プロフィール写真
北野 琴奈
◆日本FP協会 CFP®認定者
 (ファイナンシャル・プランナー)
◆日本ソムリエ協会認定
 ワインエキスパート

◆実践型FPとして、講演・執筆・資産運用アドバイザーなど多方面にわたり活動中

◆TBS「がっちりアカデミー!!」、
BS11デジタル『不動産王』、
BSジャパン「日経プラス10」、
日経CNBC「不動産投資AtoZ」
等にコメンテーターとして出演
  • ライブドアブログ

夏にいただく贅沢白ワイン

IMG_8193

こう暑いと、すっきりスパークリングとか、さっぱり白ワインが美味しいですねー
冷やしたロゼもいいけど

そんな中、夏に飲むワインで大好きなもののひとつが、カリフォルニアナパヴァレーにある、ケンゾーエステートの白ワイン、あさつゆ(asatsuyu)

こちらのワイナリー、(株)カプコンを創業された辻本会長が1998年からワインづくりを始められています

ゲーム等のアミューズメント産業からワイン事業だったので、初めて存在を知った時はかなり印象深かったなー

アメリカに行った時に伺ったことがあり、青空の下でいただくワインはまた格別でした

あさつゆは、爽やかな中にもしっかりとした味わいがあり◎
全米でのベスト・オブ・ソーヴィニヨン・ブランにも選ばれているのもうなずけます

価格は1万円弱と、「気軽」ではないのでデイリーに飲むわけではないのですが
それでも特に夏、このあさつゆをいただくと優雅な気分になります。

日本人がナパヴァレーでチャレンジしているワインという視点でも、今後どうなっていくのかなーと楽しみです


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



暑い日の「遊び」は・・・

今年の夏は、いつにも増して暑い・・・暑い・・・
今週はちょっとマシになったけど、先週まではほんと、日中の外遊びは難しかったもんなー。

IMG_8034というわけで、屋内で何か楽しめるところはないかとあちこち探し

見つけたひとつが、伊勢丹でのワークショップ。

1時間少々のもので、エプロンと三角巾を借りて張り切ってスタート

IMG_8037BlogPaint

まず、大きな発泡スチロールに、好きな昆虫の形をマスキングテープで作っていきます
で、その上から絵の具を塗っていく

一番上の写真の昆虫たち、みんな発泡スチロールで出来ているんです

娘は楽しかったみたいで、かなり集中してやっていました。
絵の具とか大好きだし

IMG_8052一通り塗ったらマスキングテープをはがして、あとは発泡スチロール裁断。

準備するものも特殊なものではないから、家でも出来そうです。

しいていえば、発泡スチロールを切る専用のカッターは持っていないから、他のもので代用かな。

IMG_8149後日、この作品を写したマグカップも送ってきてもらっていい記念にもなったし、室内遊びのヒントにも

こういうイベントがあるのは、ほんとありがたいですねー。





北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site


賃貸住宅フェア2015に参加

IMG_8085

東京では、毎年この暑い時期に開催される、全国賃貸住宅新聞社主催の賃貸住宅フェア
今年も、2日間にわたりビッグサイトで行われました。

各企業がブースを出したり、セミナーがあったりと満載
季節柄、賃貸業界のお祭りみたいな感じもしますねー

今年は、こちらのセミナーで話しをさせていただきました
「国内不動産&海外不動産への投資と賃貸経営の実際」

IMG_8096IMG_8104

50分という短い時間だったので、概論的な感じでしたが。
ご興味を持って聞いていただいたたくさんの方々、どうもありがとうございました

IMG_8094前後では、同様にセミナーでお話しをされた沢孝史さん、村田幸紀さんとも。

沢さん、久しぶりー。
相変わらず、新築を着々と手掛けられていてさすがです

11811309_871134179647719_1867881534034756416_n続いてそのまま場所移動し、「全国大家ネットワーク」のブースでトークセッション。

私も2011年の設立当初から関わっている、大家さんによる、大家さんのための組織です

業界内、住宅・建物診断(ホームインスペクション)の実績No.1であるさくら事務所の会長、社長の長嶋さん、大西さんと3人で、あーだこーだと1時間ほど

ご参加いただいた方々との距離が近かったこともあり、こういった場所ならではの深い話しや、相互でやりとりがあったりと、気づきのある面白い時間でした


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



新築物件の名前決め

昨年から手掛けている新築案件、ようやくですがそろそろ竣工を迎える時期にさしかかっています

ここ数日考えているのは、物件の名称。
新築ならではの悩みです

中古物件を購入する際も名称を変えることはできますが、入居者の方のことを考えると、よっぽどでない限り、変更することはなく。

「よっぽどのこと」は、相当古めかしいとか、いわくつきとか
あとは、生理的に受けつけないとか・・・かな

名称を考えるにあたっては、

・(賃貸を探している方が、)「良さそう」な物件だと想像できる
・(入居者の方が、)書いたり口にする際に恥ずかしくない
・覚えやすい

こんなことを、主に意識しています

あと大家側としては、コンセプトに見合った名前かどうかも

全てを完全に満たすというのは難しくいろいろ悩むのだけれど、楽しくもあり

よし、これでいこう!というものが思いついた時は、やっぱり嬉しい。

名前が決まるとより思い入れが出てくるのは、どんなものでも当てはまりますねー


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



雑誌『孫の力』とHOME'Sさんの連載コラム

IMG_7991IMG_7993

雑誌『孫の力』の連載コラム、今回は「思い出ベンチ」というものについて

これ東京都がやっていて、都立公園や動物園にベンチを寄付するというもの

老朽化が進む公園の改修や充実を図るべく行われている事業で、私たちはベンチを寄付する形で参加します

ベンチには、「記念プレート」が取り付けられるのですが、そこには自身のメッセージ(希望があれば名前も)を入れることができます。
なので、何かの記念日とか人生の節目なんかに利用する人が多いよう

記念が形として残って、それが公園の充実にもつながるというコンセプト、個人的にはとってもいいなーと感じます

税制面では寄付金控除も使えるので、上手に活用したいところ

あと、HOME'Sさんのコラムもアップされています。

今回は、「楽観的なスタンスで考える不動産投資!?」というテーマ

HOME'Sさんのコラムも含め、ふだん、不動産に対して楽観的な見方だけをすることはまずないので、逆にそうしてみることがあっても面白いかと思い・・・

でもやっぱり、なんかちょっと落ち着かないのですが
たまにはということで

コラムはコチラです。


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



日経MOOKの取材

IMG_7958 - コピー

今朝の日経にも広告が出ていましたが、少し前に日経MOOKの取材&記事監修がありそちらが発売になりました

日経新聞出版社 「REITまるわかり! らくらく投資術」

日経さんでは1年くらい前、同じようにREITを扱った日経MOOKを出されていて、今回はその第2弾

私が担当したのは、表紙にも出ているように、「REITvsマンション投資」という内容です。

IMG_7960 - コピー比較的大きく取り上げていただいていて、オールカラーで全8ページ。
「8番勝負」として、1ラウンド〜8ラウンドまでそれぞれの視点で実物不動産とREITの比較をしています

ご存じのように、世の中は不動産市況が好調と言われる中、それを「資産運用」として取り込みたい方も増えていて

実物・REIT、もちろんどちらもメリット・デメリットがあります。
両方とも不動産を取り扱うわけなので、共通点もありますが異なる点も。

それらの性格と自分が求めていることが一致するのかどうか、比較検討してみると良いかと

私自身は、不動産の中での分散として両方を保有していています


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



お芝居

あつーい日が続くと、外遊びばかりは限界もありますよね・・・

IMG_7905というわけで、いろいろ探していたところ見つけたのがこちら。
文学座の、子ども向けお芝居に行ってきました
テーマは『さるかに合戦』

子供向けといっても、文学座が開催するものなので本格的です

さるかに合戦、そういえば昔よく本で読んだなーと思いつつ、どんな話しだったかうろ覚え・・・
お芝居を見ながら、あーそうだったと思い出して。

内容は、ところどころ現代風にアレンジしてあって、途中にはラップ調の歌が入っていたりも
大人でも十分楽しめました

IMG_7895お芝居自体は30分ほどなのですが、その前にちょっとしたワークショップみたいな感じの時間が20〜30分程あったのも◎



IMG_7907そこで作ったのが、こちらの「カニ」。
紙皿と画用紙でぺたぺたと

カラフルなカニができて、子どもたちも楽しそう

開場から1時間半以上でしたが、娘は飽きもせずあっという間の時間。

帰ってきてからもカニ踊りをしているほど、楽しかったようです


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



賃貸住宅フェア@東京

IMG_7846

全国賃貸住宅新聞社さん主催のイベントで、講演をすることに
このイベントは賃貸住宅フェアと言って、毎年こちらの新聞社さんが行っているものです

賃貸住宅に関連のある企業がブースを出し、講演も聞きたいものは全て無料で聴けます

東京は例年2日間、ビッグサイトで行われます。
今年は8月4日(火)、5日(水)。
平日なのだけど、規模は大きいかと

私は、8月4日の14:20からのコマで話しをします
昨年はトークセッションで登壇したのですが、今年は単独で。

単独は何年ぶりかなー。
前回は4〜5年前だった記憶。
今回は、「国内不動産&海外不動産への投資と賃貸経営の実際」といった内容です

このイベントは、最近の市場トレンドを把握するにはもちろん、業界のお祭りのような感じもあって東京開催のものは、全国から参加者がいます

ご興味おありの方は、こちらの公式HPからどうぞ〜


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



季節の行事に

BlogPaint

娘が通う保育園で、縁日ごっこがありました
子どもたちにとっては、年に1回のお楽しみの日

「ごっこ」といっても、近隣の方も参加できて、輪投げ、ヨーヨー釣り、ゲーム、紙の制作、ポップコーン&ジュースまであって意外と本格的

子どもが持つ紙バッグは、それぞれ家で作って用意をするなど、子どもたちも準備から楽しんでいるんじゃないかなー。

当日のオープニングは、一番年齢が高いクラスの子たちの踊りで始まります。
今年は雨が降っていたので、屋内にて。
晴れていると、園庭で盆踊りもできたのですが残念

3年後は、娘もこんなにお姉さんになるんだなーと感慨深くもあり

その後、各自好きなお店やさんをまわって、いろいろ楽しむ感じ

娘は普段、まだお菓子はあまり食べていないこともあり、ポップコーンすごい勢いで食べる、食べる

今年も七夕が終わり、本格的な夏へ向けて
慌ただしく過ぎていく毎日の中、そういう季節なんだなーと、ふと立ち止まるひと時です。


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



ハウスメーカーさん主催の資産運用セミナー

繧、繝倥y繝ウ繝育判蜒・_JAG0998

ハウスメーカーさんの、オーナーさん向けイベントで話しをしてきました

オーナーといっても、アパート経営ではなくマイホーム購入をした方々
なので話しの内容も、不動産というよりは、リタイア後に備えてのお金のこととか資産運用について、最近の状況も踏まえてといった感じ

ご参加いただいたのは、マイホームを建てて20年前後くらいの方が多かったのかなと。
そろそろリタイア後も見えてきて、今後の人生のこともいろいろ考える時期で。

年金問題といっても、今の50代後半〜60代以上の方はまだ見通しが立ちやすいですね
とはいえ現役で働ける時間が少なくなってくるので、備えは必要です。

それ以下の世代になってくると、制度自体が変わってしまう可能性も大きいし、何があってもまずはやはり、自分で何とかできるような仕組みをつくっておきたいところ

若い人たちには時間という強力な武器があるので、早いうちからぜひ最大限活用していきましょう

お金の運用は基本的に、すぐに劇的な効果があるわけではない(ある場合は、反動も大きくなりがち)ので、地道にやっていくのが一番です


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



HOME'Sさんのコラム連載

HOME'Sさんのコラム連載、今月分がアップされました

今回は、「売却価格が投資全体に与える影響」
というテーマで書いています

数年前までは、不動産投資というと「インカムゲインが全て」のような風潮も少なくなかったのですが、最近、特に都心部ではキャピタルゲインを目的とした購入も見られます

個人的には、インカムは考えずキャピタル狙いだけになってしまうと、今の日本ではリスクが高いと思っているのは、数年前も今も変わりません

資産がある方は別ですが、通常の方がなけなしの資金を入れるというのはね・・・

じゃあインカムゲインがあればいいかというと、単にそうとも言えず。
結局、売却してみて初めて利益が確定するのだけれど、いくらで売れるのか?という売却価格の影響は大きいのです

借入をしてレバレッジをかける不動産投資は、動く金額も大きいから、なおさらインパクトは強いし

そのあたりの話しを、ざっくりとした数字を挙げて書いてみました

コラムはこちらからどうぞ〜


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site


毎日新聞のコラム連載

IMG_7741IMG_7742

毎日新聞の連載、6月25日の朝刊に掲載されています

今回は、不動産市況はJ-REITの動向も参考にしてみよう、といった内容

最近、不動産っていいみたいという話しを見聞きする機会も増えているんじゃないかと思います
一般の方でも、マイホームをお持ちの方は気になるようで

特に年に1回、公示地価(3月)とか基準地価(9月)が公表される頃は、ニュースになることも多いから注目度も高くなりますね。

でも、年1、2回だとちょっと少ないかなー。
普段からもう少し気にかけてみては、ということで、毎日取引所で価格が変動するJ-REITの動向を追ってみましょうというご提案

こちらであれば、1ヵ月に1度くらい見ておけば、なんとなく今の不動産市況の流れがつかみやすいのではないかと思います

まずは、代表的な指数、東証REIT指数をチェック
東証HPでも毎日更新されています。
(ページ内右側「株式市場」の中)


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



空き家820万戸への対策

去年くらいから、「空き家」に関する話題を見聞きすることが多くなっています

業界では以前からあった問題なのですが、ここへきて、一般のニュースでもちょくちょく目にするように

というのも今年の5月から、自治体が、空き家に対して修繕や管理、解体の指導、勧告、命令ができるようになって、罰金が科せられる場合も出てくるようになったんです

ちなみに2013年時点で全国に空き家は820万戸あり、5年前より63万戸も増加だとか
住宅全体の13.5%に上るということ・・・

確かにこれは、国もそろそろ本格的に対策に乗り出さざるをえない状況でしょう。
今後人口も減っていくわけだし。

IMG_7698そんな中、先日ふるさと納税をして、その書類が送られてきた封筒の裏に・・・

こちら「空き家情報をお待ちしています!!」の文字が

こちらの市も力を入れているんだなーと感じつつ、ふと思ったのが、なぜふるさと納税関連の封筒に?ということ。

直接関係ないと思うんだけどな。

ふるさと納税をする人は、こちらに空き家を持っている可能性があるから?

いや、この封筒は他書類等と共通のものを使っているから?

などといろいろ思い浮かんだのですが、自治体としては、少しでも可能性があるのなら、告知していくという姿勢なのかな

多くの自治体では、「空き家バンク」という仕組みを活用して、空き家保有者と利用者をつなげようという試みが広がっています

登録時や賃貸・売却決定時などに、奨励金みたいなものが用意されている場合もあるので、空き家を持っていてどうしようか悩んでいる人は、一度検討してみても


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



都会のオアシス

IMG_7423IMG_7424

東京も意外と緑が多い
皇居周辺に来ると、いつも感じます。

子連れで買い物したついでに、たまに寄る公園がこちら。
和田倉噴水公園

その名の通り園内には噴水が数種類あって、子供も喜びます。
けっこう大きくオブジェっぽいものもあったりと、大人も楽しめる

夜はライトアップするみたい。
ほんと、幻想的できれいだろうなー。

噴水のはじの方で、この前はなんとアメンボを見つけましたー
こんなところにいるんだ

娘にとっては、実物は初めて。
「さわってみるー」と興味津々だったけど、アメンボの動きが速すぎて・・・

「ママ、さわってみてー」
いや、この速さは私も無理。
でも、子供の頃はよくアメンボを取っていたはずなんだけどな

丸の内あたりで買い物する前後に、子供の遊び場として立ち寄ってみるといいのではー

IMG_7683この季節、木陰はまだ涼しくていい感じ

読書をしている人なんかも見かけます

お弁当を食べている人もいるし、一休みする場所もあるから、噴水を眺めながら癒しの時間にも良さそうです



北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



イオンモール岡山

IMG_7556

少し前にあった、岡山でのオーナー向けセミナーで話しをしてきました。

今回、朝が早かったこともあって前日入りをしたので、いつものとんぼ返り出張ではなく少し時間が取れて

IMG_7543で、ちょっと見てきたのがイオンモール岡山。

2014年12月にオープンした超大型ショッピングモールです。

HPは、日本語、英語以外にも中国語が2種類、韓国語でも見ることが可能で、観光をしっかり意識したつくり

IMG_7552実際、現地売り場にも"TAX FREE"の掲示がバーンと

イオンモールのフラッグシップとしての位置づけということで、気合いの入った空間づくりを感じます

8階建ての建物に全部で356店も入っているようで。
かなり広ーい。


IMG_7550吹き抜けもあって、空間を贅沢に使っています。

ものづくり体験もできる「ハレマチ特区365」という部分もあって、1日くらい、余裕でいることができそう

IMG_7546モール内には百貨店の高島屋も入っていたり、他にも東京と変わらない店舗が多数。

そこに地元店が加わり、全体としては都心と地方が融合した施設という印象です。

今はネットで何でも買えるし、地方でもこういったところができれば、買い物だけのためにわざわざ遠方まで行かなくても良くなります。

となると、行くだけで居心地のよい空間だったり、体験型だったりなど、その場で五感を刺激される経験ができるかどうかなんですよね

商業施設も今後生き残りをかけて、試行錯誤がますます求められていくはず


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site




ふるさと納税活用は、このガイド片手に

IMG_7621

主に不動産投資を専門にしている税理士、叶温さんの新刊が発売

叶さんと初めてお会いしたのは7年くらい前。
同じ年ということもあって、けっこうざっくばらんな話しもしたりと

これまでは不動産投資に特化した税関係の内容の書籍だったのですが、今回はちょっと視点を変えたもの

『これから始める人のふるさと納税ガイド』

今年から金額の上限が2倍になったふるさと納税について

ふるさと納税は私も結構活用していて、何度かこちらのブログでも取り上げています。
今年も、少しずつ

お米を中心に、季節のフルーツやワイン、お魚・お肉関係など、各地域の名産品が楽しめるのでいいですねー

こちらの書籍は「上限2倍」にも対応しているので、自分にとっての最適な金額がわかります

あと、年収別に「お取り寄せ特典」のシミュレーションも写真入りで。
写真が入っていることでイメージしやすいし、とってもわかりやすい
自分に引き寄せて考えることができます。

自身のライフスタイル・年収に合ったものを選ぶ際に、ヒントになりそうですよ〜


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



海外不動産セミナー

直近で恐縮ですが、セミナー情報です

今回は、海外不動産についてのもの

私が話しをするのは、日本不動産との比較や私が実際に行っているアメリカ不動産についてで、海外不動産に多少興味はあるのだけど・・・という方向けです

・経済動向と資産運用
・海外不動産という選択肢
・日本不動産との比較

こんな感じの内容。

私が初めて海外不動産を保有してから今年で5年。
そんな前のこと?思うくらいあっという間でした
当時の話しも交えてできればと。

その後の2部では主催側から、今年7月から外国人保有が解禁となるベトナム不動産についての話しがあります。
ベトナムも、今後更に外国人投資家を積極的に取り込んでいくのですね

セミナーは、6月10日(水)18:30〜
平日の夜開催です。

ご興味おありの方、詳細はコチラからどうぞ


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



雑誌『孫の力』とHOME'Sさんの連載コラム

IMG_7564IMG_7565

雑誌『孫の力』の連載コラム、今回は「シニア」で得をする優遇、割引きなどについて

以前から、映画割引きなんていうのは比較的耳にすることも多かったですが、今は、種類がいろいろ増えてきています。

近くのスーパーでも、「毎月○日、60才以上は△%オフ」と書いてあるのも見たし

自分だけや夫婦お二人で使うこと以外でも、子・孫世代と3世代で楽しむことができる場合もあり
特にレジャー関係は優待が多いので、出かける前にチェックしておくと良いと思います

シニアと言うと、なんとなく60才とか65才以上を思い浮かべる人も多いと思いますが、今はなんと50代から受けられるサービスもあるんですねー。

50代でシニアとは、気持ち的には・・・かもしれませんが
ま、割り切るのもありかと。


あと、HOME'Sさんのコラムもアップされています

「リタイア後の資産づくり、不動産は本当に有効?」というテーマで書いてみました

不動産投資を始める人はそもそもリタイア後の生活費のためにという人も多いのですが、こういう市況だと「期待」が強過ぎる気も・・・

コラムはこちらです


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site

不動産経営のセミナー

IMG_7563
オーキットさん主催のセミナーで話しをします

こちらの主催では、毎週、テーマを変えてセミナーをされているようで、不動産投資・賃貸経営のことを中心に、税・法関係のものも

不動産って、けっこういろんな知識が必要で、しかもリアルタイムなものに更新していかなければならないので、情報収集や勉強は欠かせません

私が話しをするのは、6月13日。
テーマは、「不動産経営の魅力と成功の秘訣」。

私がこれまで13年ほどやってきて感じることなどを、率直に話しができればと

比較的少人数での開催なので、ご質問なんかも受けやすいかなと思っています

詳細はコチラです。
ご興味おありの方はどうぞ〜


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



武器は「時間」

「資産運用」と言うと、特に若い人からは「運用するほどのお金がまだない。」、「お金が貯まったら考えようかと」という声も少なくありません

確かに自分の生活を脅かすような「運用」はNGですが、まずは、せめて貯蓄だけでも今日から始めましょう、という話しをします

例えば、月々3万円貯蓄したとすると、30年あれば1,080万円になります。
一方20年であれば、720万円。

迷っている場合ではなく、すぐにでも貯蓄口座をつくるべきかと

これを貯蓄だけではなく、少しでも運用すると、更に差が広がっていきます。
月々3万円を2%の利回り(複利・税引前)で運用すると、

30年間  1,476万円
20年間   884万円

時間の威力は絶大です
若い人の武器ですね。

ある程度貯蓄が出来たら運用をすこーし考えてみても。

ま、どうするかは貯蓄している間にでも考えれば良いので、まずは1万円でも2万円でも、積み立てグセをつけましょう〜

資産運用って、こういう「塵も積もれば」的なところが大きいのです


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site


アペリティフの日@代官山

IMG_7486IMG_7497

2003年以来、1年に1度開催されている「アペリティフの日」。

ま、平たく言えば、ワイン飲んで楽しもーみたいな感じ

最初の頃は六本木ヒルズの広場でだったのですが、去年からは代官山に場所を移して行われています。

2003年から何年かは行っていたのですが、その後ご無沙汰しており。
今年、久しぶりに行ってみました

金〜日曜日と、週末の3日間に開催。

協賛のお店が出典していて、様々なワインとそれに合うおつまみの中から気に入ったものを買ってその場で飲んだり食べたりです

テイクアウトもできるので便利かと

レストランのシェフが来て話しをするセミナーやライヴなどのイベントなんかは事前登録制みたいだったけど、他はその必要もなく。

散歩中にふらっと寄ってみるという人が大多数だったんじゃないかなー
爽やかな初夏の陽気の中、夕方くらいになるといい風も吹いてきて、気持ちよかったです

食前酒という意味の「アペリティフ」にぴったりの季節、ワインが美味しいな〜


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



大京さんの取材

大京さんとは以前から何度かお仕事ご一緒させていただいていますが、今回は取材を受けました

大京といえば、ライオンズマンション
私なんかは子供の頃から、マンションと言えば「ライオンズマンション」という記憶があるほど。
たぶん、同世代の方もそうなのでは。

ライオンズマンションの第一号は1968年とのことだから、うなずけます。

今回のインタビューは、「住まいと暮らしに役立つ経済動向」ということで、マイホーム購入を取り巻く経済状況について

マイホーム購入を考える時の視点はいろいろあるけれど、結局最終的には、自分のライフプランをどう考えて、そこにどう組み込むかということに尽きます

購入を後押しする経済情勢や優遇政策等も検討しますが、あくまでサブのもので。
もちろん、恩恵は最大限受けたいわけですが

今は、何といってもこの低金利は魅力ですね

先月末、日銀の黒田総裁から「物価上昇2%達成は、16年度前半ごろ」と、従来の予想を後倒しする発言があり、金利の低位安定は続きそうですが・・・

インタビュー記事のまとめは、コチラからご覧いただけます。


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



子連れクラシックコンサート

私は、小さい時からピアノを習っていたこともあって、クラシック音楽を聴くことは好きで
最近は、なかなか時間がないのだけれど・・・
音楽に限らず、芸術鑑賞を幼児連れで楽しむというのはあんまりないし。

なので、子連れOKのクラシックコンサートというものを見つけた時には、びっくり
そんなことが可能なのかと。

IMG_7364興味津々で、初挑戦してみました。
その名も、「3才からのモーツァルト」

主催はホテルニューオータニで、ソニー・ソニー生保の協賛。
今回の企画制作も手掛けたソニー音楽財団では、全国各地でこういった子供向の音楽会もやっているようです。

大丈夫かなーと思いつつ、騒いだら会場から出ればいいかと
朝10:30スタートで1時間ほど。
お昼前というのは、幼児には◎。
一番元気で集中力もある時間帯なので

大人も、朝からクラシックというのはちょっと優雅な気分になります
朝、出る時はバタバタだったのもチャラになるなぁ。


IMG_7446様々な楽器を使って、リズム遊びやお話しなんかも取り入れられていて、なるほど、3才になったばかりの娘でも楽しめたようでした

会場から連れ出すようなことにはならずで良かったー。
また機会があったら、ぜひ参加したい




IMG_7469あと、会場外にはぬりえコーナーというのがあって、早めに着いても子どもが退屈しないようになっていたのも嬉しい

娘はそちらもかなりお気に入りで、コンサート開始前はもちろんのこと、終わって帰る時にも「おえかきするー」



参加者は400〜500人くらいだったかな。
朝からこんなに集まるんだなーと。
こういうコンサートは、他ではあまりないからなんでしょうね。

コンサート終わってもまだ午前っていうのは、なんだかちょっとトクした気分
早起きの良さって、子どもが生まれてから感じること多いです。

自分の意思だけではどうしても長続きしないのだけど、今は強制的に早く起きざるを得ない状況。
だから知らない間に習慣になっていて、良さを実感できるようにも。

ただ夏は、下手したら5時台ということもあるのでそれはちょっと・・・なのですが

IMG_7448コンサート後は、天気もいいし外散歩でご機嫌です


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site


夜のママ懇親会

GW前に、保育園で同じクラスのママ懇親会がありました

金曜夜、20:30スタート。

一応、始まり時間は決まっているけど、ゆるーい感じで各自の都合によって来れる時間からでOK

ご主人の帰りによって、21:00とか22:00あたりから参加の人も。
この日は私も、22:00前から「ちょっと一杯」という感じで参加しました。

ずい分遅い時間からのスタートだと感じるかもしれないけど、近くに住むママ同士の会としては、実はけっこう「アリ」かと

保育園お迎え後、子供にご飯を食べさせ、お風呂に入れて寝かしつけてから、ということができるので

人によっては、この日は全てご主人が担当という人もいるけれど

みんな、徒歩15分以内くらいのところに住んでいるから、さっと行けて帰りもあっという間に帰れるから、家で飲んでいるのと同じような感覚なんですね

普段はお迎え時に少し挨拶をするくらいだから、なかなか話しをする時間はないのだけれど、こういう集まりがあるといろんな話しができて◎

子供のことがメインではあるけれど、仕事の話しも出るし、女子トークも。
楽しく有意義なひと時でした

結局、クラス15人中12人が参加。
仕事に対する理解だけではなく、こういう会に賛同してくれるパパも増えてきているんだなーと感じた次第です

しかしまぁ、みんなパワフルで、改めて女性パワー実感です


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



毎日新聞&HOME'Sさんの連載コラム

IMG_7352IMG_7353

ちょっと遅くなりましたが、毎日新聞のコラム連載、今回は4月23日に掲載されました
テーマは、「空き家問題と活用」。

というのも、空き家と認定された建物のうち一部状態がひどいものについては、課税強化されることが決まったので

現在、全国で空き家率は13%。
放置しておけば、今後ますます多くなっていくことは必至な中、国も本格的な対策に乗り出し始めました

空き家を持っている方は、これを機会に早めに検討を進めておいた方がいいかと

あと、HOME'Sさんのコラムも本日アップされたばかりです。

前回に引き続き、「今さら聞けないキャッシュフローの基本」の後編。

前回話しをした、毎年のインカムゲインに加え、今回は、売却した場合の売却益も合わせた計算

その投資が、結局トータルでどうだったのかを含め、考え方の基本について取り上げています。

以前から不動産持っている人は、この好市況で売却している人も結構います。
それを見ている人なんかは、出口戦略について改めて考える人もいるでしょう。

トータル収支の計算法は知っておきたいところ

コチラからどうぞ〜。


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



日経MOOK ジュニアNISAの取材

IMG_7347

以前日経MOOKの取材があったものが、先日発売となりました

テーマは、ジュニアNISA。
2016年から始めることが決まっている、子どもを対象としたNISAです
既存のNISA口座開設が20歳以上であることを踏まえ、こちらは0〜19歳まで。

18歳までは引出しに制限があるなど制約はありますが、1年あたり80万円までの運用に関して、配当・売却益が非課税に

2016年からは、同時に大人の方のNISA上限額も増えて、100万円/年→120万円/年になります。
夫婦と子供2人だと、毎年ちょうど400万円。

やるのとやらないのとでは、結構大きい差になりそう
もちろん、損を出す可能性もゼロではないのですが・・・

私が取材を受けたのは、「ジュニアNISA 私ならこう使う」という企画で、10人のファイナンシャルプラナーが、それぞれジュニアNISAを活用する場合のポートフォリオや注意点なんかについてコメントをするもの。

私の場合は、3歳になったばかりの子供を想定して組んでみました

それぞれのFPで、対象者を誰にするとか、その場合のポートフォリオはどういう形だとか、特色が出てて面白いかなと。

子供と一言で言っても、対象が、例えば今0歳の子と15歳の子とでは考え方が違ってきますからね。

ご興味おありの方はご覧になってみてくださーい


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



不動産セミナー@岡山

IMG_7260IMG_7259

岡山に拠点を置く秦建設さん主催のセミナーで話しをしてきました

こちらの会社では、オーナーさんを対象に、年に6回ほど勉強会の形でセミナーを開催されているそうです。

で、開始時間が9:15スタートと朝はやっ

いろいろなところでセミナーをお受けしている私もあまり聞かない。
午前中であれば、10:00〜というところがほとんどだと思います

通常はほとんど日帰りですが、さすがに前泊しました。

そんな朝早くから、皆さん来るんだろうかと思っていたら・・・
あれよあれよという間に、40〜50人くらいの方がしっかりお集まりになり

しかもこの日は朝から結構な雨が降っていたにも関わらず。
みなさん、勉強熱心です

秦建設の社長自らが、それぞれの席をまわって皆さんにあいさつをされていたのも印象的で

ご参加者は、二代目の方が一緒にという方も多かったです。

私が話しをする前には、地元不動産会社さんから、繁忙期の話しや電力会社さんから原発の稼働についてなどもありました。
企業の社宅事情に関してのお話しなど、参考になることがいろいろあり

今回私は、「キャッシュを手元に残す賃貸経営」というテーマで話しを。
実は来月も、こちらで話しをさせていただく予定です。

どんなテーマにしようか、考え中


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



継続は力なり

最近、お絵かきにはまっている娘。

クレヨン、色鉛筆、ペン、マーカーなど、私たち大人が使うものも含めてたくさン並べて満足げ

一度見つけると、何がどこにあるかよく覚えているし、背が伸びて手が届く範囲がますます増えたから、ひょいひょいと取ってしまう

ま、ペンくらいならいいけど、ハサミとか気をつけなきゃなぁ。

IMG_7231ついこの前までは、せがまれて私が描いてばかりいたアンパンマン。

←いつの間にか、自分でしっかりと描けるように。
意外と、「顔」になっていてびっくりです

机に並べたペンやらクレヨンやらで、カラフルなアンパンマンがたくさん。

何度も反復して描いているうちに、それらしくなっていくんですね。
継続は力なりは、この年齢からすでに

「ママ、いっしょにおえかきしよー。どのペンがいい?」と言いつつ、そのまま、自分のお絵かきに熱中。

私はペンを受け取り、そばでお花、車、バス、家なんかを描いたり
こんなお絵かきは何年ぶりだろう。

彼女が集中し始めたからといってその場をちょっと離れると、「ママー! いっしょにおえかきしよー!! こっちきてー。」と呼び戻され・・・

もう少ししたら、お友達と一緒にお絵かき遊びもできるようになるかな。

そうすると、親の出番は少なくなっていくのかしら


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



ベースアップと家賃

毎年この時期は、ニュースでもベースアップの話しが多くなりますね

賃貸経営をしていると、気になるのは家賃の行方。
感覚としては、住居はまだまだ上がらないのでは?という人も多いと思いかと。
オフィスビルなんかは、賃料上昇と言う話しもありますが

でも、しっかりと差別化された物件なんかは、相応の賃料でも入居者はつくという話しは結構耳にします
地価もそうだけど、二極化がますます進む・・・

人口が減少していく中では、供給が多ければ、給料が上がっただけでは全体が底上げされるわけではないし。

仮にお給料が手取りで2%上がったとして、月給20万円の場合4,000円、30万円であれば6,000円アップ。

収入に占める家賃の割合が20%だとして増額分を自動的に割り振れば、それぞれ800円、1,200円。

うーん。
このくらいの賃金上昇では、家賃よりもまずは貯蓄などの「防衛」に使われそうだなぁ。
あとは、ちょっとした「プチ贅沢消費」に消えるか・・・

毎年、継続的に上昇が見込めるようになれば、賃貸市場も流れが変わるかもしれません

昨年から、アベノミクスのひとつとして徐々にベースアップの動きが広がっていますが、持続性に注目していきたいところです


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



アメリカ不動産のセミナー、終了です。

DSC_0259

先日は、アメリカ不動産のセミナーで話しをしてきました

不動産事業を手掛けられている、マックマーン優子さんが帰国されたのに合わせて。

優子さんはアメリカ在住18年ですが、1年に1度ほど帰国される時にセミナーをされているとのことで、今回は初めてのジョイントセミナー

前半で私が、国内・海外不動産も含めた資産運用全般の話しをざっとさせていただき、続いて優子さんからアメリカ不動産直近の情報など

リーマンショックを経て、今は順調に上昇に転じているカリフォルニアの話しもけっこう出ていて、保有している私としても大変勉強になりました

優子さんもおっしゃっていたけど、実物不動産というのは、日々いろいろなことが起きることに対して、どれだけモチベーションを継続していけるか

アメリカも日本も同じです

アメリカは今年利上げが予想されていますが、それを乗り越えどうなっていくのか
動向から目が離せません

DSC_1069DSC_0813

その後の対談時には、優子さんもお世話になっているというハワイで不動産事業をされている女性も飛び入り参加で話しを。
ハワイ不動産は、安定しているということが魅力ですね

本国退職後の居住地としても人気があるため、今後退職者がぐっと増える時期を迎えるにあたって更に需要が増える可能性もありそうです。

DSC_0121



北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



Copyright(c)2007-2016
Kotona Kitano
All rights reserved