久方ぶりの更新です。
もう少し更新ペースを上げたかったのですが、素人の私では一つ作るのにかなり時間がかかってしまうんですよね・・・

今回制作したのは、北斗の拳の主人公「ケンシロウ」です。

前回作ったラオウが結構好評だったので、シリーズ化したいなぁとは思っていたのですが、やはりラオウの次に作るとしたら、対になる主人公ではないかということで、ケンシロウを制作することにしました。

しかし、このケンシロウ、だいたいの人が知っている超有名キャラですが、

意外と特徴がない!!

という難しいキャラクターなんです。


いやいや、ケンシロウは特徴あるだろう、とかとりあえず眉毛太くしてたら良くね?とかはあると思います。
ただ、ケンシロウの顔とかキャラクターって、オーソドックスな男前なんですよね。
髪型や眉毛、それなりに男前に作れば、ある程度ケンシロウっぽくはなると思うんですよ。
でも、今まで発売されているケンシロウのフィギュアを見ても、

「これぞケンシロウの決定版だ!!」

って思えるフィギュアがないんですよね~、私の主観ですが。
最近でこそ、平成版のケンシロウに似てるハイクオリティなフィギュアが出ていますが、私個人としてはどうにもコレジャナイ感がぬぐえない物も多かったのが事実。

そんな訳で、今回は非常に苦労しました。
そもそもアマチュアなのでサクサク作れるわけないんですが、かなり試行錯誤しました。

前置きが長くなりましたが、写真を交えて説明していきたいと思います。
ちょっと長い記事になると思うので、お時間のない方は写真だけでも見て行ってください。

まずは、いつもどおり顔の造形から。

image
最初はいつも、こんな感じで粘土を盛るところからスタートします。

image
そして、スパチュラと呼ばれるいろんな形をしたヘラを使って、少しずつ造形していきます。
私の場合は、最初に各パーツの配置やバランスを決めて、そこから微調整を加えて少しずつ似せていく作業をします。

image

image

image
そして、ある程度顔の形が決まれば、この段階で一度焼き入れをして固めてしまいます。
(写真にすね毛が映り込んでいますね。お見苦しくてすみません・・・)

この次は髪の毛の造形に進みますが、私の場合はまず最初に生え際や耳だけ作ります。

image
 こうして見ると、キャラクターにおいて髪型ってめっちゃ大事ですよね。
この辺は次の写真でもわかっていただける気がします。

ここから髪の毛の造形に進んだのがこちら。

image

image
前髪の表現に気を付けて造形を進めました。
(後ろに娘やらなんやらが映り込んでますね・・・もっと考えて写真撮れよ!)

こんな感じでも、結構ケンシロウに近づいたんじゃないかなぁと思っていたんですが、どうにもコレジャナイ感が出て、思い切って作り直しました。

image
image
さっきの髪型の造形をしている時も、かなりの時間を費やしましたが、やり直した結果はどうでしょうか?
ほんとに色々試したんですが、頭に多めにスカルピー(焼くことで固まる樹脂粘土です。そういうや説明してなかったような・・・)を盛って、ニッパーでザクザクと切る感じで頭をギザギザにしていきました。 
私としては、変更して正解だったと思っています。

ここから、ボディの造形に移ります。顔さえできてしまえば、後は消化試合だと思っていたのですが、はるかに甘かったです。

image
image
なんやかんやでちょっとずつ筋肉を盛っていきました。
ケンシロウって、実際問題、めっちゃムキムキなんですが、服を着せようか迷っているのと、前回のラオウよりは小ぶりに作りたかったので、筋肉のボリュームは控えめにしてあります。

そして全身作ったのがこの状態です。

image
image
image
image
どうでしょうか?ケンシロウというのはなんとなくわかっていただけるかと思うんですが、皆さまの好みにあいますでしょうか?
作っているうちに最初に思い描いていたのとは違い、いろんなイメージに引っ張られてこんな感じにまとまりました。
もともとはワールドコレクタブルフィギュアと同じサイズで作りたかったのですが、結局それよりは若干大きなサイズ感のシリーズになってしまいそうです。

image
ラオウと並べてみました。もう少し身長差を出すつもりだったのですが、自立するバランスを取ろうと思って色々やってたら、若干身長 が伸びてしまいました。
このまま上半身裸にしておくか、トレードマークであるジャケットを着せるか悩んでます。
ジャケットだけ着脱式に出来たらいいな~とは思うんですが・・・

一応塗装に進もうと思っているので、完成したら次回の記事でアップしたいと思います。
ご覧いただきありがとうがございました。
暖かいご意見おまちしております。