もう、飾るスペースがございません。

手持ちのフィギュアコレクションを紹介したり、遊んでみたりするブログです。 主力は仮面ライダーで基本的には燃え系フィギュアを集めています。 フィギュア制作始めました。

フィギュア制作に挑戦(世紀末救世主・原型編)

久方ぶりの更新です。
もう少し更新ペースを上げたかったのですが、素人の私では一つ作るのにかなり時間がかかってしまうんですよね・・・

今回制作したのは、北斗の拳の主人公「ケンシロウ」です。

前回作ったラオウが結構好評だったので、シリーズ化したいなぁとは思っていたのですが、やはりラオウの次に作るとしたら、対になる主人公ではないかということで、ケンシロウを制作することにしました。

しかし、このケンシロウ、だいたいの人が知っている超有名キャラですが、

意外と特徴がない!!

という難しいキャラクターなんです。


いやいや、ケンシロウは特徴あるだろう、とかとりあえず眉毛太くしてたら良くね?とかはあると思います。
ただ、ケンシロウの顔とかキャラクターって、オーソドックスな男前なんですよね。
髪型や眉毛、それなりに男前に作れば、ある程度ケンシロウっぽくはなると思うんですよ。
でも、今まで発売されているケンシロウのフィギュアを見ても、

「これぞケンシロウの決定版だ!!」

って思えるフィギュアがないんですよね~、私の主観ですが。
最近でこそ、平成版のケンシロウに似てるハイクオリティなフィギュアが出ていますが、私個人としてはどうにもコレジャナイ感がぬぐえない物も多かったのが事実。

そんな訳で、今回は非常に苦労しました。
そもそもアマチュアなのでサクサク作れるわけないんですが、かなり試行錯誤しました。

前置きが長くなりましたが、写真を交えて説明していきたいと思います。
ちょっと長い記事になると思うので、お時間のない方は写真だけでも見て行ってください。

まずは、いつもどおり顔の造形から。

image
最初はいつも、こんな感じで粘土を盛るところからスタートします。

image
そして、スパチュラと呼ばれるいろんな形をしたヘラを使って、少しずつ造形していきます。
私の場合は、最初に各パーツの配置やバランスを決めて、そこから微調整を加えて少しずつ似せていく作業をします。

image

image

image
そして、ある程度顔の形が決まれば、この段階で一度焼き入れをして固めてしまいます。
(写真にすね毛が映り込んでいますね。お見苦しくてすみません・・・)

この次は髪の毛の造形に進みますが、私の場合はまず最初に生え際や耳だけ作ります。

image
 こうして見ると、キャラクターにおいて髪型ってめっちゃ大事ですよね。
この辺は次の写真でもわかっていただける気がします。

ここから髪の毛の造形に進んだのがこちら。

image

image
前髪の表現に気を付けて造形を進めました。
(後ろに娘やらなんやらが映り込んでますね・・・もっと考えて写真撮れよ!)

こんな感じでも、結構ケンシロウに近づいたんじゃないかなぁと思っていたんですが、どうにもコレジャナイ感が出て、思い切って作り直しました。

image
image
さっきの髪型の造形をしている時も、かなりの時間を費やしましたが、やり直した結果はどうでしょうか?
ほんとに色々試したんですが、頭に多めにスカルピー(焼くことで固まる樹脂粘土です。そういうや説明してなかったような・・・)を盛って、ニッパーでザクザクと切る感じで頭をギザギザにしていきました。 
私としては、変更して正解だったと思っています。

ここから、ボディの造形に移ります。顔さえできてしまえば、後は消化試合だと思っていたのですが、はるかに甘かったです。

image
image
なんやかんやでちょっとずつ筋肉を盛っていきました。
ケンシロウって、実際問題、めっちゃムキムキなんですが、服を着せようか迷っているのと、前回のラオウよりは小ぶりに作りたかったので、筋肉のボリュームは控えめにしてあります。

そして全身作ったのがこの状態です。

image
image
image
image
どうでしょうか?ケンシロウというのはなんとなくわかっていただけるかと思うんですが、皆さまの好みにあいますでしょうか?
作っているうちに最初に思い描いていたのとは違い、いろんなイメージに引っ張られてこんな感じにまとまりました。
もともとはワールドコレクタブルフィギュアと同じサイズで作りたかったのですが、結局それよりは若干大きなサイズ感のシリーズになってしまいそうです。

image
ラオウと並べてみました。もう少し身長差を出すつもりだったのですが、自立するバランスを取ろうと思って色々やってたら、若干身長 が伸びてしまいました。
このまま上半身裸にしておくか、トレードマークであるジャケットを着せるか悩んでます。
ジャケットだけ着脱式に出来たらいいな~とは思うんですが・・・

一応塗装に進もうと思っているので、完成したら次回の記事でアップしたいと思います。
ご覧いただきありがとうがございました。
暖かいご意見おまちしております。
 

フィギュア制作に挑戦(ラオウ完成編)

まとまった時間が取れなくて、更新が滞っていたこのシリーズ。
というよりも、造形等に取り掛かる時間がなかったといった方がいいでしょうか。

前回アップした記事で、塗装がグダグダになったと 書きましたが、私の場合、造形の勉強もしなければなりませんが、知り合いで色を塗ってくれる人もいないので、造形から塗装まで自分でこなさないと作品が完成しません。

というか、殆どのモデラーがそうなんでしょうけども、まずもって塗装の勉強や練習をしようと思い、ガンプラを作ることにして、その下処理なんかをしていました。

しかし、あまりにラオウ制作を放置していても先に進めませんし、一応は完成まで持っていこうと思い、昨日、塗装を終わらせることができました。

文章ばかり書いていても何なので、早速写真を載せようと思います。


image
まずは正面から。もう少し筋肉は褐色に近づけたり、髪の色はもっと淡いか黄土色のような色にすべきかと、やり直したいと思うところは多々ありますが、色のイメージは人それぞれだと思うので、今回はこれで正解ということにします。
市販のフィギュアでもカラバリはザラにありますしね。
やっぱり、一つの色のイメージでは縛り切れません。
実際、ラオウのイラスト等画像検索しても、その時々で色も服装も全部違うので、どれを参考にしていいやらわかりません。
なので、自分の中のラオウのイメージで塗りました。

ここからは、ぐるっと一周。
image

image

image

image

image
とにもかくにも、塗装技術の無さが悔やまれる・・・
それでも、初めてにしては良くやった方だと自分を褒めてやりたい。
親しい連れは評価が厳しいんですよね~・・・

塗料はほとんどクレオスのMr.カラー(ラッカー)を使っています。
肌色やカーキ色は自分で調色、靴等はマホガニー、金色部分はゴールドの上にクリアーオレンジをかさねてあります。
髪と眉毛は茶色下地で立ち上げ、オレンジ寄りの黄色、黄色と白を混ぜたもの、さらに白を足したハイライトで表現しました。

最後に、水性トップコート艶消しを振って、テカりを抑えてあります。

肌色部分はエアブラシ塗装、その他は全て筆塗りです。

今回、塗装してみて感じたことは、塗装に入る前に表面処理は入念にしておかないとダメだなぁ~ということです。特に目などは微妙なガタツキがあるだけで非常に塗りにくい。

造形面ではとにかく、左右対称が難しかったです。
全然同じに出来なかったので、右から見るのと左から見るのとでは、若干印象が変わります。
実際の人間ならそれが当たり前なんですが、キャラクターの場合はどうなんでしょうねぇ?

ただ、このサイズとディフォルメ具合、顔の再現度等、十分良く出来たんじゃないかと自己評価出来る部分もあるので、満足度は高いです。
もっといろんな造形技法を身につけたいなぁ。
次はラオウと対になるケンシロウでも作ろうかと思います。
もしくはトキ。

でもまずは、プラモでエアブラシ塗装の練習をします。
ご覧いただきありがとうございました。

image
 

イクイップ&プロップ 涼邑零を似せる!

今回は、フィギュア小改造&リペイント記事です。

前回、牙狼の主人公・冴島鋼牙のリペイント記事をアップしましたが、やはり鋼牙がいるならライバルかつ親友ともいうべき、銀牙騎士・絶狼こと涼邑零(演・藤田玲)もないとダメでしょう。

ということで、こちらのリペイントにも挑戦することにしました。

最初に言っておくと、前回の鋼牙に比べると、クオリティは下がったように思います。
数を重ねるごとに下手になっていくって、一体・・・・

気を取り直して写真をアップしていきます。

なお、最近はもっぱらiPhoneで撮影した写真を使ってます。
以前は一眼レフを使っていたのですが、なんといってもiPhoneはお手軽なんですよね~。
それなりの画質で撮れますし、ある意味これで十分かなと。
写真自体を携帯で見ることのほうが増えましたし。

まずはこちらの写真。

image
う~ん、誰だこれ?
残念なことに全然似ていません。
よく見ると口元とかピンポイントで似ている部分もある気がしますが、トータルでダメです。
これでもこの写真ではまだ角度でごまかせている方です。
やっぱり、塗装と髪型がダメなんだと思います。

そこでパテを盛って髪型を整え、塗装しなおすことにしました。

IMG_1319
前回は髪の毛を盛ってから塗装しましたが、目元の塗装に苦労したので、今回は顔を塗りなおしてから髪の毛の造形に入りました。
この時点でもう、別人ですよね?

そして、出来上がりがこちら。

image
image
image
いくらかリアルにはなったと思うんですが、実物に似ているかといわれれば、正直微妙な出来栄えです。
まぁ、アップにすると粗も目立つんですが、引きで見る分には十分満足できます。

image
変にライティングするよりは、部屋の明かりで撮影したほうが、リアル感が増す気がするのは不思議。

牙狼シリーズは変身前の役者の生身のアクションや芝居がとにかくカッコいいので、鎧の造形はさることながら、鎧装着前の出来のいいフィギュアがどうしても欲しかったんですよね~。

可動は申し訳程度の代物ですが、立たせて飾る分にはいいものです。


IMG_1336

前回の鋼牙と合わせて。
白と黒のコントラストが美しい!!

IMG_1338
ついでに、後ろで控えていた牙狼&轟天、絶狼&銀牙です。
写真だとアレなんですが、このセット、ボリュームもあるし、造形塗装も美しいですし、本当に芸術品です。
牙狼好きな人なら、多少お金を積んでもゲットする価値はあると思います。
轟天の方はなかなか入手困難ですが、銀牙は一万円くらいで購入できます。

IMG_1309

IMG_1308
素面があることで劇中であったワンシーン、本人が中の人を再現できます。
PCで見ると写真の粗がすごいですね。光の当たり方とか・・・

後半、涼邑零の出番がなくなってしまいましたが、今回の記事はこれにて終了です。
どちらも結構簡単にできるお手軽改造なので、所持している方は試してみては?
ほぼ塗装の知識も技術もいらないですよ。
 

フィギュア制作に挑戦(世紀末覇者編)

スクラップ&ビルドというか、トライ&リトライというか・・・
フィギュア制作は奥が深いですね。
今回、早くも挫折しそうです。

と、弱音から始まってしまった今回の記事。
今回紹介するのは、前回のサウザーと同じシリーズ物として作った、

北斗の拳の超人気キャラ、ラオウです!
ラオウ、カッコいいですよね。

今回もこのラオウをディフォルメで作っていきます。
最初に言っておきますと、今回のラオウは結構自分でもよく出来たと満足しています。
原型は・・・・


前書きが長くても何なので写真を載せていきます。(ちょっと写真多めです)

IMG_1483

IMG_1482
こちらが第一段階ですね。
大体の方がそうされているとおり、顔から作っていきます。
やはりフィギュアは顔が命!ここが決まらないと何も始まりませんからね。
で、結構いい感じにまとまったので、次に進みます。

IMG_1486

IMG_1485

IMG_1484
髪の毛の表現方法の知識や技術に乏しいので、とりあえず生え際だけ作って、そこから盛り足していく方法にしました。角刈りのラオウw

IMG_1489

IMG_1488
そして、粘土を盛り足し、ヘラで髪の毛の流れの方向に何度も引っかいて造形していきます。
好きバサミで調髪しているような感覚でした。

IMG_1492

IMG_1490

IMG_1493

頭部が出来上がったので、ここからはボディの造形に移ります。
前回のサウザーの時はフィーリングで作っていたのですが、今回はある程度筋肉の造形を意識して粘土を盛っていきました。

IMG_1509 
途中だいぶ飛びましたが、だいたいこんな感じで造形していき、手は最後に作りました。
なぜかというと、すごく苦手で自分にとっては難しいからです。
誰か、上手な手の作り方教えてください・・・

ラオウといえば、マント付けて兜被ってというイメージが強いので、そっちで作ろうかとも考えましたが、案外筋肉がうまいこといったような気がしたので、最終決戦時の服装にすることにしました。

上半身の造形が面倒だった訳ではないですよw
案外服の方がごまかしがきくので楽だったりします。
下半身はただのズボンで終わらないように、原作どおり凝った仕様にしたのが拘りポイントです。

そして出来上がった原型がこちら。

image

image
いかがでしょうか?結構いい感じにまとまったんじゃね?素人にしては上出来じゃね?
ってな感じで、自分としては上手に作れたんじゃないかなぁと満足していました。


今思えば、ここで止めておけば良かったかもしれません。
塗装で台無しになるんじゃないかなーと危惧していたからです。

というのも、私には塗装技術も経験もあまりに乏しいからです。
ガンプラに塗装したのだって15年以上前の話ですし、ましてやフィギュア塗装なんてやったことがありません。
また、昔もそうですが、調色が苦手で、思い通りの色を作り出せたことなんてない・・・

それでも工具や機材を揃えてここまでやってきたので、止まる訳にはいきません。

で、本日試行錯誤、悪戦苦闘のうえ、上半身まで塗装を終えました。
ただ、ここまでの間で、試験塗装に使ったサウザーが死にました。
塗装をやり直そうと思って溶剤をベタベタ塗っていたら、表面がボソボソに溶けてモールドがなくなりました。
無念・・・

まぁ、そのうちサウザーもバージョン2として作り直します。

そして、今日の結果がこちらです。

image

image

image

はい、一気に安っぽくなりましたねw所詮素人の仕事です。
誰か、塗装をレクチャーしてください。出来たら美人モデラーの方、お願いします。
と、冗談はさておき、シャドウ吹きとか難しいです。
結局筆で墨入れする感じでやりました。
全身塗装が終わったら艶消し等を吹いて全体の質感を抑えるつもりなので、もう少しはマシになると信じています。
プロのモデラーでも研究を続けられているとおり、塗装は奥が深いですねぇ。
本当に難しいです。


ちなみに、サイズ的にはこんな感じです。
image
なんとなく、キン消しみたいなんですよね・・・
もっと褐色肌に近づけたかったですが、これが今の私の限界です。
近々未塗装部分の塗装を終えて、完成させたいと思います。
 

フィギュア制作に挑戦(聖帝様編)

さて、今回は今年の7月末から始めたフィギュア制作について記事を書こうと思います。
素人の粘土細工ではありますが、だんだん上達していくと思いますのでお付き合いいただきたいと思います。
いや、お付き合いください、お願いします。
誰かに見守っていて欲しいんです・・・

ずっと前から、いつか自分で好きなフィギュアを作れないかなぁ・・・とぼんやり思っていました。
市販のフィギュアで十分満足なのですが、人気キャラは商品になるものの、マイナーだったり地味なキャラは商品化されにくいんですよね~・・・・

仮面ライダーフィギュアにしても変身前のフィギュアが出たら全部集めるのになぁ・・・とずっと思っていました。
そんな想いがあったので、無いなら自分で作ってしまおうという発想から、フィギュアを作ろうと思い立ったのです。

というわけで、何のフィギュアを作ろうかなぁと思っていたんですが、 やっぱり今、自分の中で旬である牙狼のキャラクターを作りたいなぁというのがあったので、いきなりリアルフィギュアから入っていくことにしたんですね。

で、フィギュア制作についてはほぼ全く知識がない状態だったので、いろいろなサイトを巡らせていただき、少しずつ知識を蓄えていきました。

その中で、一番道具や素材が少なくて済みそうということや、小改造のときも使っていたという理由で、エポキシ造形パテ を使うことにしました。

それで作っていったのがこちら。


IMG_1358

IMG_1359

最初はこれでも以外と上手くいっていると思っていました。
この次の段階がこちら。

IMG_1377
IMG_1376

かなり人の顔に近づいてきたと思いませんか?結構リアルに出来たと思って自分では満足していたんですが、とにかく左右のバランスというか、同じような造形にするのが難しい。
そして、正面からはまっすぐに見えても、上からみたり後ろからみたりと角度を変えると、いろんな方向に微妙に歪んでいるのがわかるんですよね。
ほんとに、プロの造形師さんって凄いなーと思います。

それに加えて、エポキシパテは時間経過で固まるものなので、固まりきる前にある程度形を作っておかなければならないので、そういう意味でもハードルが高すぎたんですね。

それで、色々調べているうちに、多くの人が利用しているスカルピーを使うことにしたのです。
ただ、スカルピーってオーブンで焼いて固める代物なので、造形作業専用のオーブンが必須なんですよね。
そこがハードル高いなぁと思って、ずっと躊躇していたのですが、オーブンもネット通販で探してたら2,500円くらいであるし、それならやってしまおうと思って、一念発起、スカルピーによる造形を始めることにしました。

そして、リアルフィギュアを作る前に、もうちょっと作りやすそうな漫画やアニメのキャラクターから練習しようと思い直し、路線変更しました。

それでも、すでに存在するフィギュアの模造だとつまらないので、ありそうでない物を作ろうと考えました。
そして出した結論が、「ディフォルメの北斗の拳フィギュアを作ろう」ということでした。

参考にしたのはプライズでかなりの数が出ているワールドコレクタブルフィギュア。
この頭身バランスで、手のひらサイズのフィギュアから練習していこうと思いました。

作り始めたのがこちら↓

IMG_1421

IMG_1418

誰を作っているか分かりますか?記事タイトルにも書いてるのですが、北斗の拳の中でも華のある男、聖帝サウザー様です。

スカルピーの使用感としては、

「なにこれ!?超便利!!」

という感想でした。スカルピーは焼くまでは固まらないので、何度でも納得いくまで形を整えることができます。
焼き加減が難しいという記事も読んでいたのですが、予備知識を蓄えた結果、一発目から上手く焼くことが出来ました。

ここから作業を進めていったのが以下の写真です。

IMG_1422
IMG_1424
IMG_1426

少しずつ成形しては焼き固めて、また微調整しながら造形するといった作業を続けていきました。
根気のいる作業ですが、これが楽しい!
最終的には上の写真のような台座に収まるサイズのフィギュアにしたいと考え、バランスを確認しながら作りました。

最終的にはこんな感じになりました。↓

IMG_1440
IMG_1441
IMG_1442

第一号作品にしてはいい線いったのではないでしょうか?
ここからまだ、未体験にほぼ近い塗装作業が残っているので完成にはほど遠いですが、一応形としては出来上がったような気がして満足しています。

技術的な話は何もできませんが、素人が率直に感じた感想や反省点などは語ることができますので、もし造形に興味をお持ちの方がおられましたら質問にはお答えします。

次回は、別のキャラクター制作について記事にしたいと思います。
 
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ