1.東京から近い。成田から約2時間。那覇より30分早く着く
2.レンタカー屋さんは空港から徒歩圏内に集積。しかも安い。地元の「奄美レンタカー」なら軽AT車が1日2880円
3.奄美大島の面積(712.35キロ平方メートル)は沖縄本島の約6割。人口は1割未満(7万人以下)
4.土地面積に対して人口が少ないのでどこに行っても空いている。旅行に来てまで混在は御免という人にはうってつけ
5.空港から車で15分で大自然。良質ビーチも車で15分以内に複数あり(着いたらいきなり「やんばる」です笑)
6.奄美の一番のウリは「手つかずの大自然」。近い将来、世界自然遺産入りの可能性も。海は沖縄本島より美しい(これは黒潮の影響もあるらしい)
7.日本で二番目に大きなマングローブがある。一番大きなマングローブは西表島
8.外国人がほとんどいない。観光客も兵隊さんも
9.性風俗店がない(探したわけではない)
10.名瀬の屋仁川は九州屈指の飲食店街。しかも安い。一人3000円で美味しいものでお腹一杯、ベロベロになれる
11.総じて、超がつくほど安全。ファミリーや女性の一人旅に最適。安心して家族でも、女性一人でも酔っ払える
12.ある生物が生存できる北限や南限になっていることが多い。土地が余っているので農業・畜産が活発。魚もうまい。食材の宝庫。将来「美食の島」になれそう
13.奄美でしか製造が許可されていない黒糖焼酎が美味しい。徳之島産の国産ラム酒は世界最高品質
14.U/Iターン者に一芸を持った人(プロ)が多い
15.成田と大阪から飛ぶLCC(バニラエア)就航効果で観光客は増加傾向
16.負の側面は、奄美市の生活保護率は国内ワースト3位になったことも。人口減少や高齢化も進行中。また、大学がないので18歳で島から9割が出ていく
17.今がチャンス。というよりも、今トレンド(衰退傾向)を変えられなければ100年変われない(衰退の一途)。これから5年が大事。どう過ごすか。それで10年、20年先が変わる
18.奄美はトレンドを変えられる島。素晴らしい自然資源、文化資源、地域資源、そして人的資源