もう、飾るスペースがございません。

手持ちのフィギュアコレクションを紹介したり、遊んでみたりするブログです。 主力は仮面ライダーで基本的には燃え系フィギュアを集めています。 フィギュア制作始めました。

イクイップ&プロップ 冴島鋼牙を似せる!!REBOOT!!

テンションが上がっているので連続アップです。
というか日曜日でもないと落ち着いてブログ書く気にならない・・・

前にアップした記事とほぼ同じ内容ですが、今回は新たに牙狼の主人公・冴島鋼牙を改造して実物に近づけようという試みを実施しましたのでご覧ください。

以前、「イクイップ&プロップ 牙狼&ザルバ」をリペイント&小改造しました。
前は、これ↓

image
が、これ↓

image

image

になったという記事でした。
これはこれでかなり気に入ってるのですが、実際のところ演者である小西遼生さんに似ているかと言われれば、微妙といえば微妙。男前だとは思うんですが。

そして、この冴島鋼牙フィギュア、同シリーズで後に新規造形でリリースされています。
それが、「イクイップ&プロップ 牙狼・翼人」です。
この商品に新規造形の鋼牙フィギュアが同梱されているのですが、そのお顔がこちら。

D9B8A681-1637-429A-85F0-2253AAFC0423

劇中で鋼牙が良く見せる険しい表情です。造形は前回より格段に良くなったとは思いますが、私的には顔も微妙だし髪型もあんまり気に入らなかったので、これも改造することにしました。
ただ、今回は改造途中の写真を撮り忘れたので、完成品だけみてください。


A2D1077E-1984-439A-A355-031C4BF39FAF
出来上がったのがこちら。かなりリアルに出来たのではないでしょうか!?(自己満足)

BB341131-9A14-4709-AE24-FCDF3FDBC1D7

C7AAAC8A-D394-4E08-8D92-6EFF1BBC05F3

0D76BFF6-7253-4A91-A5FD-CB4BFBA4584C

9962161D-49C4-41DE-9661-AAA7D9BA4E60

以前に比べて小西さんにグッと近づいた気がしているのですがいかがでしょうか?
実物の画像は勝手に貼っていいのかわからないので、気になった方は検索してください。
引きだとかなりリアルに見せることができます。


84FBE3A3-751B-421B-AEF7-2A8010C00C77


CB2FEFE4-CFC7-480E-9806-4D02C5255CBF


8904C542-052C-463D-9B66-4C55403C147A

顔のアップ。フィギュアのサイズが小さいので寄ると流石に粗が目立ちます。技術的に未熟というのも大きな要因ですが・・・

B63FB58F-F578-41E5-B503-77AD0738E36B
光で少し飛んでしまっているのでわかりにくいのですが、リペイントは非常にお手軽。
筆で肌色を足したり、クリアーオレンジでシャドーを付けているだけです。目元はエナメル系塗料でアイラインを足しています。ポイントとしては、わざと粗めに塗るという感じです。
あえて筆の塗りムラを使うといいますか。最近のデジタル塗装なんかでも寄ると点々の集合みたいな塗り方になっていると思うのですが、それに近い感じで、あえて粗くした方が写実的になる気がします。
髪の毛についてはエポキシ造形パテを使用して分け目の変更&前髪の形状変更、ボリュームアップしました。ちょっと盛りすぎた気もしなくはないですが、まぁいいです。

あと、今回は可動についても少しだけ手を入れています。

BB7F3B56-4FBE-45A3-A7B0-7C57CDD64E58


A51F646E-A65A-4D98-9346-B9F744097D42

以前のものと比べてみました。どっちがお好きですか?新規素体は足回りの稼働が少しだけ向上していましたが、腕は同じで殆ど前後可動だけ。これでは色々な動きは付けられません。
ほぼ同じポーズを取らせてみても腕のヒラキ等が全く違うと思います。

この秘密はこれ↓

075ABAE2-28C0-4F3A-9BEC-C90CA6FFDCDC

肩のジョイントを球体ジョイントに変更しました。やり方は簡単で胴体部分に穴を開け、腕のジョイントをブチ切ってそこにも穴を開けてつなぐだけです。
これをやるだけで、見た目をそれほど損なわずに可動範囲を広げることが出来ます。


996F6F76-8422-4678-B333-966A3452D9E2


A493FA7D-F617-449B-8851-1EF38F2E69FF
両手持ちっぽくしてみたり・・・


BB341131-9A14-4709-AE24-FCDF3FDBC1D7

決めポーズもデフォルトよりは形が決まりやすくなります。本当は肘にもジョイント入れたいのですが、こちらは見た目が損なわれるリスクが高いので決断できず。いずれやるかもしれません。

5DCFCD21-E2C1-45B7-ABB4-C2B71EB6E6CB

いかがでしたでしょうか?前回のも気に入っていたのですが、さすが新規造形だけあって弄れば本人にグッと近づいた気がします。
もう一つ、リペイントしようと思っている牙狼フィギュアがあるのですが、そちらは上手くいく自信がないので、納得いく出来に仕上がれば公開したいと思います。

イクイップ&プロップ 山刀翼を似せる!

とても久しぶりのブログ更新です。
ちょくちょく見に来ていただいている方からは、ほぼ死んでるブログだと思われているかもしれませんが、更新頻度が遅いだけで、一応生きてます。

昔は毎週とかアップしてたのですが、忙しいやらモチベーションが上がらんやら、フィギュアレビューは素晴らしいサイトがたくさんありますので、もはや私がすべきことでもないなと考えたりで、更新が遅くなってます。

その分、アップするときは、それなりに楽しめるか何かの参考になる記事にしたいと思っています。

前置きが長くなりましたが、今回も過去に発売されたフィギュアのオーバーホールです。

今回は、牙狼シリーズより「イクイップ&プロップ 白夜騎士ダン&ゴルバ」です。
なんで今頃10年前のフィギュアを弄っているかというと、インスタグラムで知り合った方が素晴らしい作品をアップされてまして、それに触発されてヤフオクでポチッたからというのが理由です。

B4219782-69F9-41B3-AC27-ECA47BB5E6D9

このシリーズは変身後だけじゃなく、変身前のフィギュアもあって、パーツを換装して変身前後を楽しむことが出来ます。
ただ、牙狼がお好きな方ならお分かりかと思いますが、劇中では鎧の装着なんてちょっとの間で、殆どは生身の人間状態でストーリーが進みます。そして、役者さんがカッコいいのと素面アクションが素晴らしいので、中身の役者さんの方が愛着強いんですよね。

それで、やはり両方飾りたいってことで何とか並べるんですけど、鎧状態の造形は凄まじく何の文句のつけようもないのですが、人間状態だと・・・



20ECC184-E1DC-44F1-9C6B-6BA0D2FB7994
 

1DBCAC6D-4AEE-49DE-A591-EB9705601631

う~ん・・・造形自体は悪くないと思うんですが、似てないんですよね~。
これもすべて塗装のせいだと思います。そこで、今回も少しだけ手を入れてみました。
それがこちら↓


C9FCD196-537C-4E36-B4B4-5F7F3259A5DC


DC0D454F-E172-4485-968E-E8897684AF09

筆塗りメインで顔に陰影を付けたり、目元をはっきりさせたりしました。
この写真だと陰影は良くわからないですね。


96D9FF8B-73FF-4202-BA43-B8A357A1EE64

実際に飾っている状態がこちら。変にライト当てるより室内灯の方がリアルに見えたりします。

DD4D0D29-C006-4E43-9C77-328A81B29B36
過去にリタッチした魔戒騎士の面々と。やっぱり手を入れると格段と見栄えが良くなります。


FABC6D58-8764-4C6F-B513-F32E195A37FB


DFA11166-DC60-4E06-B148-C33733B8A3E0


A73660F8-04D0-43A3-8A46-43E1FB922902


1DF9F2A5-01D7-476B-A952-2C1A8D206A13


1DC17547-10EA-4537-B099-864FA07A80F7

自分としてはカッコよくできたとは思うのですが、演者である山本匠馬さんに似てるかというと微妙・・・まぁこれは、魔戒騎士・山刀翼ですからよしとしましょう。


1AE789B0-6447-4BAC-A257-7DCD4337664C

白夜騎士ダンと一緒に。実はこのシリーズ、商品的には人間で飾るか鎧状態で飾るかの二者択一。
二体同時に並べたければ、素体をもう一つ用意しないといけません。
なので、山刀翼の胴体には余っていた冴島鋼牙のものを使いましたが、サイズが合わなかったので削ったりしてたら、カッターで指をズバッと切りました。結構深く切ったので焦りましたが、意外とすぐにくっついてびっくり。人間って強いですね。


764396A3-3E8D-49F7-AF2F-9F0E2F28B355

白夜をイメージして〆。いかがでしたでしょうか?こうなると魔導馬ハヤテも欲しくなりますねぇ。
最近はお手軽にインスタに投稿することも増えてきましたので、よろしければご覧になってください。
といっても、どうやって紹介すればいいのかわからないのですが・・・

一応、Kotaro.f.m0518って名前でやってます。
このブログとかも拡散してください。お願いします。

フィギュア製作に挑戦~伝説の超サイヤ人・完成編~

さて、前回の記事でアップしておりましたブロリーの完成品をご紹介します。
アップで見ると粗が多いので、出来るだけ粗さがしせずにご覧ください。

いやーしかし、表面処理って大切なんですね~…塗装して痛感します。
面倒くさくて疎かにしてしまうのですが、次回制作からはそこらへんも考えて作ろうと思います。

では、完成品をご覧ください。


IMG_2484

IMG_2502

IMG_2501

IMG_2487

IMG_2500

IMG_2486

IMG_2499

IMG_2503

一周ぐるりと。
思ったより右肩上がりですね。
まぁこれはこれで良しとします。
何度作っても100パーセントというのは無くて、腕の長さをミスったかな、とかもっと丁寧に仕上げるべきだったかとか、出来た尻から反省点ばかりです。


IMG_2509

イヤリングを作ったり首飾りの結び目まで造形してみたのがこだわりです。
エアブラシの洗浄が面倒だったのでメタリック塗装の下地を筆塗りしたら、やっぱりムラになりました。いろんなサイトで先人たちがアドバイス下さってたんですがねぇ…まぁ表面処理をしていない時点でどうにもならないということも良くわかりました。

IMG_2492

IMG_2491

IMG_2512

IMG_2494


ライトの位置を調整して陰影が強く出るように撮影してごまかしました。
オーラはプラモデルのフィギュアライズスタンダードのオーラエフェクトを使ってみました。
しかし、小さかったです。

IMG_2506

作っている途中で知ったのですが、ブロリーの超サイヤ人第一段階がプライズで出ました。
これと並べて飾ることが出来たので個人的には嬉しかったです。


IMG_2489

私のイメージではブロリーはこれぐらいデカくなっています。
予定していた訳ではないのですが、いいサイズ感になったと思います。


IMG_2496

以上です。
顔が自分の好みに作れたことが大きな収穫でした。
プロから見れば色々と指摘もあると思いますが、自分としてはほぼ満足しています。
どうやって飾るか、オラ、わくわくすっぞ!

ということで、何か温かいお言葉があれば応援お願いします。

フィギュア製作に挑戦~伝説の超サイヤ人に挑む~

久方ぶりの更新です。
長らくブログにアップするようなネタが無かったので更新してなかったのですが、久しぶりにお披露目に耐えうるような作品が出来たので公開します。

今回作ったのは、ドラゴンボールの人気キャラクター、伝説のスーパーサイヤ人・ブロリーです。

ブロリー、劇場版に出てきただけなのに、凄いインパクトですよね。
めちゃめちゃ強いしめちゃめちゃ悪い。

映画の尺の都合上、なし崩し的に悟空が勝ったという印象ですが、それまでは全く歯が立たなかった強敵でした。

また、ブロリーはこれまで何度も立体化されていますが、どうも自分好みのブロリーフィギュアが無かったので、今回作ってしまおうと考えたわけです。
今回の製作はモチベーションも高く保てましたし、比較的短期間で完成までこぎつけることが出来ました。

この記事では、主に製作過程について書こうと思います。
これからフィギュアを作ってみたいという方には、ほんの少しだけ参考になるかもしれません。
素人が独学でフィギュアを作るとどうなるか…

まず最初に作り始めるのは頭部です。フィギュアは顔が命!ということで、ここが上手くいかなければ心も折れます。

IMG_2312

IMG_2314

いきなり頭部が出来上がってしまっていますが、スカルピーを盛り付けたり削ったりして作っています。要は粘土細工ですね。ここまで二時間くらいでしたでしょうか。

IMG_2337

IMG_2336

IMG_2335

IMG_2339

IMG_2340

こんな感じでバランスを見ながらスカルピーを盛り付けていきます。
画像は焼き固める前の状態です。
普通、フィギュアを作るときは完成形の頭身図などを用意して、それに合わせてやるのがセオリーみたいなのですが、私の場合は携帯で参考画像を見ながら作っていました。
おかげで、思っていたよりかなりデカい作品になってしまい、オーブンに入らなくなってしまいました。

そこで、今回は初めてパーツ分割を前提に作ることになりました。

IMG_2344

上半身を焼き固め、下半身の受けのベースを作ります。

IMG_2347

IMG_2346

下半身のベースを作って全体のバランスを見ます。
いわゆるS字立ちにしたかったので背中はかなりそらせてありますが、胸筋がエグイので真っすぐに見えますねw
それにしても、良く自立したものです。


IMG_2449

ズボンのしわなんかを考えて盛り付けます。道着のしわはいつ作っても難しいです。
一度どこかのフィギュア製作教室なんかでコツを教わりたいです。

IMG_2454

IMG_2453
なんとかかんとか、こんな感じに仕上がりました。

IMG_2465

パーツ分割はこんな感じになっています。
本当はもっと分割すると塗装もやりやすいんでしょうけど、きれいに分割する技術がないので今の私にはこれが限界です。

そしてここから塗装に入るのですが、やはりここが鬼門でした。
とにかく難しい…思った色にならないし、どんどん汚くなるし…
殆ど勘だけを頼りに進めた感じです。

IMG_2464

まずは肌色の塗装。キン消しみたいな色です。

IMG_2461

IMG_2463

そこからシャドーを吹いたりクリアーオレンジを吹き付けて色を調整してみたのですが、少し赤みが強すぎる感じになってしまいました。
また髪の毛も金髪から緑方向にシフトしようと思ったのですが、汚くなったのでやり直しです。

IMG_2471

目を塗ったりしてなんとかこんな感じに。
写真では光で飛んでますが、この段階でボディにもかなり陰影をつけています。
髪の毛も黄緑一色ではなく、グラデーションになっています。
例えると、熟れる前のバナナですね。

IMG_2472

IMG_2483

腰巻の塗装です。マルーンをベースにしました。
ここに、マルーン+ブラックでシャドーを吹き、クリアーレッドでハイライトを入れたりしてみました。効果があったかどうかは微妙ですが…

IMG_2508

概ね塗り終えたところ。塗装ムラや塗り落としがひどいです。
しかし、技術も精神力も限界なので、ここら辺で妥協します。
自己満足の世界ですからね。
この後、首飾りの紐を作ったり、イヤリングを作ったりして完成させました。
完成品は次の記事でご紹介しようと思います。


プレイアーツ改 セフィロス(ADVENT CHILDREN)その1

唐突ですが、新年早々忙しかったー…

休みは無いわ、夜は遅いわで結構疲れました。

しかし、ようやくたどり着いた休日に、届いたフィギュアのクオリティが高かったので気力大回復!

本日ご紹介するのは、プレイアーツ改セフィロス(AC版)です。
セフィロスに関しては、AC版もFF7本編でもさほどデザインに変更はないと思われますので、どっちの場面にでも使えるのではないかと思います。

少し前置きしておきますと、ネットオークションだったかメルカリだったかで買った、プレイアーツ改クラウド(ADVENT  CHILDREN)の出来が100点ではなかった…というか私が購入したのは海賊版だったのではないかなぁと思い、少しションボリしていました。

それでも、なんとか顔を少しだけリペイントするだけで、そこそこ見れるようになったとは思うのですが。

IMG_1884

IMG_1885

IMG_1891

IMG_1892

いや、これはこれで十分カッコいい気もするんです。
でも、セフィロスの完成度を見てしまうと、ちょっと霞んでしまった気がするんですよねー。
後発組だからか、それともこれが、正規品の力か。

とにかく、写真で紹介しようと思います。
同じような写真がたくさん続くので、退屈するかと思いますが、色味の違いなんかを楽しんでいただけると助かります。

IMG_1893

IMG_1895

IMG_1906

どうでしょうか?かなり良い出来だと思いませんか?
サンプルからの劣化もなく、しっかりセフィロスしていると思います。
顔の造形も、クラウドのような角度限定とは違い、どこから見てもしっかりセフィロス。
やれば出来るじゃない!スクエニさん!

IMG_1902
IMG_1904

IMG_1905

IMG_1937


IMG_1907

IMG_1908

IMG_1914

ほぼほぼ同じ写真なんですけど、ライティングを少し変えるだけで、結構印象変わるんですよね。
しかも、どの表情も捨てがたいカッコよさ。
自分の中でセフィロス補正がかかっているかもしれませんが、かなりのクオリティー。

IMG_1919

IMG_1921

政宗を構えさせても絵になりますねー。
ちなみにこのセフィロス、このデザインと図体の割には、可動範囲はなかなかです。
立膝とかは厳しいですが、足を大きく開いたり、踏ん張ったりは出来ます。
腕も思ったよりは内側にいきますし、頑張れば刀の両手持ちも出来そうです。
しかしながら、武器持ち手は左手しか付属しません。

IMG_1922

政宗もこの長さで再現。
フィギュアそのものもデカいですが、刀の長さを表現しようとすると、うちの撮影スペースではギリギリです。

IMG_1924

IMG_1925

IMG_1929

IMG_1930
 
少しの動きの変化と角度の違いだけで、色んなカッコよさが表現できます。
つまり、どの角度から見ても破綻の無い美しい造形と言えると思います。

ここからは、ちょっとだけ加工写真を。
といっても、アプリでフィルタをかけただけのお手軽加工ですがw

IMG_1908

IMG_1921

魔晄の光を帯びたイメージで。

IMG_1913

IMG_1927

青写真にすると、若干吸血鬼感が出る気が…

IMG_1932

IMG_1935

少し赤身を持たせて、炎の中立ち去るイメージで。
本格的に画像加工して炎を書き込んでもいいのでしょうが、時間・気力・実力のすべてが足りません!

IMG_1897

ちなみに、二人の身長差はこれぐらい。
セフィロスはクラウドと違って太ももにロール軸があります。
また、足もグラグラせずガッチリしているので、デカい割に安定感があります。

今回は、ほぼ立ち姿のみの簡単なレビューでしたが、反響があれば、その2で動きをつけた写真や二人の対決、片翼の翼などを紹介したいと思います。

 
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ