カマキリ

  • author: koto55
  • 2010年09月27日

カマキリ発見

かまきり2カマキリ3

 

 

 

 

 

 

かまきり1天敵から逃れて

生き延びてきた「かまきり」

目と目が合った、にらめっこ

堂々として・・・

私のほうが負けてしまった

 

 

工藤直子さんの詩にこんなのがあったよね〜

『おれはかまきり』
            かまきりりゅうじ

 おう なつだぜ
 おれは げんきだぜ
 あまり ちかよるな
 おれの こころも かまも
 どきどきするほど
 ひかってるぜ


 おう あついぜ
 おれは がんばるぜ
 もえる ひをあびて
 かまを ふりかざす すがた
 わくわくするほど
 きまってるぜ

 

 

運動会

  • author: koto55
  • 2010年09月26日

25日(土)地元の小学校で運動会が開催された

台風の影響が心配されたが、当日は秋晴れの爽やかな1日となり

本の読み聞かせでお世話になっている関係で招待状が届いた

我が子の運動会は自分の仕事と重なりほとんど見ずじまいだったな〜

 

BlogPaint子供たちの一生懸命な姿に思わず笑みが

←1,2年生の「モンスター」

何をしても可愛い

 

4年←3,4年生の「精明ソーラン2010」

かっこいい

 

BlogPaint←5,6年生の「2010精明の陣」

騎馬戦です

高学年、迫力満点

たまいれ

←1,2年生「おどる玉入れ」

リズムに合わせて腰を振る姿が

なんとも可愛い

 

夏休み明けの猛暑の中での練習は子供も先生も大変でしたね〜

皆さん、お疲れ様でした

子供達からいっぱいパワーを頂きましたよ

 

花緑ごのみ Vol.27

  • author: koto55
  • 2010年09月24日

柳家花緑独演会・花緑ごのみ Vol. 27

9月20日〜22日<紀伊国屋ホール>

22日(水)の昼の部に行って来た

この日は赤坂レッドシアターでSWAクリエイティブツアーが同時開催

こちらのチケットが先だったためSAWの方は諦めたという訳

今回の内容が

「柳家花緑、SWAをカバーします!」

と言うことで私としては大変興味深い

SWA(すわ:Sosaku Wagei associatoin)

落語創作集団でH16年結成・メンバーはこちら↓

林家彦いち(背番号1)三遊亭白鳥(背番号2)春風亭昇太(背番号4)柳家喬太郎(背番号6)

本日のブレンドストーリー「明日の朝焼け」

「たかし」という男の子の11歳から還暦までの物語  作:SWA

三遊亭白鳥 「恋するヘビ女」

春風亭昇太 「夫婦に乾杯」

    仲入り

林家彦いち 「臼親父」

柳家喬太郎 「明日に架ける橋」

全て 柳家花緑が相勤めさせて頂きます。

と言うことで・・・2時間30分、花緑ちゃん、熱演でした

花緑さん曰く

「古典は着物、現代物は洋服で。新作をやるとは、まだまだ作品を増やしていくチャレンジ。

 洋服でやるとは、落語の形式に対するチャレンジです。」

・・・で、今日は花緑師匠は素敵なスーツ姿で落語

スーツで高座(座布団)

直方体のシンプルなイス?に腰掛けての高座です

いゃ〜こういうのも面白いね

少しも変ではない

昇太さんも洋服で落語をしているらしいけれど

私はまだ拝聴したことは無し

花緑ちゃんはなかなか良かったけれど彼はどうなんだろう

 

春風亭昇太28周年落語会

  • author: koto55
  • 2010年09月22日

20日(月)昼の部へ行った *赤坂レッドシアター*

*17日〜21日(昇太28周年落語会)

*22日〜26日(SWAクリエイティブツアー  彦いち、白鳥、昇太、喬太郎

2010-9-22-8猛暑もひと段落で秋風がここちよい

今日は最高の着物日和

ルンルン気分

 

赤坂レッドシアターは初めてで

赤坂見付から徒歩2分と言うけれど

駅構内で尋ねたものの・・・いや〜〜〜分からん

恥ずかしいなんて言ってる場合ではない

近くの老舗らしき和菓子屋へ入り

恐る恐る尋ねると

ご主人らしき方がわざわざ通りまで出て親切に

助かった・・・ホッです ありがとう

 

2010-9-22-2開演10分程前に到着

いそいそと会場内へ行くと

わぁぉ〜〜〜〜彼が舞台からこちらを見ている

思わず手を振りで会釈を

一瞬目線が合ったと勝手に思い込み

 

2010-9-22-4昇太さん曰く

「入場してくる方々がきっと驚くだろうな〜と思って・・・

 開場から開演までの30分間、

 席で待って待っているのは退屈でしょう

 そこでおしゃべりなどを・・・」

にくいサプライズにファンは大満足

ラフなスタイルがまた素敵

 

 

 

2010-9-22-1彼が若かった頃の話や、好きだったレコードをかけて

太田宏美さんの「木綿のハンカチーフ」なんか

懐かしいよね〜この曲、私も大好きだったな

 

 

 ↓2010-9-22-5本日の演目       

何度か聴いた噺だけれど

何度聴いても新鮮で発見あり

彼の落語は日々変化し磨きがかかって輝く

 

レッドシアターは200席程のこじんまりとしたシアターで

目の前に彼がいて、自分に話しかけてくれている気分になって

昇太ファンにとっては最高なひと時だったわね

何よりも嬉しかったのは一緒に写真撮れたこと

まだまだ余韻の冷めぬパンジーで〜す

 

朝の読み聞かせ・4年生「海賊モーガンの宝島」

  • author: koto55
  • 2010年09月09日

2学期が始まった

残暑と言うより「猛暑」の中、子どもたちも先生方も大変なことだろう

さて朝の読み聞かせも7日から始まった

この暑さ・・・どうなるかと思っていたら

運よくか台風の影響で久々の雨降り

涼しい〜〜〜

しかし、教室は子どもたちの熱気でムンムン

4年生に選んだのはこちら

ずっこけシリーズでおなじみ「那須正幹」さんの作品「海賊モーガンの宝島」

2010-9-7-1冒険が好きな4年生にはぴったりかな〜と思いつつ

「秋だというのに毎日雨が降り続いている。

教室の窓から見える運動場には

海のような水たまりができていた。・・・・

 

2010-9-7-2おばあちゃんにもらった、ボースンズ・コール。

これを吹くと不思議なことが起こるのだ。

洋一は笛を口にくわえるとおもいっきり息を吹き込んだ。

笛の音が響き渡る。教室にも雨の運動場にも。どこまでも、どこまでも・・・」

運動場の水たまりに「海賊船シーホース号」が浮かび上がる。

この海賊船に乗り込んで洋一は海賊とともに宝島へ出発

ハラハラドキドキ(今の子供がどれほど楽しんでくれるのかは疑問)

当日の朝まで迷っていたこの本・・・

余りにも暑い日が続いているので

校庭にできた水溜りなんて想像ができないかな〜と

しかし・・・今朝は雨降り

ラッキーです

「校庭にも水溜りができ始めたね。

もしかしたら海賊船シーホース号が現れるかも知れませんよ。」で終了

 

アゲハチョウが^^

  • author: koto55
  • 2010年09月06日

2010-9-6-1

庭にアゲハチョウが来たよ

ヒャクニチソウが気に入ったようす

 

 

 

2010-9-6-2

今日もうだるような残暑

外には出たくないが

デジカメを片手にいそいそと

待っててよ〜

 

 

2010-9-6-4

チョウも暑いのか

いつもより動きが鈍い(しめしめ)

50センチほど近づいたのに逃げないわ

でも・・・こんなのしか撮れなかった

 

 

ページトップに戻る▲