札幌 北海道歩き・2009.7

  • author: koto55
  • 2009年07月29日

札幌市内は大通り公園を始めとして観光地がたくさんあるのに

ついつい素通りをしてしまって、ゆっくり歩いたことはありませんでした。

今回、旅のメインである大正琴北海道大会が札幌共済会館で20日開催です。

ネット友達のとしこさんには

19日、遅くまで富良野を案内していただきました

今日はそのお礼も兼ねて応援に・・・



20-3130-2







右は演奏後の記念撮影です。

皆さん、いいお顔をしているでしょう。

演奏がうまくいって充実感で一杯の笑顔です

としこさん、皆さん、素晴しい演奏をありがとう



受付には八王子本部で指導を受けている徳村先生がいらっしゃいました。

おしゃべりに花を咲かせてしまいましたね〜

演奏会の後、頑張って歩きましたよ

20-3920-37市電で25分

札幌市内を見渡せる

藻岩山へ

頂上からの札幌市内

ロープウエイがあるので簡単に頂上まで

20-36余りにも有名な大通り公園

明日から様々なイベントがあるらしい

お若いカップルが



20-2720-25お馴染みの札幌時計台

昨日の新聞に

機械遺産に認定されたと

いう記事がありました。






140こちらは北海道大学です。

広いですね〜

歩いている学生はほとんどいませんね。

皆さん、自転車です


141博物館です。

休館で残念でした。




20-41最後に札幌駅

朝9時ごろの札幌駅前です。






北海道大学のポプラ並木ですが

想像していたのと大分違っていましたね。〜




hoteru富良野のホテルベルヒルズ

朝早く起きてラベンダーの庭を散歩

爽やか〜








小樽運河・ 北海道歩き 2009.7

  • author: koto55
  • 2009年07月26日

21-6札幌9:13発 JR快速エアポート83号 小樽行き
    ↓
小樽9:58着  片道45分・620円

意外と近いのです


海岸ギリギリのところを走ります

すごいね〜こんな所に線路作っちゃうんだから・・・

海の無い埼玉県民のパンジーにとって列車から海を眺めるのは最高の喜び


21-4小樽駅から真直ぐ歩いていくと

小樽運河に到着です

Kさんは2度目らしいが私は初めて




21-121-3運河沿いに

レンガ倉庫を見ながら

石畳路をのんびり歩く




21-8ゆっくり歩いても30分ほどで1周できます

異国情緒たっぷり

← 運河の反対側からみたレンガ倉庫群です



20-24「北のウォール街」から

日銀通りから浅草橋方向へ歩くと

往時の面影を残す建物に歴史が感じられます



20-25
20-26旧手宮線です

散策路になってますね〜






20-27アーケード通りが2つありました

こちらの「サンモール一番街」と

小樽駅寄りの「セントラルタウン都通り」です



どちらも人通りは少なく、閉まっている店もちらほら・・・

不景気なのでしょうね〜

小樽の街はこじんまりとしていて2時間もあればゆっくり歩いて観光可です



小樽から神威岬まで高速バスで片道2時間ほど

今回は時間にゆとりが無くて諦めました



上野ファーム・北海道歩き 2009,7

  • author: koto55
  • 2009年07月24日

旭川から石川本線川上行に乗り25分で桜岡駅到着

19-1たった1両のワンマンディーゼルカーでした

Kさんとの旅行で雨の日はかつて無かったのに・・・

無人桜岡駅でとしこさんが待っていてくださった



19-3車で5分足らずのところに

上野砂由紀さんの上野ファームがある

こちらはその入り口


↓ こちらは、としこさんからの頂き画像です

to1観光客は雨でもなんのその・・・

私たちもその一人

でも〜さむ〜〜〜い(後姿はパンジー)


to2← こちらもとしこさん撮影

私もたくさん撮ったのですが

どれもボツ



19-419-5






19-719-2何とか見られるのは

この4枚ほど




上野さんが目指すのは

「北海道の特性を生かした北海道ガーデン」とのこと

雨にぬれてどのお花も輝いていました

私の写真歴では撮影不可能な素晴しさです



この後

富良野のラベンダー畑へ向かいました

富田ファームの新しくできた方のラベンダー畑です

to3← こちらはとしこさん撮影

ラベンダー畑の中を観光の車が行きます

どこまでも見渡す限りラベンダー


私は何をしていたかって・・・

はい!寒さで車から出たら動けなくなりました

売店の椅子に腰掛け窓越しにラベンダー畑を見ていました

さすが、としこさんは岩見沢在住

寒さも何のそのでシャターを・・・

トムラウシ山で低体温症凍死を体感です

北海道の寒さを侮ってはいけませんね


ホテルまで送っていただき、

温泉につかってやっと生き返りました

ほっ

としこさん、お世話になりました






風のガーデン・北海道歩き2009,7

  • author: koto55
  • 2009年07月23日

7月11日の朝日新聞に

「風のガーデン」に花の命凝縮という見出しで

ガーデンデザイナー・上野砂由紀さんが載っていた

今回の北海道旅行で楽しみにしていた一つがここ「風のガーデン」

20-4こちらは徒歩コース

雨上がりのガーデンは

爽やかな風に包まれ正に「風のガーデン」




20-8上野さん曰く

「歩く速さによって見える景色が違ってきます」

本当にその通りです

徒歩コーススタート地点から見た景色です
                                                 

20-120-7ラベンダーの紫が鮮やか







20-5朝早く行ったので

静かなガーデンを独り占めって感じも

10時を回ったら急に混んで



20-14約2千平方Mの敷地に300種以上の植物の花

たくさん撮ったのに

みんなボツです



20-1120-12ホタルブクロは

二重です

珍しいですね〜



20-9マーガレットの小道

メルヘンの世界に紛れ込んだようです






20-620-15










20-220-13







上野さんは昨年末にお子さんが誕生したとか

上野さん曰く

「‘わが子のように植物を育てる’という言葉の意味を実感できるようになった。

 子育てに花を生かす‘花育’という活動ができないかと考えている。

 種や苗から植物が育つ様子を観察しながら、手触りや香りを知って、

 豊かな感覚を育んでいけるといいな・・・」

素敵ね〜

私はもう ‘花育’ は無理だけれど

わが子のようにお花を育てていくことはOK


あっ孫で花育を実践したい

でも・・・いつになることやら・・・その日を楽しみに

2009年夏の庭・

  • author: koto55
  • 2009年07月18日

16-1塀に沿って「ミント」がこんなに

ハーブは庭へ植えたら大変なことに

前を通る方が香りを楽しんでいますよ



16-216-3





↑ 今年も咲きました




← 「アロエ」の花はこんな風に咲くのね

時間にゆとりが生まれたら

庭の花の変化に気がつきましたよ

虫がこの筒のような花の中に入っていきます



16-516-7




↑ これらは手入れもしないのに毎年たくさん出てきます

  庭の大部分を占領

16-8今年初めて種を蒔いてみました

ミニ向日葵です

16日の朝、蕾が膨らんで



17-1はい

18日の朝で〜す

向日葵から元気をもらって





明日から北海道へ行って来ます

羽田8:15フライト

久々に早起きだわ〜






花園神社野外劇・椿組09年夏

  • author: koto55
  • 2009年07月17日

15-1新宿伊勢丹です

この建物は英国のデパートを思い出させます

ここだけ英国って感じ・・・

せっかくなので店内を見てまわりましたが

いゃ〜〜〜私には場違い

15-3花園神社は伊勢丹を通り越し

靖国通りと明治通りに囲まれたところにあります

「えっ!こんな所に・・・」です

靖国通りから鳥居が見えてます


15-515-10こちらは

明治通りから

こちらが正面のようです


看板も出ていました

境内に一歩足を入れたとたん別世界です



15-215-15左・立派な神社です

横から見たところです

幾重にも続く鳥居も素敵



15-8野外舞台はこの境内の広場

桜の木に囲まれたところに造られていました





15-12野外舞台の前にある受付

なんかいい感じでした

差し入れのビールなどが山積み



肝心の「新宿ジャカジャカ」の内容はどうだったのか・・・って

舞台は1969年新宿西口広場

1970年代は日本の高度成長期

今の団塊世代が熱く燃えていた

労働者も学生も皆が何かを求めて戦っていた

思えば私も学生運動にちょっぴり足を突っ込んで・・・

そう、こんな時代が確かにあった

そして今がある

「生きる」ことの意味を歌い上げていました

観る価値ありです

21日(火)までやっています

お時間のある方、お勧めします


蛇足ですが・・・

昇太さんは劇をやっても最高


緑のカーテン(掘

  • author: koto55
  • 2009年07月16日

15−31回のシャッター辺りで

絡み合って咲いています

どういう訳か

下のほうは咲きません

蕾はありますが・・・





15−2ツルはここから更に這い上がり







15−4こんな感じに伸びて

とうとう2階のベランダ上まで届き

更にツルは空中を舞っています

朝顔って

すごい

北海道へ

  • author: koto55
  • 2009年07月15日

琴伝流大正琴北海道大会が7月20日に札幌で開催されます。

ネット友達のとしこさんが出場します

としこさんとはこのBlog開設当時からの友達です。

私が当時可愛がっていたペットの「うさこ」をアップしたのがはじまり・・・

その「うさこ」は夏も暑さに耐え切れず天へ召されてしまいましたが


昨日初めて電話でお話をしました。

ずーと前から友だちだったような錯覚に

考えてみればもう5年来のお付き合いなのです。

ネット上とメールのみですが

19日は桜岡駅でとしこさんと合流しとしこさんの車で案内していただきます。

20日が大会だと言うのにとしこさんのこの「余裕」

お世話になりま〜す

もちろん20日は応援に駆けつけますよ

いい演奏を聴かせてくださいね〜



北海道大好きなパンジーにとって

ラベンダーの一番いい時期に出かけられるのは最高の喜び・・・

仕事をやめて「よかった」と思えるのは

旅行に限らず全て一番いい時期に出かけられること

今回は旅友20年来のお付き合い「Kさん」との二人旅です。

Kさんとの二人旅は久々です。

長いこと二人で国内海外と出かけていましたが

ここ数年はメビウスの仲間と出かけていました。

そして今年また、二人に戻りました

Kさん!楽しんできましょうね〜ヨロシク


12おまけ画像

桔梗が咲いていました

確か秋の七草だったような・・・








新宿ジャカジャカが始まりました

  • author: koto55
  • 2009年07月13日

いよいよ始まりました

大好きな昇太さんの演劇が・・・


椿組09年夏・花園神社野外劇


中島淳彦:作・演出



新宿ジャカジャカ」


〜その日、ギターは武器になったのか〜


2009年7月11日〜21日午後7時開演


 興味のある方はこちらをどうぞ


http://homepage2.nifty.com/tubakigumi/nakagima.sinjuku.html


私は15日(水)に行きます


今から心はワクワクドキドキです


朝の読み聞かせ・

  • author: koto55
  • 2009年07月09日

1学期の読み聞かせは今日が最後です

再び3年生の教室に来ました

7-8-1迷ったのですが

科学の絵本を選んでみました

実を言えば

この時季「蚊」に好かれイライラがつのる私なのです




15分間では少々短い話なのでクイズを入れながら読んでみました

7-8-2Q1「血をすうのはオス・メスそれとも両方?」

「オス」と言った子が一番多かったです(意外)


 ↑ 画像では良く分からないですが蚊の交尾です


Q2 「メスが血をすうのはなぜ?」

  1 血が大好物だから
  2 綺麗になるから
  3 タマゴを育てるため

はいこちらは全員が3に挙手し正解

蚊は甘いものが大好でくだものの汁を食べ物としていますが

メスはタマゴを育てるために人間や動物の血を必要とするのです


子孫を残すためにはメスは命がけ・・・

7-8-3←タマゴを産む場所を探していると

トンボやカエルが狙っています

正に産むまで命がけ・・・

最後のクエスチョンです

Q3 「メスはどこにタマゴを産む?」

一番前にいた子が得意そうに「水の中」と声を上げました

嬉しい一瞬です

子どもたち全員がこの絵本を楽しんでいる様子が伝わってきます

1 キャベツの葉の裏・・・「それはモンシロチョウだ!」 そのとおり
2 石の下・・・「石の下にはダンゴムシがいるよ」 詳しいね
3 水の中・・・「は〜〜〜〜い」 全員が元気良く手を上げました

さてと

このかはどこを選んだかな〜

7-8-4一番安心な場所

あさすぎないし
ふかすぎないし
せますぎないし
ひろすぎないし
きたなすぎないし
ひなたすぎないし 


ジャーン 「タイヤの中の雨水」

この絵本を読むと

腕に吸い付いた蚊を「ぱちーん」とやるのに少しためらうかな

イヤイヤ・・・パンジーは貧血なので

他の人を選んでくださいませ〜







緑のカーテン(供

  • author: koto55
  • 2009年07月07日

7-6-17-6-4咲きました

全部で6個





うまく撮れていませんが

透き通ったブルーです

爽やかなな気分です



7-6-27-6-3






 ↑ コリウス花

  小さな紫の可愛い花ですね〜


← アロエの花

  オレンジで鮮やかです


今日は朝から

暑くなりそうですが・・・

花を見ていると暑さも忘れますね〜

第22回琴伝流大正琴コンサートIN日比谷

  • author: koto55
  • 2009年07月05日

7-5由美子先生、素晴しい演奏をありがとう

「魅せられて」

私たちが若い頃、

ジュディーオングさんが歌っていました

懐かしい・・・

大好きな曲でした

姉妹会の友紀ハーモニー・キューピットの

「時の過ぎゆくままに」

こちらも私たちの青春時代を懐かしく・・・

キューピットさんの演奏もみんなの心が一つになって

感動の演奏でした




今年は若さと力強さ、ビートの効いた曲が目立ちました

ドラムが入ると迫力がアップします

個人的にはしっとりとした演奏が好みですが・・・

少人数での演奏も多かったです

*フェニックスの3名 「風の盆恋歌」

*メリーゴーランドの4名 「百万本のバラ」

*レインボー「スイトピー」の4名 「海雪」

*バウム・クーヘンの5名 「RYDEEN」

*桜会D・ファイブの5名 「白い蝶のサンバ」

*AQUAの5名 「ルパン三世 80」

少人数だとそれぞれのパートが一人となるので

それなりの練習をし自信を持って弾くことが要求されますね

「お願いね〜」なんて甘いことはいえませんから〜

なのでこれらのグループの演奏は自信に満ちています

今私たちメビウスは「海雪」を練習中

レインボーの「海雪」は参考になりました

4名で、さすがの演奏でした

養老聖弦会の「港町十三番地」は多少のずれが気になりましたが

軽快な演奏で歌いだしたくなりました

私的にはこんな演奏が最高です

ブルーリーブズの「LOVE PHANTOM」も良かったです

7名の親子の年齢差を越えた「お琴大好き人間」とメッセージの通り

温かみの感じられる演奏でした

メビウスもこんな演奏を目指したいですね〜


みなさん

10回つどいに向けて私たちも頑張りましょう


笑点公開録画観覧

  • author: koto55
  • 2009年07月05日

7-4-1笑点公開録画に行って来ました

ほぼ1年ぶりです

早めに行って前の席をと思いつつ

いつものごとく開場寸前になって

やはり長蛇の列で



7-4-2これは終了後の画像です

真ん中の通路から撮りました

TVには映らない場面を楽しんできました


7-4-3収録が終わるとスタッフの方々が手際よく

片付けていきます

放送予定は7月26日と8月2日です


こうして見ていると一つの番組を作るのは本当に大変と思いましたね〜

裏方のみなさん、お疲れ様でした

放送日が楽しみです

出演者の皆さん、浴衣姿(26日放送)と

白い麻のお召し物(2日放送)
どちらも似合っていました

昇太さんがやっぱり一番

緑のカーテン

  • author: koto55
  • 2009年07月01日

6-28早いもので今日から7月

今年は緑のカーテンに挑戦

←こちらは6月10日の朝顔



6-23-16月23日

ツルがどんどん伸びています

網は雨戸のシャターまでなのだが・・・

何かそれ以上に伸びていきそうな気配









6-30-2やはり

←5日後の6月28日

上の方でツルが絡み合っています



6-30-3葉も大きくなって

すっかり緑のカーテンになっていま〜す

ちらほら蕾が見えてきました

初めてにしては

一応成功かな

ページトップに戻る▲