プロフィール写真
北野 琴奈
◆日本FP協会 CFP®認定者
 (ファイナンシャル・プランナー)
◆日本ソムリエ協会認定
 ワインエキスパート

◆実践型FPとして、講演・執筆・資産運用アドバイザーなど多方面にわたり活動中

◆TBS「がっちりアカデミー!!」、
BS11デジタル『不動産王』、
BSジャパン「日経プラス10」、
日経CNBC「不動産投資AtoZ」
等にコメンテーターとして出演
  • ライブドアブログ

2008年02月

ブロードバンド その後

以前こちらでも書いたのですが、所有物件のひとつに今春ブロードバンド導入を決めました。インターネット使い放題です。
早速、そのことを全面に出して募集をしていたところ、先日一件申込が入り無事契約が終了しました
しかも金額などの交渉は一切無し
入居者は大学生の方で、「社会人になっても住み続けられるところ」ということで探されていたようです。
内覧に同行した仲介業者さんからの話によると、やはり「インターネット使い放題」が決め手になったとのことでした。
今の時代、インターネット使用は当たり前だという方が多くなっています。
そんな方々にとって、毎月かかる必要経費は少しでも安い方がいいに決まっています。

家賃・共益費と全体で考えても、メリットを感じてくれたのかなと思いつつ、時代の流れを知ることの大切さを改めて感じました。
その時代によって、賃貸物件に求められることは変わっていきます。
もちろんコストのこともあるので、全部を自分の物件に組み入れるわけではないですが、そういった流れがあるのだ、ということは知っていなければならないと思うのです。

情報を、どう解釈して決断していくのか、まさに経営です。
これから長〜いつき合いになるであろう不動産ですが、このことは忘れないようにしたいと思います

ネット情報発信番組 オン・ゴーイングパティオ(オンパテ)

先日、友人がナビゲーターをしているオン・ゴーイングパティオというネットでの音声による情報発信番組に、ゲストとして参加してきました
テーマは「ワイン」とのことでお声かけいただきました。
中心となっている内容は「ワインをもっと日常的に楽しむために」といったことです。

リンク先を見ていただければお分かりになると思いますが、真鍋政季氏は会社員をされている以外に、様々な方面で活動をされている方です。
真鍋氏、この番組だけだとマジメな印象を受けるかもしれませんが、普段はとっても面白い方です

公開は前編・後編の2回に分かれていて、今回は前編のみのアップ。
改めて感じたのは、「音声だけ」というのは非常に難しいですねー( ・Д・)
身振り手振りが通じないのはもちろんのこと、視覚に訴えるものがないから、必然的に耳から入る情報が全てですから。
そういう状況で、自分の意図したことをどうやったら聞いていただいてる方に上手く伝えることができるのか、ということを改めて考えるいいきっかけとなりました。
いつもさせていただいているセミナーや講演とはまた違った意味で、勉強になった日です。

もしよろしければ、お時間あります時にでも聞いてみてください
7〜8分かなと思います。

セキスイハイム様主催 土地活用セミナー (東京)

セキスイハイムさん主催の講演が無事終了しました。
先日大阪で開催されたのに続き、東京でのものです。

今日の東京は、昨日からの強風の影響で電車に止まりや遅れが出ていましたね
遠くの空がうっすらとかすみがかっているように見えて、砂ぼこりが舞い上がっているのがよく分かるくらいでした。
ですので、残念ながらお越しになることができない方も結構いらっしゃったようです。
そんな天候の中、ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました

会場内や、帰り際駅までの道のりなどでも、何人かの方にお声かけいただきまして、私としましてもうれしかったですし、励みにもなりました

本日お話しましたことが、皆様の今後の資産運用、不動産運用に少しでもヒントになったりお役立ていただいたりすることがありましたら幸いです。

資産の入れ替え

「東京のシティバンク銀本店ビル、モルガンが購入」
先日の日経記事です。

米投資銀行モルガンスタンレーが、シティグループから天王洲のオフィスビルを購入したというニュースです。その金額、およそ480億円だとか。
記事によると、昨年末からこのビル売却を検討していたようです。
シティはサブプライム問題で収支・資産状況が悪化していますからね・・・健全化を図るためのひとつなのでしょう。

モルガンスタンレーといえば、つい最近恵比寿にあるウエスティンホテルを売却するという発表をしたのも記憶に新しいところです。
買い手は、シンガポールの政府系ファンド
モルガンは、ウエスティンを2004年に約500億円で購入し、770億円で売却予定なので 表面的な収支は270億円ほど。4年で1.5倍ですね(゚д゚)

ウエスティンをそのまま所有していてもまだ利益は上がるかもしれないだろうに、それをこの時点で売却するのは、彼らなりの判断基準があるのでしょう。
きちんと利益を確定させながら、次の優良なものへ資産を組み替えていく着実さ。
負の資産も同じようにしているのでしょうか。
この話は金額が大きいですが、不動産を含めた資産運用の考え方としては参考になると思うのです

レ・コントワール・ド・ラ・トゥールダルジャン

パリのミシュランレストランで有名なトゥール・ダルジャン、そのサロンが代官山に出来たということで、先日行ってきました
昨年末にオープンしたばかりだそうです。
お店の名前はLes Comptoirs de la Tour d'Argent(レ・コントワール・ド・ラ・トゥールダルジャン)トゥール・ダルジャン サロンオリジナルのショコラやクッキー、紅茶といったものが購入できるので、ちょっとしたプレゼントなどにいいかも。
隣には、コーヒー・お茶・ワインを気軽に楽しむことができるスペースも併設されていています。
正面には、「見られるための」ワインセラーがあり、ワイン好きとしてはさらに優雅な気分になれる空間ですねー

2階には1万本以上のワインが保存されているとのことで、そこも見せていただきました。
十万円以上する高価なヴィンテージものから、リーズナブルな2,3千円代のものまで幅広い品ぞろえ。
個人的には、高級ワインばっかりかなと思っていたのでちょっと安心したり。
ここで、ゆっくり選んで購入することもできるとのことです。
ワインセラーは温度を保つために冬の今は寒いくらいだったのですが、ショールを貸していただいたりと、お心遣いを感じました。
夏は、涼しくていいかもしれませんね (´▽`)

いつか、こういうところでじっくり時間をかけてワイン選びしてみたいなーと思いました。

スタバも値上げ!

唐突ですが、私はよくスタバに行きます。
本を読んだり、資料をまとめたりといったこともするのになかなかいい空間で。
いつもやっている場所を変えるということで、気分転換にもなり、効率が上がるんですね

で、いつものようにメニューをオーダーして驚いたのが、単価が上がっている
一瞬、聞き間違いかと思っちゃいました。
家に帰ってHPを見てみると、「フードメニューの単価上がります」とのことが書かれていました。平均で10〜15%いくらいの上昇でしょうか。
昨年末あたりにドリンクメニューの値上げがあったのですが、今回は食べ物なんですね。

スタバで食べ物ということは、パン系でしょう。ということは小麦価格が高騰した影響なのかしら・・・と思いつつ。
こういうことをあちらこちらで目の当たりにすると、「物価上昇」ということを身にしみて感じますパン、大好きなのに・・・
スタバだけではありませんが、コストプッシュがどこまで市場で受け入れられるのか、今後の行方に注目です。

『トランプ自伝』

ドナルド・トランプ筑摩書房さんにいただいたこちらの本、『トランプ自伝』を読んでいます。
これは、1988年刊行されたものを復活させたのだそうです。
先日、ドナルド・トランプ氏とロバート・キヨサキ氏との共著『あなたに金持ちになってほしい』が発売されたのですが、それに合わせてとのこと。
ドナルド・トランプ氏が書いた本は絶版になってしまっていたので、このタイミングで再出版されたそうです。

まだ半分くらい読んだだけなのですが、なかなか面白い

それまでドナルド・トランプ氏といえば、「不動産」くらいしか思い浮かばなかったのですが、氏に対するイメージが変わりました。
変わったというか、広がったと言った方が正しいかもしれません。
彼は不動産を通した「ビジネスマン」なのですね。
どんなことを考えて仕事をしてきたのか、不動産に対する彼の思いなどが率直に語られていて、人柄がよく分かります。

特に第二章の「トランプの手札ー取引の諸要素」部分は、自分にとっても参考になることがいろいろありました。

「物事を大きく考える」
「最悪を予想して最高を手に入れる」

など、考え方としてはいたってシンプルなのですが、それを常に貫いていているのです。彼自身が実践し続けてきていることなので、言葉に重みがあります。
読んでいて新たな発見があるのはもちろんのこと、改めて確認することもありますし、モチベーションアップにつながります
写真が載っているのも、イメージが湧きやすくていいですし。

あと半分も、読むのが楽しみな本です

セミナーのお知らせ

今日は、3月にあるセミナー2つのお知らせです

まずは以前にもお伝えしましたアセットリードさん主催のものが、
正式になりましたので改めまして。
3月9日 14:00〜16:30 新宿のサザンタワーにてです。
2部構成になっていて、1部ではイーエフピー(株)の花田社長が資産運用全般についてのお話。
続いて2部では私が不動産投資について話をします。
詳しくはコチラから。
ご来場いただいた方にワインをプレゼントといううれしい特典つき
何にするかは現在検討中です。

もうひとつのセミナーは、全国賃貸住宅新聞社さん&高齢者住宅新聞社さん&東京電力さん主催のもの。
3月2日 13:00〜16:00 パシフィコ横浜会議センターにてです。
こちらは3部構成で、1部は賃貸住宅新聞社の西岡氏、2部が私、3部は建築士の櫻井氏の話です。
オール電化設備を見ることができたり、金融機関(横浜銀行)さんとの相談もできるようですよ。私も相談しようかな・・・
東京電力セミナー
こちらはネット上での申込はなく、TELかFAXだそうなので、ご参考までに、新聞広告載せますね。クリックで拡大になりますが、念のためTEL:045-394-1507、FAX:045-633-6675です。

ご興味おありの方は、ぜひいらしてみてくださーい

セキスイハイム様主催 土地活用セミナー

セキスイハイムさんの主催である「土地活用セミナー」で講演をしてきました。
今回は大阪でだったのですが、今月24日に東京でも話をします
全体としては3部構成になっていて、第1部の私の後は、相続に関するセミナー、そして最後は、最新の賃貸市場動向についてでした。
(東京は2部構成です)

第1部のテーマは「ズバリ!不動産投資リスクとは?」。
投資というのは、当たり前ですがリスクを伴います。ただ、そのリスクが何なのかが理解できて、対応策があるのであれば(もしくは工夫できるのであれば)、リスクを少なくすることができます。
もちろん、ゼロにはなりませんが。
「予防」ですね。

いらしていた方は、地主さんが多かったことと思います。
若い方もちらほらお見受けしたので、こういった問題を「ご家族で」考えられる方が増えているのかもしれませんね。
ご来場いただきました皆さま、誠にありがとうございました
三連休の最終日、大阪は比較的暖かく天気もよかったので、他へお出かけになられる方も多いかなーと思いましたが、200〜300名くらいの方がお越しいただいていたのかなと。
正確な数字はわかりませんが・・・

今日お話しましたことで、何か少しでもお役立ていただくことがありましたら幸いです

金融商品取引法、その後

投資家保護のためにつくられた金融商品取引法の施行から4ヶ月が経ちました。
そのことにからんで、先日新聞にこんなことが書いてありました。

今年度の国民生活センターが受けた「投資信託に対する相談件数」は、
前年同期比22%増(2月初旬時点)

増えているなんて意外でした。
あんなに大騒ぎしていたのに、これじゃ改善しているどころか・・・
その理由として考えられそうなところをざっと挙げてみると。

’笋訛Δ説明していない
買う側が説明を聞いていない、または見ていない
A蠱牝睛討「苦情」ではない
に[Щ楾堊阿料蠱矛鐃瑤かなり多かった
(今年度ということは、2007年4月〜なので)

,呂△泙蟾佑┐砲いかなと思います。
ペナルティが科せられるということは、その後、会社の存続問題にもかかわってくるので。

△硫椎柔って結構あるのかもしれません。
話全部を最初から最後まできちんと聞いているかどうかは分かりません。または、その時は聞いているつもりでもすぐ忘れちゃったりとか。
パンフレットなんかもさらっとしか見ていないということも考えられます。

それから。記事には「苦情が中心」とありましたが、金融法施行の前後の相談内容をもう少し詳しく調べないと何とも言えないかなと。

い發海海らだけでは分らないので、上半期・下半期または月別相談件数を具体的に調べてみる必要があります。

相談件数が一向に減らない理由がい世辰燭蕕いい里任靴腓Δ韻譴鼻△發鍬△世箸垢襪函⊂霾鵑鯏舛┐燭た佑謀舛錣辰討い覆い箸いΔ海箸砲覆蠅泙后
いくら体裁を整え、しっかりとした形式に則ったものでも、相手にコチラが意図していることが伝わらないのであれば、ひとりよがりになってしまいます。何かほかに方法を考えなくてはいけないかなと。
「伝えること」の難しさを感じます。
仕事や日常生活でもそうなんですけどね
Archives
Copyright(c)2007-2016
Kotona Kitano
All rights reserved