プロフィール写真
北野 琴奈
◆日本FP協会 CFP®認定者
 (ファイナンシャル・プランナー)
◆日本ソムリエ協会認定
 ワインエキスパート

◆実践型FPとして、講演・執筆・資産運用アドバイザーなど多方面にわたり活動中

◆TBS「がっちりアカデミー!!」、
BS11デジタル『不動産王』、
BSジャパン「日経プラス10」、
日経CNBC「不動産投資AtoZ」
等にコメンテーターとして出演
  • ライブドアブログ

カリフォルニアワインを楽しむお店は

先日行った仕事関係の方々との食事会は、GRAHM'S CAFE

こちらのお店は、「ロサンゼルスのパティシエとシェフによる、西海岸のアメリカダイナー」とのこと。(HPより)
名前にCAFEとあるけれど、いわゆる「カフェ」という感じではなく、きちんと食事ができます
程よい落ち着き感が心地よい空間

カリフォルニアワインというと、以前行ったナパの記憶がよみがえります

IMG_9069[1]一杯目にいただいたこちらのスパークリングワインは私が大好きなもので、テンションも上がり

シュラムスバーグと言って、アメリカ大統領の公式晩餐会でも使われるもの。
しっかりとした味わいと深み、繊細な泡立ちは、シャンパン?!と思ってしまうくらい。
美味しい〜です


IMG_9071[1]赤ワインは、有名なお肉料理に合わせて。

他のお料理をある程度食べた後で結構ボリュームあるけれど、ワインとともにいただくと食べられてしまうんだなー

ご一緒した方々は、こちらのソムリエさんとも顔なじみということで、ワイン話しもざっくばらんに伺えて楽しいひと時

すっかりご馳走になり、久しぶりにカリフォルニアワインづくしの夜でした。

女性同士、カジュアルなデートなど、ワインを楽しむ様々なシチュエーションで◎なお店かと思います


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



不動産投資セミナー、終了です。

x1200_IGP7617[1]

ブロードブレインズさん主催の不動産投資セミナー、先日終了しました

今回は、外国人の方やカップルの方も通常よりも多かったのが印象的

外国人の方と言っても、日本語セミナーなので言葉の理解は問題ないと思われますが、今の日本市場を象徴しているんじゃないかなーと。

お話ししたのは「これからの時代の賢い資産形成とは〜不動産投資の魅力と押さえておきたい注意点」というテーマ
2000年当時、私が不動産に興味を持ち始めた頃のことやその後も含め話しを。

振り返ればあっという間だったなと思うけれど、ひとつひとつのエピソードはそれぞれ思い出深くもあり

今だからそう言えるけどねー、というのもありますが
渦中にいる時は、ここが正念場ということもやっぱりあります。

少しずつでも、時には軌道修正しながらでも、地道に継続していけば何か見えてくる、これからもその思いは変わらずに


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



雑誌「孫の力」とHOME'Sさんのコラム連載

IMG_9112[1]IMG_9113[1]

雑誌「孫の力」の連載コラム、今回は、銀行活用のひとつでポイントを意識しようといった内容で書いています。

通常、自分がメインで使う銀行を選ぶ時考えるのは、使い勝手良いことが多いと思います。
このご時世、金利はほとんどつかないし、どこも似たり寄ったりだし・・・という感じで。

もちろん使いやすさは大事なことですが、その他の視点として、貯めて使える「ポイント」について取り上げています

毎月定期的な振込みがあればそれだけでも蓄積されていくので、知らず知らずの間に貯まっていくかと
効率的にやりたいですね。

あと、HOME'Sさんのコラムもアップしたばかりです
今回は「金利低下の想定外」というテーマで書いてみました

えーと、「金利上昇」ではなく、「金利低下」です。
ここが底だと言われ続けて結局低位安定を続ける金利。

融資を受けて不動産購入をするには良い環境ですね

ただ金利上昇を想定して動いていた人にとっては、「うーん・・・」ということもあります。
ま、「金利上昇が想定外」と比べると、致命的な問題になることはないでしょうけれど

コラムはコチラからどうぞー。

北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



利回り8%!?の金融商品

IMG_9064 (1)

私はいつも、新聞で気になる記事は取って置いたりメモにまとめたりしていて
アナログだけど、手を動かすことで自分の中にストンと落ちることや気づきが多々あって、続けています。

でも、つい整理が滞ると「積読」状態になるのだけど・・・

で、ちょっと調べることがあって見ていたら、2008〜2009年ごろの新聞にREITの文字発見

この頃と言えば、サブプライムローン問題から始まって、世界的な金融危機真っ只中

REITがどう見られていたのかというと、

2008年10月の日経新聞ではこんな感じ。
「経営破綻も出たREIT」、「平均利回り8%超だが・・・」、「割安?まだ危ない?」

2009年8月の新聞では、
「相場回復で投資の好機?」、「収益環境の改善なお遠く」

総じて、まだ否定的
ま、無理もないのですが、今の平均分配金利回り3.5%前後からすると、8%なんて信じられない水準だなーと改めて感じた次第。

6、7年前に、今のこの不動産市況を想像できた人はほとんどいなかったでしょう。

そんな中、中長期的な視点でREITの将来性に対して資金を投資した人は、大きなリターンを手にしたことになります

何事も、リスク(もちろん、夫々に合った範囲でですが)を取らなければ、果実もそれなり。
大きなリターンを望まなければ、リスクも取る必要はない。

だけど、リスクを取らずリターンを求めるのは無し・・・ですね

自分にとっての優先順位を、しっかり持つことが大切です


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



不動産投資セミナー@東京

IMG_8995

一昨日の日経新聞朝刊にも広告が出ていましたが、11月21日開催@東京の不動投資セミナーで話しをします

ブロードブレインズさん主催の、中古マンション投資。
私が話しをするのは、「これからの時代の賢い資産形成とは〜不動産投資の魅力と押さえておきたい注意点」

こんな感じを考えています。
ブロードブレインズさんからは、物件や融資についてのご説明もあるようです。

詳細はコチラからどうぞ。
(注意:リンク先、写真大きいです・・・

2000年以降、不動産投資自体は多様化していて書籍も多数。
あり過ぎて、どう考えたらいいかわからないという声も少なくなく。
様々な方法やアプローチがあるけれど、基本を押さえておくことは必要です

教科書的な書籍等で体系的に理解をして、そこから応用というか自分に合ったものをという

うまくいっている方々は、その「軸」がぶれていないなと感じます


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



ワイン展@国立科学博物館

IMG_8961

ワイン好きには見逃せない展示会が、上野で開催されています

その名も「ワイン展」

IMG_8948[1]子連れでどうかなーとも思ったのですが、行ってきました

パネル等の説明だけではなく五感を使っていろいろ体験できるコーナーもあったので、娘も楽しんでおり

ぶどう踏みや、発酵中の液をかき混ぜるなど。

IMG_8956[1]もちろん本物ではないですが、感触などが疑似体験できるのは面白い

あと、ワインの香りを表現するものの展示もあって、実際に香りも体験。
周りの人たちも、「○○の香りするね」などと言い合っていて、楽しそう

ウチは、家にワインボトルがいろいろあることもあり、娘は「ワイン」に興味はあるんです。
「ワインのかおりをかぐー。」と寄ってくるし

さすがに、展示パネルの説明は素通りでしたが

ワインの歴史やぶどう畑の1年などについてもわかりやすく展示されていて、大人だけなら時間をかけてゆっくり楽しめそう

今回、日本初公開となる世界最古級(170年前)のシャンパーニュも、見どころのひとつでしょうか。
2010年に、バルト海の海底から見つかったそうです。
泡好きにはたまらない

年末年始にかけて、いつも以上にワインを楽しむ機会が増えそうだなー


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



地方でのセミナー

IMG_8834[1]

こちらでもお知らせしていましたように先月は地方での講演が多く、名古屋、熊本、札幌に行ってきました

北は北海道から南は九州までということで、この時期は気温差が結構ありますね

札幌は、最高気温もひとけたで紅葉も終わり気味。
今年は例年よりも初雪が早かったそうで、平野でも10月末を待たずに雪が降ったそう
さすがに寒かった。

その前週の熊本は、夏日だったからなー。
同じ日本でも季節が違いますね

それでも最近の夏は暑く、熱帯夜が数日ある年も出てきているとか。
昔から考えると信じられないけど、やっぱり温暖化の影響でしょう。

でも普通の自宅にエアコンはまだあまりないのよね・・・

賃貸も然り。
ただ比較的新しいものには、最初から導入している大家さんも増えてきているようです。

私自身は札幌出身ですが、伺ったのは7、8年ぶりかな
変わったところもあれば、懐かしさを感じる風景も多々。
例のごとくとんぼ帰りだったのですが・・・

こちらでは、宅建協会さん主催の市民の方を対象とした年に1度の講演会。
一部では私が話しをさせていただき、二部では、『お金が貯まるのはどっち!?』がベストセラーとなっている菅井敏之氏が話しを。

IMG_8827[1]菅井さんは元メガバンク支店長で、現在はカフェを経営されています

ご自身でも不動産投資・賃貸経営をされているので、控室ではそれらの話しが尽きず
国内外含めた分散のことなどなど

海外不動産の話しは、やっぱり耳にする機会が多いなー。
でも、だまされた話しもちらほらあるので、注意は必要です


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



「日経プラス10」の取材

IMG_8600

BSジャパンの経済ニュース番組、「日経プラス10」のインタビューを受けました

番組は毎週月〜金の22:00〜放送で、中に資産運用や家計に関する「マネープラス」というミニコーナーがあり、そこでの出演

内容は、「不動産投資」についてのもの。
不動産投資の現状や、メリット、注意点、更にREITについてざっと概略を説明してきました

最近、現物不動産の話しが出ると必ずといって良いほどREITとの比較論になるなーと。
REITもだいぶ認知度が上がってきたかな

月〜木の4回に分けて放送されるようで、1回あたり2分弱程度。
コーナーは大体、22:20過ぎ頃のようです。

来週11月2日(月)〜5日(木)にオンエア予定。

よろしければ、ご覧くださいませ〜


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



毎日新聞とHOME'Sさんの連載コラム

今回、うっかり購入するのを忘れ写真がないのですが・・・

毎日新聞の連載コラム、10月22日の朝刊に掲載されています

今回のテーマは、二世帯住宅

今年から基本的には相続税が大幅にアップとなっていますが、数少ない緩和のひとつが二世帯住宅。

これまでは、建物の内部どこかでつながってなければ税制の優遇は受けられなかったのだけど、それが撤廃。
完全分離型の二世帯住宅であってもOKになったので、検討しようかどうか考えていた方にとっては使えるかなと

細かい条件はあるので、興味がある方は専門家に相談しながら進めた方がよいかと思います。


それと、HOME'Sさんのコラムも今月分がアップされています

「利回りの想定外」というテーマで書いてみました。

不動産投資・賃貸経営を行う方にとって、判断材料のひとつとなる「利回り」

利回りと一言で言っても、いろいろある。
表面利回り、実質利回り、自己資金利回り・・・など。

中でも、ごく一般的なものは表面利回りで、この数字をどのように掘り下げていくのかは個人それぞれですが、これだけは外せないなーというところはいくつかあり。

注意点について、まとめてみました

ご興味ある方はコチラからどうぞー。


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



菅原久美子さんの新刊

IMG_8759

「ソプラノ大家さん」こと、菅原久美子さんが新刊を出版されました

『今すぐ 妻に不動産投資をさせなさい』

タイトルとしては「妻」がフィーチャーされていますが、夫婦単位で考える不動産投資・賃貸経営について書かれています

・不動産投資は夫婦で始めるほうが断然有利

・夫婦それぞれが得意なことを受け持とう

・物件に夫婦で宿泊してみよう

というような感じ

不動産投資って金額が大きいこともあって、結婚している場合、ご夫婦で取り組まれている方は結構多いかと。

一方で、妻か夫のどちらかが反対していて・・・という声も少なくなく。
私も、セミナー等で耳にすることあります

そういう方々にとって、今後何かヒントになることがあるはずです

菅原さんも書かれていますが、ご夫婦で力を合わせることでお互いに足りない点を補い合えるので、より良い不動産投資・賃貸経営にすることができるのではないかと思うのです


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



日経CNBCさんの番組出演

日経CNBCさんの10月から始まった新しい番組、「不動産投資AtoZ」にコメンテーターとして出演しています
毎週金曜日 20:30〜15分ほどのもの

テーマは1ヵ月ごとに変わっていくようで、10月の全体テーマは、「なぜ不動産投資が注目されているのか?」
全5回にまとめられています
それぞれはこんな感じ。

「不動産投資の考え方」
「相続税法改正」
「都市型不動産投資とは」
「地方型不動産投資とは」
「不動産投資とリスク」

11月は、また別テーマが設定されて別の専門家の方が出演されるよう。

日経CNBCさんもおっしゃっていたけど、「不動産投資」が、ひとつの番組として取り上げられることは珍しいです。

金融商品等と比較しても金額も大きくなりがちだし、借入もあったりと安易に考えることはできないからでしょう。

なので番組自体、メリットもリスクもニュートラルな立場で構成を考えられているんだなということがよくわかります

こちらの番組は、半年くらい続く予定のよう。
今後どんな話しの展開になるのか、私としても興味があるところです


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



地方でのセミナー

今月は、来週末から3週連続で地方にてセミナーがあります。
毎年この時期は陽気がいいこともあって、講演会も結構増えますね

10月17日 @名古屋
インヴァランスさん主催のもの

「はじめてでもよくわかる不動産投資の魅力」
詳細はコチラ

10月24日(土) @熊本
くまもと県民テレビさん主催、大和ハウスさん共催のもの

「「不動産投資・賃貸経営で勝ち組になるためのポイント」
詳細はコチラ

10月31日(土) @札幌
宅建協会さん主催のもの

「老後難民にならないためのマネープラン
〜不動産を「資産」にするために知っておきたいこと」
詳細はコチラ


それぞれテーマは違いますが、どれも不動産の話しが中心となっています。
ご興味おありの方がいらしたら、ご参考くださーい


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



FPフェアで話しをしてきました。

IMG_8703IMG_8706

ファイナンシャル・プランナーズ協会が主催する、FPのための年一度のイベント、「FPフェア」で話しをしてきました

開催場所は毎年変わるのですが、今年は東京にて。
2日間にわたって、全国のFP協会会員が集まって勉強したり情報交換をしたりする場です

そこの一コマ90分の枠で話しを
タイトルは、
「J-REITを通じた不動産投資のポイント〜実物不動産との違いは〜」

協会から打診があったのが4月ごろだったかな。
「J-REIT、不動産投資についての話し」というご依頼。

その時はまだ、REITに関する書籍を執筆していることは公表していなかったので、偶然でした
REITもだいぶ、一般化されてきたかな?

このフェアの参加者は皆さんFPの方ばかりなので、内容も「基礎の基礎はご存じ」という前提で話しを

セミナー後に何人かの方と名刺交換もさせていただいたのですが、本当に全国各地からいらしていることを再認識。

「FP」と一口に言ってもそれぞれ専門分野が違うので、新鮮です。

前日には大懇親会もあり、全国FP、生の情報交換の場だったようです
私は、子供の運動会があったりして参加できずでしたが・・・


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



雑誌『孫の力』とHOME'Sさんの連載コラム

IMG_8603 (1)IMG_8604

雑誌『孫の力』の連載コラム、今回は「結婚・子育て資金の一括贈与非課税措置」について

これは、今年4月から始まった新たな贈与税優遇の制度。

20歳以上50歳未満の方が父母や祖父母から受けた贈与で、要件を満たせば一人当たり1,000万円までが非課税となるものです

お金の使い道としては、結婚披露宴、新居の住居費、出産費用、不妊治療費、保育料やベビーシッター費用など

若い世代への資産移転のための施策、いろいろ出てきますねー。
住宅取得のためや教育資金など、ニーズに合わせて選択肢が広がってきています

あと、HOME'Sさんのコラムも新たらしいものがアップしました。
早いもので、連載3年目に突入

いつもご覧いただいている皆さま、本当にありがとうございます

今回は、「不動産投資、人の経験話が気になる人は多い?」というテーマで。

ま、人の経験話って、不動産のことに限らず「気になる」方は少なくないかと

不動産に関して言えば、いろいろな取材やセミナーが終わった後のざっくばらんな質問等で、「最初に不動産を購入する際、どのように決断したのか?なぜ、一歩を踏み出せたのか? 」と聞かれることが多いんですね。

そこから考えてみたことについて、まとめてみました

コラムはコチラからどうぞ〜。


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



ぶどうかワインか!?

秋のくだもの狩りといえば・・・

そう。ぶどう

IMG_8530[1]行ってきました、山梨。

私としては、ぶどうと言えばワインなのだけど、ま、子供が一緒なのでぶどうメインです

くだもの狩りなんて久しぶり。
学生の頃に行っていたかなと思うけれど、記憶ははるか彼方・・・


IMG_8542[1]BlogPaint

今回は、子供のお友達家族と行ってきました
近くで、「ほうとう」ランチの後、いざ。

保育園ではお昼寝の時間だけど、こういう時は眠気はまったく吹き飛ぶのねーというほど張り切る子供たち
「ぶどうたべたい〜」の連発でした

取った後は、見晴らしのいいところで取ったぶどうを食べられるスペースもあって◎
残りは家に持って帰ってきました。

IMG_8602[1]お腹が満足した後は、ほんのちょっとワインのお店に立ち寄り。

スパークリングワインも購入して、私も大満足の一日

娘は、お友達と一緒だったので楽しさも倍増だったよう。
はしゃぎ過ぎて疲れ、帰り車の中は睡眠

車の中、寝てくれるとほんと静かだしラクだわー


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



今朝の日経新聞

IMG_8576

本日、日経新聞の朝刊に、書籍 『はじめての人のJ-REIT 基礎知識&儲けのポイント』の広告が出ています

明日は、産経新聞に出る予定

J-REITに興味はあるけれど、基本的なところがよくわからないという方にご覧いただきたいという思いで書いた書籍です

J-REITに投資をする方って、以前はおじさまがほとんどだったけれど、今は若い世代や女性の方も増えてきていて
NISAとの相性も◎だし、ポートフォリオのひとつに加えてみようかという声も耳にします。

マーケットは、株式も含め今年前半とは打って変わって調整局面。
乱高下することも多く、なかなか手を出せないという方も多いかもしれませんね

そういう時にこそ「準備」しておくと、いざという時にタイミング良く行動できるはず

J-REITについて言えば、分配金利回りの平均が現在3.7%弱。
半年前くらいは3%程度だったことを考えると、検討する人も増えるかな?

インカムゲインをコツコツと。
派手さはないけど着実に

これから年末にかけてのマーケットのゆくえ、世界情勢も含め目が離せません。


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



やはり、地価は上昇だけど・・・

先日、土地価格の目安のひとつとなっている、「基準地価」が発表されましたね

三大都市圏の商業地は、いずれも上昇幅が拡大。

ま、「不動産価格が上がっている」ということは、最近頻繁に目にするので特別驚くことではないと思いますが

ただよく見てみると、より一層、二極化が進んでいるということがわかる
「都心部と地方」の対比だけではなく、都心の中でも、地域により違いが顕著になりつつあるかなと。

例えば、一概に「東京はいいよね」とは言えないということです。

じゃあ、上昇幅が大きければいいかというと、そうとも言い切れない部分があり・・・

実需ではなく、いわゆる投資家メインの需要となると、価格の振れ幅が大きくなることもあるので。
どんどん上昇した分、何かのきっかけで下落に転じた時もちょっと怖い
やっぱり、実体とかけ離れていくとどこかでツケがくるわけです

その最中にいると、実体をどう見極めるのかは難しいところですが・・・
歴史的にも、「後から振り返ってみると、あの時は変だったよね。」ということの繰り返しなのだと感じます

あと、統計の公表と実際の現場にはタイムラグがあることは忘れてはいけないですね


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



夏の北海道

先日、ちょっと遅い夏休みで北海道へ行ってきました

9月上旬だというのに、肌寒いくらい。
昼間は半袖でもOKだけど、朝夕は厚手の長袖必要でした。

今回は道東だったのですが、私の出身地 札幌でも10月末には初雪が降るくらいだもんなーと思い出しつつ

天気にも恵まれ、外でいろいろなことをするには絶好の気候でした

娘について、もっぱらアウトドア。
ストライダー(幼児用自転車のようなもの)で、レースコースを走ったり、山の斜面をそりで滑ったり。

あと、乗馬も。
娘は、馬に乗ることに最初びびって半泣き状態でしたが、最後は慣れてきて、「おうまさん、なんさい?」と質問も出るように

「森のピクニック」なるアクティビティにも参加しました

IMG_8356ブルーベリーやきいちごなんかを摘んで、屋外でパンケーキ&ジャムづくりをするというもの。

これは楽しかったー

最後に「食べる」という目的があるとがぜんやる気が



IMG_8371BlogPaint
BlogPaint
パンケーキをつくる場所は、かろうじて雨風はしのげるくらいの古屋。

これがまた、趣があって◎

夏の北海道、やっぱりいいなーと再実感です


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



新刊『はじめての人のJ-REIT 基礎知識&儲けのポイント』

IMG_8455 - コピー

先日お知らせしました新刊が出来上がりました

『はじめての人のJ-REIT 基礎知識&儲けのポイント』

Amazonでは本日発売になっていますが、一般の書店では今週末ごろに並ぶ感じかなと

最近、資産運用のひとつとして注目を浴びつつあるJ-REIT。
日本での誕生は2001年で、14年も経つのに初心者向けの書籍って少ないんですよね

まぁ、不動産ということで、最初とっつきにくいと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが。

コツコツインカムゲイン狙いでやっていきたいという方には、選択肢のひとつになるはず

J-REIT、興味はあるんだけど、まずは基本的なところをきちんと知っておきたい、そんな方に読んでいただけたらなーという思いで書いた本です。
「あおり」要素は、基本ありません

私自身は実物不動産から入って、J-REIT個別銘柄をいくつか保有しています。

基本どちらも地道なインカムゲインだけど、両方持つことで分散にもなる

やっぱり実物いいよねー、と思うこともあれば、いや、J-REIT持っててよかったということも。

今みたいにマーケットが荒い動きをする時にも、様子見しながら、一方でインカムゲインをコツコツと得られるのはメリットのひとつかなと思います


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



日経CNBC 「マーケッツのツボ」に出演

IMG_8327

先日、日経CNBCさんのネット配信番組、「マーケッツのツボ」に出演してきました
毎週火曜20:00〜1時間弱の生番組で、MCの方と1対1の対談形式。

写真は、「ツボ」のポーズ。

今回の大きなテーマは不動産についてで、不動産投資やREIT、 マイホームを買うのかどうかなど、いろんな話しが出ました

生番組ということもあって、視聴者の方からリアルタイムでご質問をお受けする形。
それを見ていると、不動産と一言で言ってもたくさんの切り口があるんだと再認識

この番組はこれまで、澤上ファンドの澤上篤人氏やセゾン投信の中野晴啓氏を始めとして株式投資関係のゲストが多かったようなので、今回はちょっと毛色が変わった感じかなと

日経CNBCは基本的に有料放送ですが、こちらの番組は、最初の15分のみYoutubeでも公開されています。

冒頭部分は、ワイン話しから
ご興味おありの方は、ご覧になってみてくださーい
コチラです。


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



毎日新聞とHOME’Sさんの連載コラム

IMG_8324IMG_8325

毎日新聞の連載、先週8月27日の朝刊に掲載されています

今回は、自分の家を宿泊用に貸し出す?!というテーマ

いわゆる「民泊」といわれるもので、日本でここ1、2年特に認知度上昇してきています
一般の個人が、個人宅を旅行者などに貸し出しするというもの。

欧米では以前からけっこうある形なのですが、それを更に後押ししているのが、米サンフランシスコ発のAirbnb(エアビーアンドビー)」という仲介サービスの存在。

旅館業法等との兼ね合いもありますが、今後、「宿泊」の概念が変わっていく可能性はありますね
オリンピックもあるから、この辺りの議論は近いうちに進みそうです。


あと、HOME'Sさんのコラムもアップされています。

今回は、「日本不動産が受ける為替の影響はどう考えるか?」という内容。

不動産投資、もちろん様々なリスクはあります

日本不動産を日本人が買う場合、基本的に為替リスクを考えることはないのですが、今の市況を見ているとそうとも言えなくなってきているんじゃないかと・・・

今後は、新たなリスクのひとつとして認識しておいた方がいいかなと思います
コラムは、こちらからご覧になれます。


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



新刊出版です! J-REITについて

IMG_8273

えーと、突然ですが。

来月、9月上旬に新刊が出ます
3年半ぶりの書籍執筆。

タイトルは、『はじめての人のJ-REIT  基礎知識&儲けのポイント』

そう、不動産を証券化したJ-REITについて
今は1万円程度から始められるようになったから、若い世代でも始めやすいかと。

ご存じのように、マーケットは現在荒れ気味で、落ち着くまで様子見という方も多いかと思います。

あまりにも急激&大幅な下落だったので、しばらく置いておくかなーという方もいるかもですね・・・
昨日、今日は戻していますが

そんな時にも分配金が得られるJ-REITは、基本的に地道なインカムゲイン投資
この市況で、むしろ利回りが上昇して魅力が出たとも

全ての校正が済んで、やっと一息ついたところ。
今年2月頃からは、原稿を書くのとその後の編集や校正などで、怒涛の日々でした
特に5月くらいまでは、「少しでも時間があれば原稿書く」みたいな毎日

書籍を1冊仕上げるのは、エネルギーも必要

発売は9月10日前後になる予定です
その時には、またお知らせしますねー。


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



資産運用セミナー@倉敷

IMG_8248

先日は、岡山倉敷にて山陽新聞社さん主催のセミナーがありました。

テーマは不動産で資産活用ということで、私の他に野村證券さんや税理士の方からのお話しも

今回は比較的女性もいらっしゃったような気が
「不動産」に興味を持つ女性も、少しずつではありますが、年々増えてきていると感じます。

女性の場合、特に保有してからの賃貸経営は、センスなどを発揮する機会も多いはず

私も今、新築を手掛けていて間もなく引渡しという段階ですが、内装などをいろいろ思いを巡らせながら考えるのは楽しいですねー

カタログとか、時間があればずっと見ていたいほど


写真にもある今回セミナーが開催された場所は、商工会議所の建物。
結構築年数も古く、文化財のような印象もありました

話しをする場所も、何か昔ながらの「講堂」というイメージがあって。
程よく「懐かしさ」があり、心地よい感じ

「新築」とは違う良さを満喫です


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



定期借家契約の誤解

IMG_8194

カリスマ大家さんとして有名な林浩一さんが、新刊を出版されました

『賃貸の新しい夜明け』

賃貸市場における、「定期借家契約」について基本的なところから詳しく解説している内容です

定期借家契約をメインに扱う、一般の方向けの書籍ってめずらしー
というか、今のところ無いのでは。

定期借家契約というのは、一般的な「普通借家」に比べて今のところ、認知度は低いものです。
賃貸住宅に住んでいて、定期借家という方はかなり少ないはず。

なので、この契約を誤解している人も多いし、業界の中でもきちんと説明できる人というのはごくわずかなのではと

定期借家だと、例えば2年後は必ずそこを出なくてはいけない、と思っている人が大多数だと思います。
が実際は、全てがそうではない

こちらの書籍では、対談形式で話しが展開していく部分も多いため、イメージしやすくわかりやすいですねー

林さんとは、大家さんのための組織である「大家ネットワーク」でもご一緒していることもあって、定期借家のことも含め勉強させてもらっています


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



夏にいただく贅沢白ワイン

IMG_8193

こう暑いと、すっきりスパークリングとか、さっぱり白ワインが美味しいですねー
冷やしたロゼもいいけど

そんな中、夏に飲むワインで大好きなもののひとつが、カリフォルニアナパヴァレーにある、ケンゾーエステートの白ワイン、あさつゆ(asatsuyu)

こちらのワイナリー、(株)カプコンを創業された辻本会長が1998年からワインづくりを始められています

ゲーム等のアミューズメント産業からワイン事業だったので、初めて存在を知った時はかなり印象深かったなー

アメリカに行った時に伺ったことがあり、青空の下でいただくワインはまた格別でした

あさつゆは、爽やかな中にもしっかりとした味わいがあり◎
全米でのベスト・オブ・ソーヴィニヨン・ブランにも選ばれているのもうなずけます

価格は1万円弱と、「気軽」ではないのでデイリーに飲むわけではないのですが
それでも特に夏、このあさつゆをいただくと優雅な気分になります。

日本人がナパヴァレーでチャレンジしているワインという視点でも、今後どうなっていくのかなーと楽しみです


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



暑い日の「遊び」は・・・

今年の夏は、いつにも増して暑い・・・暑い・・・
今週はちょっとマシになったけど、先週まではほんと、日中の外遊びは難しかったもんなー。

IMG_8034というわけで、屋内で何か楽しめるところはないかとあちこち探し

見つけたひとつが、伊勢丹でのワークショップ。

1時間少々のもので、エプロンと三角巾を借りて張り切ってスタート

IMG_8037BlogPaint

まず、大きな発泡スチロールに、好きな昆虫の形をマスキングテープで作っていきます
で、その上から絵の具を塗っていく

一番上の写真の昆虫たち、みんな発泡スチロールで出来ているんです

娘は楽しかったみたいで、かなり集中してやっていました。
絵の具とか大好きだし

IMG_8052一通り塗ったらマスキングテープをはがして、あとは発泡スチロール裁断。

準備するものも特殊なものではないから、家でも出来そうです。

しいていえば、発泡スチロールを切る専用のカッターは持っていないから、他のもので代用かな。

IMG_8149後日、この作品を写したマグカップも送ってきてもらっていい記念にもなったし、室内遊びのヒントにも

こういうイベントがあるのは、ほんとありがたいですねー。





北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site


賃貸住宅フェア2015に参加

IMG_8085

東京では、毎年この暑い時期に開催される、全国賃貸住宅新聞社主催の賃貸住宅フェア
今年も、2日間にわたりビッグサイトで行われました。

各企業がブースを出したり、セミナーがあったりと満載
季節柄、賃貸業界のお祭りみたいな感じもしますねー

今年は、こちらのセミナーで話しをさせていただきました
「国内不動産&海外不動産への投資と賃貸経営の実際」

IMG_8096IMG_8104

50分という短い時間だったので、概論的な感じでしたが。
ご興味を持って聞いていただいたたくさんの方々、どうもありがとうございました

IMG_8094前後では、同様にセミナーでお話しをされた沢孝史さん、村田幸紀さんとも。

沢さん、久しぶりー。
相変わらず、新築を着々と手掛けられていてさすがです

11811309_871134179647719_1867881534034756416_n続いてそのまま場所移動し、「全国大家ネットワーク」のブースでトークセッション。

私も2011年の設立当初から関わっている、大家さんによる、大家さんのための組織です

業界内、住宅・建物診断(ホームインスペクション)の実績No.1であるさくら事務所の会長、社長の長嶋さん、大西さんと3人で、あーだこーだと1時間ほど

ご参加いただいた方々との距離が近かったこともあり、こういった場所ならではの深い話しや、相互でやりとりがあったりと、気づきのある面白い時間でした


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



新築物件の名前決め

昨年から手掛けている新築案件、ようやくですがそろそろ竣工を迎える時期にさしかかっています

ここ数日考えているのは、物件の名称。
新築ならではの悩みです

中古物件を購入する際も名称を変えることはできますが、入居者の方のことを考えると、よっぽどでない限り、変更することはなく。

「よっぽどのこと」は、相当古めかしいとか、いわくつきとか
あとは、生理的に受けつけないとか・・・かな

名称を考えるにあたっては、

・(賃貸を探している方が、)「良さそう」な物件だと想像できる
・(入居者の方が、)書いたり口にする際に恥ずかしくない
・覚えやすい

こんなことを、主に意識しています

あと大家側としては、コンセプトに見合った名前かどうかも

全てを完全に満たすというのは難しくいろいろ悩むのだけれど、楽しくもあり

よし、これでいこう!というものが思いついた時は、やっぱり嬉しい。

名前が決まるとより思い入れが出てくるのは、どんなものでも当てはまりますねー


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



雑誌『孫の力』とHOME'Sさんの連載コラム

IMG_7991IMG_7993

雑誌『孫の力』の連載コラム、今回は「思い出ベンチ」というものについて

これ東京都がやっていて、都立公園や動物園にベンチを寄付するというもの

老朽化が進む公園の改修や充実を図るべく行われている事業で、私たちはベンチを寄付する形で参加します

ベンチには、「記念プレート」が取り付けられるのですが、そこには自身のメッセージ(希望があれば名前も)を入れることができます。
なので、何かの記念日とか人生の節目なんかに利用する人が多いよう

記念が形として残って、それが公園の充実にもつながるというコンセプト、個人的にはとってもいいなーと感じます

税制面では寄付金控除も使えるので、上手に活用したいところ

あと、HOME'Sさんのコラムもアップされています。

今回は、「楽観的なスタンスで考える不動産投資!?」というテーマ

HOME'Sさんのコラムも含め、ふだん、不動産に対して楽観的な見方だけをすることはまずないので、逆にそうしてみることがあっても面白いかと思い・・・

でもやっぱり、なんかちょっと落ち着かないのですが
たまにはということで

コラムはコチラです。


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



日経MOOKの取材

IMG_7958 - コピー

今朝の日経にも広告が出ていましたが、少し前に日経MOOKの取材&記事監修がありそちらが発売になりました

日経新聞出版社 「REITまるわかり! らくらく投資術」

日経さんでは1年くらい前、同じようにREITを扱った日経MOOKを出されていて、今回はその第2弾

私が担当したのは、表紙にも出ているように、「REITvsマンション投資」という内容です。

IMG_7960 - コピー比較的大きく取り上げていただいていて、オールカラーで全8ページ。
「8番勝負」として、1ラウンド〜8ラウンドまでそれぞれの視点で実物不動産とREITの比較をしています

ご存じのように、世の中は不動産市況が好調と言われる中、それを「資産運用」として取り込みたい方も増えていて

実物・REIT、もちろんどちらもメリット・デメリットがあります。
両方とも不動産を取り扱うわけなので、共通点もありますが異なる点も。

それらの性格と自分が求めていることが一致するのかどうか、比較検討してみると良いかと

私自身は、不動産の中での分散として両方を保有していています


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



Archives
Copyright(c)2007-2016
Kotona Kitano
All rights reserved