プロフィール写真
北野 琴奈
◆日本FP協会 CFP®認定者
 (ファイナンシャル・プランナー)
◆日本ソムリエ協会認定
 ワインエキスパート

◆実践型FPとして、講演・執筆・資産運用アドバイザーなど多方面にわたり活動中

◆TBS「がっちりアカデミー!!」、
BS11デジタル『不動産王』、
BSジャパン「日経プラス10」、
日経CNBC「不動産投資AtoZ」
等にコメンテーターとして出演
  • ライブドアブログ

アメリカ滞在

IMG_0729

数日前よりアメリカに来ています
2年ぶり。

IMG_0845IMG_0742

日差しは強いとはいえ、朝晩は20℃を切るくらいだから快適
湿度も低いし。
逆に言うと、乾燥しているから「肌」にとって良いかどうかはわからないのだけど・・・
いちおう、女性としては気になるところ

娘連れでもあるので、彼女のための時間もありつつ不動産関係も粛々と。
現地見たりマーケットの現状を聞いたりする中で、やはり現場は大切だと再確認

娘は、本場のディズニーランドでも楽しいひと時を
真夏というのは日本と同じだけど、湿度が低いので真昼間でも大丈夫。

待ち時間も、ちょっと日差しがじりっとはするけどそこまで苦にはならない。
ミッキー、ミニー好きの娘、堪能していました

不動産も、いつもお世話になっている現地の方々とミーティングを持ちつつマーケットについていろいろ見たり聞いたりと。
現状のリアルな話しを直接聞けるのは、とっても貴重な時間です

また、日本でもフィードバックできる機会があればと思います


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



太陽光発電投資と不動産投資

太陽光発電のコラム、4回目がアップされています

今回は、太陽光発電投資と不動産投資の比較というテーマで

不動産投資・賃貸経営をしている方で、実は太陽光発電投資もやっているという方はけっこう多い

ま、大きくは「土地活用」だから似ているんですよね。
イメージしやすいから、入りやすいのだろうと

とはいえもちろん、違うところもあります。
そのあたりの話しを。

不動産投資って、ずいぶん書籍や情報商材、セミナーも多いけど、太陽光発電はそうでもないから認知度は不動産投資の方があるのだろうなと。

だからといって不動産投資の方が簡単かと言われると、ちょっと違うような。
太陽光発電は、やっぱり電力の固定買取制度の存在が大きいですね
収支の想定が、よりしやすい。

コラムはこちらからどうぞ

それにしても、2000年頃、個人が手掛ける不動産投資なんてまだまだかなりマイナーで、こんなになるとは思いもせず。
たった16年くらいでこんなに変わるもんなんだなー。


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



オウチーノさん&週刊住宅新聞社さんの不動産投資イベント

オウチーノさんと週刊住宅新聞社さんが主催の不動産投資イベントが9月にあり、そこの一コマで話しをすることが決まりました

全国不動産投資フェア2016

少し前に、こちらの主催で海外不動産投資についての同じようなフェアをしたそうですが、国内不動産投資は初めてとのこと。
基調講演は、竹中平蔵氏です。

HPから一部抜粋すると・・・

 *新築・区分マンションから、地方の中古一棟アパートまで、日本中の「最新」不動産情報が一挙に集結!

 *セミナー会場では話題の「民泊」や「ローン付ノウハウ」など、今すぐ役立つ口座も多数開催!

こんな感じのイベントになるよう。

ページ内、プログラムはまだ全てそろってはいませんが、私は対談で出演予定

9月25日(日)御茶ノ水にて。
昨年はシルバーウィーク大連休だったと思いますが、今年は飛び石ですね。

事前登録制となっているようなので、ご興味おありの方はぜひ〜


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



マイナビさん主催の資産運用セミナー

IMG_0532

少し前ですが、マイナビさん主催の、女性向け資産運用セミナーで話しをしてきました

マイナビさん主催ということで、20代〜30代くらいのご参加者も多かったと感じます

マイナビさんの話しでは、女性向けweb記事について、最近「マネー」に関するものが注目を浴びているそう

とはいえ、これだけ情報がある中では、何をどう選ぶかの取捨選択も必要で
そのうちのひとつが、媒体としての信頼性もあるのでしょう。
これは新聞や雑誌にも当てはまるけれど、webとなると情報量が莫大なので更に。

でも、信頼しているところでも間違いが無いわけではないことにも注意かなと。
そういう意味では、やはり自分の知識・経験アップをしていくしかない
小さい失敗であれば、その後につながる肥しにもなるはず。

誰でも気軽に情報発信ができるようになっていることで、情報の「価値」を見極める力をどうつけるのかも大事になっているわけで

最終的には、自分次第ですね


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



土地探しのご縁

少し前から、太陽光発電についてのコラムを書いているのはこちらでもお知らせしていますが。
1ヵ月に1〜2回くらいを目安にしていて、先日3回目がアップされました

今回は、実際に土地を見に行ったことについて。
いよいよ動き出しています
現地の写真も入れてみましたー

土地探しは昨年あたりからしていたのですが、なかなか「これ!」というものがなく・・・
まぁ、これはほんとご縁もあるので、あせっても仕方がないのだけれど

そんなこんなするうちに、良さそうなところが見つかったという連絡があり。
現地に行って諸々確認してきた、という状況です。
今のところ、こちらで話しが進んでおり

コラムはこちらからどうぞ〜。

順調に行けば、来月あたりに工事に入れるかな
とはいえ、結構いろいろあるので、またご紹介していきたいと思います


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



真夏の涼

IMG_0611IMG_0617

東京も梅雨が明けて、暑さ本番ですね
海、川、プールなど、「水」を欲する季節

そんなこともあり、魚釣りに行ってきました。

何かで感化された娘が、「魚釣りがしたい」と言うので、いろいろ調べ。
私はそれこそ20年ぶりくらいかも。

今回は、半プライベート感覚な部分もある川。
水がすごく綺麗で、本当に気持ちがいい

魚を放流してくれるので、本当の意味での「魚釣り」ではないのだけど、4歳児にはこれくらいの方が良いかなーとも

大人としては、椅子に座って景色をぼーっと眺めているのもいいけど、子供はやはり水遊びですね。
魚釣り〜と言っていた割りには、川遊びの方に夢中になっていた娘
水の中で相撲取りをしているそう。
IMG_0627IMG_0622

川の水は結構冷たくて、夏は最高だなー

IMG_0608釣った魚は、その場で塩焼きやフライにもしてくれるので、おにぎりくらい持っていけば、新鮮な魚ランチを楽しめます。

そのまま持ち帰りもOK
内臓部分取り除いてもらえるのもありがたい。

本格的にバーベキューなどしている人たちも結構いました。
わいわいと大勢で来るのも楽しそう
今回行ったのは、コチラです。


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



HOME'Sさんの連載コラム

HOME'Sさんでの連載コラム、今月分がアップされています
今回は前回に引き続き、「「良い物件」を購入したとしても、上手くいくとは限らない?」というテーマで書いてみました

前回は、賃料受け取りに関して起こりうる様々なトラブルで2つ事例を取り上げ、今回はそれ以外のところで。

やはり賃貸経営というのは「人」を介することが多いので、マニュアル化しにくい部分も多々
「例外」が結構多いというか。

その場に合わせた柔軟性、解決力が求められるのです

10年以上やってきて、経験はそれなりにあったとしても、都度、対応は変わることが多いよなーと
私の場合は、管理会社さんなどにもアドバイスをもらいながらやってきている感じです。

コラムはコチラです。


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



日経ムックの取材 REITまるわかり!

IMG_0529

ちょっと前に日経ムックの取材があり、そちらが掲載されています
『REITまるわかり!勝てる投資術』というタイトルのムック。

IMG_0531この中で私は、「口座開設から取引までの流れ」という部分の担当

口座開設は、既に証券会社で株や投資信託に投資をされている方なんかはそこでもできるので、すぐにでも始められますね
資金の問題はありますが。

個別REITの場合、今だったら1口10万円くらいからかな。
30万円までだったら、けっこう銘柄も選べるかと

いきなりそんなには難しいという方は、投資信託やETF(上場投資信託)を使うというやり方もあり。
1万円くらいからできます

実はこの日経ムックREIT、去年も出版されていて、その時は「実物不動産 vs RETT」という取材でした。
ちょうど1年前くらい。

今年になってマイナス金利導入もあり、何かと話しに出ることが増えたなーと思うREIT。

まだよくわからない、という方も多いと思いますが、この低金利時代に分配金利回り3%ちょっとというのはなかなか貴重かと

もちろんリスクもあるので、そのあたりも含めての判断ですが。


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



目黒雅叙園で日本の夏を

目黒雅叙園で行われている、「和のあかり×百段階段」という催し物

雅叙園の名物である指定有形文化財、「百段階段」に展示されており、入場すると100段の階段上り下りがもれなくついてくる
実際は、99段までしかないのだけどね。
それぞれの部屋の壁面や天井に描かれた画も素敵

IMG_0471展示物としては、こんなねぶたまつりを表現したものも。
目の前で見ることができるので迫力もあります。
迫力ありすぎて、娘はちょっと及び腰になってもいた


IMG_0479他にも、ガラスやあかりを使った作品や、化け猫とか妖怪みたいなちょっと怖い画なんかも。
日本の夏風物詩のような感じかな。

見学後は、園内外の散策も少々。

涼を感じるお庭があったりと、暑い夏にはいいなー


BlogPaintここは娘のお気に入り

関東は梅雨明けまだらしいけど、すっかり真夏並みの暑さ

外遊びと室内を上手く組み合わせながら楽しい夏にしたいですねー

雅叙園といえば、1、2年前に外資系含めた売買関係で不動産市況をにぎわせたなーと、ふいによぎり。
和の素晴らしさは、ぜひいつまでも健在で


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



太陽光発電って今はどうなのか?

先日から書き始めた太陽光発電のコラム、2回目がアップされています

前回の、そもそも太陽光発電に興味を持ったきっかけについての話しに続き今回は、「太陽光発電は一服感?」というテーマで書いてみました

最近、原発運転差し止めとか廃炉が相次いでいるのは、耳にしている人も多いかと。

だから再生可能エネルギーがますます重要になっているのは確かなんだけど、そんな中、太陽光発電については売電価格が年々低下してきているのも事実。

一方、設備に必要な金額は当初よりずいぶん下がっているので、収益性としてはさほど変わらない場合も。
具体的な数字も、少し挙げてみました。
今後も、このバランスはしっかり見ておく必要があります

その他にも、一服感あり?と言われる理由や国のエネルギー政策についてもちょっと入れてみました
記事はコチラです。

先日、実際候補となる土地を見てきました
いよいよ動き出しています
次回はそのことについて書こうと思っていまーす。


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



日経ムックの取材は、NISA&ジュニアNISA

IMG_0449IMG_0450

日経ムックの取材がありました

発売は先週だったよう。
『日経MOOK NISA+ジュニアNISA 資産運用術』

この中で私は、REITのキホンについてのページで話しをしてきました

他には、株式のキホン、投資信託のキホン、ETFのキホンといったものが項目別に並んでおり。
最近はREITも、他のメインとなる金融商品とともに取り上げられるようになったんだなー

その他の内容は、NISA&ジュニアNISA制度の基本的なことから、年代別の資産運用考え方について、この優遇をどう取り入れていくのかなど

今年4月から始まったジュニアNISAは、出足があまりよくないよう
対象は0〜19歳で、毎年80万円までの投資について配当金・売却益ともに非課税というのは結構メリットなのだけれど・・・

NISAとは違って引き出しに制限があることもあり、まだ様子見の方も多いのでしょう。

子供の教育費については、このマイナス金利で学資保険が販売停止になったり利率が低くなっていることもあり、どうしたものかと思案している方もいるはず。

高齢者層から若い世代への資産移転を目指す国としては、ジュニアNISAがその受け皿になればという思惑もあるだろうけれど、使い勝手の改善とあとは市場が落ち着きを取り戻すことかな


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



HOME’Sさんのコラム

HOME’Sさんのコラム、先月末にアップされています。

不動産や資産運用について書いていますが、今回は「『良い物件』を購入したとしても上手くいくとは限らない?」というテーマで書いてみました

どんな物件を買えば良いのか?
良い物件の見分け方は?
などと聞かれることは多いのですが、そこばかりにフォーカスしてしまうのはリスクになることも

確かに不動産は金額が大きいしローンを活用する方が多いでしょうから、取り返しのつかない失敗をしないように最低限チェックしておくべき点はあります

ただ忘れてはいけないのが、賃貸経営は基本的に中長期に渡るということ。
ということは、不確定要素は多分にあるわけで。

たとえ購入段階で完璧に近い物件だったとしても、それが保有期間中ずっと続くかどうかはわかりません

いくら自分が気をつけていても、外的要因で「こんなはずではなかった」となることだってある。
「長く持つ」というのは、それだけ様々なことが起こりうるのです。

コラムはこちらです。


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



大京穴吹不動産さん主催のセミナー

IMG_0401

大京穴吹さん主催のセミナーで話しをしてきました。

当初の募集予定を大きく上回るご参加で、マイナス金利の影響もあるのかなーと感じた次第

今回は、『目指すは、リスクを知ってメリットを最大限活かす不動産投資』ということでリスクの話しにも時間を少しかけつつ。
タイトルにもあるように、「リスクを知る」ことはとても大事です

決断・行動が早くて、いろいろありながらも結果は出しているという人は、総じて「リスクは何か」を最初に押さえていると感じます

何ごともそうですが、前に進み続ける情熱を持ちつつも、冷静に客観視できる部分もあるからこそなんだろうと。

かといって、リスクにフォーカスするばかりでは何もできなくなることも
年を重ねて経験が多くなると、そういうことも増えてきますね。

チャレンジすることと守るところ、自分にとって良いバランスは人によっても違うので、意識しながら


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



太陽光発電投資って?

えーと、ひとつお知らせなのですが、「太陽光発電」についてのコラムを書くことになりまして

というのも実は、私自身、現在太陽光発電にチャレンジ中。
昨年あたりから、仕組みや設備のことを調べたり実際に土地を見に行ったりしています

太陽光発電というと、なんだかかたいイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんね。
ま、確かに実際、聞きなれない言葉もけっこうあるので

でも、「エコ」と聞けばぐっと身近に感じるのでは。

もともとは、私のスタートもそれに近いかなと

固定買取制度や税制についての国のバックアップもあって、4年くらい前から見聞きすることは多くなったのですが、当時は自分が始めるとはあまり考えていなかったんですね。

そのあたりのことも含め、第1回がアップされています。
「太陽光発電に興味を持つようになったのは・・・」
よろしければ、コチラからどうぞ

太陽光発電って、不動産投資・賃貸経営をされていて取り組んでいる方も多いんですよねー。
似ている部分が結構あって、スムーズに入っていきやすいからなんだろうなと。

今後、そういった話しや実際の活動についても書いていこうかなと思っています


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



自然の中の一日

IMG_0379IMG_0359

田植え体験なるものに参加してみました
都心部では、こういう経験って意識していないとなかなかできないけれど、興味がある人は意外と多いように感じます。

今回は、全部で30人くらいだったかな
私、北海道出身ではあるけれど実は田植えは初めて。
芋掘りなんかは何回か行ったなーと記憶があるのですが。

IMG_0384どろどろの中に足を入れる感覚、へぇー、こんなんなんだ
冷たいのかなと思いきや、ぬるーい感じ。
泥が足にずっしりまとわりついて、足を抜くにもコツがいる。

このなんともいえない感触に、最初娘は泣いて「出る〜。」と言っていたけど、途中から面白くなったみたい
せっせと田植えをしていました

その後、お昼をはさんで里山探索も。

帰宅後、来年はどうしようか?と聞いたら、「5歳になったらまた行く!」と言っていたので、楽しい一日だったよう
秋には稲刈り体験もあるみたいだから、それにも行ってみよう。

朝早くのお弁当づくりから始まり一日かけてだったので、親は疲れもあるけれど、自然どっぷりの日は心地よい疲労感です


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



東急プラザ@銀座

3月末にオープンした銀座の東急プラザ
かなり遅ればせながらですが、ちょっとのぞいてみました

場所柄、一部ラグジュアリーブランドも入っている一方、こまごまとした雑貨関係も充実していて。

通常の百貨店では目にしないようなものも取り扱っていたりと、見ていて面白いものも結構ありましたよ
百貨店とセレクトショップを足して2でわったような感じもするなー。

あと、日本の文化を感じさせるものもうまーく置いてあり。
銀座だし、観光需要も意識しているんだろうなーと思いつつ、生粋の日本人である私としても興味深く見ることができました

免税店も入っているけれど、なぜかこちらはあまり・・・なようですが

IMG_0315途中、カフェでランチ。
こちらも和食ベース。
色合いもきれいで、目でも楽しめます

ひき肉と野菜の煮こごりがおいしかったー

次予定もあり駆け足でざっとという感じだったので、今度はもう少しゆっくり見て回りたいな。


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



大京穴吹不動産さんのセミナー

昨年、大京リアルドと穴吹不動産が合併して誕生した大京穴吹不動産さん、こちら主催のセミナーで話しをします

今回のテーマは、
「目指すは、リスクを知ってメリットを最大限活かす不動産投資」

やっぱり、何がリスクなのかをきちんとわかってやるべきだと思うので。
メリットとリスクを知ることで、「不動産投資」の特徴をいろいろな視点から見ることができるはず

仕事柄、様々な資産家・投資家の方にお会いすることも多いのですが、皆さんに共通するのは、「リスクは何?」ということを事前にはっきりさせておくこと

リスクがあるからやらないというわけではなく、自分としてそれを許容できるかどうかでやるかどうかの判断をしていく。
事業なんかもそうですよね。

今回のセミナーは比較的少人数なので、ざっくばらんにご質問なんかもお受けしやすいかなーと思います

ご興味ある方は、詳細コチラです。


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



日本ワイン祭り@豊洲公園

IMG_0267

週末に、豊洲公園の一角で行われていた、日本ワイン祭り
友人に誘ってもらい、子連れで行ってきました

その名の通り、取扱いは日本のワイン。
去年からやっているそうで今年は2回目。

IMG_0277北は北海道から南は大分県まで、なんと51ワイナリー&10,000本ものワインたちが集合していたみたいで

眺めているだけでも楽しい

あと、びっくりするくらい美味しいものも多くなってきていて
日本ワインも、ここまできたんだなーと。

会場には人がたくさんで、大盛況でしたよー

IMG_0272豊洲公園って初めて行ったのですが、広いし、一部運河沿いなので開放的な空間ですね。
レジャーシート持ってピクニックのような感じで、子供たちも楽しそう

大人はいろいろなワインをゆっくり楽しめて、この上ない幸せ

これは、来年も参加決定だなー


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



週刊住宅新聞社さん主催のセミナー@名古屋

不動産セミナー@名古屋で話しをします
週刊住宅新聞社さん主催で6月11日。

不動産を取り巻く環境とかマイナス金利下での資産運用、不動産投資概要など

名古屋開催ですが、基本的には首都圏の話しがメインになります。
まぁ、名古屋も動きとしては東京なんかと似てはいますが。

最近の状況について、ご参考にしていただける話しができればなと思っています

詳細はコチラです。

不動産投資を行うにあたっては、人それぞれの目的があるから求めるものも変わります。
地方から首都圏に投資をする方もいれば、その逆で首都圏にいながら地方に投資をする動きも結構あり

市況が良い時は、こんな風に波が全体にじわじわと広がっていくのを感じますね。
リーマンショック前の、いわゆる「ミニバブル」と言われた時もそうだったなーと思い出します


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



雑誌『孫の力』とHOME’Sさんの連載コラム

IMG_0241IMG_0243

雑誌「孫の力」の連載コラム、今回はクラウドファンディングについて

様々なところで見聞きするクラウドファンディング。最近は種類もいろいろで、「寄付」的な要素が多いものから「投資」のようなものまで。

「資金を集める」ということは同じでも、目的によって資金の集め方は変わるという、その辺りのことをまとめてみました

あと、HOME'Sさんのコラムもアップされたばかり。
今回は、マイナス金利導入後3ヶ月経って資産運用環境にじわじわ影響が出てきている、という内容です

お金を借りる側としてはいいけど、運用する立場になるとどこもかしこも「運用難」
相対的に見て、比較的安定したインカムゲインが期待できる不動産に注目が集まっているのでしょう。

最近は、値上がり益狙いの短期売買も散見されますが・・・

コラムはこちらです。


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



インテリアショップ DECOR TOKYO オープン@代官山

IMG_0237IMG_0239
4月末代官山にオープンした、DIYインテリアショップ、「DECOR TOKYO」をちょっとのぞいてみました
以前から気になっていてやっと

HPによると、
「豊かな住まいを楽しんでほしい。ファッションのように住まいのものも選んでほしい。」
という思いでつくられたショップだそう。

実際にお店に入ってみると、まさにファッションという感じで、見ているだけでも楽しー

DIYというと、なんというかもう少し男性的なイメージがあるのですが、ここは女性が魅力に感じるものが目白押し

インテリアのアクセントになるような各種マスキングテープや取っ手、ちょっとした雑貨といったものから、壁紙、床材、タイル、ペンキなど本格的なところまで。

それらがセンスよくディスプレイされているので、あ、こんな感じなら自分もできるかもとか、この使い方いいなーなどというヒントになります

打合せスペースもあって、インテリアのことなど相談もできるみたい

IMG_0236今回、こんなものを購入してみました。
「貼ってはがせるフック付きステッカー」

制限荷重は500gだから重いものはNGだけど、写真使用例のような感じで使えます。

ちょうど、なんかいいフックないかなーと思っていたところだった&「貼ってはがせる」というのが魅力的。
というわけで、即購入決定

こういうお店は、わくわくしていいですねー

インテリアを考えるのって、ほんと面白いです。


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



大阪&京都でのセミナー

先日は、関西地方でセミナーなど。

IMG_0224まずは大阪。
さすがこちらは、すでに夏を思わせる日差し
まだ爽やかですが

そんな中、朝日新聞さん主催&旭化成さん協賛で、一般の方向け賃貸住宅経営セミナー。
私たちが意識しておくべき資産運用環境や、相続対策と不動産の話しを


IMG_0223二部では旭化成さんより、差別化を図るための視点として「コミュニティ賃貸」の説明がありました。
「子育て」、「ペット」などをキーワードに、賃貸住宅全体がひとつのコミュニティを形成するという考え方

入居希望者に対しては、コミュニティのルール等を記載した「住民憲章」なるものに賛同してもらい、サインも必要だとか。
そうやって、住んでいる人が皆で住環境を作り上げているという意識が芽生えていくそうです

とはいえ、濃厚な人間関係を目指すうわけではなく、「緩やかなつながり」を意識してのもの
特に都心部では、このあたりのバランスは重視される点でしょう。


あと京都でも。
こちらは京都ライフさんが主催で、定期的に行われているオーナーさん向けの勉強会のような形

私は、マイナス金利と賃貸経営といった内容の話しを。
他に、相続対策なんかに関係して知っておくべきマイナンバーについての話しもありました。

今年から始まったマイナンバー制度、浸透するにはまだ時間がかかりそうですが、来年には「マイナポータル」と言って、インターネット上で番号を使っての手続き等がキャッシュレスでできるようになるなど、少しずつ便利になるのかな

あと、行政機関が自分の情報をいつどことやりとりをしたのかも確認できるらしい。
へー、そうなんだ。
まぁ、誰でも自由に野放しで使うわけでなない、ということを分かって欲しいわけですね。

詳しく知りたい方はコチラに載っています。

北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



毎日新聞連載コラム&文藝春秋さんの取材

毎日新聞の連載コラム「住アドバイス」。この春で6年目に突入
おー、そんなに経つんだと
意外とあっという間だった感も。
2010年当時と今の不動産市況は全然違うなと改めて思います。

で今回は、一人暮らしをしていた方の家屋を相続&売却した場合の税制優遇が出来たことに伴っての解説&注意点について
売却益が3,000万円まで控除できることになり、最大で600万円程度の節税に。大きいですね

倒壊しそうなど状態の悪い空き家を保有する場合、去年から規制が厳しくなり罰金が課される・強制撤去される可能性も増えたし、当てはまる方は今回の優遇制度をぜひ活用したいところ。

IMG_0215IMG_0216
あと先日文藝春秋さんの取材があり、今発売のものに掲載されています
不動産・土地活用特集の中で、不動産を取り巻く環境や実際の賃貸経営について話しを。

今年は飛ぶ鳥を落とす勢いの週刊文春を発行しているところでもあります。
取材時に文藝春秋さんに伺ったのですが、廊下には、「○○号完売御礼!」といった紙がいくつか貼られていたのが印象的

今年はすごいですもんねー
あと半年以上あるから、まだこれからいろいろ話題を提供してくれるのかな


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



賃貸経営セミナー@大阪

IMG_0212

直前で恐縮ですが・・・

5月15日(日)に大阪にて行われる、朝日新聞社さん主催&旭化成ホームズさん協賛の賃貸経営セミナーで話しをします

二部構成の第一部にて。
「リスクから紐解く!賃貸住宅経営の優位性」

資産運用を行うにあたっては、リスクゼロというわけにはいかないのだけれど、かといって何もしないというリスクも考えられる・・・というあたりから話しをしていきたいと思っています

この辺りの考え方、最終的には自分がどこまでであれば許容できるのかということに尽きるので、絶対こうとは言えないのですが、何か参考になることがあればと

二部では、安定的に行う賃貸経営について最近の動向を踏まえ入居者視点に立った考え方の話しがあるようです

詳細はコチラからどうぞ〜。


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



HOME'Sさんの連載コラム

連休真っ只中ですねー

今年のGW、東京は天気に恵まれていて外が気持ちいい
今日は風がかなり強かったけど

私は、ちょっと実家帰省の他は近場でちょこちょこと。
この時期はまだ蚊が少ないので、外にいても安心。
特に子供は、すぐ刺される→かきこわす→悪化するの悪循環に陥りがちなので、気をつけないとですね。

ちょうど連休のさ中ですが、HOME'Sさんの連載コラムがアップされています。
賃貸市場の繁忙期を経て感じたことから、外国人の方をテーマに

今年、私が保有している物件では例年になく外国人の方の入居が多かったので、そのあたりについてです。
コラムはこちらからどうぞ

日本に住む外国人が今後ますます増えていくであろう中、大家側としてはそれに合わせて賃貸経営のスタンスも一度見直してみる機会にも

この10年、日本在住外国人はじわじわと増加。
実際に外国人登録者は日本全国で、208万人(2006年)→223万人(2015年)
東京に限れば36万人→46万人だから、伸び率は全国の4倍近くも。

今後はどうなるか、注目です


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



子連れパーティーwithワイン

「子供のイベント打ち上げ@友人宅」に便乗して、素敵なワインたちも

大人は4人いたのですが、1人あまり飲めない方がいたのでほぼ3人で3本という感じでした
写真は白1本ですが、この他にシャンパンと赤。

・シャンパーニュ: POL ROGER(ポールロジェ)
・白:仏ブルゴーニュ地方 MEURSAULT(ムルソー) 1974年
・赤:米ナパ ケンゾーワイナリー asuka 2013年

IMG_0107写真はMEURSAULT。
40年以上もの白ワインは、こんな黄金色

普段、リーズナブルなデイリーワインを家飲みしている私としては、嬉しい限り
どれも美味しくて、これは飲み過ぎます。

ま、デイリーものも気軽で好きですが、たまにはこういうのも。

一応、子供のイベントお疲れさま会だったのだけれど、大人同士の話しも結構できて楽しい時間でした

子供たちは大人抜きでも何やら遊んでいるし。
少し前までは、子供たちだけでとはならなかったから、成長したなーと。

そのうち、親はいなくてもよくなるんだろうなと思うと、それはそれで寂しいかもなどと勝手な思いですが

子連れパーティーwithワイン、20歳になったらみんなで楽しめることを心待ちにしながら


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



POWER OF PRINCESS @銀座松屋

IMG_0106

女の子であれば、一度は憧れるであろう世界。
ディズニーのプリンセス

そんなイベントが松屋@銀座であったので行ってみました
娘連れ。
POWER OF PRINCESS

うちはまだ映画は観せていないのですが、アナと雪の女王は良く知っているし、その他リトルマーメイドは習い事のリトミックでやっていたこともあり、親近感があるようで

週末の午前中に行ったら、けっこうな人入りでした。
半分近くは子連れだったかな。
あとは、若い女性同士の方もいたかなーと

4歳児連れなので展示をゆっくり楽しむという感じではなかったのですが、ところどころ子供心に「ささる」部分があるようで、そこを中心に堪能してきました

最後のアナ雪再現コーナーでは、「もう1回」、「もう1回」につき合い、結局4回も
ま、私としても楽しかったですが。

他の方を見ていると、ディズニーランド?!と思えるような衣裳を着ている子供たちもいたりと、華やかな雰囲気

GW中もやっているようなので、特に女の子のお子さんにはいいかもしれませんよー


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



マイナス金利の影響じわり

今朝の日経の記事。

「マイナス金利 投信に転嫁」

投資信託の運用会社が、マイナス金利に伴い投資家から「手数料」を徴収というものです。

やっぱり。
遅かれ早かれこうなるのではと思っていましたが

負担は基準価格1万円の場合で0.2〜0.5円くらいのようですが、今までなかったものができたことは大きいのではと。

お金の運用を考える個人にとって、マイナス金利がもたらす悪影響は、預貯金の金利低下からはじまり、債券関係での運用難、保険商品の利率低下、そして今回の投信手数料アップなど、じわじわと広がってきています。

が、手数料増えるし元本保証があるわけでもないし、やっぱり何もやらないのがいいんじゃない
となるかどうかは、また別の話しだと思います。

だって、何もしなくても私たちの金銭的負担は増えているわけで

社会保険料、消費税、所得税、相続税・・・

毎年少しずつだし&いろんな形で徴収されるから一見わかりにくいけれど、トータルで考えると結構な負担増です

であれば、よく言われる「何もやらないのがリスク」という考え方もあるでしょう。

そういうことも理解したうえで、「やらない」判断もアリだとは思います。
人それぞれの考え方や目指すライフスタイルも違うので、これだけが正しいということはない。

ただ、多くの人が望む、リスクを取らずにリターンだけ、的なものには気をつけましょう

何がどうリスクなのかを正しく理解、それに見合うリターンなのか、自分が納得できるかどうかを検討するのが、資産運用の基本です


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



SBIさんで不動産セミナー

SBIさん主催&J.P.RETURNSさん共催の不動産投資セミナーで話しをします

今回SBIマネープラザが主催なのですが、こちらでは資産運用に関するセミナーを随時開催しているよう
マネーに関するもの幅広く、今回のように不動産についても。

ま、資産運用をしている、または興味ありという方は、証券や外貨、実物など、いろいろなものに分散したいと思っていることが多いですからね。

SBIさん主催ということで、いつもの不動産投資セミナーとはちょっと違う方々も参加されそうです

「FPが実践!マイナス金利で注目を浴びる不動産投資・賃貸経営」

マイナス金利下での不動産投資のことなどついて、初めての方でも聞きやすい内容をと思います

J.P.RETURNSさんは、中古マンションを中心に取り扱っている会社さんで、比較的取り組みやすい1,000万円以下の物件も取り扱っていらっしゃるとのこと
あとは相続対策中心に、都心好立地の資産価値が高いものなんかも。

様々な金融機関と提携されているので、自分に合った融資の相談もできるようです

4月24日(日)13:00〜新宿にて。
詳細はコチラからどうぞ


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



気がつけば円高局面!?

今年に入ってからというもの、円高がじわじわと進み気がつけばお正月あたりと比べて10%弱高。

外国人が日本不動産を購入する理由のひとつとして挙げられていた円安。
それが円高に振れると、一時的に資産が目減りするように思う人もいるのかもしれません
一方、将来的に円安を想定するのであれば「買い」という考えの人も

リーマンショック後の1$=80円とか90円とレベルとは違うけれど、昨年までの円安傾向は風向きが変わった感じもあります。
そんな中、このくらいの為替相場で外国人投資家が日本不動産をどう見るのか、興味深いところ

株式相場が外国人投資家の影響を大きく受けることはよく言われることですが、不動産も当てはまる点はあるようで、であれば為替の動きはよく見ておきたいですね

一方、円高により逆に日本人が海外不動産を購入することが増える可能性も。
折しも、マイナス金利下で資産をどう運用するのか思案している方は多いはず

インターネットの普及によって一般の人がグローバル投資を手掛けやすくなり、だからこそ、相場の値動きが荒くなりやすいのかもしれませんね。


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



Copyright(c)2007-2016
Kotona Kitano
All rights reserved