年末年始なのでMOを導入してみます

というより再構築のついでにMO移行、更に言えばMO移行のための再構築みたいな感じです
だってみんな「MOマジやべぇ」とか言ってるし自分もMOちゃん仲良くしたいなぁ、って

簡単にサラっと書くつもりだったんですがSSばっか増えて全くまとまらず、誤字などの添削も諦めるくらいの
ノルドも苦笑いする長さです
書き終わるまで20日とか頭おかしいんじゃねーのwww



もくじ

-0:前準備-
0a:バックアップ
0b:再構築
0c:ツール系インストール

-1:Mod Organizer導入-
1a:インストール

-2:各種設定-
2a:日本語化
2b:各ディレクトリの指定
2c:MO経由で起動するプログラム(ツール)の登録
2d:プロファイル関係
2e:セーブデータをプロファイルに登録
2f:iniエディター

-3:mod管理-
3a:インストール
3b:フラグ管理/優先順位




-0:前準備-


0a:バックアップ
使うかどうかわからないけど最初にバックアップしたもの

steam\steamapps\common\skyrim\dataフォルダ とりあえず全部
 ※この段階でとりあえず必須mod以外はNMMなりで外しておくといいかも
steam\steamapps\common\skyrimフォルダ内:bat用ファイルとENB関係のiniファイル全部
ドキュメント\My Game\Skyrimフォルダ内:Skyrim.ini SkyrimOri.ini SkyrimPefs.iniのiniファイル
CME_saveフォルダ内のECEスロットデータ全部

で、再構築中にはわはわしないようにNMMとか見ながらアクティブになってるmodを記録しておく
ここら辺は普段の再構築と変わらないですね


0b:再構築
まずsteam\steamapps\common\skyrimフォルダを丸ごと削除
何度目になるのかすらわからない日本語化作業をしてピュアなSkyrimちゃんに再会できました
フォルダをマニュアル削除すると本体は特に問題無いのですがsteam側から見ると「CKインストール済み」のままの状態になってるので一旦ローカルファイル削除し、再度ダブルクリックでインストール
たぶん本体含めてsteamからローカルファイルを削除するのが正しいと手順だと思うのですが、バニラデータ以外の弄くったデータは残ったりしてしまうので自分はいつもフォルダごと削除しています




0c:ツール系インストール
次にSKSE・BOSS・TES5Edit辺りのskyrimフォルダ内に置いたexeから起動してデータを読み込むタイプのツールがあるなら先にskyrimフォルダ内に導入しておきます
FNISはmodとしてMOから導入後、マニュアルで登録します
MOに登録する手順も変わりませんし後から導入したものでも適宜登録して行けば問題ありませんが、まぁ先にやっといた方が混乱しないと思います
敵はMOちゃん本体ですから

それとNMM(BAINからも?)からの移行というかなり凄い機能もついてるのですが、やってみたところ何一つ上手く行かなかったので無かったことにします、が、とりあえず言っておきます
え、えぇーっ、そんな機能あったのぉ!?
開発者様、怒っていいですよ



-1:Mod Organizer導入-

MO導入の基本的な部分は
独創的な狂人たち@skyrim(by R.Sumomo) - 初心者な私の・・・Mod Organizer導入メモ♪
ほにゃほにゃ (by cryptoporus) - Mod Organizerがすごいよすごい
を参考にさせて頂きました。ありがとう!そして、ありがとう!


1a:インストール
Mod Organizer [NEXUS][DB] をマニュアルDL 適当な場所に解凍しておきます
自分はインストーラ形式のものをDLしました
※最新の1.0.12はNEXUSとの連携機能とかなんか色々なところが強化されたようです

ダブルクリックするとインストーラが起動するのでnext→I Agreeと進むと


インストールするコンポーネントを聞かれます
下から2個目の[ Handle Nexus Links ]は初期ではチェックされていませんがとりあえず入れてみました
イマイチ何の効果があるのかわかりませんが貰えるものは全て貰うのが真のノルドだと思います
一番下のはそのままスタートメニューにショートカットを追加です

で、Nextに進むと



インストールするフォルダを聞かれますのでお好きな場所を指定
この場所にMOがが展開されるので管理(アクセス)しやすい場所にしておきましょう
後述しますがmodファイルの展開先等は別のフォルダを指定できます

フォルダ構成


SKSEを導入している場合、一度SKSEからSkyrimを起動しておきます
これでMOがSKSEを認識し自動で登録されて準備完了です



-2:各種設定-

特に説明の必要性も無いくらいわかりやすいですがUI

①ツールバー
②プロファイル選択
③インストール済mod一覧
④ツールの選択・起動・ショートカット作成
⑤色々するところ



2a:日本語化
自分のMOバージョンはv1.0.9で日本語化ファイル(DB※284氏、ありがとうございます)のバージョンは1.0.7ですが問題無く日本語化されますので、readmeの通りに[organizer_ja.qm]を Mod Organizer\translationsフォルダ に放り込んでMO起動
※1.0.1xにもたぶん使えると思います

ツールバー一番右のボタンからセッティングに入って

LanguageでJapanese選択で終わりです


2b:各ディレクトリの指定


□高度な設定 のチェックボックスをオンすると
ダウンロードディレクトリ(modの元ファイルが格納されている場所)
Modディレクトリ(MOで導入したModが展開される場所)
キャッシュディレクトリ(何かのキャッシュがアレでナニ)
の3フォルダを指定できるようになります
この中で弄ったほうがいいのはたぶん一番上のダウンロードディレクトリだけです
初期設定では Mod Organizer\downloadsフォルダ がmod格納フォルダとして設定されています
現在modファイルをストックしているフォルダ(多くの方はNMMでDLフォルダ指定しているフォルダ)に変更してもいいですし、modファイルを全てこのフォルダに移動させても、どちらにしてもここだけは弄っておいたほうがいいと思います
次のmodディレクトリはMOで導入したmodが展開されるフォルダで、別の場所を指定するしないに関わらず場所だけは覚えておいたほうがいいです
キャッシュディレクトリはとりあえず弄る必要は無いと思います(わかんないので触ってません)


2c:MO経由で起動するプログラム(ツール)の登録
skyrimフォルダ以下に置いて起動する一部のツールについてはMO経由で起動しないと参照先が元のバニラ構成のフォルダになってしまうため仕事をしてくれません
SKSE以外にはBOSSやTESVeditなどがあり、この辺はskyrimフォルダ以下の所定の場所にインストールした後MOにプログラムとして登録する必要があります

イマイチ分かりにくいですがイメージとしてはこんな感じです
消費者(Skyrimさん)には発覚しないので大丈夫です
追記:後から考えたら偽装っていうよりもmodフォルダ内のファイルがDataフォルダの中にあるように見せかける、ですね
ちなみにやる意味無いですが、元のDataフォルダにmod入れてもMOから管理できないだけでちゃんと動作します(競合時はMO側が優先されるみたいです)

まずツールバーの歯車みたいなボタンをぽんします


そしたらこのウィンドウが開くので
[タイトル]のとこにわかりやすい名前を入れて
[プログラム]欄右の[参照]でお目当てのツールを選択後、[追加]ボタンで登録します
自分はこの[追加]ボタンを押さずにいきなり[OK]してやりなおすことが稀に良くあります

・[開始フォルダ]以下の部分は基本的にいじくらなくても大丈夫です
一番下の□開始時にMOを閉じるチェックボックス以外は何の機能なのかわかりませんが触ったら殺すオーラがすごいので触れません
・上の画像でグレーアウトしているSKSEからCreation Kitまでの4つ以外は並び順を変えられますので使い易いように並び替えてあげてください

★★★★★ Fores New Idles in Skyrim - FNIS [NEXUS][DB] について ★★★★★
FNISに関してはやや特殊でMOでmodとしてインストール後にプログラムとして登録します
正解の方法はあるかも知れませんがこれでしか上手く動作しなかったので書いておきます

まずFNISのmain filesを導入します(ちょっと詳しいmodインストール方法は後述します)


まず必要なファイルをインストール

導入にFNISが必要なmodちゃんたちより下にして優先するようにします
一番下にしておけばまぁ大丈夫だと思います

その後先ほどのプログラム登録手順通りにFNISを登録、modディレクトリを変更していなければ
Mod Organizer\mods\FNIS Behavior Vx x x -- ALWAYS necessary\tools\GenerateFNIS_for_Users
内に GenerateFNISforUsers.exe があるのでこれを登録します


アイコンが見慣れない、というかコマンドプロンプトのアイコンみたいですが起動や動作には問題無いです
MOの実行ボタンからなら普段どおりのFNISちゃんと出会えるのですが、デスクトップに作ったショートカットからだと起動はするものの何故かポーズとかモーションを読み込んでくれず、似てるけど別のコでした
色々やってみたけどちょっと分からなかったので「完敗だ!後退するぞ!」と言ったところですね
動けばいいんです動けば

一応コレでFNISはちゃんとお仕事してくれるはずです

番外編
アプリケーションであればだいたい登録できるのでこんなものもいけます

当たり前の様に登録されてます

まるで何事も無かったかのように起動します

これでいつ掘り掘りしたくなっても大丈夫です

これはお遊びとして、skyrimフォルダに置かない外部ツールは登録すれば管理は確かに楽っちゃ楽なんですが、使ってて特にメリットは感じませんでした
Nif Scopeでテクスチャファイルを相対パスで指定できるとかなら良かったんですけどね


2d:プロファイル関係
コレ自体はdefaultのままでもとりあえずのところ問題ありませんが、プロファイルを切り替えるだけでmod構成を丸ごと変更したり、プロファイル単位でセーブデータを自動で切り替えたりできるようになります
完全にバニラ状態にもワンタッチで戻せたりするので非常に便利

プロファイルの作り方とセーブデータごとにプロファイルを切り替える方法

作るのはプロファイル設定に入って右上の新規作成ボタンを押して好きな名前を登録するだけ
当然登録は無料です!

プロファイル毎にセーブデータを管理する方法は

プロファイルを選択した状態で左下の□ローカルセーブデータ チェックボックスをチェキ→セーブ転送

ローカルセーブデータを
 ・・・作成したプロファイルは下記操作でプロファイルキャラクタに登録したキャラクタデータのみ使用可能
 ・・・作成していないプロファイルはグローバルキャラクタに残っているキャラクタデータのみ使用可能
という感じです
使えないキャラデータはゲーム内でのデータロードにも表示されません
似たような似てないような用語ばかりなのでめっちゃ説明しにくいですが実際やるとすぐ分かると思います
「いや、それなら説明する必要あんのかよ」と思われるかも知れませんが、経過や結果に意味なんてありません
大事なことは年末年始用に買った蜂蜜酒がイマイチ合わなくて結構本気で凹んでることです
去年買ったBaren Metは甘味が強くて蜂蜜風味をじっくり味わいながら「こりゃはちみちぃな」と楽しめたんです
でも今年は取り扱いしてるとこが無くてアマゾヌでドクターディムースを買ってみたら水臭くて全然物足りない
いくら呑んでも呑んだ気がしないので、自分の中では既に村さめ認定されています
スパイスを足して呑むのがいいらしいんですが「今呑みたい」のは蜂蜜風味の甘い酒なんです
つまり蜂蜜酒だからといって
なんでもいいですが、ローカルセーブデータのチェックを外す場合はダイアログをしっかり読みましょう
ノルディックに「ダイアログは全部yes」しちゃうとセーブデータが消えたりするかも知れません
もちろん消しました



2e:セーブデータをプロファイルに登録

左上の"グローバルキャラクター(全てのプロファイルでロードされるキャラクター)"からプロファイルに登録したいキャラクターを選択(2バイト文字は文字化け)して移動もしくはコピーします



移動するとこうなります
これでこのキャラクターデータは指定したプロファイルでのみ有効になります
コピーの場合はキャラクタデータはグローバルキャラクタにも残ります


2f:iniエディター
MO自体の設定とは違いますが、iniファイルをMOから直接弄ることができます





[セーブ]忘れずにネ



-3:mod管理-
やっとかよ!


3a:インストール
インストールはツールバー左端のボタンか右のエリアにあるダウンロードタブから行います

ツールバーのボタンからは手順2bで指定したディレクトリが開いてファイルを選択してインストール
普通にフォルダが開くので別のフォルダに移動することも可能です

右のダウンロードタブからは手順2bで指定されたディレクトリにあるmodがそのまま表示されていて、下にあるボックスでmodファイル名から検索することができます
この機能がやたら便利で部分検索なのでうろ覚えでもだいたいヒット、しかもウインドオズのファイル検索と違って瞬間サーチ
NEXUSで表示されてるmod名とmodファイル名が違うものもたまにあるので個人的に非常に重宝してます


インストールは入れたいmodの圧縮ファイルをダブルクリックして

このMod名はMO上で表示される名称です
圧縮時のフォルダネームがそのまま入る(と思う)のですが、たまになんのmodかわからないものがあります
そういう場合は管理しやすい名前にリネームしておくといいです


mod内にbsaが含まれているとこのダイアログが出ます
解凍したければBSA Unpackerなり使えばいいしbsaに圧縮してるようなmodは概ね結構な容量なので
特に理由が無い限りは[No]でいいと思います
※CKのiniに追記しなくてもそのmodをCKで弄くり倒したりフォルダ構成を参照したりできるので、解凍したくなるmodもあります
□選択を記憶する チェックボックスはチェキしないようにしましょう

それと、modファイル構成でDataフォルダがトップに無い場合(readme付きの場合等)こういう窓が出ます
MOはNMMと違い、トップにDataフォルダが無い場合は深い階層まで探してくれないのでこちらで設定してやる必要があります
面倒に思われるかも知れませんがMOの仕様上どうしようも無いようですし、設定はすぐ終ります



- ・・・data
 +・・・✔Data
    ✔xxx
    ✔yyy

とかになってると思うのでDataのところを右クリック

dataディレクトリに指定 を選択します


これでフォルダ構成は修正完了です




SSが無駄に多く、逆にややこしくしてる気はしますが基本的に感覚的な操作ができるのでインストールはらくらくです


3b:フラグ管理/優先順位
フラグのとこには色々なアイコンが出るようなのですが、自分の環境だと競合アイコン(雷マーク)しか出ません
なので競合についてだけ書いておきます
白い雷マークが出ました!内容は「不要」とのこと
たぶん同じmodを入れてるとか全てのファイルが上書きされてるとかだと思います
白い稲妻でなんとなく谷村新司を思い出したのですがかなり微妙に、そして確実に間違ってました

赤枠で囲んだとこにある雷に+とか-とかのアイコンが付いてるmodは他のmodと競合しています


そのmodをダブルクリック(又は右クリック→情報)するとこんなウインドゥーオが開くので[競合]タブを選択


説明するつもりで書き始めたものの
Modによって上書きのルールとかバラバラだしどうやって説明するぜ?と思うです
まぁとりあえず、この競合アイコンが出てるやつは([]付きは上書きされてる側なので特に)情報窓を見て「どのmodと競合してるか」は確認した方がいいと思います
上書きされたままでいいのかどうかは適宜判断、ワンボタンで最適な状態にぴぴるぴーとかはありません
ですが、NMM等と違って実際のファイルを上書きしてしまうわけではなく、ロード時にデータ上上書きするだけなのでゲーム内でmodの挙動とかテクスチャとかアレとかコレが「思てたんと違う」ってなった場合、手動でそのロード優先順位(BOSSで並び替えるespのロード順とはまた別です)を適切な優先順位に変更することで改善される場合が良くあります(もちろん別の原因もありますが)


優先順位は2個上のSSの右端の列に書いてある数字で、下に行くほど大きくなり、大きい方が優先
優先される、と言うのは「先にロードされる」ではなくて「後にロードされる」です
インストールされたmodは最初一番下に配置されるので必然的に最優先になり思わぬ競合を生んでしまうこともあるので注意

並び替えはドラッグするだけの簡単操作
競合してるmodの順番を入れ替えるとも入れ替わるのでトライアンドエラーで最適な優先順位を見つけてください
慣れたら競合先だけで判断できます

大げさに書いてますが自分が手間取った競合は
・スケルトンの入ったmodは以外と多いので使いたいスケルトンはできるだけ最優先にしておく
・FNISは最優先 - FNIS本体は上書きされ方によっては挙動がすこぶる怪しくなります
くらいです
あとWryBashで作ったパッチってどうやって入れればいいのか分からなかったのですが、使わなければどうということはない、と気が付いたので大丈夫でした
NEXUSとの連携も良く分からず、リンクして飛べるのにバージョン取得ができないとか(取得してるのもある)もなんとかしたいけど取得できないと死ぬわけでもないのでこれも大丈夫
自分はデータベースで時間潰しながら気に入ったり最新バージョン出てればDLしに行くって感じなのできにならないのかも


・・・とまぁまだまだ便利な機能が盛りだくさんなのですが、良く分かってない部分や自分では使う機会が無いモノなんかもあり、全てとは行かず中途半端ではありますがこんな感じでどうでしょう
説明してない機能も多いですが適当にウィーンドゥー開いて見れば大抵のことはなんとなく分かりますし、どうしても分かんないところは自分みたいにデフォルトのまま無視しときゃ大して問題ないです
Dataフォルダ内のファイルを自分で弄るタイプの人には少し使いにくいところもあるにはありますが、そんなことはデメリットにすら感じない程度には懐の深い良ツール
MO自体のトラブルはまだ遭遇してませんし、steamでSKYRIMを買えたドヴァキンさんなら余裕で使いこなせるんじゃないかな、な・ん・て

実際触ってみると新規か再構築前提では導入から操作まで驚くほど簡単です
そんな簡単な手順をここまで難解に仕上げれるのはやはり私が真のノルドだからでしょうか