '君が俳優するのか? 大衆俳優になるのか?' という質問を受ける。 大衆俳優との単語が正確にどんな意味なのかは分からないが、私が大衆を気遣う俳優だということには間違いない。 先輩たちは大衆の反応にこだわって周辺の顔色をうかがえば、演技することが難しくなるからあまり縛られるなと忠告もする。
しかし、大衆との関係に対する悩みはせざるを得ないようだ。 利他的性向の人々が相互関係を重要だと考えるのではないか。

今日会ったイ・ジュンギは大衆が見たがる姿も考慮するしかない性格の俳優であるようだ。
正しい。 私はそのような俳優だ。 幸いなことはこのような性向の人々が小さい傷にも小さくなって、中心が簡単に揺れたりするが、私は最大限肯定的に考えようとする。 まだ大きいストレスはない。
ところでこれもまた確信することはできないことが、なぜ年を取れば心が弱くなると言わないのか。 この頃には、私にこんな弱い面があったかと思う時がたびたびある。 前は一週間なら終わらせた悩みを一ヶ月間握りしめていたりして。

悲観が激しかったとすれば、次の作品を選択するのに多くの時間が必要だったことだ。 特有のエネルギーのおかげで毎回新しく起きなかったのか? 
ちょっと休めと助言する人々もいる。 俳優一人で上手にすると作品が成功することでもなくて、多くの要素が集まってシナジーを作るべきなのに、とても焦燥感を出すということだ。
ところでひたすら悩みだけするには時間がとても惜しい。 'なぜ失敗するのだろう?' と一人で考えるより、私には現場で体で答えを探す方式が合う。 作品をする中にだけ得ることができる覚醒が明らかにある。 たとえ、'私がなぜこれをまたしているのだろう? なぜ発展がないのだろう?' という式の質問は、現場で演技をしていてこそできる疑問で、そこでぶつかってこそ答えを手に入れることができる。 現場にいたい。 ずっと。

現場をどれくらい好きなのかよく分かる。 さらに断片台本も良いと言った。 この程度なら仕事中毒ではないのか。(笑) 
覚えることが好きで。(笑) 俳優のことだけで瞬間毎を満たすことはできないから、休む時は演技の他にアルバムレコーディングや公演形式のファンミーティングもしている。 ファンたちに感謝の挨拶を伝えることでもあるが、これを通じて新しい感情と感覚を悟って刺激される。 俳優は自分だけのソースをたくさん持っていなければならないということではないのか。 そうした点で俳優の仕事の延長線だと考える。

エネルギーを分散すれば消耗することと考えそうだが、むしろ反対だ。
作品をする時間を先送りしながらファンイベントを行うことではないかと心配するファンたちもいる。 私たちにそこまで有り難く思う必要はないと言って。(笑) そうではない。 俳優ごとに休み時間にストレスを解く方法が違うはずだが、これが私の休息の方法であるだけのことだ。

日常が体系的に整理された感じだ。
かなり退屈なのではないか? 

退屈だというより、自身に与えられた時間をどのように活用するべきか正確に分かっている人のようだ。
以前にはこのような私を誇らしいと考えたが、実際に知人たちから良い言葉は聞けない。 旅行もたくさんして趣味も持って多くのことを経験して見なさいと言うのに、家と撮影現場、日課に関連した場所の他には特別な動線がない。
台湾に何度も行ってみたが、本当に分かることがあまりないのもそのためだ。 ホテルと公演会場の他には歩き回らない。 関係者たちがどうせ来たついでに観光もしてショッピングも楽しみなさいと薦めるが、仕事が全て終わったが、他の人が使うお金で周辺の人々を大変にさせてどうして残っているのかと思う。
そうしたことは私に楽しいことでないと丁重に遠慮する。 そして十分に面白かったと言う。 ファンたちと共にする、このような思い出を持つことができる人が世の中に何人いるのか。

それで今幸せなのか? 
もちろんだ。 他のものを考えてみたことがないから。 代わりに私のインタビューがちょっと退屈だ。 ある記者は、'それで俳優イ・ジュンギは分かる、普段の人間イ・ジュンギはどんな人か' と質問する。 
他の俳優のように日常の多様なエピソードがなければならないが、それがないからお互いにちょっと堪え難い。 インタビューのために何でもしてみなければならないが、パラグライディングでもしてみて。(笑) それでインタビューする時、'あの時、足が折れるところだったのではないですか' という式の話でも聞かせて差し上げなければならないということだ。 雑誌を読む読者らもそのような部分を面白がるから。

それでも、日常の話をしようとするなら酒を楽しむと聞いた。
それでファンたちが心配が多い。 常に緊張した状態で過ごして見たら、軽く解けることができる時間が良い。 人々と集まって話し合うことを楽しむのに、人々の生きる話を聞きながら私を振り返ってみたりもする。 表現することを仕事として見たら、落ち着いて眺めて聞く時間が多くないのでより好きなようだ。 私の話もたくさんして。

ところが酒の席をそのように真剣にさせてしまう。
最後には結局仕事の話をするから。(笑) さらには、この頃は酒を飲んでたくさん泣く。 前は誰かが泣けば '何か醜い、酔ったのではないか?' と言ってとがめたが、年を取ったのか酔ってもいないのに、何か対話がぽきっと心を触れれば涙がぽろぽろ落ちる。

朝、布団キック(過去のことを思い出して恥ずかしくなること)をちょっとしただろう。
初めの何度かは布団キックしたが、今はすべて分かると '俳優だからそのようなこともあるだろう!' としてしまってそのまま泣く。(笑) それでも酒を飲んで怒ることよりはましではないのか? どうせ泣くならば美しく泣かなくてはならない。 俳優のように。

酔中にも俳優のようにとは、天上俳優だ。
私は天上俳優ではないようだ。 メソッド演技をやり遂げる最高の俳優ではないかもしれない。 最大限劇の中に入って没入して上手にしようと思う俳優であるだけのことだ。
それでさらに緊張しなければならない。 '演技天才' 俳優のようにはできないとしても、大衆の愛を受けようとするならばということだ。
mck_5943a05c8649f-750x945

注意)記事内容には映画ストーリーの部分が含まれています。これから映画を楽しみにされている方にはお薦めしません...^^;
--------------------------------------------------------
[レビュー]
慣れたメローに活気呼び込んだイ・ジュンギの青春 'シチリアの陽射しの下' ⇒元記事
movie_image (1)
俳優イ・ジュンギが明るく笑って愛を歌うことはどこか見慣れない。 いつも深い事情を引き込んで、すさまじく嗚咽した姿が残像に残るからであろうか。 
それで映画 'シチリアの陽射しの下' で、イ・ジュンギが描写し出す生き生きとした愛の物語は両腕を広げて歓迎であり、犯罪・アクション・娯楽・ノワールにしばらく疲れた観客の重さを減らすメローの登場も嬉しい。

分別がない男主人公ジュンホ(イ・ジュンギ)は問題児キャラクターで偶然な機会に中国上海大学に入学する。 アツくて率直な、ふっくらと飛ぶ性格を持ったシャオユウ(チョウ・ドンユイ)に一目惚れすることになって、心を捕らえるためにダンスプロポーズイベントまで広げて生き生きとした愛を始める。
時間が流れた後にも同じデザイン会社で勤めることになった二人は固く愛を継続するが、突然ジュンホはイタリアに戻ると言ってシャオユウに別れを宣言する。
movie_image (6)
別れの悲しみに陥ったシャオユウは強力な心理的不安感を感じて毎日毎日狂っていく渦中にジュンホが活火山登山中に死亡したという消息を聞く。 惨めさに勝てないで、結局誤った選択をするまでに至ることになる。

ディテールな部分を調べれば多少無茶な部分もあって、幼稚なセリフと言葉の遊びをやりとりしたりもする。 しかし、愛に陥ってすべての世の中が美しく照らされる二人の男女を描くためなら可愛い水準だ。

また愛らしい魅力を持った中国チョウ・ドンユイと彼女に向かって愛の賛歌を歌うイ・ジュンギの純愛譜は、見る人に、笑いを作るようにさせる。 そのおかげでイ・ジュンギの中に隠されていた清涼な魅力が、スクリーンの上にもの寂しく繰り広げられた。 イ・ジュンギの姉役に出演した俳優ユソンは、短い分量にもかかわらず硬い演技力で映画に重さを加える。
movie_image (3)
しかし、クリシェ(cliche)いっぱいな映画の展開は物足りなさをかもし出す。 脳腫瘍にかかった父の遺伝を受け継いだ息子、恋人を傷つけたくなくて非情に振って去る男、しかし置くことはできない切ない愛など、あまりにも見慣れて既視感の支配を受けるようだ。
しかし、映画の全体を几帳面に理解したり読もうとしないで、スクリーンの前の客席に座っている観客が二人の状況をまるで自身の愛であるように没入することになれば、切々さに共に涙を流すことも、笑うこともできる。

何よりこの映画の白眉は光を利用した美しい映像美だ。 上海が主な背景であるこの作品で、時々登場するイタリアのシチリア島の青い空と色とりどりな路地は、人物の感情と感性を豊かに表現するところに助けとなる。

複雑でない青春メロー映画に心の休息を任せたい時、観客が 'シチリアの陽射しの下' の手を握るのか期待を集める。 28日封切り予定。

"画報のような団体ショット" イ・ジュンギ陥った 'クリミナル・マインド' 大家族 ⇒元記事

そのまま集まって写真一枚撮っただけなのに、画報のようなビジュアルが完成された。  

ユソンは23日午後自身のインスタグラムに、"私たちのチョン・テウォン代表様といつも優雅な #オ・ヨンス先輩まで、 久しぶりに大家族。この時..私たちのジュンギはどこにいただろうか" として、tvN心理捜査劇 'クリミナル・マインド' の俳優らと共にした写真を掲載した。  

掲載された写真には、テウォンエンターテインメント チョン・テウォン代表と俳優ソン・ヒョンジュ、ムン・チェウォン、yユソン、オ・ヨンスなど俳優が集まって、座って団体写真を撮影中である姿が入れられた。 コメントがなかったとすれば、画報だと勘違いするほどだ。

'クリミナル・マインド' は、2005年9月22日からアメリカCBSを通じて放映されているアメリカの犯罪捜査物だ。 韓国版 'クリミナル・マインド' には、ソン・ヒョンジュ、イ・ジュンギ、ムン・チェウォン、イ・ソンビン、キム・ヨンチョル、ユソンなどが出演する。 7月放送。
19429020_183030128898199_4689373876503707648_n(1)
2017年6月23日 - Instagram for yoo_sun0129
 ↓ ↓
私たちのチョン・テウォン代表様と。
いつも優雅な #オ・ヨンス先輩まで~♡
久しぶりに大家族~^^ この時..私たちジュンギはどこにいただろうか! ㅠㅠ
#クリミナル・マインド #熱心に撮影中
#いつも集まれば和気あいあい #笑ってシュート~フフッ
울 정태원대표님과..
늘 우아하신 #오연수 선배님까지~ ♡
오랜만에 대가족~ ^^ 이때.. 우리 준기는 어디가있었던거니! ㅠㅠ 
#크리미널마인드 #열촬중 📽 
#늘모이면화기애애#웃다가슛~ㅋㅋ

2017年6月23日 - Instagram for voguekorea
 ↓ ↓
背筋がぞっとするとか、退屈な人生の中で孤軍奮闘の固有な価値を悟らせてくれる俳優 #ソン・ヒョンジュと #イ・ジュンギ 私たちの心を代弁してきた二人の男の心理捜査ゲームが始まる。
フィーチャーエディター/チョ・ソヒョン
フォトグラファー/アン・ジュヨン
スタイリスト/ソ・ジョンウン、チ・テソン(ソン・ヒョンジュ)、パク・ソンヨン(イ・ジュンギ)
ヘアースタイリスト/HAAR&MU ホン・ジソン(ソン・ヒョンジュ)、ペク・フングォン(イ・ジュンギ)
メイクアップ・アーチスト/brendM イ・ギョンウン(ソン・ヒョンジュ)、CENchrea シン・ソンウン(イ・ジュンギ)
セットスタイリスト/パク・ジュヨン
섬뜩하거나 지루한 삶 속에서 고군분투의 고유한 가치를 일깨워주는 배우 #손현주 와 #이준기 👨🏻 우리 마음을 대변해온 두 남자의 심리 수사 게임이 시작된다.
✍🏼피처에디터 / 조소현 (Sohyun Cho)
📷포토그래퍼 / 안주영 (JooYoung Ahn)
👔스타일리스트 / 서정은, 지태성(손현주), 박선용(이준기)
💇🏻‍♂️헤어 스타일리스트 / 하르앤뮤 홍지선(손현주), 백흥권(이준기)
🎩메이크업 아티스트 / 브랜드엠 이경은(손현주), 겐그레아 신성은(이준기)
🔨세트 스타일리스트 / 박주영

섬뜩하거나 지루한 삶 속에서 고군분투의 고유한 가치를 일깨워주는 배우 #손현주 와 #이준기 👨🏻 우리 마음을 대변해온 두 남자의 심리 수사 게임이 시작된다. ✍🏼피처에디터 / 조소현 (Sohyun Cho) 📷포토그래퍼 / 안주영 (JooYoung Ahn) 👔스타일리스트 / 서정은, 지태성(손현주), 박선용(이준기) 💇🏻‍♂️헤어 스타일리스트 / 하르앤뮤 홍지선(손현주), 백흥권(이준기) 🎩메이크업 아티스트 / 브랜드엠 이경은(손현주), 겐그레아 신성은(이준기) 🔨세트 스타일리스트 / 박주영 _ Here is #VogueKorea's fashion film featuring actors #LeeJoongi and #SonHyunJoo for the July issue. #Vogue #李准基 #孙贤周

Vogue Koreaさん(@voguekorea)がシェアした投稿 -

[単独] Criminal Minds 'ゴッド(GOD/神)' ジュンギの帰還!  元記事

こんにちは、NAMOOです。

今日は、
特別な
現場STORYを聞こえて差し上げようと思います。  

明らかに、画報職人の方が撮影を離れると言って
嬉しい気持ちで走って行ったが、
original_13
(ウーン?!)
NAMOOが慌てましたよ!
BZ8A6407
灰色の空、広い草原、岩、土....
こうしたところだけ見える広大な四方。 
BZ8A6530
ぐにゃぐにゃ
入るほど未知の世界
  ・
"ここが画報撮影場所ですか?"
  ・
  ・
  ・
"オムマ"
NAMOOの頭が複雑な時! 
まさにその時、
現われた、まさにあなた! 
BZ8A6427
私の解決策! 
私たちの俳優イ・ジュンギ! 
LEE JOON GI

彼がついに前を振り返って見る瞬間
BZ8A6480
すぐに雨が降り注ぎそうな灰色の空と
巨大な岩丘は
一幅の絵で完成されます。 
12
準備過程もヘジャ
BZ8A6514
モニター見る姿もヘジャ
うんっ。俳優1人登場しただけなのに、

場所が違って見せるこのような
ヘジャ シチュエーション! 
  ・
  ・
  ・
やはりイ・ジュンギ (最高) (最高)
BZ8A6601
熱い暑さが続くこの頃だが、
撮影日は、よりによってが激しく吹きました。 

修正を何度もしなければならない過程でも
私たちのジュンギ俳優は
現場スタッフをむしろ気配りして
ひっきりなしに、キャルルルル
1323
セクシーな無表情と赤ん坊微笑みの
このギャップの差は
ハッ。 私どもを狂うようにさせますね

# 出口封鎖_JG魔術

本格的な初めての撮影は
岩の上ですることになりました。 

別名
# 風を感じること
コンセプト

このように ルヒヒヒ
あのように ヒルルル
風よ吹け
BZ8A6666
BZ8A6652
ジュンギ俳優を感じて
私たちはジュンギ俳優を感じて
ラルララ ルルルル
あらっ、良いこと
BZ8A6656
#イ・ジュンギ_横顔は_真理でしょう ファンタスティック JG♬
 
2番目撮影では草原で
最も茂った木を訪ねて行きました
[私たちのNAMOOではなく、本当の木 T.R.E.E ]
original_8
BZ8A6768
BZ8A6797
皆さんは現在
童話から飛び出してきたような
ハイクオリティー画報で作っておられた
画報職人様を見ておられるところです。

(あの服がどのようにあのようによく似合うんです? )
BZ8A6876
今度は
本.格. ダンスタイム

"自由にウムジギミョンソ♪"
と言うフォトグラファー室長のディレクションに合うように
クイッククイック
スロー
さっとさっと
踊るように身体を使う私たちのイ・ジュンギ俳優
(できないことが何ですか~~~???)
BZ8A7215
空も一度見て
BZ8A7188
地面も一度見て
BZ8A7187
この写真は
#見えるような見えないような
セクシーだ_ずっと_セクシーだ

 (スクロールがなぜ下りて行かないでしょう? 故障したんですか?)
BZ8A7211
この画像も #保存
あの画像も #保存
#保存欲求充満
今日の背景画面はこれで pick pick pick ! 
BZ8A7222
モニターを見るこの目つき_カリスマ 
今度はどんな撮影であろうか? 
気がかりなことがいっぱい漂っている時
現われたイ・ジュンギ俳優!
BZ8A7446
チェン! 
このように見ていらっしゃったなんて
アイコンタクトに息が止まりそうなほど格好いい、決まりきったこと! 
BZ8A7276
撮影始めたら再び
憂愁に満ちた目つき変身
BZ8A7411
腰をそっと折ってみたり
BZ8A7504
今度は
サングラス一度使ってみようか? 
+_+
BZ8A7305
かけようか? やめようか? 
かける! 
チャチャチャッ!
BZ8A7307
明るい
BZ8A7363
BZ8A7373
このように完成された画報は
ジャンジャンジャン
이준기_워터마크5
이준기_워터마크9
이준기_워터마크10
マリ・クレール(marie claire)7月号で
さらに多様で完全な姿で
会ってみることができます。 

今日のヘジャタイムは
ここで終わりではありません。 
original_6

ヴォーグ(VOGUE)7月号では
また他の姿で現われたイ・ジュンギ俳優!
その姿も今日ここですべてはたいてしまいますね! 

スクロール圧迫 準備されて
行ってみましょう~
BZ8A7831
昼間とは明確に変わった雰囲気
壊れた瓶のかけら
暗くなった部屋の中
BZ8A7650
ところが
等しい
イ・ジュンギ俳優の光る
ビジュアル
BZ8A7732
BZ8A7726
酒瓶はいくらなの? ..
砂糖です。 
original_39
BZ8A7695
BZ8A7656
今度は
ネイビースーツ
イ・ジュンギ スーツ イズ 真理 ではないですか??
BZ8A7932
あのように
足首を見せれば
ハ..
とてもひかれます
BZ8A7900
BZ8A7899
世の中真剣だが、
BZ8A7938
このように笑ってしまった後、
BZ8A7947
イ・ジュンギ チケット シグネチャーポーズ! 
original_23
そして
  ・
  ・
  ・
※下の写真は画報ではありません※
BZ8A7983
ただし、
少しの間待機しているイ・ジュンギ俳優を撮っただけなのに
このように
セクシーさと
格好よさと
何と表現しても美貌を包装することはできない
写真が誕生しました。
(大当たり)
original_38
BZ8A8056
モノクロで格好よさをばら撒いて
また
突然豪華になるこの感じ
白くて碧いシャツで軽く
変身したイ・ジュンギ俳優
BZ8A8110
BZ8A8146
写真見たら
開眼したこの感じ
BZ8A8193
BZ8A8184
良い感じそのまま
完成された完璧ヴォーグ(VOGUE)画報
見ないことはないですよね?
02_VG_1437-F2
이준기
+) ボーナスショット
この日は
'クリミナル・マインド' に共に出演する
ソン・ヒョンジュ先輩と撮影したカットもありました!

演技職人の出会いであるから
やはり存在感が天井を突き抜けるようしたという後日談。 
손현주_이준기
画報写真を見たら
ドラマがより一層期待されるんですが

イ・ジュンギ俳優と
ソン・ヒョンジュ俳優が共に撮影中である
tvN下半期最高期待作 'クリミナル・マインド' !

tvN <クリミルナル・マインド>は
犯罪者の立場で
彼らの心理を貫くプロファイリング技法で
連続殺人事件を解決していく犯罪心理捜査劇
KakaoTalk_20170621_184439232
イ・ジュンギ俳優はtvN 'クリミルナル・マインド' で
NCI要員ヒョンジュンに変身して
感情演技からアクションまで、もう一度の
'ゴッド(GOD/神) ジュンギ' 神話 
書いて行く準備をしています! 

期待しても良いです。
来る7月放送予定! 

それではヒョンジュンになってまた会います!

2017年6月22日 - Instagram for kkonyong
 ↓ ↓
マリ・クレール マガジン
ユ・ソンエ記者様、クァク・キゴン室長、キム・ジヘ室長様、シン・ソンウン室長、バク・ソンヨン室長。
Marie Claire magazine
유선애 기자님, 곽기곤 실장님, 김지혜 실장님, 신성은 실장님, 박선용 실장님.
19388468_1124688707636154_4688182117730807593_o
19367517_999670573503253_3610960742993362944_n
19367005_1506594492732383_1167004397427752960_n
19221643_1124688660969492_4913832999716623820_o
19221590_1124688724302819_4596209043101735398_o
19367714_1396500003748518_5727306268939386880_n

Marie Claire magazine 유선애 기자님, 곽기곤 실장님, 김지혜 실장님, 신성은 실장님, 박선용 실장님.

Stylist 박선용さん(@kkonyong)がシェアした投稿 -

W Korea HP−FASHION

踊る都市の宝石
 ⇒元記事

アーティスト ウーゴ・ガートニーのウィットあふれるウィンドウ プロジェクトで気がかりなことをかもし出したメゾンエルメス鳥山パークの新しい姿が公開された。 メゾンは2006年オープンして以来、ヘリテージと職人魂に芸術的で創意的な企画を加えて文化空間として位置づけた。 5月20日、陰陽を象徴する空間と均衡感を基に変身を試みたメゾンのReオープニング パーティーで会った人々。

エルメスを代表する1階のシルク コレクション空間で会ったイ・ジュンギ。
style_5943c4bb662a7-924x1200

このページのトップヘ