この間から続けておりますフィギュア制作ですが、何とか完成の目途が立ってきたというか、だいたいのバランスがつかめそうなので、アップすることにしました。

プロの原型師さんはもちろんですが、世の中には凄腕の造形師さんがおられるもので、個人的に良く見させていただいている、

プロシュートのブログ
 http://ameblo.jp/a888a888a/

様などは、北斗の拳のリアルフィギュアを樹脂粘土で作っておられるのですが、これがまたクオリティの高いこと!
私などは作っていて、 顎が外れそうになります。
普通に欲しいです。是非ご覧になってみてください。

で、私の方はというと、作業自体はちょこちょことしか進んでないんですが、胸像じゃなくて、やはり全身像のフィギュアにしようと決めました。

私はガンプラも大好きなんですが、MGのターンエックスの前に置いて、一緒に飾るのが目標なので、やはり雄々しく立つ御大将を作るべきだという思いに行きついた訳です。

文章だけでもあれなので、写真を載せていきます。

image
まずはこんな感じで芯材にするアルミホイルを巻いていきます。
フィギュアのだいたいの形を作る意味合いもありますが、私の場合はスカルピーをケチりたいという思いの方が強いです。
写真のように適当にアルミホイルを巻きましたが、これが後々ネックに。
というのも、アルミが密着していないため、空気が入りまくりで、造形しててもすぐにごわごわ動いて形を定着させにくかったのです。ちょっとした失敗でした。

image
そのため、形を固定するために、ある程度スカルピーを適当に盛り付けて、焼成し、形を作りました。

image
この上からスカルピーを盛り付けて、造形したのがこれです。
袴でもないし、これ、なんて言ったらいいんですかね?ニッカポッカ?
まぁとにかく、膝下あたりまでボワッと膨れ上がった感じで作りたかったのですが、うまくいったでしょうか?
しわの入り方は、ドラゴンボールの悟空のフィギュア等を参考にしましたが、殆どフィーリングです。

image
image
image
せっかくなので角度を変えて撮影した写真もアップします。
背面も造形していますが、前に比べて適当に作っているので、きちんとした物になれば、ちゃんとアップします。

手前味噌ですが、独学でやっている割には、結構いい線いっているんじゃないでしょうかと自画自賛しておりますw

しかし、少し間をおいて見ると、色々と粗が目立ってきて、コレジャナイ感が強まっていくんですよねー。
あまりその感覚にとらわれすぎると先に進めないので、修行の身としては、今はとにかく作り進めていかなきゃいけないところだと思っています。

というか、完全に趣味なので、どこまで拘るかも自分の裁量次第なんですがw

オタク趣味も、中途半端だと変な目で見られるかもしれませんが、「行ききったらアート」というのが私の信条です。見る人が感銘を受けたり、欲しいなぁと思える物を作ることが目標です。

原型が完成したら一度アップし、その後塗装に移ろうと思います。
そもそも閲覧数の少ないブログなのでアレですが、応援メッセージはいつでもお待ちしております。
素人なので、ディスるのは止めてくださいねw