HOMESさんのコラムがアップされています

今回は「コンセプト型の賃貸住宅」について
基本的には借り手市場で、多様化も進む賃貸住宅。

いわゆる普通の物件だと、築年を経るごとに魅力が減っていく≒空室期間が長引く、賃料が下落するといったスパイラルに陥りがち

そういったことにならないための対策として、物件に何かしらの特徴を持たせて他と差別化を図ろうというものです

入居層は限られるかもしれないけれど、気に入っていただければ、長期間住んでもらえる可能性もあるわけで

価格競争に巻き込まれないようにするには?というのは、賃貸市場に限ったことではありませんね。

選ばれ続けるには、試行錯誤や工夫が今後ますます必須事項となりそうです

コラムこちらからどうぞ〜。

海外だと、建物が古くなっても価値が落ちないとか、逆に古いものの良さみたいなことも言われるのだけど、日本は以前ほどではないにしてもまだ、新築や築浅が強い傾向にありますね。

需給バランスの影響も少なからずでしょうけれど


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site