プロフィール写真
北野 琴奈
◆日本FP協会 CFP®認定者
 (ファイナンシャル・プランナー)
◆日本ソムリエ協会認定
 ワインエキスパート

◆実践型FPとして、講演・執筆・資産運用アドバイザーなど多方面にわたり活動中

◆TBS「がっちりアカデミー!!」、
BS11デジタル『不動産王』、
BSジャパン「日経プラス10」、
日経CNBC「不動産投資AtoZ」
等にコメンテーターとして出演
  • ライブドアブログ

文藝春秋のMOOK

IMG_2258IMG_2260

文藝春秋さんから先日出版されたMOOK、「不動産で勝つ!」

こちらの中で取材を受けたものが記事になっています

いわゆる「不動産投資」を7つのカテゴリーに分けて、どのタイプが自分に合っているのか?を考える際の参考にしていただけばというもの

そう、不動産投資ってざくっと言われていても、最近はいろいろな種類が出てきていて
小口化された商品が増えているのもそのひとつですね。

REITは15年以上になるからそこそこですが、最近は他にもあります。

多方面からの話しを総合すると、今後市場が拡大しそうな気もするなぁ。
もちろん、リーマンショックのような何か大きなことが起きれば別ですが

今回の特集は全8ページくらいなので、全てを網羅するわけではないですが、ある程度の像を把握する参考になればと思います

他には、土地活用に関するページが多い印象。
高度成長期以降、日本において土地活用に関しての考え方が、これまでどう変わってきたのかについてのまとめも興味深いです


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



資源エネルギー庁から来たハガキ

太陽光発電についてのコラムをアップしました

今回は、資源エネルギー庁から来た「お知らせハガキ」のことも取り上げています
「大事な」と書かれている割には、コピー用紙+αくらいの薄い紙だったので、危うく見逃しそうでした・・・

読むと、既に発電していても認定のための必要な手続きがあるようで、やはり大事ですね
そのあたりのことも書いてみました。

んーでもこれ、1回くらいじゃぁ、認識していない方いらっしゃるのではないかと。
「催促」みたいなのが、何度か来るのかなぁ。

あとは、10月の発電開始以来のシミュレーションvs実績の比較もしてみました
まだまだ数ヵ月のことなので、今後もデータを蓄積していきます。

コラムはコチラです。

再生可能エネルギー政策、国もまだ手探りな部分もあるだろうから、流動的なことが多いですね。
今後も、動向には注目です


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



HOME'Sさんの連載コラム

ちょうど本日アップされたHOME'Sさんのコラム、今回は海外不動産と節税について

国内では、3月15日期限の確定申告を終えて一息ついている方も多いと思いますが、海外に不動産を保有していたりすると、そちらの国でも申告をする必要がある場合が多いでしょう

ちなみに、米国の場合は必須です
今はあまりいないかもしれませんが、5年くらい前は、「日本で申告していたら、海外では必要ないよね?」と聞かれたこともあったなと思いだします。

ここ数年、海外の築古住宅は「減価償却を活用して節税できる」といった話題を耳にすることがずいぶん増えたなと思っていたら・・・

やはり今後、何らか制限が入るかもという状況になってきています

ま、いつかそうなるだろうなーと感じていましたが。
とはいえ、どうなるかはまだまだわからない状態。

そのあたりについて書いてみました
コチラです。


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site


ソムリエ協会さん出版のSommelier

IMG_2142IMG_2145

先日、日本ソムリエ協会さんが隔月で出されているSommelierで取材を受け、その記事が掲載されました。

こちらのコーナーは、毎回ワインエキスパート資格を持つ人が料理とワインの「マリアージュ」を学ぶというもの
光栄なことに、今回お声掛けいただきました次第です。

伺ったお店は、西麻布にあるアンバロンさん
こちらの両角オーナーとは、10年以上前にワインスクールでご一緒して以来のお付き合いです。

今回は、お料理2品とそれに合う白・赤ワインを1種類ずつ。

お料理&ワインは、
  ・鶏肉スペアリブのソテー、ネギのクリーム煮込み添え
   (白:アルザスのリースリング)
  ・中華風ローストポーク
   (赤:シャトー・ヌフ・デュ・パプ)

どちらも素晴らしいマリアージュで、至福
お肉でも、ソースによっては白ワインありなんですよ〜

元々金融業界にいらした両角さんが、お店を出された当時のことが思い出された時間でした


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



REITの取材

IMG_2127IMG_2128

先日、朝日新聞出版さんから出た「ゆとりら」
60代の女性をメイン読者として考えられているようです。

そこで、REITについての取材を受け監修した記事が掲載されています
「30万円から始めるリート」ということで、REITって聞いたことはあるけれど、どんなものなの?といった初歩的なところ

貯蓄額が比較的多い世代ということで、当初は「100万円から」という話しもあったのですが、初めて検討するにしてはちょっと高額ではと、結局30万円になった経緯があり。

マイナス金利導入後は特に、どこに資金を置いておくのか、何で運用するのか・・・迷う方も多い
REITがひとつの受け皿になりえると思う方、いや、やはり元本割れリスクは絶対NGと思う方それぞれですね

もちろん人によって考え方は異なるし、無理してまでというのは本末転倒。
自分に合ったお金の付合い方を見つけることが大事
ただ感じるのは、「他の人(のお金事情)が気になる」という方は多いなぁと。

こちらの雑誌、他には、食・運動など健康についてのアプローチや温泉旅館特集なんかもあり、私世代でも参考になることありでした


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site


日経CNBCさん主催のイベント

IMG_2107IMG_2110

日経CNBCさん主催、大和ハウスさん共催のセミナーで話しをさせていただきました

3部構成で、1部では慶應義塾大学大学院の岸博幸教授より、「日本経済のゆくえと不動産活用の未来」というテーマのお話し

2部で私から「不動産活用と相続対策、そして京都へ」ということで、最後の15分くらいは京都の不動産について、大和ハウスの方に私からいくつか質問をさせていただく形でした。

30分で不動産活用&相続対策の話しは、ちょっと短かったのですが・・・
京都は私もあまり知らない地域なので、お話し興味深く伺いました

以前は、嵐山や清水寺近くが人気だったが、今は交通の便が良い駅近くが資産価値保ちやすいとか。
景観を保つため、建物を建てるにも制限が厳しく供給が限られるとか。
ホテル需要がかなり多いため、土地取得がホテルとマンションで取り合いになるとか・・・

平日でも外国人観光客の方が大変多いそうで、東京の銀座みたいな感じを想像したり。
ほんと、10年くらい前まではとは大きく違う風景だもんなー。

3部では、具体的な物件の話しがあったようです。

京都の不動産って首都圏在住の方からも人気のようで、セカンドハウスやリタイア後の住処として購入需要があるそうです。

確かに、気持ちはわかる気もするなぁ

北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



ワイン&食事を気軽に楽しめるビストロ

IMG_2092

こちら、どうみてもワインに見えるかもしれませんが、実はぶどうジュース。

といっても、白ワインに使うシャルドネというぶどうを使っていて、しかも2014年というヴィンテージが入っていたりと本格的

私が飲んだわけではなく、娘用です
グラスまでワインっぽいから、ちょっと大人な感じでした。

渋谷にある、クヨールというお店。
ビストロっぽくてワイン&食事が美味しく、娘が生まれる前までは、ワイン楽しみにたまに行っていました

久しぶりに行きましたが、相変わらずお料理もワインも美味しく

こんな雰囲気だから子連れは躊躇しそうですが、「全く問題ないですよ!」と言っていただきました

もちろん大声で騒いだりするのはNGですが、マナーを守られれば、子連れでも相談してみても良いかと思いますよ〜


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



インカムゲインの人気

マイナス金利導入から、早1年。

貯蓄や債券関係での運用はもちろんのこと、学資保険や年金保険などにおいても運用利率の低下や商品販売停止などということが見られます

そんな中、人気があるのはインカムゲインを期待したもの
株式だと配当金、投資信託だと分配金、不動産だと賃料収入といった。

売却益(キャピタルゲイン)を狙うのはリスクは大きそうだけど、インカムであれば比較的安定していそうだ、と思う方は少なくありません。

あと、年金の足しにしたいというリタイア世代の方も結構いらっしゃる

投資信託の中には、利回り10%とか20%以上の高い分配金を出すものもあって、まぁ人気だったりします。
ただ、元本を取り崩して分配金額を維持しているものも多いので注意が必要

なぜそうまでしてなのかというと、分配金額を減らすことで解約が相次ぐことを恐れているからです。
資金が流出し続ければ、商品自体の存続も危うくなることもあるでしょう

でも、表面上の高い利回りを維持することでいずれひずみが出てくる

ぎりぎりまで何とかやってきたけれど、もう耐えられなくなり、分配金を引き下げるという発表があるわけです

昨年後半以降は、海外関係のREITで運用する投資信託なんかにも見られますし、実際の話しも耳にします。

現在の運用環境の中で、利回り10%とか20%なんて、そもそものインカムゲインの性格であるはずの「地道に」、「比較的安定」、「中長期的な視点」とはかけ離れた感覚。

それでも、根強い需要がある「高配当」。
選ぶ側の意識改革も必要なのだと感じています。


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



四国九州地方での講演

IMG_2020

今月は、香川県、福岡県と、四国九州地方での講演がありました

香川では、大和ハウスさん主催の地主さん向け土地活用セミナー
四国の中でも土地価格が比較的安い香川、県外からもアパート建築をしにやってくるのだとか
地価が安いのは、国の土地政策(規制緩和)の影響もあるようです。

福岡の方は、三井不動産レジデンシャルさん主催の不動産セミナー
1日かけてのイベントで、実需関係、資産運用関係といくつかの講演があり、私は後者について話しをしてきました。

その他にも諸々あり、この1ヵ月で飛行機5往復
これだけ移動が多いのは、あんまりないかな。

そんな中、日帰り香川で霧の影響により欠航が相次ぎ、あやうく予定外の「宿泊」になりそうでした

高松空港の特徴で、雨が降ると霧が出やすい→欠航が多々あるとのこと
大雪とか台風じゃなくて、霧というのは意外。
知らなかったなぁ。

私が乗る予定の直前の便まで欠航で、当然、次の便以降は全て満席という状態。
飛行機って、新幹線よりも本数が少ないから欠航すると影響大きいですね。

予約していた便が飛ぶかどうか、ぎりぎりまでわからず冷や冷やでした
幸い想定外宿泊は免れ、何とか。

初めての高松空港は、大変印象深いものになりました


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



太陽光発電、4ヵ月の推移

太陽光発電が稼働し始めてから、4ヶ月と少し

発電するまでは、土地選びからはじまり地主さんや役所とのやり取り、実際の工事とすべきことが次々にありました

それが、実際に始まってみるとほとんどやることはなくなり。
確認するのは、遠隔監視の「エコめがね」チェックくらかなー

まだ4ヶ月ではありますが、これまでの発電推移について書いてみたのでご興味ある方はコチラからご覧ください

これから季節によって発電量の多寡はありますが、特に繁忙期・閑散期というものはなく、そこは賃貸経営とは大きく違うかなぁ。

コツコツ地道にというのは似ていますが。

でも、何か突発的なことがあった場合の対応は考えておく必要あり
とはいえ、自分が実際の現地でできることは少ないと思うので、連携を取りながら解決していく感じですね

考えられるのは、天候や飛来物なんかの影響で、著しく発電能力が落ちることかな。
離れている分、エコめがねチェックを元に、早期発見が大切です


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



今日はめずらしく日本酒

IMG_1988

普段なかなか機会がないのですが、この日は日本酒。
仕事関係の方との食事会で、これは美味しいですよーとのお言葉に、実際いただいてみると・・・

確かに、これは美味だわ
ほんのりとした果実の香りが◎

和食には日本酒もいいなーと心から思いました
少しワインに似ている気もする

食事にはワインを合わせることが多いのですが、これからは日本酒もありかも。
黒龍という、福井県のお酒です

この日は日本酒にも興味がわいた日
というか、イメージが変わったかな。
自国のお酒のことも、少しは知っておくべきですね

アルコール度数は16度前後とワインよりもやや高めなのには気をつけねばですが


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site


女性限定のREITセミナー

IMG_5456

日経CNBCさん主催、女性限定J-REITセミナーで話しをしてきました

女性だけで100名以上のご参加
当初、女性限定でREITってどうだろう?そんなに興味ある方はいるかな?という思いもあったのですが、ふたを開けてみれば、たくさんの方にお集まりいただきました

たぶん、登壇者も全て女性というのが珍しかったんじゃないかと。

1部で私からはJ-REITの基礎的な部分の話しをさせていただきました。
2部では3社の投資法人(J-REIT)からそれぞれプレゼンテーションがあり、その後、MCの改野キャスターと私も入っての、ちょっとしたディスカッション

全て女性。
しかも皆さんそれぞれのキャラが面白いし、会場全体が女性ならではのやわらかな雰囲気だったかなと

不動産とかREITというとどうしてもまだ男性の印象が強いかもしれませんが、現場では意外と女性も多いということで、その方たちの話しを直接聞けるのは興味深かったです

各投資法人のカラーも感じることができたのではないかと。
ディスカッションも盛り上がって、最後は時間が足りないくらいでした。
私も、時間があればもっと聞いてみたかったなー

また次の機会にでも


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



海外不動産のセミナー

海外不動産についてのセミナーお知らせです

2月12日(日)@渋谷、SIBJフィナンシャルグループさん主催のもの

私が話しをするのは、海外不動産に興味を持った経緯だとか、実際のところどうなのかといった話し
米国についてです。

当時2010年。リーマンショック後だし円高だしで、今とは全く違う状況だったなーと懐かしくもあります
なんだかんだと6、7年経ったんだと思うと、ほんと早い。

SIBJさんからは、米国とはまた違う海外についてのお話しがあるようです。
海外とひとことで言っても、国によってがらりと変わります。
国の数だけ、方法もあるような。

あ、米国の場合は州によっても違いますが・・・

詳細はコチラからどうぞ


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site


HOME'Sさんの連載コラム

HOME'Sさんのコラムがアップされています

今回は、REITが開催したリノベーションコンペの参加してきたことについて書いてみました
コチラ

住居系のリノベーションなので、実物不動産を保有している身としても興味深かったです。

コンペに応募できるのは学生のみで、一次審査を通過した5組の方々によるプレゼン。
既成概念にとらわれないアイディアもあって新鮮でした

そういった視点と、現場のいろいろな「事情」を上手く融合できたら面白いなーと。
リノベーションは古い物件の再生だから、今あるものを大切に使い続けるという意味もありますね

欧米では築30〜40年の建物なんてザラで、100年くらいのものでもメンテナンスをしながら住み続けることもあります

ざっくりとした割合で言うと、新築:中古が、日本は9:1、欧米では1:9などとも言われ。
ただ、今は日本も中古物件の流通割合が徐々に増えてきていますが。

今後、更に加速しそうな感じです


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site


田植え→稲刈り→餅つき

BlogPaintIMG_1914

BlogPaint
1月も下旬ですが、新年イベントで餅つきに行ってきました
お米をたくところからスタートで、本格的。

こちらでもアップしていた、去年行った田植え&稲刈りからの流れの集大成

そう、田植え&稲刈りをしたのはもち米だったんです。
今回は実際に食べられるということもあって、娘のテンションも上がっていました

餅つき自体よりも、やはり食べることの方に意欲を感じましたが

真冬ではあったけれど、柔らかい日差しが心地よい日で、外でいただくつきたてのお餅はとっても美味しかった

田植え、稲刈りは私としても初めての経験で、家族で一緒に楽しめたのは良かったです
ま、朝早くからのお弁当作りや体力勝負の「労働」は大変な部分もあったのは確かですが

その分、いただく全ての食べ物に対する気持ちも変わります。
ひとつひとつのものに、より愛情を感じたり、大切にしようと思う気持ちが増すというか

娘にもそうあって欲しいと、改めて思うのです。


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site


石原博光さんの新刊 『頼れる!海外資産』

IMG_1897

不動産投資家で、コンサルタントもされている石原博光さんが新刊を出されました

「頼れる!海外資産」

これまでも、不動産投資に関する書籍を数冊出版されています。
今まで日本不動産メインだったのですが、今回は海外不動産
米国です。

石原さんは2014年から米国に家族で移住されています。
今回の書籍には、現地でご自身がひとつひとつ動いて得た情報が満載

教科書通りのことだけではなく、内容の様々なところにご自身が経験されたエピソードが散りばめられていて、リアル感があり面白い
私も米国に不動産をいくつか保有しているので、そうそう!あるある!といった共感できることもたくさんです。

まだざっと目を通しただけなので、これから精読するのが楽しみ

石原さんとは実は、昨年夏に私が渡米した際にご飯をご一緒しました。
移住前に日本で最後にお会いした時から、2年半ぶりかな

あちらでのお話しをいろいろ伺えて、楽しい時間
子供の年齢も近いので、子育て談義も。

また渡米時にはお会いしたいなー


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site


野菜ドーナツ@中目黒

IMG_1875BlogPaint

中目黒にある、野菜ブランド「SOAKS」のカフェ。
娘と一緒にちょっとひと休み

ここのドーナツは、ごぼうとかれんこんとか、野菜を使ったものがいろいろあります。
といっても、「ザ野菜」という味ではなく、自然な甘さ・美味しさ

あとは、季節限定のものも
たまーに立ち寄っています。

いつもは、カフェオレを頼むことが多いのですが、今回はちょっと目についた「紫芋オレ」。
カフェインレスなので、子供でもOK

ほんのり、紫芋のやさしい風味が感じられます。
娘も、「美味しい〜」と言っていました。

目黒川沿いだから、このあたり散歩途中の休憩にもよいかと。
ドーナツはテイクアウトも出来るから、家でも楽しめますよ〜


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site


日経CNBCさん主催のJ-REITセミナー

日経CNBCさん主催のセミナーに登壇させていただきます

1月31日(火)18:30〜。
テーマは、J-REIT。
日経CNBCさんではあまり見ないんじゃないかと

さらに今回は、ご参加者も登壇者も全て「女性限定」という。
これはけっこう珍しいはずです

不動産とかREITって、まだまだ男性メインの世界ですから
とはいえ10年くらい前に比べれば、女性も増えてきているのは事実

私は第一部で話しをさせていただき、第二部では、J-REIT3社の女性部長、マネージャークラスの方々によるパネルディスカッション。
私も質問等させていただく予定です

最後にはお楽しみ抽選会なるものがあり、その景品のひとつである「ワイン」を選ばせていただきました

どのようなセミナーになるのか、私としても楽しみです

詳細はコチラからどうぞ


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site


太陽光発電、現地に行ってきましたー。

皆さま、新年明けましておめでとうございます
昨年も、こちらにお立ち寄りいただき心よりお礼申し上げます。
本年もよろしくお願いいたします

今年の東京は、天気も良く程よい気温で穏やかなお正月ですね
11月末に寒波到来で、すごく寒くて雪まで降ったことが信じられないくらい・・・

雪国育ちの私としては、雪のないお正月というのは不思議な感じだったのですが、20年以上ともなるとさすがに慣れます。

さて12月の話しではありますが、太陽光発電の現地へ行ってきました
発電開始後初。

発電が始まったのは10月中旬で、状況は「遠隔監視」で毎日確認できています
で、さっきも書いた11月末の積雪
実はこれで、遠隔監視の「アラート」が初作動したんです

発電はどうだったのか・・・
そのあたりのことも含め、コチラに書いてみました。


今回一緒に連れて行った娘は、地主さんのお宅で飼われているねこちゃんに夢中。
地主さんと話しをしている間ずっと、ねこちゃん探しかいただいたお菓子を食べているか、でした


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site


日経新聞主催の不動産投資フォーラム

IMG_1832

大阪で日経新聞さん主催の不動産投資フォーラムで話しをさせていただいた模様が、先日の日経新聞に掲載されています
大阪版だったので、掲載誌を送っていただきました

朝から夕方まで開催されていたイベントで、いくつかセミナーがあり好きなところに参加ができます。
(事前の登録は必要だったと思いますが。)

僭越ながら、今回基調講演を務めさせていただきました
「資産運用を取り巻く環境と不動産投資の可能性〜投資に必要な知識と考え方」

現在の資産運用状況について、キーワードのひとつは、やはりマイナス金利。今年2月の導入以降、様々な形で影響が出ています

そんな中、不動産はメリットもありながら、一方今は、高値推移の状況であるということも含めての話し。

「土地活用」、「賃貸経営」ではなく「不動産投資」という名をメインにしたイベントは、ご参加者が若い方も多いのですが、今回は年齢層高めの方も多かった気がします

新聞社さん主催だったことも影響しているかな?

不動産市況、大都市圏では基本的に高値止まりという感じですが、購入側や金融機関のスタンスなど、少々変化を感じられるところも。
さて来年はどうなっていくか・・・


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site


初ミュージカル リトルマーメイド

BlogPaint

娘とは「初」のミュージカルに行ってきました

リトルマーメイド。
休憩はさんで2時間半ほどなので4歳児はどうかなとも思ったのですが、娘は話しの大まかな内容は知っているのでなんとか大丈夫かなと思い

結果、けっこう楽しんでいました
シチュエーションがいろいろ変わったり知っている歌があったりなど、彼女なりに楽しんでいたようで。
「アンダーザーシ〜」と歌っていました。

あと、会場スタッフの方々も小さい子供に慣れている感じがしました。
たくさん来るのかな?

こういう時間、年末だからこそのぜいたくなひと時

もっと小さい時は、外出先で静かにしていられるかなどハラハラしてばかりだったのですが、ある程度の年齢になると違いますね。

いろんなことを一緒に楽しめるようになるのはいいなーと感じます。
長かったような、あっという間だったような。

そうやって、1年が瞬く間に過ぎていくんだろうなー。


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site


東洋経済オンラインのコラム

東洋経済オンラインでコラムを執筆することになりました
実需含めた不動産関係もろもろ

ファイナンシャル・プランナーとしてなので、「ライフプラン&マネープラン」が考え方の基本にあります。

タイトルや小見出しは、基本的に編集の方にお任せなので、多少キャッチーっぽいところもあるかな?
コチラです。

初回は、マイホーム購入の際、特にシングルの方が将来結婚などで売却する可能性があることも含めての内容

シングルでマイホーム購入というのは、以前から一定数あったのですが、晩婚化や、最近の金融緩和の影響で、より興味を持つ方も多くなっているように感じます

そのあたりも意識して書いてみました

こちらのコラム、月に1、2回くらいの更新予定です。


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site


太陽光、発電開始!

今年、色々動いていた太陽光発電

土地関係がまとまった後、設備工事を経て先日ようやく発電開始となりましたー

紆余曲折ありましたが、なんとか

こちらでも何度かお知らせしていますが、太陽光発電に関するコラムを書いています
7回目の今回は、工事前の現地立ち合いから発電までのことについて。

地主さん、営業担当さん、施工担当さんと撮った写真も掲載しています。
ほんと、皆さんのサポートがあってこそ、ですね

途中、ハプニングなんかもあったけれどひとつひとつ解決してできたもので感慨深い

実際に発電となってからは、「遠隔監視」を使ってほぼリアルタイムで状況を確認しています
こんな設備があるんだなーというのも初めて知りました

そのあたりのことも含めて、コラムはコチラです。


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site


毎年年末は・・・思い出ベンチ

子供がいると、必然的に公園に行くことが多くなります
家に近いところはもちろんのこと、どこか出かけた時にも、気がつけば探すのが習慣になっていて。
いつか、全国公園めぐりというのも楽しそうだなー

子供が産まれる前も公園は好きで、考えを巡らせる時などたまーに行っていました

IMG_1641そんなこともあり、毎年この季節我が家の恒例となっている、「思い出ベンチ」というものがありまして

これは東京都が平成15年度から行っている寄附事業で、公園に設置するベンチへの寄付金を募っているものです。
ベンチには寄付者がメッセージを書く記念プレートが設置されていて、毎年、何を書こうかと考えるのが楽しくもあり

公園の一例を挙げると、日比谷公園、井の頭公園、代々木公園、小金井公園、上野動物園、多摩動物公園など、東京にいれば身近に感じるところも多々

我が家は今年で12回目。
今までのメッセージを見返してみると、当時のことがよみがえります。

40文字以内の字数制限の中でまとめているので、その1年がぎゅっと凝縮された表現になり、後で見ても何があったのかが思い出しやすい

毎年、年末年始という時期にぴったりです


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site


HOME'Sさんの連載コラム

HOME'Sさんのコラムがアップされています

今回は、相続大家さんとサラリーマン大家さんについて。

賃貸経営においてよく言われるのは、相続税対策を理由に始めるよりも、いわゆる「サラリーマン大家さん」に代表されるゼロからつくり上げていく方の方が、「経営努力」をする傾向があると。

というのは、「資産」がまだあまりない状況で借入割合も多く、少しの空室や家賃減少が命取りになる可能性があるからなんですね

相続対策の方は余裕が多少ある分、積極的な賃貸経営を行う方はそれほど多くないと。
一部、情報収集やそれを実践するなど、かなり熱心に取り組まれている方もおられますが

入居者の方から見れば、大家さんの事情なんて全く関係ないのだけど、大家としては競合物件のオーナー事情は知っておいた方が良いかも

というわけで、相続対策で土地の有効活用ができるとするとどのくらい税金のトクがあるのかなどについて、書いてみました

コラムはこちらです。


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site


イルミネーション@ミッドタウン

IMG_1593

今年もあと1ヵ月ということで、イルミネーションがあちらこちらで見られるようになって華やか

先日立ち寄ったのは、六本木のミッドタウン。
毎年恒例で、今年で10回目だそう。
そうか、ミッドタウンが出来て10年にもなるんだ。

ブルー系のものが多くて、ちょっと大人っぽいかな。
でも光と音楽のコラボレーションもあったりと、子供も楽しめます
週末で人は多かったけれど、まだ11月だったから1、2回待てば近くで見ることできて

IMG_1607IMG_1594

こちら(写真左)は、シャンパン・イルミネーションという名前がつけられていて、ミッドタウンっぽいなーと
シャンパン、飲みたくなります
(実際この後、飲みに行き

年末年始、お酒の機会も多くなりそう〜。

休肝日とのバランス取りながら、ですね


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site


ライフスタイル別 住宅購入シミュレーション

ファイナンシャル・プランナーの役割のひとつに、各々のご家庭に合ったライフプラン・マネープランを一緒に考える、アドバイスするということがあります

通常はどうしても、目の前のお金のことだけを考えがちにもなりますが、大切なのはライフプランの方
それがあってはじめて、全体から個々の資金計画に落とし込んでいくわけなので。

私がよく聞かれるのは、住宅購入とリタイア後のことですね。
ま、俗にいう3大出費のうちの2つ。
金額も1,000万円単位の話しになるので、入念な計画は必要です

今回、三菱UFJ不動産販売さんとご縁があり、ウェブサイトにて「ライフプランシミュレーション」についての執筆・監修をしました

ライフスタイル別に5つのパターンに分けて、それぞれ想定モデルを設定し、子供の教育費やリタイア後のことも踏まえた住宅購入のシミュレーションをしています

想定モデルずばりというご家庭はないと思いますが、考え方や検討する時のご参考になればと

コチラです。


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site


大人も熱中!

IMG_1518IMG_1521

子供のおもちゃで最近楽しんでいるのが、フランス生まれのこちら、KATAMINO(カタミノ)。
同い年のお子さんがいる方のお家で遊んで面白かったので、購入してみました

箱にも書いてありますが、対象はなんと3歳〜99歳
こんなにはっきり大きく書いてあるものって、あまり見ないかな

指定された駒を使ってボードを埋めていくというのが、オーソドックスな遊び方。
駒数やボードの広さによって難易度を変えられるので、年齢に関係なくできるんです

というわけで、子供だけでなく親も楽しんでいます。
集中してやっていると時間を忘れるくらい
ぴったりはまった時の、「あっ、できた!」という感覚は◎

たった20ピースの駒で3万6千通りの組み合わせができるというから、かなり遊んでもまだまだですね

他にも遊び方はいろいろあったり、木製&色もきれいっていうのもポイント高し


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site


FPフェア@福井

IMG_1473

少し前になりますが、福井へ行ってきました
福井の駅前って、こんな感じで恐竜の画が大きく描かれています

なぜ恐竜なのと思いきや、県内にある恐竜博物館が有名なんですね。知らなかった・・・

IMG_1509今回は、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が年に1度全国で開催している、「FPフェア」の講演でした
このイベントは毎年、11月1、2週目週末に開かれていて。
一般の方向けに、資産運用のベースや不動産活用の話しを。

フェアは午後からだったのですが、午前中にFP会員の方向けに行われた継続研修で、REITについての話しをしてきました
ご参加者はFP資格を保有しているので、基本知識はベースにあるものとして解説を
お越しいただいきました皆さま、どうもありがとうございました

IMG_1476IMG_1475

今回は前泊だったため、夜は「秋吉」という焼き鳥やさんに連れていっていただきました
今でこそ全国展開していて東京でも人気があるのですが、発祥は福井なんですって

一串が小さ目サイズなので、オーダーも、「20本、30本」などと豪快
最初は、ぎょっとしたけれど、実際に来てみると納得。
さくっと食べられてしまう
鳥づくしの夜でした。


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site


HOME'Sさんのコラム連載

少し前ですが、HOME'Sさんの連載コラムがアップしました
今回は、今夏終わりに行ってきたアメリカの地域について。

カリフォルニアのロサンゼルス近郊を主に3ヶ所程度集中的に見てきたので、そのあたりのことを

カリフォルニア州って、どのくらいの広さかというと・・・面積としては42.4㎢。
といっても、あまりピンとこないかもですね

じゃあ日本はどのくらいかというと、全国で37.8㎢。
1つの州でとは、アメリカ広し・・・

州が違えば法律や税制も変わるなど、ほんと違う国なのではと思うくらいです
カリフォルニア州はアメリカ在住の方から見ると、最近は特に移民が多い地域というイメージもあるよう。

気候がいいしビーチもあるしで、良い環境だよなーとは思うのですが、住んだり事業をするのであれば、州税も結構高いのがネック
それが理由で一部移転する企業なんかもあるようですが、人気が高いのは変わらないようです

特に、東京の高温多湿の夏とは対照的なカラッとした天候は最高です

コラムはこちらです。


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site


Archives
Copyright(c)2007-2016
Kotona Kitano
All rights reserved