2024年12月31日

☆ライブ

3月11日(土)
新宿strength
「歌舞伎町∞ミサイル vol.1」
17:00オープン、17:30スタート
出演順 1番目
料金 1500円プラス1order

image



☆脚本

新中野ワニズホールの二人芝居の脚本を書いています。
現在決まっている公演はありませんが、決まり次第、随時お知らせ致します。
ナガオコウタ紹介ページ

☆CD

1stアルバム「詩生活」
2014年8月17日発売
1000円
<収録曲>
1.二十七
2.夕暮れ東京
3.寝間着のままの、西友帰り。
4.春の種
5.宗教
6.書物を売る
7.コンビニ
8.お父さんのおつかいで
9.涙が出そう
10.すってんてん節

ライブ時の会場にてお買い求めください!

2ndシングル「イナズマ」
2012年8月15日発売
WSNK-0001
500円
<収録曲>
1.イナズマ
2.音符になった君

ライブ時の会場、もしくはワニズサイドホールレコードのネットショップからお買い求めください。

1stシングル「リング」
2010年12月15日発売
NNRC-042
1000円
<収録曲>
1.リング
2.脱線
3.春の色を塗った
4.手紙

絶賛在庫過多中! ライブ時の会場にてお買い求め下さい。



(最新の記事は次からになります)

kotaro_69 at 23:59お知らせ 

2017年01月20日

 誠さんに誘ってもらった3月のライブ、詳細出ました。上の記事よりよろしくです。楽しみだぜ、ヘイヘイ、ふるっふー。トップバッター、ですが、鈍足なので、ホームラン、狙っていこう。

 その前にもう一本ぐらいやりたいなと思っております。また。

kotaro_69 at 20:30コメント(0)トラックバック(0)日記 

2017年01月18日

 あいふぉーんをシャッフルしてたら真島さんのかしこい僕達という曲が流れて、久しぶりに聞いたそれに僕の心やられ、涙腺壊れ、街中で不審者。
 やっぱり真島さんだよ、音楽は真島さんに限るよ、素晴らしい、素晴らしい。

kotaro_69 at 21:28コメント(0)トラックバック(0)日記 

2017年01月14日

 今日は学生時代からの友人と、地元横浜で遊んだ。釣りに行った。と言いたいところだが、それは嘘で、スーパー銭湯に赴いた。釣りと銭湯ではずいぶん違うじゃないか、という厳しい声もあるだろう、以下に顛末を記す。

 昨夜、僕が彼に電話をかける。
「やあ。明日だったかな、釣りは。」
「うむ。さよう。」
「僕と君の気持ちは同じだろうか。」
「うむ、恐らくそうであろう。」
「すなわち、行きたくない。」
「友よ!」
「寒波だ、明日は寒波だ!」
「友よ!」
「寒波を前に、我々は弱い。脆い。」
「友よ!」
「ああ、良かった、本当に良かった。釣りなどという野蛮な遊戯、僕にはとても荷が重い。」
「友よ!」
「間違いなく風邪をひく。寒波時に海風に晒されるなど、愚の骨頂、阿呆の極み!」
「友よ!」
「しかしながら君、せっかくの約束だ、普段年に一度しか会わぬ我々がこうも短いスパンで会うことになっているのだから、これを活かさぬ手はなかろう。」
「ふむ。どういうつもりだ?」
「ここはひとつ、スーパー銭湯に行くというのはどうだろうか?」
「うむ。」
「寒い時には暖まるべきだ。屋内だ、館内だ。」
「一理ある。」
「だろう。では、明日、関内だ。」

 ということで、関内にあるスパでまったりと過ごした。我々は会うたびに釣りに行こう釣りに行こうと、アウトドアな願望を持ち続けているのだが、いかんせん面倒臭がり、かつ根からのインドア派、故になかなか実現せず、しかしいい加減実行せねば、今年30だし、やはり人として、このままではいかん、ということで、年始に会った際ついに日付を決定するまでに至ったのであるが、上記の通り寒さに負けて、結局、サウナ、風呂、そして麦酒、怠惰に過ごし、しかしまあ、言っても、最高の休日、やはり冬は屋内に限る、そう思った。
 いや本当に、賢い選択をしたと思う。釣りは暖かくなってから。ははは、湯は良い、湯は良い。幸せであった。
 そうして懐かしく、学生時分死ぬほど行ったサイゼリヤでワインワインして、ヘロヘロ帰宅しました。へべれけへべれけ。

kotaro_69 at 20:33コメント(0)トラックバック(0)日記 

2017年01月13日

夢の始まり


靴と腹と金を減らして、
敗北と痛みと焦燥を増やした。
若いリズムが乱れた場所で、
夢の背中を見送った。

壁は高いけど、飛べる気がしていた日々。
術も知らないで、全て手にしようとした。
そんな時代を愛おしく思い出したら、
そんな時代に負けない今を始めよう。
悔しくて、悲しくて、憂鬱で何もなくても。

何もないと言えるのならば、
無駄なこともないってことさ。
あの悪あがき、涙も傷も、
春を呼ぶ声、向かう足。

ただの現実が、ただ過ぎた突き当たりで、
ただの現実を、ただ生きて、つまり死んでた。
ドアを開けるのに、夜が明けるのを待ってた。
何か始めなきゃ何も始まらないんだぜ。
間違っても、恥かいても、
始めよう、何度も、何でも。

壁は高いけど、飛べる気がしていた日々。
術も知らないで、全て手にしようとした。
そして少し賢くもなって、バカもお馴染みだし、
夢の終わりから、夢の始まりへ行こうぜ。
新しく。僕らしく。大人しくしてられないだろ?

kotaro_69 at 23:31コメント(0)トラックバック(0)歌詞 

2017年01月13日

とうふ


帰り道で吐息の白を楽しめるのが、
愛だと思う。
どんなドラマチックより、
君との今が良い。

弱りきって、精神状態最低。
風邪をひいて、肉体状態最低。
そんな時も君だけは、
不快なく優しいな。

君が好きだよ。いつもありがとう。
何気ないのが嬉しいよ。
君が好きだよ。ずっと好きだよ。
抱きしめるように、噛み締めた。

ああ、温かくて、柔らかくて、
春の陽気みたく心地良い。

僕のためについてくれた嘘。
大丈夫だよ。辛かっただろう。

不安が遠くなるように、
もっと近くにいよう。

君が好きだよ。いつもありがとう。
さり気ないのが嬉しいよ。
君が好きだよ。ずっと好きだよ。
ホッとするんだ。落ち着くんだ。

ああ、眠たくなる。
君が僕の中で溶けていくよ。
幸せだよ。

ああ、温かくて、柔らかくて、
春の陽気みたく心地良い。

kotaro_69 at 23:31コメント(0)トラックバック(0)歌詞 

2017年01月13日

何もない東京


寒いスーパーで、
カゴに生活を詰めて、
命を見つめて、虚しくなるんだ。
未来が不鮮明で、不安だ。

小銭落として、慌てる姿。
風に吹かれて、凍てつく素肌。

うまく返せなかったな、あの会話。
無駄に死にたくなるな。

叶えようとしなくなった夢。
深く疲れたな。

君の知らないところで、
君の知らない僕が、
君のことを歌っていたんだよ。

東京には何もなく、
ただ自分がいるだけさ。

君の知らないところで、
君の知らない僕が、
君のことを歌っていたんだよ。

kotaro_69 at 23:30コメント(0)トラックバック(0)歌詞 

2017年01月13日

エピフォン


夜の皮膚に埋もれて、
凍る涙、落とした。
星に投げた願いは、
届くことなく消えた。

錆びた冬の空気で、
切った青い旋律。

枯れ葉咲く道の傷。
僕らまだ行けるはず。

何を失くしても、
まだ歌は生まれるだろう。

ねえ、いつか単純に空を飛んで、
下手くそな命を笑おう。
ねえ、春は冬の間、どうしてる?
僕らの足音を聞いていてくれるかい?
きっと、行くよ。きっと。

何を失くしても、
まだ歌は生まれるだろう。

kotaro_69 at 23:28コメント(0)トラックバック(0)歌詞 

2017年01月10日

 年末から時に家族と、時に友人と、また或いは単独で、毎日のように飲み続けていた。極め付けは昨日。昼過ぎから林太郎くんと賑やかな上野で飲んでいると、さちさんから秋田犬にてオープンマイクやる旨連絡が来、秋葉原近い、これは行こう、ということになり、おみくじひいて、また別の店で飲んで、秋田犬でも痛飲、ふらふら歌い、とどめに日高屋でラーメン喰らい、ラーメンだけでは駄目ですよ、形だけでもお酒がないと、などと訳の分からぬことを言ってハイボールを注文、僕はこれが仇となって解散した後死んだ。トイレット、そこがオイラの墓場なり。

 なぜまだ年明け10日にしてこんなに戻してばかりいるのか。何も難しいことはない、飲みすぎだからである。
 この朝は、眠たすぎる朝、眠りたい朝、出勤時間が刻々と迫り来る朝、絶望の朝は、紛れもなく現実。どこからどう見ても現実。いや、先週から労働は始まっているのだが、何だか三連休があったせいか、仕事始めより仕事始め感が強く、堪らない。しかし受け入れよう、働こう、頑張ろう、頑張れない、いや、頑張ろう。もう正月気分は捨てて、今日から真面目に生きていこう。

kotaro_69 at 06:40コメント(0)トラックバック(0)日記 

2017年01月09日

 ひとまず今日ライブしたということを書き記したく、スマートフォンをクラクラ手に取ってフラフラフリックしている。
 何かごめん、ありがとう、さようなら、もう脳も内臓も、アルコールwith荒木先輩、と中華そばwith林太郎くんにやられて死んだ。いやこれらのほとんどは僕の希望によるものである。ぐあぐあ。とんでもない。飲み方、成人式を迎えた若者より遥かに低レベルだ。

 ローゲーローゲーの今となっては信じがたいことだが、大変楽しい一日であった。

(セットリスト)

1.脱線
2.リーゼ

kotaro_69 at 23:40コメント(0)トラックバック(0)ライブ日記(ライブハウス) 
  • ライブドアブログ