絵本にグッときました。「三鷹市星と森と絵本の家」

こんにちは。ことこと舎のINです。

 

非常事態宣言以来、弊社でも一部の部署を除きテレワーク対応となり、

現在は通常業務に戻りつつも、

さまざまなシーンでオンライン化が急速に進んでいます。 

本や新聞、雑誌もWEBで読むこともありますが、

それでも指で頁をめくって、徐々に入り込める紙の本が好きです。

先日も地元の「三鷹市星と森と絵本の家」https://www.city.mitaka.lg.jp/ehon/

が主催する「回廊ギャラリー展示絵本」展の入賞&入選作品を拝見して、

“絵本は紙に限る”と改めて思い知りました。

じつは、この公募展で選ばれた最優秀作を、弊社、

ぶんしん出版発行「星と森の絵本」シリーズの一冊として出版させていただいております。

残念ながら、毎回出版とはいかないものの、

地元三鷹市の取り組みに対して協力したいと思い、今年もただいま検討中です。


IMG_2811

          入賞・入選作品 第7回「回廊ギャラリー展示絵本」。テーマは「天体・宇宙」

今年の最優秀作は『ぼくのじいちゃん はつめいか』(上記写真左下。栞:ミニ本付き)。

 選考委員長の絵本研究家、広松由希子氏の選考員講評によると

「星空を眺めながら耳を傾けたじいちゃんの話、あたたかな時間と喪失の悲しみが、希望に昇華される物語。細かい仕掛けを含め、絵本を丸ごと愛しんで作っていて、内容とリズムが縦書きのフォーマットともしっくり合い、メッセージが読者に届きます」とのこと。

 

その講評正通り、

じいちゃんのシンプルな言葉に深い意味が込められているようでかなりグッときました。

絵を眺めていても「この葉っぱいいね」「目が三角になっているね」など、

いちいち誰かと共有・共感したくなる……

「これこれ、良い感じ」と笑っていた絵本大好きなスタッフFさんも、

突然、目頭をおさえて「うっ、まずいことになりそうです」と。わかるな~。

*選考員講評:https://www.city.mitaka.lg.jp/c_news/086/086598.html

             

絵本つながりで、ご紹介したいのは、

弊社の協力会社の大村製本(製本会社)さん。 https://www.omuraseihon.com/

絵本好きなら心躍る会社です。

打ち合わせスペースの壁面には『三びきのやぎのがらがらどん』

『やっぱりおおかみ』『ぐりとぐら』『だるまさんと』などが飾ってあり、

「ここで製本されていたんだ、この絵本好きだったなぁ」と、

子供時代にタイムスリップしてしまいます。

おまけ。

実家の絵本、兄が子供たち用にもっていっちゃったと思っていたら、

先日、実家の倉庫から、月刊『かがくのとも』『こどものとも』などなど、

わんさか出てきました。でも、埃だらけで、破れてしまったのもあり、

悲しい気持ちに。そんな話を大村製本の社長にお話したところ

「じぶんで修正することもできるよ。教えてあげるよ」って。

おお、さすが、それはかなり興味あり。やってみたい、本気です。

IMG-6586
                             右端の「4」の表紙は『とこちゃんはどこ』かな? 気に入りの一冊でした。




井の頭公園のサステイナビリティ

2020年5月27日

お久しぶりです。。。
ことこと舎のINです。

昨日、
ことこと舎社長からテレワーク中のところ

久しぶりにことこと舎のHPを覗いたのですが、

蜘蛛の巣だらけでビックリしました。<>

ことこと長屋も空き巣が入られてしまう状態。<>

ことこと舎HP探検隊報告でした」と、メールが届きました。

 

いけない、いけない……と思いつつ、

時間が経てば経つほど、再開のハードルが高くなり、そのままに……。

 

でも、

このユニークな「ことこと舎HP探検隊」の報告(お叱り?!)に背中を押され、

ちょっとしたスナップをアップいたします――。

 

この春、井の頭公園で見かけた枝で造作された囲いです。

思わず、モルタルやプラスチックでもないこの囲いに、「こういうのって素敵だな」と、パシャリ。

そのまま肥料になるのかなぁ~。


井の頭公園1


以前、福島県昭和村という場所で、

からむし織という上布の取材をしたことを思い出しました。

織物の原料は青芋(あおそ)という苧麻。

その青芋畑の囲いも、草木(たぶん萱)でつくられていたのです。

地元の方に聞けば、「毎年、焼き畑をするのですが、柵の萱も一緒に焼いて

土に返す。肥料になるんですよ」と。

無駄にしない知恵、循環だなって思いました。

 

 

公園といえば、ことこと舎のWEBでもご紹介させていただいていますように、

当社は三鷹にあります。社長と編集部員4名は全員三鷹在住です。

井の頭公園は地元の公園のひとつとして、皆、大好きです。

 

3年前、井の頭公園開園100年を記念して、

『井の頭公園100年写真集』『いきもの図鑑』という本を企画出版しました。

(わたしたち編集部では自費出版の“ことこと舎”に加え、

企画出版の“ぶんしん出版”も運営しています)

 

ご興味がありましたら、ぜひ以下を覗いてみてください。
ことこと舎HP探検隊長の動画もあります~。



https://www.bun-shin.co.jp/inokashira100/





『せのうさちこの いのきちさん表紙原画展』を開催しています。

IMG-4693



こんにちは。ことこと舎の稲冨です。
これは絶対にお知らせせねばと、慌ててブログを更新!



ただいま、

三鷹駅前コラル5階、
三鷹市美術ギャラリーで

三鷹市在住のせのうさちこさんの「いのきちさん表紙原画展」が開催されています。

5月15日(火)から20日(日)5日間です。


「いのきちさん」とは、

“昨年5月に100周年迎えた井の頭公園を盛り上げ、都会のオアシスである井の頭公園を守りたい! 井の頭公園を囲む、いの(井の頭)きち(吉祥寺)さん(三鷹)の街をもっと楽しみたい!”という井の頭恩賜公園を愛するメンバーが集まって発行した、 

井の頭恩賜公園100周年カウントダウン新聞(フリーペーパー)でした。

4



これ、知っています!という方は、

きっと、三鷹、武蔵野両市内の公共施設や書店、カフェなどで見かけ、素敵な表紙に惹かれて思わず手に取ったのでしょうか。公園の歴史や自然、ゆかりの人物などをテーマに読み物や写真を愛読し、毎号楽しみにしてくださったファンも多かったようです。

 

カウントダウン誌、ということもあって、残念ながら「いのきちさん」は惜しまれつつも、2017年11・12月号(通算37号)で終了してしまいました。

 

にしても、表紙の原画が一堂に見られるっていうことは

もうなかなかないと思います!



3


この機会にぜひ、足を運んでください。

 

最後に、自慢話を。「いのきちさん」のいのきちさん編集委員会編集長は弊社社長でした。

ということは、うちでデザイン・印刷・製本しておりました。
かっこよくいえば、メセナ企画。ですが、

制作に携わった皆さん同様に、社長のボランティアともいえます 笑


ぶんしんブース出店(かいぼりの「お魚レスキュー隊」イベント)

ことこと舎の稲冨です。
今日と明日は井の頭公園のイベント(かいぼり)で、ぶんしん出版の
井の頭公園関連の本の販売とパネル展示のブースを出店!

IMG_4289

昨年末から、
井の頭池では3回目の「かいぼり」が行われています。

「かいぼり」とは、漢字では「搔い掘り」と書き、
池などの水をくみ出し、泥をさらって天日に干すこと。

井の頭池では、自然の浄化能力を活用した水質改善や、
外来魚を駆除することによる生態系の回復を目指すために行われています。

この「かいぼり」は、井の頭公園100周年に向けて2014年から実施されてきました。
今回がその3回目で、ラストとなります。

明日、明後日(1月13日と14日)は
市民ボランティアによる魚捕りイベントです。

井の頭池の在来種を保護するために、

市民ボランティアのみなさんが「お魚レスキュー隊」の一員として池に入り、
ブルーギルなどの外来種や、在来種のテナガエビなどを捕獲します。

捕まえた魚は外来種と在来種に仕分けして、
外来種は駆除し、在来種は水を戻した池に放流されるそうです。

かい ぼりを担当の東京都西部公園緑地事務所の内山香さんが、
ステージで開会のご挨拶。

IMG_4267



社員もこのレスキューボランティアに、組版課の小川と出版部の竹下の二人が参加。
本日午前中に挑戦したのは、小川奈都! 
つなぎに網と準備万端、かっこいい!

IMG_4269



ぶんしん出版の人気書籍『井の頭公園いきもの図鑑』の
著者、髙野丈さん(中央)と、そのご友人一家も参加!

IMG_4271



そして、わたしたち出版二人は、宮川を中心に
いつものごとくブースでパネル展示と販売です。

びっくりしたのが、朝、寒すぎてパネルをとめるための、
強力な両面テープの粘着力が低下し、使えなかったこと。
しかも、
手がかじかんで細かい作業に時間がかかり四苦八苦、二人で最後は笑うしかなかった状況……。
7月のテント内の暑さには閉口しましたが、
予期せぬことっていろいろとあるのだな、と。


だから何ごとも経験です。「次回はこうしよう、ああしよう」と話しあいながら、
なとか無事に完了。

多くのお客さまにご来店いただくことができました。感謝です。
また、地域のイベントに参加させていただけることにも感謝です。

IMG_4295
IMG_4280




オマケ:

1回目は井の頭池の一部だったのですが、2回は全域です。
その懐かしの写真は以下です(2016年3月)


1917465_196944920669155_7335436602673535282_n
12790836_196944937335820_7858213243371279279_n








明けましておめでとうございます。


新年、明けましておめでとうございます。
           井の頭公園 井の頭弁財天にて

IMG-4215

ことこと舎の稲冨です。

本年もよろしくお願い致します。
さて
昨年5月1日、
都立井の頭 恩賜 公園は、1917(大正6)年5月1日に日本で最初の郊外公園 として開園し、
100周年を迎えました。

昨年は、
天皇、皇后両陛下が訪れ園内を散策され
(両陛下が同園を散策されるのは初めてだとか)たり、
ブラタモリでタモリさんが訪れたり……。
話題も豊富な一年になりました。

もちろん、

井の頭恩賜公園100年実行委員会主催のイベントも目白押しで

地元の企業として(ちなみに、井の頭公園は武蔵野市と三鷹市なのですよ)
たしたち編集部はイベントに
参加したり、
協力させていただいたりと、 

たいへん有意義で
楽しい一年になりました。

井の頭公園に、
そのお礼と、
もちろん "これからもよろしくお願いいたします"
の思いを込めて、

井の頭弁財天様に初詣に
行って参りました。

*写真は12月31日の23時45分くらい、寒かった、でも清々しい気持ちになりました。

オマケ
昨年 街で見つけた
狼?犬 ? の絵。 建物の壁面に描かれていてカッコイイなと思ってパシャリ

戌年なので





 
kotokotosyab
ギャラリー
  • 絵本にグッときました。「三鷹市星と森と絵本の家」
  • 絵本にグッときました。「三鷹市星と森と絵本の家」
  • 絵本にグッときました。「三鷹市星と森と絵本の家」
  • 井の頭公園のサステイナビリティ
  • 『せのうさちこの いのきちさん表紙原画展』を開催しています。
  • 『せのうさちこの いのきちさん表紙原画展』を開催しています。
  • 『せのうさちこの いのきちさん表紙原画展』を開催しています。
  • ぶんしんブース出店(かいぼりの「お魚レスキュー隊」イベント)
  • ぶんしんブース出店(かいぼりの「お魚レスキュー隊」イベント)
ことこと舎

ことこと舎

カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード