HOME'Sさんのコラムがアップされています

今回は、相続大家さんとサラリーマン大家さんについて。

賃貸経営においてよく言われるのは、相続税対策を理由に始めるよりも、いわゆる「サラリーマン大家さん」に代表されるゼロからつくり上げていく方の方が、「経営努力」をする傾向があると。

というのは、「資産」がまだあまりない状況で借入割合も多く、少しの空室や家賃減少が命取りになる可能性があるからなんですね

相続対策の方は余裕が多少ある分、積極的な賃貸経営を行う方はそれほど多くないと。
一部、情報収集やそれを実践するなど、かなり熱心に取り組まれている方もおられますが

入居者の方から見れば、大家さんの事情なんて全く関係ないのだけど、大家としては競合物件のオーナー事情は知っておいた方が良いかも

というわけで、相続対策で土地の有効活用ができるとするとどのくらい税金のトクがあるのかなどについて、書いてみました

コラムはこちらです。


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site