プロフィール写真
北野 琴奈
◆日本FP協会 CFP®認定者
 (ファイナンシャル・プランナー)
◆日本ソムリエ協会認定
 ワインエキスパート

◆実践型FPとして、講演・執筆・資産運用アドバイザーなど多方面にわたり活動中

◆TBS「がっちりアカデミー!!」、
BS11デジタル『不動産王』、
BSジャパン「日経プラス10」、
日経CNBC「不動産投資AtoZ」
等にコメンテーターとして出演
  • ライブドアブログ

2013年12月

本格的な増税時代がやってくる?!

IMG_3359

税金の話題が続きますが・・・

年に一度、税制改正大綱が出るタイミングで開催されるセミナーに、ここ何年か参加しています

解説をするのは、経団連の経済基盤本部長である阿部 泰久氏。

「税制改正大綱に関わって30年以上経つけれど、今年が一番忙しかった。」とおっしゃっていました

2時間くらいなので、全ての説明をするわけではないのですが、改正の大まかな点と重要なポイント、あと将来的にどうなっていく方向なのかといった展望も聞けるので、大きな流れをつかむには◎

どういう経緯で改正案が出来たとか、現場でのやり取り、実は○○だったのがひっくり返って△△になったという裏話的なことも聞けるので面白い

あと、背景を知っておくとスッと頭に入ってきやすい。
税金の話しって大事なんだけど、難しい言葉も多かったりするので・・・

今回「基本的考え方」の中で、

今後、内外の社会情勢の変化を踏まえつつ、担税力に応じた新たな課税について検討を進める

という一文があって、これは明らかに増税メッセージ

大綱で明言するのは久しぶりだそうです。

まぁ台所事情が厳しいことは周知の事実で、皆わかってはいるけれど、景気が良くなかったこともあって先延ばしになっていた部分も

公的に宣言もしたし、景気が上向いてきたことも追い風で来年は消費税増税第一弾もあるし、いよいよ本格的にでしょうか


北野琴奈オフィシャルサイト
 Official Site



税金の知識をアップするには

連休中の東京は天気に恵まれたこともあってか、どこへ行ってもクリスマスモード真っ只中でしたね

クリスマスが終わると仕事納め&お正月とあっという間
来年はどうしよう、と考えを巡らす時期でもあり

年末年始は、確定申告のことを考える人も多いでしょうか

そんな時期にぴったり、不動産投資専門の税理士、叶温さんが主宰している税金塾でキャンペーンをされるそう

通常1万円の入会金が、25日まではゼロでOK

こちらの税金塾では、毎月、不動産投資にまつわるタイムリーな情報をもらえます

テーマは税金の話題だけではなく、融資とか物件検討の方法、経済のことなど、不動産投資に関係することもたくさん。
毎回、とっても分かりやすいし、実践に活かせることも多々あります

毎月だいたい、70分ほどの教材があるのですが、音声をダウンロードして、通勤時間に聞いている方が多いのだとか。

確かに、休みの日に家でと思っても、他にいろいろやることもあるしね

入会時には、確定申告マニュアルや融資を引き出す方法といった内容の商材も特典としてついてくるそうです

税金の知識って、ブラッシュアップし続ける必要があるけれど、イイ情報源がないという声をよく聞きます。

そんな方は、選択肢のひとつとして検討してみても
詳細はコチラです。


北野琴奈オフィシャルサイト
 Official Site



異色?! ワインで資産運用セミナー。

 
L1050139L1050147

先週、いつもとはちょっと違うセミナーで話しをしてきました

寺田倉庫さん&ボルドーワインのプロフェッショナルであるBWB JAPANさん主催のワイン投資セミナー

10月開催の予定だったのが、台風で延期になり12月に。
年末の金曜だし、忘年会と重なる方も多いだろうなぁと思っていたのですが、たくさんの方にご参加いただきました

まず一部は、BWBJapanのゼネラルマネジャー&ソムリエの岩元渉氏と私の対談。

岩元さんからは、ワイン投資の歴史・概要から、価格がどう決まるのか、売却はどうするのか、注意点などについて、エピソードなんかも交えながら分かりやすいお話しでした

盛りだくさんで、時間が足りなかったかな

個別銘柄が大切というのはもちろん、そのワインがどういう経緯をたどって自分の手に渡ったのかという来歴がとっても大切で価格が大きく変わるというお話しは、興味深かったです

L1050126L1050180

その後の二部は、軽食&ワインつきの懇親会だったので、ある意味、忘年会っぽさもあったかなと

美味しいワインをいただきつつ、皆さん和んだ雰囲気でお話しなどされていましたよ


北野琴奈オフィシャルサイト
 Official Site



新年イベント サンワード貿易さん主催のNew Yearセミナー

今年もあと2週間ほどとなり、講演・セミナーについてはひと段落
あとは、コラム執筆を何本かと来年に向けての打合せがメインです

来年の話も少しずつ決まってきている中、1月にサンワード貿易さん主催のイベントで話しをします

商品先物取引を手掛けていらっしゃるサンワード貿易さんは、来年創立50周年を迎えるそうで、その記念イベント第一弾とのこと

『2014年の投資戦略を考える』

これまでもセミナーは定期的にされているみたいですが、今回は東京・大阪の同時開催
それぞれのセミナーに加え、両開催地をつなぎ、テレビ会議討論もするんです

講師陣はエコノミストや銀行の方などで、2014年の投資環境や戦略について話しを
その中で私は、不動産についてメインにです。

開催は1月25日、東京&大阪にて。

金融の第一線にいる方々も多く、リアルな話しを聴けるよい機会だと思うので、来年の投資戦略を考えるヒントにしてみては

ご興味おありの方は、詳細コチラです。


北野琴奈オフィシャルサイト
 Official Site



’98ヴィンテージシャンパン、6種類テイスティング

IMG_3281IMG_3280

先日、シャンパンの1日講座に参加してきました

しかも、’98ヴィンテージ
15年熟成のシャンパンを6種類もテイスティングできるということで、もうこれは参加せねばと。

というのも、実は先月、娘が無事に卒乳

4月に保育園に行き始めてからというもの、夜中授乳が復活したままここまできていたので、自分から自然に「卒乳」はムリかなぁ、強制的に辞めさせる断乳か、もしくはもう少し時間がかかるかなと思っていました。

が、思いがけずうまくタイミングが合い

というわけで年末年始は、ワインが楽しめるのよね〜

ワイン講座に参加したのも久しぶり。
ヴィンテージシャンパン6種類を比較なんて魅力的過ぎます

ほろ酔い気分の中、知識の確認&ブラッシュアップもできて◎

いただいたのはこちら。

ローマ字ばかりになりますが、備忘録のため
下から2番目の「ヴーヴクリコ」は有名なので、見聞きしたたことがある人もいるかな

・Francois Bedel "L'Ame de la Terre" Brut
・Michel Gonet "Blanc de Blancs Cuvee Prestage" Brut
・Gosset "Celebris" Extra Brut
・Henriot "Cuvee des Enchanteleurs" Brut
・Veuve Clicquot Ponsardin "La Grande Dame" Brut
・Philipponnat "Clos des Goisses" Brut

希望小売価格1万円〜2.5万円くらいまでのものがずらりで、参加した方は完飲されている方が多かったかなと

これからまた、少しずつワインライフを楽しんでいきたいなと思います


北野琴奈オフィシャルサイト
 Official Site



娘、1歳8か月

BlogPaintBlogPaint

今月で、娘は1歳8か月

特に1歳を過ぎてからは、瞬く間だったと感じます。
母乳の免疫が切れてからは、よく熱を出したりもしていることもあるんだろうなぁ・・・

なんだかほんとに、季節が変わったのを実感する時間もなく毎日が過ぎ去る

気がつけばクリスマスシーズンまっただ中の街中でツリーをよく目にするようになり、娘はおおはしゃぎです

こんなに小さい子でも、テンション上がるんですね

彼女は最近、こちらの言うことも結構わかるようになってきて、自己主張をするようにも
全力で首を縦横に振って、YESとNOを意思表示します

あと、記憶力もずいぶんアップしていて。
どこに何があるのか、よーく覚えている

例えば私が「てんとう虫は?」と言うと、家中のありとあらゆるところからてんとう虫が描かれているものを持ってきて、「ここにいるよ」と満足気に披露しています

そんなの、前に1,2回くらいしか見せてないよねというものもどこからか持ってくるから驚き

いいなぁその記憶力、私も欲しいくらいだわ。

集め持ってきたものの後片付けは、もっぱら私の仕事ですが


こんな感じで、あっという間に2歳、3歳になっていくんでしょうね。
うれしいような、さみしいような・・・


北野琴奈オフィシャルサイト
 Official Site



『孫の力』という雑誌に見る、団塊世代像

IMG_3274IMG_3273

『孫の力』

このような雑誌があるなんて知らなかったなぁ
隔月誌で、その名の通り、お孫さんがいる世代をターゲットとしたカルチャー誌

2年くらい前に創刊したそうなのですが、今回、コンセプト等を一新でリニューアル

雑誌をめくるとまず最初には、こういった言葉が並んでいます。

今の60歳は、激しく変化する時代をたくましく生き抜いて、おいしいものも苦い経験も、人には言えない秘密も知りつくした、いわば人生のツワモノ。

成熟した人間が毎日を楽しみ、孫との時間を分かちあう。

自分の将来と、この先の未来について考える



で、具体的にはどんな?というと・・・

まず今月の特集は、「死ぬまでマンガ」

「日本マンガの60年」
「『はだしのゲン』は孫に読ませるべきか」
「孫に読ませたいマンガ、読ませられないマンガ」
「あの頃、ぼくたちの、青春マンガ」

など。

特集の他には、

「服飾雑学講座〜ネイビーブレザー」
「60歳からの手習い」
「女優と妄想ドライブ」
「孫とうるおい実感!」
「孫のトリセツ」

など。

切り口には、団塊世代を主役にしたものと、そこに孫の存在を通してのものをプラスしているのがあって、新鮮かなと

確かに、まだまだ「現役」ですからね 
気持ちも若いし元気
私の両親はまさにこの世代なので、実感しています。

で、この中で「孫に残すお金」というテーマの下、連載をすることになりました。

創刊号では、「教育資金の一括贈与非課税制度」について。
やっぱり今年の話題は、まずこれでしょうということで

聞いたことくらいはある方も多いかと思いますが、制度の概略と考え方をまとめています


ちなみにこの雑誌、次回の特集は、「東京五輪を観てから死ね!」
だそう。

なんとも刺激的なタイトル・・・

私が執筆する部分「孫に残すお金」の内容については、これから。
何にするかな


北野琴奈オフィシャルサイト
 Official Site



Copyright(c)2007-2016
Kotona Kitano
All rights reserved