2007年01月19日

早くも開催最終日

時間がたつのははやい


>平安S(5%未満)
◎フィールドルージュ
○メイショウトウコン
▲エンシェントヒル
△タガノサイクロン
△サカラート
△カフェオリンポス

ダート重賞は難しい。
一応の本命は年末同様フィールドルージュ、力的にまず3着は外さないはず。
この馬の複勝だけでやめるのが利益を出すには最短だが、それでは面白くないので続ける。
対抗は4歳メイショウトウコン。
JCDを見てもわかるように、今の古馬ダート界は層が薄くなってきている。芝もだが、いい加減世代交代の時期が来ているのだろう。
とゆーわけでダートではGI馬マンオブパーサー以外には負けたことがないメイショウトウコンを対抗に抜擢。
単穴は何にしろ毎回伸びてくるエンシェントヒル、この馬は前がばてるかどうかが問題なだけでくることに理由はない。
連穴はもう1頭の4歳タガノサイクロン、久々のレースで気合いが違う武豊、長めのダートなら1秒以上は負けないカフェオリンポス。
あとはシルクとサンバカ辺りまで。
(推奨買い目)
1、フィールドルージュ複勝
2、フィールドルージュ1頭軸3複流し10点、或いは名前出した馬を加えて21点
3、馬連ボックス印馬のみ15点



>AJCC(15%)
◎チェストウイング
○インティライミ
▲マツリダゴッホ
△ジャリスコライト
△インテレット
△フサイチアウステル
一見粒揃いだが実際は割と力に差があるメンバー。
今が充実のチェストウイングを狙う。
距離は明らかに先週の新春杯のが良かったはずなのにあえてこちらに使ってきた辺り勝負気配が漂う。
おそらくは瞬発力比べになりがちな京都を嫌って中山での出走である、スタミナ比べならこの馬だ。
人気にならなさそうな今回は狙うしかない。
対抗のインティライミも同じ理由。
中山は35秒台の上がりで争うことが多く、近年の瞬発力競馬で分が悪い馬はこのコースで急に変わることがある。
ディープが負けたのも中山という辺りからも瞬発力だけでは勝てないコースということがわかるだろう。
単穴には横山で2、1、0、0の4歳マツリダゴッホ。
以下、休養明けの瞬発力型の4歳馬、力不足の4歳馬、休養明けだが中山向きの馬といったかんじ。
(推奨買い目)
1、3複2頭軸4点
2、単勝チェストウイング
3、馬連ボックス




>>>今週の狙い馬
今週は狙える穴馬を中心に推奨していく。


>睦月賞(20%)
◎ミツワスカイハイ
今開催の京都に言えることだが、改修後の阪神で差し届かなかった馬がよくくる。という観点からこの馬。
さほど目立たない成績で連敗してくれているため人気にはならなさそうだが、元はこのクラスで2着を連発してた馬、本来は1人気でもおかしくはない。
複勝でも3倍つきそうな今回は確実に狙い目だ。


>石清水S(40%)
◎ブルーメンブラッド
△ラッセルバローズ
△ゴッドスマイルユー
まず間違いなくブルーメンブラッドのレース、勝ち味に遅いので頭とは言いきれないが最悪連は確保するはずだ。
前走差された相手が金杯で2着ならこの馬自身には何の非もない、前回は相手が強かっただけだ。
問題は難解な相手探しだが、先にも睦月賞でふれたように阪神の酷い前のこり馬場で差せなかった馬を中心に狙う。
とりあえずは馬連2点で大丈夫ではなかろうか。

>菜の花賞(50%)
いつからステークスじゃなくなったんだろうか。
◎イクスキューズ
○ピンクカメオ
馬連1点でいい。
基本4頭のレースで、他にセンシュアルドレスとローズオットーが気になるところだが、前者は横山が降りた辺り後者より前には出ないだろう。
後者はドリームジャーニート1馬身が評価要素だが、結果が1馬身なだけで内容は完敗なのでさほど気にすることはない、なによりその後を取りこぼした辺りがいただけない。
よって基本は馬連1点で大丈夫なレースと読む。

>サンライズS(50%)
◎アイルラヴァゲイン
単勝でいい。
元々オープンで勝ち負けしていた馬、ここで立ち止まるような時間はない馬だ。
前回と違い、1度使って距離もベスト、今回は取りこぼさない。
馬連で買うならアドマイヤカリブとエアニックスが当面の相手か。
サンライズSだけにサンデーサンライズが人気するようなら確実においしくなる。


kotomakeiba_com at 12:15│Comments(1)

この記事へのコメント

1. Posted by ことま   2007年01月20日 17:03
メイショウトウコン4歳じゃなかったね、勘違いなのであしからず

コメントする

名前
URL
 
  絵文字