太陽光発電が稼働し始めてから、4ヶ月と少し

発電するまでは、土地選びからはじまり地主さんや役所とのやり取り、実際の工事とすべきことが次々にありました

それが、実際に始まってみるとほとんどやることはなくなり。
確認するのは、遠隔監視の「エコめがね」チェックくらかなー

まだ4ヶ月ではありますが、これまでの発電推移について書いてみたのでご興味ある方はコチラからご覧ください

これから季節によって発電量の多寡はありますが、特に繁忙期・閑散期というものはなく、そこは賃貸経営とは大きく違うかなぁ。

コツコツ地道にというのは似ていますが。

でも、何か突発的なことがあった場合の対応は考えておく必要あり
とはいえ、自分が実際の現地でできることは少ないと思うので、連携を取りながら解決していく感じですね

考えられるのは、天候や飛来物なんかの影響で、著しく発電能力が落ちることかな。
離れている分、エコめがねチェックを元に、早期発見が大切です


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site