新年あけましておめでとうございます。
久々のブログ更新です。
多分、またこのブログは凍結されたのだと思われた方もおられるかもしれませんが、単に仕事が忙しくて更新できなかっただけなので、今後も細々と続けていきます。

フィギュア制作については、一応ギンガナムの原型が出来上がりそうなところまで来ましたが、モチベーションの関係で中断中です。

今回は、私が昨年手に入れたフィギュアのうち「対になって美しいもの」をテーマに、対の美学2016と銘打ってお送りしようと思いますので、暇つぶしにご覧ください。

私は常々、対となってカッコよかったり美しいものが好きです。

ルパンと並び立つ次元。

νガンダムとサザビー。

ルフィとエースなどなど・・・

例を挙げればキリがありませんが、そういうライバルとかコンビものが大好物です。


能書きが長くなってきたので、ここからは写真を交えてお届けします。
いやぁ、最近のiPhoneのカメラって凄いですねぇ。
私はカメラプラスっていうアプリを使っていますが、簡単な写真修正がスマホ上からできるのは便利です。
そうやって加工した写真なんかも紹介します。


では、トップバッターはこれから行きましょう!

IMG_1336

牙狼シリーズより、冴島鋼牙&涼邑零
2016年は牙狼シリーズに出会ったのが大きかったですね。
上の画像はイクイップ&プロップシリーズの鋼牙と零で、顔が全然似ていなかったので改造してあります。
これに味をしめて、フィギュア制作を始めたような感じです。

IMG_1338

純粋に美しい造形物として好きなのが、牙狼&轟天と絶狼&銀牙です。
これはもはや芸術品の域に到達していると思います。
金と銀という鉄板の組み合わせ。最高です。


IMG_1860

IMG_1861

IMG_1859

IMG_1858

続きまして、世紀王ブラックサンとシャドームーンです。
これは昨年の商品ではありませんが、ゲットしたのが割と最近なので紹介します。
ブラックとシャドームーンも永遠です。
どちらもリニューアル版なのですが、シャドームーンは旧版の出来もかなり良かったので購入しておりませんでした。しかし、年末に、いただくことが出来まして、大変満足しております。
やっぱり、これも二人揃ってこそ!というものだと感じます。

IMG_1837

ちょっと適当に立たせてズレた写真になっていますが、ゴッドガンダムとマスターガンダムも対が美しい機体です。これはどちらも魂ウェブ限定の明鏡止水バージョンです。金のグラデーションが美しい。
私は基本的に、何でも基本カラーの方が好きで、カラーバリエーション品は購入しないほうなのですが、この二体については商品画像を見たときに一目ぼれしたのですぐ予約しました。

IMG_1843

「流派!東方不敗が・・・!!」

IMG_1841

「最終奥義ぃぃっ!!」

IMG_1839

「石!破!」

IMG_1838

「天驚けぇぇぇぇんっ!!」

やっぱ熱いですわ、これは・・・
普通に撮影したものをスマホ上でオーバーレイ処理しているのですが、結構雰囲気出ると思いませんか。
昔と違って色々と時間をかけられないのでお手軽にカッコよく出来るのが助かります。
iPhoneやるなぁ・・・・

IMG_1846

IMG_1853

IMG_1848

続いては、仮面ライダーアマゾンズより、アマゾンオメガとアマゾンアルファです。
私はアルファ推しなので、アルファだけ単体で撮影しています。
面白いですが子供に見せたくないライダー、それがアマゾンズ。
ライダーそのものはスタイリッシュでカッコいいですよね!

IMG_1852

そして、トリはなんといってもこの二体。
S.H.Figuarts 真骨彫製法仮面ライダークウガアルティメットフォーム&ン・ダグバ・ゼバです。
なんですか?!この完成度!可動フィギュアでここまでやるのだから凄い!!
旧版も両方とも出来が良く、素晴らしかったのですが、並べてみるとかなりの差があります。
技術の進歩って恐ろしい。

IMG_1851

クウガの方は色の質感や造形バランスなど、高級感溢れる仕上がり。

IMG_1850

ダグバは装飾がより豪華になって、体形バランスも一新。
年末に届きましたが、かなりのアーツ愛好家が2016年ナンバーワンに推しているのではないでしょうかと思わせる出来栄え。

IMG_1857

ちょっとだけ色味を変えて、完全復活したときのイメージで。

IMG_1856

時間があれば炎のエフェクトを付けたかったのですが割愛。
この二体はいずれじっくり撮影したいものです。

と、写真多数でお送りした今回の記事、いかがだったでしょうか?
このブログって元々は数多あるフィギュア紹介サイトのうちの一つなんですよね。
それもクオリティ低めな・・・

画像加工とかフィギュア制作とかやりたいことがありすぎて、結局どれも中途半端なんですが、元々はフィギュア撮影がメインでした。
最近でこそ手抜きですが、それでもお手軽撮影でこの程度撮れれば、まずまずではないかと感じています。
プロ級の方は聞き流していただきたいのですが、自分もフィギュア撮影がしてみたいと思う方は、ぜひチャレンジしてみてください。
コツは背景に余計なものを入れないことと、ちょっとしたライティングです。
最近のデジカメは光加減も勝手に補正してくれると思うので、思い立ったらパシャリとしてみるのもいかがでしょうか。楽しいですよ。

では、またの更新まで。本年も当ブログをよろしくお願いします。