2019年08月

2019年08月21日

【宮城善光】8月25〜26日 大阪「ONE KOREA FESTIVAL」西成「難波屋」

90E11DD2-AFCA-4E1E-8B29-98B009FA0F6E


◼️8月25日(日)
大阪「ONE KOREA FESTIVAL 2019」

場所:ドーンセンター7F大ホール
(大阪府立男女共同参画・青少年センター)
開場15:00/開演15:30 (入場無料)

【POE】
朴保(vo,ag) Sassy Tomo(key) 宮城善光(eg)

【出演】コリアンマーチングドラムス、TRIGGER、ルンヒャン、趙博、マポ合唱団etc

主催:ワンコリアフェスティバル推進委員会


◼️8月26日(月)
大阪西成「難波屋」(投げ銭)

【POE】
朴保(vo,ag) Sassy Tomo(key) 宮城善光(eg)

場所:難波屋仮店舗:西成区天下茶屋1-1-5
(喫茶・木村家の2軒隣)


隣の国、朝鮮半島は未だに分断が続き、大国の利害に翻弄されています。
日本は今、負の歴史を深く反省しこの国の政治を変えていかなければなりません。
アジアは一つ、世界は一つ、ワンコリア!私達は愛し合う為に生まれてきたのですから…【朴保】
POE https://www.pakpoe.com

◼️お問合せ:info@pakpoe.com
090-4590-9113





◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️


【宮城善光 2019台湾ライブtour】
https://www.youtube.com/playlist?list=PLRKt6Mho3cL6hB1XNKB8TBaSF1BqCDsdO

◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️



アルバム「勝たんてぃん しむん!やしが負きてーならん!」
宮城善光NAHGUSHIKU YOSHIMITSU

2018発売(コトペルrecord K-NN0011)
2000円(税込)日本語対訳付き

1.勝たんてぃん しむん! やしが負きてーならん!

2.取ぅいむるしぇー! 我した誇い誠道

3.YUGAWAI(revolution)

4.LEWCHEW ANTHEM

5.〜ウムイ〜光の道へ

6.チチヌユ

7.風雲!1876 船を出せ!福州を目指し!

8.愛すべき人達へ捧ぐ涙

9.久遠の宇宙 命の煌き

⒑ ユバナウレ ミルクヌユ

11.We shall over come

12.RISING LEWCHEW


◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎

http://www.kotobuki-nn.com
【CD購入は寿[kotobuki]サイト通販】

宮城善光 Nahgushiku Yoshimitsu

沖繩出生的音樂家. 社會運動者.
對自身所擁有的文化, 音樂, 宗教觀感到興趣並且自豪. 以沖繩(琉球)獨立為現今志向.

1985年在東京成立了「寿kotobuki 」, 成立至今發行過不少專輯, 書籍, DVD等... 經常赴國外公演, 去過不少國家. 遍及歐亞非洲. 也經常在街頭演出, 為一些社會議題應援. 特別是有關沖繩(琉球)的議題.

現在的演出則是回歸沖繩三線與吉他, 並以琉球語Ryukyuan 作為詞曲創作和音樂表現. 2019年剛發行了「不屈琉球REMIX」


◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️

【宮城善光プロフィール】
1965年 琉球沖縄島 那覇生まれ。
島の文化や音楽、宗教観に興味を持ち育つ。アメリカ統治から日本復帰(再併合)と、急激に変わりゆく70年代の沖縄体験が自己の音楽表現に大きな影響を与える。

85年 東京にて、ギター、三線、作詞作曲を担当するユニット「寿kotobuki 」をナビィ(Vo)と結成。
94年「奇跡の詩」シングルメジャーデビュー。98年「継いでゆくもの」ビクターよりアルバムメジャーデビュー。 数々のアルバム、DVD、書籍などリリース。
バルト三国エストニア共和国のロックサマー出演を始め、ヨルダンのパレスチナ難民キャンプ、フィリピン、中国(廈門)、ベトナム、 モルジブ、ケニア、チリ、インド、韓国、海外公演も多数。

国内もロックバンド編成にてフジロックや寿町フリーコンサート(20年参加)などのフェス規模の出演から、アコースティックな編成にて小さな市民集会から路上デモまで年間100本以上のライブ活動で飛び回る。

そんな型にはまらず、常に現場や人間に寄り添う音楽活動が評価され、07年 太田出版より「寿魂ヒストリーブック」として書籍発売。音楽だけでなく その生き方や意識の持ち方などが各方面から高く評価される。

2015年 寿kotobuki30周年を機に個々の活動を広げる、現在は原点回帰で三線とアコースティックギターで琉球語(うちなーぐち)による歌作りやメッセージを含んだ弾き語りライブを中心に活動中。
2019夏には「台湾縦断ライブツアー」を行い また新しい世界を広げた。
「勝たんてぃんしむん!やしが負きてーならん!」(2018リリース)
2019年 「不屈の琉球REMIX」発売。

http://www.kotobuki-nn.com
【CD購入は寿[kotobuki]サイト通販】


『琉球の日2019』
宮城善光LIVE大盛況! 〜香港と連帯
https://youtu.be/PwyehNSX9Kc

2019台灣台東都蘭
[宮城善光 Nahgushiku yoshimitsu]
https://youtu.be/TYzT1Dhx1sA


2019高円寺
[宮城善光 Nahgushiku yoshimitsu]
https://youtu.be/Lqp9jJHo2aA



90E11DD2-AFCA-4E1E-8B29-98B009FA0F6E

kotobuki2005 at 13:50|この記事のURL

2019年08月03日

夏の台湾ライブtour記録.4

CE723B0D-DE3B-47B0-B5FC-F71EA5EB7DDE

7月10日(水)台南。
台東駅から南へ、グルリと巡り台南駅へ。
台湾ライブtourの最後は、日本の音楽やカルチャーが大好きなJesseさんとGraceさんの素敵な2人が営む これまた素敵な店「慢民搖 slow ballad」(もちろんRCの名曲から)
慢民搖のお2人、元気いいぞう、Akiraくん、宿泊提供 Tsaiさん、謝謝!多謝!

11日(木)安平
最終日にして初の台湾観光。
最初に首都がおかれた古都、台湾初の対外貿易港となり 歴史のある建造物や古い町並みと共にある美しい港町、安平(anping)
至る所に華美で それでいて美しい廟があり、それだけで癒されます。
夜はナイトマーケット花園夜市へ、旅14日目!最終日にして(笑)!これぞ、台湾観光!
案内していただいたAkiraくん謝謝!
EE36A408-1DAD-4F68-8620-AD7AA43DB3F5

ところで、中国は国内47都市に認められていた台湾への個人旅行を8月1日から停止すると発表した。昨年は中国からの渡航総数の4割を占めた個人旅行。停止が長期化すれば台湾経済にも深刻な打撃を受ける。
もちろん、それだけではなく 台湾との国交を結ぶ国々にも圧力をかけて国交を断絶させたりと ありとあらゆる事で中国共産党は台湾、蔡英文政権に圧力をかけ続けている。
本当に薄汚い手を使うやり方は何処かの国の政権とそっくりである。
残念ながら苦しい状況は長く続くかもしれない、しかし自由と民主主義を守るため。何より自分たちの尊厳と誇りのために巨大な圧力に立ち向かい踏ん張って欲しい。我ら琉球沖縄、そして台湾 共に。

最後に、台湾の琉球人と言えば「喜友名嗣正(蔡璋)」がいる。
基隆の漁港近くに住み「台湾琉球人民協会」の理事長と「琉球革命同志会」の代表を務めた琉球独立論者である。
【日本の敗戦後 台湾で棄民的状況に置かれた たくさんの沖縄出身者を支え、台湾において沖縄県の領事的な役割を担った。
琉球革命同志会は「琉球の民族解放を含む全アジア人民との連帯といった画策の実践であった」と述べ、喜友名は沖縄に一時帰郷したとき 米軍政府から徹底的にマークされ、CIAに取り調べられた。また日本政府は彼を非国民扱いし、政治活動を封じ込める陰謀も企てられた(沖縄独立の系譜(琉球新報社)より)】

琉球革命同志会は日本復帰前の1971年には台湾で日本復帰反対運動を展開している。
また軍隊を出動させ、日本復帰を阻止するという企てもあった。


喜友名や琉球革命同志会の先輩達はこの台湾の地にて 日本に組み込まれて同化して失われてゆく我ら琉球、沖縄を見て何を思い感じていたのだろうか‥。
台湾にいると また違う側面から琉球沖縄の事が見えて、色々と考えさせられる事が多かった。

本当にかけがえのない旅を有難うございました、謝謝!多謝!
たくさんの台湾の人達と出会い、色々な思いを持った人達を知り、琉球人としての自分の思いもさらに強まりました。
I'm not japanese!I'm Ryukyuu tribe!
Wannee Lewchew du jaru!獨立琉球!獨立台灣!

『今回の台湾の旅を計画&引率(?)して頂いたMario。共に旅したフミさん。いっぺーにふぇーでーびたん。謝謝!多謝!感謝!』
BCCE9213-8B14-4FD7-BC33-380F219D741C





◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️


【宮城善光nahgushiku yoshimitsuプロフィール】

1965年 琉球沖縄島 那覇生まれ。
島の文化や音楽、宗教観に興味を持ち育つ。アメリカ統治から日本復帰(再併合)と、急激に変わりゆく70年代の沖縄体験が自己の音楽表現に大きな影響を与える。

85年 東京にて、ギター、三線、作詞作曲を担当するユニット「寿kotobuki 」をナビィ(Vo)と結成。
94年「奇跡の詩」シングルメジャーデビュー。
98年「継いでゆくもの」ビクターよりアルバムメジャーデビュー。 数々のアルバム、DVD、書籍などリリース。
バルト三国エストニア共和国のロックサマー出演を始め、ヨルダンのパレスチナ難民キャンプ、フィリピン、中国(廈門)、ベトナム、 モルジブ、ケニア、チリ、インド、韓国、海外公演も多数。

国内もロックバンド編成にてフジロックや寿町フリーコンサート(20年参加)などのフェス規模の出演から、アコースティックな編成にて小さな市民集会から路上デモまで年間100本以上のライブ活動で飛び回る。

そんな型にはまらず、常に現場や人間に寄り添う音楽活動が評価され、07年 太田出版より「寿魂ヒストリーブック」として書籍発売。音楽だけでなく その生き方や意識の持ち方などが各方面から高く評価される。

2015年 寿kotobuki30周年を機に個々の活動を広げる、現在は原点回帰で三線とアコースティックギターで琉球語(うちなーぐち)による歌作りやメッセージを含んだ弾き語りライブを中心に活動中。
2018年「勝たんてぃんしむん!やしが負きてーならん!」
2019年 「不屈の琉球REMIX」アルバム発売。

http://www.kotobuki-nn.com
【CD購入は寿[kotobuki]サイト通販】




『琉球の日2019』
宮城善光LIVE大盛況! 〜香港と連帯
https://youtu.be/PwyehNSX9Kc

2019台灣台東都蘭
[宮城善光 Nahgushiku yoshimitsu]
https://youtu.be/TYzT1Dhx1sA


2019高円寺
[宮城善光 Nahgushiku yoshimitsu]
https://youtu.be/Lqp9jJHo2aA















kotobuki2005 at 14:53|この記事のURL
月別アーカイブ