IMG_4994

2月13日の日経新聞朝刊、「NISA特集」内で取材されたものが掲載されています
「〇〇の日」って祝日にはならなくても、各業界なんかで決めて名前をつけていることはありますよね。
資産運用についても然り。

昨日2月13日は、NISAの日となったようです
NISAとは、個人が資産運用をするにあたっての税制優遇制度。
運用益(配当金、売却益)に対する税金が非課税になります
2014年に始まり、今年はそこから派生した「つみたてNISA」が登場

20歳以上であれば使える優遇なのですが、つみたてNISAの方は比較的若い世代が活用しやすいのかなと
というのは、新たな投資金額の年間上限額が40万円。月々ざっと3.3万円ですね。

以前からあるNISAは年間上限額が120万円なので、比較的余力があると思われる年齢が高い世代が活用することが多いよう

そんなつみたてNISAについてのイベントが、13日当日に日経新聞社主催で開催されました。
200名の募集を大幅に上回る応募があり、抽選になったとのこと。
ご参加下さった方はやはり、20〜40代といった若い世代も多く見受けられました

僭越ながら、1部で私からNISAなどの概要について話しをさせていただき、2部では証券会社の方々も含めてのパネルディスカッション

運用は基本的に元本保証ではないから、皆が絶対にすべきだとは思いませんが、自分の人生とお金のことについて、一度考えるきっかけになればいいのかなーと思います<


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site