6月27日「奇跡の人の日」

  • author: koto55
  • 2009年06月28日

6月27日は「奇跡の人の日」だそうです

ご存知の方は意外と少ないかも・・・

ヘレン・ケラー(1880〜1968)の誕生日です

そして私、パンジーの誕生日なのです。

子どもの頃彼女の伝記を読んで感銘したのを覚えています

純粋に彼女の生き方を凄い!と思いましたね〜


こんなことはさて置き

このトシにもなると誕生日に心ときめくことも無し・・・

残りの人生をいかに健康で楽しく送れるかなんて

しかし・・・今回奇跡が・・・


6-27-1ジャ〜〜〜ン


何となんと・・・

これは一体誰からの

残念ながら夫ではありません

この4月から社会人となった息子から



まだ研修生の身でたいしたサラリーでもないだろうに・・・

母をやっていて良かった〜と思うのはこんなとき

誕生日 バ ン ザ イ で〜す

エプロンシアター

  • author: koto55
  • 2009年06月23日

24-2「おたんじょう おめでとう」

今回のキャラ

ひよこちゃん・わにくん・ぺんぎんさん・かいじゅうさん




24-324-4
たまごの殻に

ひびが入り・・・




順番に生まれてきますよ






24-5わぁっ!大きなタマゴ、一体なんのタマゴ

「♪卵がコロン コロコロ コロン

 卵がコロン コロコロ コロン

 ミシ ミシ ミシ ミシ ひび入って

 生まれてきたのはだあれ〜」




24-624-7シッポが・・・

あっ!

可愛いかいじゅうくん





24-9にわとりの母さんがプレゼントを持って来ました

上のフェルトを外すと

24-10
ケーキが

いただきま〜す







24-11たまごの中にいるのはだあれ

「氷の上でも大丈夫・・・」

「口がとっても大きいよ〜」

なんてクイズを出しながら進めます

←最後はこんな感じに並んで



ケーキのローソクの火をみんなで吹き消しましょう〜

イチ・ニ・サン  フッ

お誕生 おめでとう

お し ま い

*ローソクの炎はマジックテープで取り外し可
 吹き消した所でサッと取ってポケットに入れますよ^:^

所沢ゆり園

  • author: koto55
  • 2009年06月16日

15-19こんな近くに

こんな素晴しい「ゆり園」があるなんて





15-415-6パンジーのデジカメでは

アップはなかなか

これはまあまあ〜です




15-20約3万平方Mの自然林に

50種類約45万株のゆり

遊歩道をのんびりと



15-7自然散策コース・約1000M

園内一周でき、ゆりの花を満喫





15-2215-10左・「ブライトダイヤモンド」

右・「グランドパラディン」






画像は是非アップしてご覧下さい

HPの玄関にも「ゆり」を飾りましたので見てくださいね〜


ゆりの名ですが

パンフレットの花図鑑と比べても微妙な違いで良く分かりません

ちゃんと記録してくるべきです・・・反省



西武沿線各駅では「ゆり園」お得切符を発売していますよ

今週が一番の見頃かな〜と思います

サイト友達の「うみねこ」さんも行ったそうです

もしかしたらすれ違っていたかもね〜






枇杷の実

  • author: koto55
  • 2009年06月14日

枇杷今年も枇杷が実りました

昨年に比べると少々少なめ

手を伸ばしてやっと1個とって食べてみました

う〜〜〜ん優しい味

今日は長い梯子をかけて

枇杷の収穫で〜す

第10回大正琴のつどい・静芳会&友紀ハーモニー

  • author: koto55
  • 2009年06月11日

つどい早いもので「つどい」も10回を迎えます。

演奏者と客席が一つになるような

温かみのある手作りの発表会にしたい

との思いから、あえて「つどい」としました。

今年は記念すべき10回

初心に返っていい演奏会にしたいですね〜


お近くの方、今から予定に入れておき

是非私たちの演奏を聴きにいらして下さいね



会員のみなさん、

曲の仕上がり具合はどうでしょうか

「つどい」に向けての「おさらい会」
7月25日(土)
役員集合 8:30
会員集合 9:00
*演奏終了後に反省会


朝の読み聞かせ(供

  • author: koto55
  • 2009年06月10日

6-10-1みなさん良くご存知の

「じごくのそうべい」です

この本はどの学年でも好評の一冊ですね

もともとは上方落語「地獄八景亡者戯」です

奇想天外の面白さは低学年の子でもGood・笑える〜


6-10-3今朝は5年生でした

最初は神妙な顔をしていた子どもたち

←ここまで来ると


遠慮してこらえていた笑い声があちこちから湧き上がってきます


6-10-4「ぶう〜!」




おならと共に4人は「じんどんき」の腹の中から

吹っ飛んで出て来ます


6-10-5最後はとうとう

はりの山へ・・・


「そうべい」一世一代のかるわざを披露




閻魔大王曰く 「この者たちは、地獄からほうり出してしまえ!」


6-10-6そして

←そうべいさんです


おちは・・・

「あ、目あいたで。生き返ったわ。〜〜〜〜

 おいしゃさんも かぜこじらして、死んでしもうたいうし、
 たいへんやったんやで。」


「そのいしゃさまも、いまごろ きっと、生きかえったはるわ。」


昇太が噺たらどないになるんやろ〜

聴いてみたいでおわす・・・変なしゃべりになってしもうた











江戸の青空

  • author: koto55
  • 2009年06月07日

2009-6-6-16月6日

世田谷パブリックシアターで

←を観劇

こういった時代物を観ることは全く無かったことだが

昇太さんが「面白い〜」と言っていたので




実際面白かった


もう一度観てもいい

話の中に

「芝浜」「御神酒徳利」がうま〜く演出されていて

本当に楽しめた


家禄ちゃんが可愛くて笑えて最高

家禄さんの落語は昨年一度聴いただけで

大して興味なかったが

今回の演劇で彼の落語を聴きたくなった

彼も若い層に人気があるそうで

チケットもなかなか入手できないらしい

落語の魅力にはまっているパンジーで〜す

エプロンシアター

  • author: koto55
  • 2009年06月03日

エプロンシアターって?

胸当て式エプロンの舞台でポケットから登場する人形劇と言っていいでしょう

保育園・幼稚園の園児には人気の授業のひとつですね。

私が勤務していた小学校では低学年で取り入れていました。

胸当て式のエプロンを舞台に見立て、ポケットから次々と人形を取り出します。

そ の人形を、

エプロンにつけたり、はずしたり、ポケットに戻したりしながらお話をすすめます。

舞台は、演じ手の体に付いていますので自由に移動できます。

す なわち、体全体で表情豊かに演じることができる人形劇です。

6-2-1こちらはパンジー手作りの

エプロンAND登場人物たちで〜す


初めての手作りとしてはGOOD

可愛い〜自分で褒めてま〜す




6-2-2「まる・さんかく・しかく」のお話

初めての作・・・ドキドキ

きつねくん・わんちゃん・くまさん



6-2-4紙芝居「いやいやたまご」

最初の部分を演じてみました

めんどりさんとひよこちゃん

エプロンシアターとして完成させたい作


6-2-3こちらはですね〜

絵本「にんじんさんがあかいわけ」

エプロンシアターで演じてみたいと思います

来週の水曜日の予定

これから少し練習をせねば

息子曰く「だいこんの顔、こわ〜い」ですって・・・そうかな〜


登場人物を作ったり

お話の筋を考えたりがまたまた楽しい

絵本の読み聞かせとはまた違った難しさと面白さがありますね













ページトップに戻る▲