はじめに

■注意事項
 ・当ブログの説明は、トップページにて説明しています。
  独自のポリシーにて運営してますので、検索からお越しいただいた方はそちらもご覧いただけると幸いです。

【ミッション】CF-IDEで疑似SSDを作る

【ミッション】CF-IDEで疑似SSDを作る を はてなブックマーク に追加する
今から7年前に流行った話。
当時はSATAは新しく、古いマシンはまだIDEだったので、IDEのドライブが必要だった。
また、ノートにはHDD使ってたけれど2.5インチは回転数が低く、というかHDD自体、アクセスが遅い。

そのため、OSロード含め、起動時に遅く時間がかかってたんだけど、
SSDが出てきて、メモリロードするだけだからあっさり起動できるようになった。
ただ、SSDは高くて、古いマシンに換装するには、コスパ悪い。

※ちなみに、現在のSSD、値段はそれなりです。さて、どっちがいいのか……。
価格.com - インターフェイス:IDEのSSD 価格の安い順

そこで、疑似的にSSDになるメモリメディアをディスクにするという技があった。
今回はそれの当時のログをまとめる。

なお、こんな話が必要になったのも、古いマシンの再生、というテーマをやってみようと思ったから。
詳しくはまた書くけれど、とりあえず動くレベルになるよう検討する。
今はもうSSDがこなれて当たり前なんで、HDD使いたくないんだよね……。
問題は稼働とコストかなぁ……。

▽リンク集
CFで高速起動ディスクを作ろう | ドスパラ - 製品レビュー
 ⇒TS8GCF266(Transcend製/266倍速/8GB)使用
HDDを擬似SSD化してみることに
 ⇒SanDisk製[Extreme III](300倍速/8GB)使用
 ⇒SanDisk製[Extreme IV](450倍速/8GB)使用
コンパクトフラッシュ(CF)メモリは擬似SSDとして使えるのか?
 ⇒SanDisk製[Extreme Pro](600倍速/32GB)使用
 ⇒TS64GCF400(Transcend製/400倍速/64GB)使用
SSDモドキとしてのCFカード
 ⇒TS4GCF266(Transcend製/266倍速/4GB)使用

IDEを置き換える2
300倍200倍133倍などのCFをHDD代わりにした場合の速度は体感出来ます... - Yahoo!知恵袋
超格安CF-IDE変換アダプタの製作、CF-IDE変換アダプタの活用Tips - disklessfun’s Wiki*

ということで、ざっくり検索トップにあるこの辺を参考に。
どうやらSLCのメディア(300倍速以上)のものを使う+UDMA対応が必要なようだ。
今では変換機も少ないので、結構リスクの高い実験にはなるが、正月までには何とかしてみたい。

追記:リンクも増やしたが、メーカーによって違うようだ。
現在市場に売っているのは、TranscendとSandiskで、それぞれ違う。
(なお、ヨドバシには国産メーカーのがあるが、OEMかもしれない。まぁ値段高いからカメラ用だね)

▼【ミッション】CF-IDEで疑似SSDを作る へのコメント一覧

まだコメントはありません。最初のコメントを書いてみませんか?

★コメントする(このブログのコメントをRSSフィードで購読することができます)

【ミッション】CF-IDEで疑似SSDを作る にコメントする
絵文字
Twitter プロフィール
単なる一般人として生活する程度の能力/実名ではつぶやけない事を主につぶやきます。/※個人の感想です/中の人への連絡はDMで/マスト丼は「@kotaro_wiz@mastodon.jp」
月別
カテゴリ別
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ
Googleに追加

トップに戻る