2008年09月24日

S4は予想以上に大幅刷新してますヨ!

080924_newS4_01




















先日モデルチェンジしたアウディA4、その"S"モデルもアンヴェールでございます。
正式なお披露目は10月2日からのパリショーになるそうです。
現行A4は先代からシャシーを刷新、
ホイールベースの長大化によるスタビリティ確保&エンジン搭載位置後進による運動性能の向上、
と云う相反する要素を同時に上げてきた意欲作でございますが。
(その分、ボディがでっかくなってほとんどA6クラス;;;)
S4にもかなーり色々注力しちゃってるみたいですよこれがまた。(≧▽≦)ノ


まずエンジンですが、ここに来ていきなり新型搭載っす。
バンク角90度のV6-3Lにスーパーチャージャー過給。
ターボじゃなくてスーチャーっすよ。
先代のS4が4.2LのV8でしたから、これはBMWの3Lツインターボ同様、
「6気筒のサイズと燃費で、8気筒クラスのパワー&トルクを出す」ことが目的ですね。
発表されたグラフを見ればその通り、3000rpmで最大の440Nmのトルクが出ておりまして、5000rpmまでフラットに最大トルク出しっぱなしw;;
燃費も向上してるようで、セダンでリッター9.7kmとか。333馬力のクルマなら大したモンですかw
エンジンのダウンサイジング傾向はBMWやVWなんかも積極的にやってるトレンドでございますが。
アウディがスーパーチャージャー使って来るとは予想せんかったですねえ。。。
そのスーチャーがとてもコンパクトだそうで、エンジンのバンク間に収まってるってんだからスゲーっす。^^;

080924_newS4_03





















そしてギヤボックスは、待望の縦置き7速S-Tronic搭載ですよ。
(一応、オプション扱い。メインは6速マニュアルだそうです)
BMW、ポルシェがツイン・クラッチのギヤボックス搭載車を市場に投入してきてますんで、アウディも黙っちゃ居られないわけですねw
駆動方式はもちろんクワトロ、その要たるデフにも手が加わってるそうで、『アクティブ・スポーツ・デファレンシャル』などという名前が付いてます。^^;
(解説を読むと、センターデフじゃなくてリアデフらしいのですが、よくわかりません;;;)
まあ要はドライバーのステアリング操作とアクセル開度から最適な駆動配分をやってくれるって事のようで、アウディ独自の電子制御4WDって事ですか。
100ミリ秒で制御されてるそうですが、う〜ん、電子制御に頼らないシンプルな4WDが"クワトロ"の売りだと聞いた事があるんだけどw;;
採用したからには、パねえ効果が発揮されたって事ですよねえもちろん。
足回りの事は書いてませんでしたが、おそらくマグネティック・ライド(磁性流体電子制御ダンパー)が付いてるんでしょうきっと。

前述の通り、シャシーが大幅に変わったことに加え、エンジン・駆動系まで新しくなってるS4、
おそらく専門家筋にも大受けな走行性能を発揮するでしょうこれはwww
欧州のスポーティ・セダン市場を盛り上げるのは間違いないですね〜。(アヴァントもあるんですがw)
まあ本命は"RS4"って事になるかと思いますが。^^;
とりあえず新型のスーチャー付きエンジンが気になる編集長でございますよwノ

080924_newS4_02

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kotobuki_1121/51378609