ウリ イ・ジュンギさん の 日常

俳優イ・ジュンギ、そして人間イ・ジュンギを応援しています。

2017年10月22日 - Instagram for actor_jg
 ↓ ↓
無事に到着しました~心配してくれてありがとう~❤ 私たちは沖縄に到着したばかりです。私のフライトについて心配してくれてありがとう 日本には~久しぶりですね~
잘도착했어요~걱정해주셔서 고마워요~♥️We just got to Okinawa 🛫🛬thanks for your concern about My flight 😅 日本には~ 久しぶりですね~😚
22637072_1420
22637137_1243

イ・ジュンギ " '王の男' は大きい光栄であり、足鎖だ" ⇒元記事(2007.05.18)
2007051800035257838_4
イ・ジュンギに初めて会ったのは、彼が 'ホテルビーナス' をちょうど撮影して間もない時であった。 屋台で酒を飲んで偶然に同席して会ったイ・ジュンギに対する第一印象は、'ニッポンの感じ' だなと言う程度であった。  

同席した誰かは'とても日本の雰囲気が出て変だ' であって、誰かは 'むしろこの頃はそのようなことが大勢であるかもしれない' であった。 'バレー教習所' を見た時は印象が深かったという水準それ以上でも以下でもなかった。 

時間が流れて '王の男' が爆発した。 言葉どおり '爆発した'。 イ・ジュンギはあっという間に大衆の偶像になって、彼の一挙手一投足がニュースになった。 イ・ジュンギが 'マイガール' に出演すると言った時、'イ・ジュンギが誰だろう' と言っていたが、イ・ジュンギの 'マイガール' に化けるほどであった。 

その後イ・ジュンギはダンスと歌が合わさったファンミーティング 'エピソード1' を行った。 驚いた。 歌手コンサートに劣らなかった。 いよいよ我が国にも、俳優をしながらダンスと歌が可能な万能エンターテイナーが登場したと考えた。  

そして 'フライ・ダディ' が封切りした。  
この時からだった。 イ・ジュンギに 'バブル論' が提起されたことが。 イ・ジュンギのチケットパワーがまな板の上に上がって、演技力にヘアースタイルまで多様なところで陰口が出てきた。

大衆に正式に紹介されたのがわずか四つの作品だけである新人に、'王の男' 以後一つの作品だけを見せただけである俳優に、とても多くのことを期待する雰囲気がいっぱいだった。 

イ・ジュンギもその部分に対する悩みが多かった。 彼が 'Daumテレジョン' を通じてネチズンによる最初の質問である '自分の目に対してどう思うのか' という質問は、自分が俳優として長所だと考えることの中の一つが目であるのに、誰かは良いと言って誰かは悪いと言うとして、悩みの末に吐露したことだった。 

ヘアースタイルに対する質問も同じだった。 どのようにすれば俳優として認められるのかという質問も... イ・ジュンギは頭から足のつま先まで新人として悩んでいたとして、演技に対して考えていた。  

彼と本当に率直な対話をした。 時には真剣で時には愉快だった。 

−'華麗なる休暇' '初雪' '犬とオオカミの時間' まで、作品が続けて封切りする。

▲ このようにしてみたら、全て重なることになりました。 少しも休まなかったが、人々が見ればたっぷり休んで追い立ててするように見えそうです。 

−'華麗なる休暇' に出演することになったきっかけが気になる。 

▲ 率直に言って、映画が準備されていることも知らなかった。 '華麗なる休暇' シナリオがとても良いと言うマネージャーの言葉を聞いた時は、題名だけ聞いて休暇に出かけて広がる一家族の殺人事件を扱った映画だと思いました。
(頭を掻いて)事実キム・サンギョン先輩の役がとても欲しかったです。 '初雪' 撮影まで空白もあって、休むことも嫌いだったし、作品も欲しくて出演することになりました。

−キム・サンギョンの弟で '華麗なる休暇' に出演する。 

▲ サンギョン先輩を見て、プロ精神というものを学びました。 スタッフと一体になって作業をすることを見て、私がスターというタイトルを付けて疎かではなかったかという考えをたくさんしました。

(しばらく '華麗なる休暇' に対する彼の返事を切って、別の質問を投げた。 インタビューをした日がちょうど '華麗なる休暇' 製作報告会が開かれた日なので、それに対する答えが多く入ったためだ。
昨年各種映画祭とスクリーンクォーターデモで、いつも先輩たちと交わることができなくてバツが悪そうに立っているイ・ジュンギを見てきた。 映画界の先輩たちとの関係が気になった。 その有名税のせいであったが、イ・ジュンギは昨年各種行事に、新人としてはとてもたくさん呼ばれた。 率直に新人である彼が大統領とスクリーンクォーターに対して言葉を交わすこともイベントに過ぎなかった。) 

−各種行事で他の俳優はお互いに懐かしく過ごすのに、そこによく溶け込めていないようだ。 新人としてとてもたくさん消費されたことでないのかと思ったりもする。 

▲ バツが悪いです。 突然注目されて賞を受けて、色々な行事に出て行って...先輩たちもよそよそしかったでしょう。 作品を共にしたことでもなくて、それこそ生の '初心者' であるが...しかし、ずっと色々な席で会うことになるから、よくしてくださいました。 次回に会う時にはさらに楽になります。  

−'フライ・ダディ' は '王の男' をしながら事前に出演することに決めたので、'初雪' が事実上 '王の男' 以後最初に選んだ作品だ。
(記者は韓日合作映画である '初雪' のハイライトと結末を一部見た。 それで彼の出演した動機が気になった。) 

▲ 以前から関心が多かったです。 日本のトップスターがすでにキャスティングになった状態であり、私だけ出演すれば良いほど準備が徹底していたからです。 日本に進出するという意味より、多様な経験をしたかったんです。

−'犬とオオカミの時間' 撮影がずっと遅れたが、不安ではなかったのか。
(当初 '犬とオオカミの時間' はイ・ジュンギとエリックが出演すると知られた。しかし、キャスティングが変更されて編成が決まらなくて思い切り撮影が遅れた。) 

▲ 苛立ちはありませんでした。 待ってずっと準備をしていたからです。 
2007051800035257838_1
<'王の男' からイ・ジュンギの髪型変遷史>

−ヘアスタイルに対しての話が本当に多い。 

▲ ずっと同じスタイルだったのは、変化するきっかけがなかったためです。 スタイルを変えることに別に気を遣わないですから。 切る時になれば切るんです。 何かの作品に入ることでもないが、イメージ変身のために髪の毛を切ると言うことも変ではないですか。

しかし、そうしたらイ・ジュンギはヘアースタイルに変化を与えない俳優という声を聞きます。 歌手ならば染色でもするはずなのに。 '犬とオオカミの時間' 後半では、スポーツ型ヘアースタイルも見せるんです。
髪に対して言葉がとても多くて、公式席上では最初から帽子を被ろうか考えもしました。 すると礼儀を知らないと言うだろうとも考えたんです。 それでスーツを必ず着たんです。 1年だけ我慢して、後ほど授賞式時は破格的に着て出て行く考えもあります。 染色もして。 
(イ・ジュンギはヘアースタイルに対するアンチペンと一部マスコミの叱責に考えが多かったようだった。 後ほど悪質コメントに対して言う時も、ヘアースタイルに関することは抜けなかった。)

−SM練習生といううわさも出回った。 

▲ 本当にとんでもありません。 ダンス歌手に関心があって、SMオーディションを見に行ったことがあります。 何度か落ちました。 ところでそれが誤って伝わって、東方神起と本来一つのチームだったとか、あれこれあり得ない話に膨らんだのです。  

−アイドルイメージが強い。 あなたのそのようなイメージに反感を持つ俳優もいる。 俳優ではなく、アイドルスターのようだと言うことだろう。 

▲ 私のファンたちの表現方式が、アイドルに対するそれと似た部分があります。 このような考えはします。 まだ私がそのキャラクターに変化を与えることができなかったためだという。 しかし、アイドルのような部分も逃がしたくなくて、また俳優でも認められることもしたいです。 私の欲でしょう。

−'エピソード1' 時に歌も発表した。 それで歌手でデビューすることではないのかとの声もあった。

▲ 誰かが俳優を容易だと考えてすると言えば、私でも腹が立つんです。 同じように私が歌手になると言えば、歌手の方々もあまりにも不届きです。 そのまま俳優としてダンスと歌を見せてあげたいです。  
2007051800035257838_3
−'王の男' のコンギルイメージでスターダムに上がったが困難に陥っている。

▲ コンギルイメージは足鎖が、そのとおりです。 '王の男' をいつまでもイメージする人々がいることに、私も同じように考えます。 '王の男' は私に大きい光栄であり、大きい幸福であり、大きい足鎖でもあります。 さらに壊れるんです。 そうすべきだと考えて、そうしなければなりません。 

−事実 'フライ・ダディ' はイ・ムンシクが主人公なのに、不本意にイ・ジュンギが主人公のように知らされた。 

▲ 広報しながらも恥ずかしかったです。 私の名前がイ・ムンシク先輩の前に付くことも恥ずかしかったんです。 事実その時私もそうで、イ・ムンシク先輩もそうで、二人共ドラマを撮影して映画を撮って不安な部分が無くはありませんでした。  
私を浮上させて作品をとてもハイティーン化したことではないのかと思いました。 その当時は、私の周囲に来れば皆ぷんぷん漂って考える余裕もなかったです。 私もやはりそうでした。

−巷ではイ・ジュンギが '死んだ' という声も出た。 

▲ わずか2年だけしかなりませんでした。 大衆に私を知らせたことが。 そのような言葉を聞けばやる気がなくなります。 私がいつ力があることはあったかと思う考えに。 マスメディアが作った虚像ではなかったかと考えます。 そうするうちにまた、それがイ・ジュンギではないのかという考えに悩みもします。 

−ファンカフェもそうで、ネチズンと疎通にすごく熱心だ。 悪質コメントも几帳面に読むようだ。

▲ 変態気質があるようです。 私を引き降ろすのを見て、私が怒るのを楽しむようです。 コメントが走らなければ寂しいようです。 コメント中の悪質コメントが60%です。 あらゆることが全てあります。 耳が奇形なので髪の毛で隠して歩く、チョン・ジュナより頭が大きい、胸が集まっている...
同じ内容の悪質コメントはもう別に見ることもありません。 いっそ斬新な悪質コメントがあったらと思います。(笑)
俳優に本当に損傷を与えたければ、演技に対する短所をしっかりとつねらなければなりません。 そのようなものがあれば自らを反省することになります。 

−それこそ人気になれば変わったという声も聞くものと決まっている。 

▲ 多く入ります。 空しいです。 '王の男' をする時は、"君は上手くいくだろう" と言った人々がもう " '礼儀' がなくなった" と言ったりもします。 しかし、スケジュールがあまりにも多いから逃がすことがとても多いです。 私はそのままなのに、人々はそのように受け入れはしないようです。

(それに対する各種うわさはこのぐらいで思わず尋ねた。 イ・ジュンギは痛いこともある質問にも少しも区別なく率直に答えた。 始めたついでにBoAとの合コンに対して尋ねた)
 
−イ・ヒョリがBoAを紹介させたと言って街の話題になった。

▲ ヒョリ姉とは呑み友達です。 初めにヒョリ姉を見た時はすべての男がそうだがドキドキしました。 しかし、酒を共に一度飲んで '一生姉だ' という考えをするようになりました。
とにかく退屈で女性をちょっと紹介してほしいと冗談のように言いました。 そうしたところ、歌手の何人かを取り上げるんです。 エイ、負担になるとそう言いました。 そうするうちに、ある日誰が関心を見せると言いました。  

それがBoAだったことでしょう。 ヒョリ姉がスーツを着て来たとからかったが、その時は台湾で '王の男' 広報日程があって、帰国してすぐに来たことです。 だから真っ赤なスーツそのままでした。私が考えてもその当時、私の姿が笑わせたでしょう。 しかし、それがすべてです。 
時々酒も飲んでコーヒーも飲んだが、お互いに日程が忙しいから兄と妹で過ごすことにしました。
(それでは付き合って兄と妹に残ることにしたのかと再度尋ねた)付き合うのに知っていく過程でした。

うーん、一度スキャンダルが出てみたので、最初からスキャンダルが本当に一回出てみればどうかという考えになります。 人福が良ければなり得るでしょう。 プハハ。 

−この頃一番大きい悩みが何か。 

▲ どこまで行くことができるだろうかということです。 この前の授賞式でパク・チャンウク監督様の横に座りました。 この頃何をしているかと尋ねられました。 自分はシナリオを準備しているとおっしゃって。 私はちょっとさせていただけないでしょうかと言いたい心がやまやまでした。 正解はないようです。 少しずつ少しずつ私を見せる方法しか。 

(インタビューを終えて、イ・ジュンギは記者たちが書く記事がどのような方式で記事化されるのか気がかりなことを表わした。 '記者がアンチ' という声が出る写真とか、題名とか。 好奇心青年とまた多くの話を交わした。) 

台風13号の影響が心配されましたが、今日(22日)午後に出国したようですね~~ジュンギさんが日本にいるんだと思うと、会えるわけでもなのに何故かドキドキする...(爆)
それにしても・・・Webサイト画像に付いたタイトルが素敵すぎる~~~❤ 
-------------------------------------------------

イ・ジュンギ 'このような姿どうですか?'
201710221555310510_1
多情多感イ・ジュンギ 'これだから惚れない?'
201710221608090510_1
イ・ジュンギ '出国前ファンたちと親しい握手'
201710221605220510_1
イ・ジュンギ 'スマートフォンに入れたいイケメン'
201710221602170510_1
イ・ジュンギ '動作一つ一つがすべてグラビア'
201710221558180510_1
イ・ジュンギ 'ファンたちが願うならば愛嬌ハートポーズもてきぱき'
201710221552510510_1
イ・ジュンギ出国 'ファンたち最後までドッと'
201710221549410510_1
ファンたち無視しない親切なジュンギさん
201710221546240510_1
イ・ジュンギ 'カメラに入れたいイケメン'
201710221543300510_1
イ・ジュンギ '出国道愛嬌爆発'
201710221539260510_1
イ・ジュンギ ’ファンたちに多情多感、やはりファンバカ'
201710221534230510_1
イ・ジュンギ 'ファンたちといちいちアイコンタクト'
201710221536560510_1
イ・ジュンギ 'ファンたちに優しい微笑み発射'
201710221531280510_1
イ・ジュンギ '切られそうな鼻筋とあご線ライン'
201710221528430510_1
イ・ジュンギ 'ぜい肉を探してみることが出来ないスリムスタイル'
201710221524110510_1
イ・ジュンギ '出国道ファンたちにこのような素敵な挨拶を?'
201710221526320510_1
イ・ジュンギ '空港がグラビア撮影会場?'
201710221522220510_1
イ・ジュンギ 'サングラスに満杯になった数多くのファンたち'
201710221517120510_1
イ・ジュンギ '出国道ファンたちに囲まれた人気'
201710221519570510_1
イ・ジュンギ 'カッコよさ刺繍して出国、無事に行ってきますね'
201710221514520510_1
イ・ジュンギ出国 '顔に一杯になる手ハート'
201710221512050510_1
イ・ジュンギ '素敵なビジュアルに優しさはおまけ'
201710221509240510_1
イ・ジュンギ '表情で表れるファン愛'
201710222109060510_1
イ・ジュンギ 'ファンたちに飛ばす大きい手ハート'
201710222105070510_1

"キム・スミ先輩のように生きたいです" 元記事(2006.08.03)

イ・ジュンギは2006年韓国文化のアイコンだ。 

1,230万人を動員して歴代最大観客記録を立てた映画 '王の男' で新人俳優でスターで登板して、女よりさらに美しい男で 'クロス セクシャル' トレンドの中心に立っている。 スクリーンクォーター縮小反対1人デモの時も、ノ・ムヒョン大統領との出会いの時も、事案とは別個でスポットライトは彼に合わされた。 

'王の男' 中の感じをそのまま借用したCFまでヒットして、彼のイメージは固着された。 ちょうど出発した俳優がマスメディアによって一つの像で反復再生産されて、本来の彼のアイデンティティを探してみるのが難しくなったこと。 

イ・ジュンギが7〜8ヶ月間、全身で耐え抜いた大衆の過度な関心は、去る大鐘賞映画祭で彼に国内と海外人気賞をまとめて一度に与えた。 3日封切りを控えた映画 'フライダディ' は、演技者とスターの間に立った彼がDNAを形成していく信号弾になるだろう。 

◆ 'コンギル' の光と影
風雨を迎えて育った植物は生命力が強くなる方法。 有名税を確かに払ったイ・ジュンギがそうだった。 'コンギル' の影が負担ではないのかという質問に、"大衆が 'コンギル' とそれが作り出したトレンドに熱狂することが面白かった" と答えた。

イメージ変身に対する強迫があるほどでもあるが、この若い俳優は 'マンマンディ(ゆっくり行動すること)' だ。 "急激にキャラクター変化を試みたとすれば、大衆が不便に思ったこと" と言いながら、"短いヘアースタイルと太い声で 'マッチョ' を表現できたが、'フライダディ' 原作のコ・スンソクよりちょっと滑らかに演技した" と明らかにした。 観客の負担を考慮して、イメージ変身の速度を調節したという話だ。 

彼がゆったりとしているには理由があった。 きれいな容貌とは違い、テコンドー、テッキョン、ムエタイなど武術を渉猟した男性の性で鍛練されていたため。 それと共に、"まだ自分を信頼することができない大衆らには、作品をしていってだんだん近付くだろう" と淡々とするように言う。
彼は、" '王の男' で女性の性が100だったら、'フライダディ' をしながら50程度に下げて、今年の下半期は他の映画を通じてさらに引き下ろす" と言って、着々と自分の道を行っていた。 

◆ 二十四、この若い俳優が夢見る未来
イ・ジュンギが四十になっても聞きたい言葉は '可能性がある俳優' という言葉だ。 大先輩キム・スミは自分が持っている才能の中で発現することが出来なかった部分を中年以後に現わしたと評した。
彼は今年一年、大型ファンミーティング、公演、CF、ミュージックビデオ、各種マスコミインタビューなどと、デビュー前に体験した過酷な '人生勉強' が未来には大きい資産になることだと自信があるように言った。 

青春スターから中堅俳優として位置を確立したパク・チュンフンを教訓にして、白紙状態である彼の演技航路を一つ一つ描いて行くと抱負を明らかにした。 後ほどしてみたい役は、'明成(ミョンソン)皇后の護衛武士' だそうだ。
"アクションであるが、話がなければならない" と言って、"二人の間に何か話があるようでないのか" といたずらっ子のような笑いを作る。 

彼は若い時期に大きな愛を受けたことは '祝福' という先輩たちの言葉を胸に刻んでいた。 とても早く訪ねてきた最高峰から墜落することが恐ろしいことではないのかという問いに、"挫折のない青春がどこにあるのか" と言って、"私の性格なら簡単に打ち勝つだろう" と勢い良く反論した。 

イ・ジュンギと大衆の間には、カメラとスクリーンが横たわっている。 マスコミを片付けてしまって会ったイ・ジュンギには、'コンギル' の影がかすんできていた。 何年間か俳優の道を誠実に歩んで行くならば、イ・ジュンギは彼を見る大衆の先入観を破る力ができるだろう。
彼が今から刻んで行く俳優としてのDNAが歪曲なしでカメラとスクリーンを通過する時、大衆と交感する彼の外縁はより一層広がるだろう。 
1154586706

'王の帰還' イ・ジュンギ 'プインプイン' 公開!


韓流の新しいアイコン イ・ジュンギが、もう一度日本列島を揺るがしました。
ここはイ・ジュンギの横浜ファンミーティング現場! 'Coming Back' というタイトルのように、転役と同時に進行されたファンミーティングはファンたちの青色ペンライトでいっぱいだったです。

[現場の声:イ・ジュンギ]
久しぶりです〜キレイ〜キレイ!

[現場の声:イ・ジュンギ]
全て大切な時間を作ってみます〜

ひたすらファンたちだけのための舞台を準備したイ・ジュンギ! 韓国語歌はもちろん、日本語歌にバラード、ダンスまで多様な魅力を思う存分誇りました。
特にこの日は転役と共に発表したイ・ジュンギの日本シングルがオリコンデイリーチャート1位に上がったと言う嬉しい便りが聞こえてきて、ファンたちをさらに嬉しくしました。 
俳優はもちろん、歌手にも多くの愛を受けているイ・ジュンギ、彼に新しい目標ができたと言うんですが。

[インタビュー:イ・ジュンギ]
昨日も夜中バラエティーを見るのに、男の方々もかなり可愛く出てこられます。一応日本語を早く、私の目標が3ヶ月中に日本語を早く伸ばして、バラエティーをもう一度騒然とさせようと考え中です

そうであるかと思えば、イ・ジュンギはもう一度呼吸を合わせたい日本俳優に、映画 '初雪' で共にした宮崎あおいを挙げて目を引きました。
------------------------------------------------------
おもわず懐かしくて~~~(^_-)-☆
Lee Joon Gi [Coming Back!] Official Movie

中国を荒した魅力的な男! 'イ・ジュンギ' 中国ファンミーティング現場 ⇒元記事(2007.1012)

動画URL:news.naver.com/main/read.nhn?mode=LPOD&mid=tvh&oid=132&aid=0000023938

[リポート]
[インタビュー:イ・ジュンギ]
"こんにちは。 YTN STAR視聴者の皆さん、イ・ジュンギです。 私は今、中国北京に来ています。 私と共に私の中国日程に付いて行きましょう。"

<王の男>から<犬とオオカミの時間>で、タフな男になって帰ってきたイ・ジュンギ! 
彼が中国に発ちました。 広大な大陸中国で韓流スターとしての歩みを始めました。 数多くの中国ファンたちと共にしたファン ミーティング現場から画報撮影まで、一度に二つの出会い〜今から共にしましょう。

空港に現れたイ・ジュンギさん〜どこへ行かれるのですか?

Q) 中国に行く理由は...?
A) "中華圏プロモーションのため、今日出国して中国にいらっしゃる家の方々を久しぶりにお会いしようと楽しい気持ちで出国準備しています。"

"無事に行ってきます。"

ときめく心を抱いて、いよいよ中国に出発しました。

すでに中国空港は数多くのファンたちでいっぱいでした。 本当にすごい人気でしょう。 ファンたちだけでなく、取材陣の取材熱気もすごいです。 ボディーガードに囲まれてかろうじて移動をしながらも、ファンたちに向かって手を振る余裕を失わなかったです。

Q) 空港のファンたちを見て驚かなたっかのか...?
A) "初めて来た時はかなり驚きました。 ファンたちが多くて、とても多かったです。 私が人気が高くて楽しいというよりは、韓国のドラマや文化がアジア市場に早く広がるんだ。本当に不思議で見られる目が多いから、私はさらに熱心にしなければならなくて、さらに真実に俳優生活をしなければならないです。"

Q) 中国での日程はどのように進行されるのか...?
A) "ファンクラブ創立と別のその他イベントや行事を通じて、ファンの方々と直接的に訪ねられるようにしています。"

空港の外でも親しくファンたちにサインをしているんですが。 実際にイ・ジュンギさんは今回の訪問のために、中国挨拶を練習するなど細心な配慮を見せたりもしました。
歓迎式でプレゼントを受けたんですけれど、果たして何ですか? 直接着てみるんですが。 まさに中国伝統衣装でしたね。 中国伝統衣装を着てポーズまで取った姿がかなり武術人らしいでしょう?

<犬とオオカミの時間>でより一層男らしくなったイ・ジュンギさん〜中国でも大きく人気が増えたそうです。
歓迎式が終わった後にも、行事場所の前には数多くのファンたちが訪ねてきていました。 警護もすごいのですが。 イ・ジュンギさん、中国での人気を実感されるのですか?

Q) 多くのファンたちを見たら所感がどうか...?
A) "とても気持ち良いです。 とても多くの方々が愛してくださってよく終わらせたようで、明日からまた新しい日程があるから熱心にします。"

Q) <犬とオオカミの時間>が大きい成功を収めたが...?
A) "ドラマがかなり私は分からずにしたが、熱心にしたことをきれいに見てくださって、多くの方々が好きになって下さって、特にファンたちの階層変化が多様化したようです。 男性の方々は少なかったことが事実なのに、男性ファンたちも今回のドラマを見てたくさん好きにしてくださって、とても力が出て満たされて感謝申し上げます。"

翌日の日程が再び始まりました。

[現場の声:司会者]
"イ・ジュンギ!"

イ・ジュンギさんの名前を大きく呼びました。 イ・ジュンギさんの登場に、ファンの方々は歓声をあげるんですが。

今回のファン ミーティングを通じてイ・ジュンギさんは中国のファンたちをより一層近く会う時間を持ちました。 直接番号を選んだイ・ジュンギさん、舞台の上に上がってきたファンとしばらくプレゼントをやりとりするようだったのに〜親しく抱擁する姿! 他のファンたちの嫉妬がすごいでしょう? それよりは写真撮りが忙しいようです。
次は特技自慢の時間〜ファンのセクシーなダンスを真剣な姿で見守ると、今後はイ・ジュンギさんが実力を発揮します。 ファンとの楽しいダンスタイムに続き、傘を持って踊る水準級のダンス! 本当に多才多能でしょう?

惜しい別れの時間〜ファンたちもイ・ジュンギさんも非常に残念がる姿でしたが。 涙を拭くファンたちも見えます。

Q) ファン ミーティングが終わったが所感がどうか...?
A) "惜しいですね。 たくさんのファンたちも惜しいが、私も惜しいです。 それでもしばしば訪ねるから、次にはさらに楽しく訪ねられれば良いと..."

Q) 中国活動の計画は...?
A) "特別に中国活動の計画は具体的にないです。 拡張の可能性だけ捕らえた状態で、良い方々と縁になって良い作品ができるならば熱心にしたくて、肯定的な立場で可能性を残しておいた状態で..." 

ファンミーティングに引き続き、中国で画報撮影も持ちました。 さっきとは全く違った雰囲気でしょう〜 <犬とオオカミの時間>以後でたくさん男らしくなりましたが。 このように男らしいながらも美しいヤヌス的な姿に、女である私はもちろん、胸ときめく男性も多いようです。

Q) 今後の活動計画は...?
A) "たくさん見ています。 次作品も欲がたくさん出ます。 20代ずっと私は新しい挑戦をしたいです。 その中に一つがまた次の作品になるから、熟慮しなければならないですね。"

窮屈な中国日程を全て終えて戻るイ・ジュンギさん〜空港まで出てきて熱烈に見送るファンたちに向かって、イ・ジュンギさんも惜しい挨拶を伝えました。

Q) 視聴者の皆さんに...?
A) "YTN STAR視聴者の皆さん! 今日遠くまで来てくださって感謝して。 熱心にして韓国の素敵な俳優になるべく努力します。 皆さんも見守ってください。 熱心にします。 常に次にまた良い作品に訪ねます。 ありがとうございます。"

ファンミーティングから画報撮影まで! 多くの活動を終えて帰ってきたイ・ジュンギさん! 真の韓流スターでより良い活動を期待します。

シネマート心斎橋で10月26日(木)に「初雪の恋ヴァージン・スノー」が一日限定上映されます!!!
DMixU8NVoAAHZW2
「初雪の恋 ヴァージン・スノー」
上映日時:10月26日(木) 10:30〜(101分)
料金:1,000円均一
場所:シネマート心斎橋
チケット販売:通常通り上映日の2日前より販売開始。
                    [劇場窓口] 劇場オープン時より発売開始/[オンライン] 0:00より販売開始
map_shinsaibashi_faq
DMaLgfZV4AA9PA-
上映後にランチ会も開催されるそうです❤

第1回東アジアドラマフェスティバル in OKINAWA 2017
日程:2017年11月3日(金)−5日(日)
イベント詳細:ドラマ上映会、韓国ドラマ写真展、K-POPグループBoys Republicのショーケースなど
入場料:無料
場所:那覇メインプレイス2F オープンモール&シネマQ (沖縄県那覇市おもろまち4-4-9)
最寄駅:那覇都市モノレール ゆいレール「おもろまち」駅より徒歩5分
公式HP: http://dramafes.com

韓国ドラマ写真展(写真作家ファン・ヨンチョル)
日時:11. 3(金)- 5(日)10:00 - 21:00 ※ 5(日)は 10:00 - 17:00 
場所:オープンモール
IMG_0062
P5217789
IMG_9191
IMG_0273
写真作家ファン・ヨンチョルさんは、犬とオオカミの時間とイルジメを撮られた方です^^

11月4日(土)14:15-15:00、ファン写真作家様トークショーが開催されます。
"韓国ドラマ写真作家ファン・ヨンチョル氏がこれまで撮影した韓流スターの秘蔵写真とともに、スターとの思い出、彼らとのエピソードを交えたトークショーを行います。"
とありますので、イ俳優様のエピソードに少しでも触れて頂けると嬉しいですね❤

トークショーに行かれる方!! チケット予約受付あります。こちらから dramafes.com/ticket

ファン写真作家さまのHPプロフィール文に魅了されました
 ↓ ↓
「ドラマの中の最高の瞬間と出会った時の快感!
 見えない対話を通しての被写体との渾然一体。
 ドラマは人々に感動を与える。そのドラマが世間に知られる前、
 又は '僕の生涯最高' だった一本のドラマが頭の中から徐々に消えていく時、
 その時のその感動を一枚の写真に残す作業、それがまさに僕の仕事だ。」

ファン・ヨンチョルさんHPより www.goodystudio.com
[MBC 犬とオオカミの時間]
748000865_19b86d77_WP8E8713aaa
748000865_e4458c8b_P5317834-2
748000865_67284504_P5318030
748000865_251210dd_P6091811
748000865_91b67f29_P6112914
748000865_6303613c_P6113948
748000865_055ad0d5_P6114244
748000865_d8613030_0001
748000865_3b3d1067_P6113953
748000865_4a7ef8d5_3
748000865_3b3d1067_P6113953
[イルジメ]
748000865_271e8d27_1
748000865_194b018e_2
748000865_f0284487_14
748000865_08311d14_15
748000865_bc40cc6c_16
748000865_f54845e7_C0CCC1D8B1E2
帰ってきたイ・ジュンギ、また見るイルジメ名演技集
《SBSスケッチ|イルジメ》

イ・ジュンギ韓国公式HPで公示された10月22日〜30日まで8泊9日の「沖縄グラビア撮影」スケジュール。
韓国公式URL:www.leejoongi.co.kr
20171019
やたら長期滞在スケジュール?!!に、一体なにを撮るんだろう・・・と思っていたら、今日SPLEDORにUPされたインフォメーションで謎が解けましたね♡
SPLENDOR公式URL:leejoongi.jp
 ↓ ↓
イ・ジュンギ公式マガジン Vol.3&4 制作決定!!

皆さんこんにちは。 ファンクラブ事務局です。
この度、イ・ジュンギ公式マガジンのVol.3&4が制作されることが決定いたしました☆

さらに! Vol.3&4の撮影の舞台として選ばれたのは、
沖縄です!!!!

10月22日から30日まで沖縄にて撮影を開始されるとのことで、
今回はどんなジュンギさんを見せてくれるのか、早くも期待で胸がいっぱいですね^^

発売日などの詳細は後日お知らせいたします。 皆さん乞うご期待!!
----------------------------------------------------
イ・ジュンギ公式マガジンVol.1&2の撮影舞台はハワイでした。8泊9日もあれば、沖縄本土だけでなく、八重山諸島にも行くんでしょうか?!! 石垣島もいいですが、私は竹富島がオススメです、フッ。あ、水牛車で由布島に渡るのもイイですね、いろいろ体験してほしいです❤
ところで、ジュンギさんの22日沖縄入り!!!! 台風21号の予測進路を見ると、沖縄は22日通過なんですが・・・22日の那覇空港は朝から発着便すべて欠航なんてことがあり得るかも~~~~(>_<)
こんなに台風の進路が気になるなんて(爆)。。。

イ・ジュンギ主演の名作ドラマ「犬とオオカミの時間」1話分を月曜日から木曜日まで、毎日分割してアップ!
第1話はこちら ↓
blog.livedoor.jp/kotama0417/archives/2385092.html
第2話はこちら ↓
blog.livedoor.jp/kotama0417/archives/2386001.html

イ・ジュンギ主演!【毎日ちょい見せ】
「犬とオオカミの時間」第3話− <SPO公式>日本語字幕版 無料

「犬とオオカミの時間」第3話− <SPO公式>日本語字幕版 無料

「犬とオオカミの時間」第3話− <SPO公式>日本語字幕版 無料

「犬とオオカミの時間」第3話− <SPO公式>日本語字幕版 無料

このページのトップヘ