まとまった時間が取れなくて、更新が滞っていたこのシリーズ。
というよりも、造形等に取り掛かる時間がなかったといった方がいいでしょうか。

前回アップした記事で、塗装がグダグダになったと 書きましたが、私の場合、造形の勉強もしなければなりませんが、知り合いで色を塗ってくれる人もいないので、造形から塗装まで自分でこなさないと作品が完成しません。

というか、殆どのモデラーがそうなんでしょうけども、まずもって塗装の勉強や練習をしようと思い、ガンプラを作ることにして、その下処理なんかをしていました。

しかし、あまりにラオウ制作を放置していても先に進めませんし、一応は完成まで持っていこうと思い、昨日、塗装を終わらせることができました。

文章ばかり書いていても何なので、早速写真を載せようと思います。


image
まずは正面から。もう少し筋肉は褐色に近づけたり、髪の色はもっと淡いか黄土色のような色にすべきかと、やり直したいと思うところは多々ありますが、色のイメージは人それぞれだと思うので、今回はこれで正解ということにします。
市販のフィギュアでもカラバリはザラにありますしね。
やっぱり、一つの色のイメージでは縛り切れません。
実際、ラオウのイラスト等画像検索しても、その時々で色も服装も全部違うので、どれを参考にしていいやらわかりません。
なので、自分の中のラオウのイメージで塗りました。

ここからは、ぐるっと一周。
image

image

image

image

image
とにもかくにも、塗装技術の無さが悔やまれる・・・
それでも、初めてにしては良くやった方だと自分を褒めてやりたい。
親しい連れは評価が厳しいんですよね~・・・

塗料はほとんどクレオスのMr.カラー(ラッカー)を使っています。
肌色やカーキ色は自分で調色、靴等はマホガニー、金色部分はゴールドの上にクリアーオレンジをかさねてあります。
髪と眉毛は茶色下地で立ち上げ、オレンジ寄りの黄色、黄色と白を混ぜたもの、さらに白を足したハイライトで表現しました。

最後に、水性トップコート艶消しを振って、テカりを抑えてあります。

肌色部分はエアブラシ塗装、その他は全て筆塗りです。

今回、塗装してみて感じたことは、塗装に入る前に表面処理は入念にしておかないとダメだなぁ~ということです。特に目などは微妙なガタツキがあるだけで非常に塗りにくい。

造形面ではとにかく、左右対称が難しかったです。
全然同じに出来なかったので、右から見るのと左から見るのとでは、若干印象が変わります。
実際の人間ならそれが当たり前なんですが、キャラクターの場合はどうなんでしょうねぇ?

ただ、このサイズとディフォルメ具合、顔の再現度等、十分良く出来たんじゃないかと自己評価出来る部分もあるので、満足度は高いです。
もっといろんな造形技法を身につけたいなぁ。
次はラオウと対になるケンシロウでも作ろうかと思います。
もしくはトキ。

でもまずは、プラモでエアブラシ塗装の練習をします。
ご覧いただきありがとうございました。

image