今回は、フィギュア小改造&リペイント記事です。

前回、牙狼の主人公・冴島鋼牙のリペイント記事をアップしましたが、やはり鋼牙がいるならライバルかつ親友ともいうべき、銀牙騎士・絶狼こと涼邑零(演・藤田玲)もないとダメでしょう。

ということで、こちらのリペイントにも挑戦することにしました。

最初に言っておくと、前回の鋼牙に比べると、クオリティは下がったように思います。
数を重ねるごとに下手になっていくって、一体・・・・

気を取り直して写真をアップしていきます。

なお、最近はもっぱらiPhoneで撮影した写真を使ってます。
以前は一眼レフを使っていたのですが、なんといってもiPhoneはお手軽なんですよね~。
それなりの画質で撮れますし、ある意味これで十分かなと。
写真自体を携帯で見ることのほうが増えましたし。

まずはこちらの写真。

image
う~ん、誰だこれ?
残念なことに全然似ていません。
よく見ると口元とかピンポイントで似ている部分もある気がしますが、トータルでダメです。
これでもこの写真ではまだ角度でごまかせている方です。
やっぱり、塗装と髪型がダメなんだと思います。

そこでパテを盛って髪型を整え、塗装しなおすことにしました。

IMG_1319
前回は髪の毛を盛ってから塗装しましたが、目元の塗装に苦労したので、今回は顔を塗りなおしてから髪の毛の造形に入りました。
この時点でもう、別人ですよね?

そして、出来上がりがこちら。

image
image
image
いくらかリアルにはなったと思うんですが、実物に似ているかといわれれば、正直微妙な出来栄えです。
まぁ、アップにすると粗も目立つんですが、引きで見る分には十分満足できます。

image
変にライティングするよりは、部屋の明かりで撮影したほうが、リアル感が増す気がするのは不思議。

牙狼シリーズは変身前の役者の生身のアクションや芝居がとにかくカッコいいので、鎧の造形はさることながら、鎧装着前の出来のいいフィギュアがどうしても欲しかったんですよね~。

可動は申し訳程度の代物ですが、立たせて飾る分にはいいものです。


IMG_1336

前回の鋼牙と合わせて。
白と黒のコントラストが美しい!!

IMG_1338
ついでに、後ろで控えていた牙狼&轟天、絶狼&銀牙です。
写真だとアレなんですが、このセット、ボリュームもあるし、造形塗装も美しいですし、本当に芸術品です。
牙狼好きな人なら、多少お金を積んでもゲットする価値はあると思います。
轟天の方はなかなか入手困難ですが、銀牙は一万円くらいで購入できます。

IMG_1309

IMG_1308
素面があることで劇中であったワンシーン、本人が中の人を再現できます。
PCで見ると写真の粗がすごいですね。光の当たり方とか・・・

後半、涼邑零の出番がなくなってしまいましたが、今回の記事はこれにて終了です。
どちらも結構簡単にできるお手軽改造なので、所持している方は試してみては?
ほぼ塗装の知識も技術もいらないですよ。