2019年07月30日

夏の台湾ライブtour記録.3

276EF44C-98FC-41AD-8427-E0C5236416F2

7月7日(日)花蓮「海或・瘋市集2019」

海と山を臨む花蓮の大自然の中、平和と自由、そして愛が溢れる野外フェスティバル「海或・瘋市集2019」
最終日7日の獨立舞台に出演させていただきました。この溢れ出る自由と愛が いつまでも続き世界に広がる様に。そして、この自由と平和が奪われるような事、そんな時代が二度と無いように‥琉球の先輩達の平和を奪われた悲しさ、辛い思いのメッセージが詰まった歌「屋嘉節」から歌いました。

そして、今まさに自由の為に声をあげ続ける香港の若者、人々に思いを馳せて歌わせていただきました。
香港加油!Win freedom HongKong!
Liberty HongKong!Liberty Okinawa!
Liberty Taiwan!

5A3FA38D-ADEA-4733-BE3C-BCE121B0F89F


去った日本国の参議院選挙の投票率、そして選び出した政党の結果を見れば、この国は自ら自分達の保証されるべき権利、そして未来の自由をじわじわと放棄し続けている、いや‥もう失っているのかも。
自由は誰かが与えてくれるものではない、ひとりひとりが自ら勝ち取らないとならないものだろう、それを目の前の香港の若者達が‥、そのための行動を命がけで見せているのに‥。
この日本国の人達、若者が選択した投票に行かない無責任が将来 ひとりひとり、自分自身に降りかかって来た時には もう遅い。我ら琉球沖縄は この日本国と共に衰退、沈没してはならない。
自主自立へと さらに進まねばならない。今はとにかく沖縄の民主主義を圧殺し続ける現政権に抗い続ける!それしかないだろう。



8日(月)花蓮駅から南へ、台東。
大都会の台北から基隆、宜蘭、花蓮と南下移動。またガラリと変わる違う台湾の姿が広がっていました。
E519269B-A909-4E36-926D-1D31F533F653


中華的な雰囲気はあまり無く 広がる空と海と深い緑の山々、椰子の木が高々と群生し、まるで南洋の島々の様な場所。
そして原住民の息吹がいたるところに感じられる村、都蘭(dulan)。本当に美しい村でした。
6F2760CC-D3C7-43AD-BC57-14E0217C97B3



9日(水)都蘭「好的窩」ライブ
日も暮れて蛙や虫の声に包まれながら、素敵なゲストハウス「好的窩」にて 皆んなでアットホームなライブ。
好的窩、Allenさん、元気いいぞう、チーム裸族。謝謝!多謝!
EC89CD03-FC62-43FB-9C81-2D0C34304B66


都蘭、もう一度ゆっくりと訪れたい最高の場所でした。
この台湾の各地を旅する中で、至る所に沖縄、琉球の島々を思い起こす事が多かった。特に原住民の村や文化に触れていると、日本国内で暮らす日々より ふと沖縄を見つけ出し、感じさせる風景が多い。
また道々に見る熱帯の植物たち、漂う空気感、などなど‥、まあ当然ではあるが‥どう考えても日本、大和の中には琉球は無いのだ‥。
そう!この台湾こそが兄弟である。

そう考えたら台湾東海岸から目の前にあるであろう与那国島。そこを超え遥か遠く遠く遠く離れた首都東京、日本国が線引き管理する国境線が目の前に引かれている。そして、その島々に軍事強化を進める日本政府。離島防衛の名の下で軍事的捨て石の島々になるのは沖縄戦で証明されている。

この台湾側から望む雄大な大海原を見てたら 我ら琉球沖縄が そんな日本国に組み込まれていることが悲しくなった。

‥そして台東都蘭を後に台南へと移動。






kotobuki2005 at 16:00
月別アーカイブ