HOME'Sさんの連載コラムがアップされています

今回は、いつもと少々視点を変えて、「人生に必要なお金はどのくらい?」というテーマ

これってそもそも、お金の運用の根本なのですが、それを飛ばして目先のことだけを考える人も多いよなーと感じます

直近の月々の手取りや年収がどの程度かは把握していても、例えば現役時代35年、リタイア後30年といった長期のスパンで考えている方はそんなに多くない。

もちろん、長期に渡ることなので、計算通りに行くはずはないのですが。
なので細かい数字ではなく、大雑把で良いから家計の収支について大きな流れくらいはつかんでおきたいよね、といった話しです

短期&中長期、どちらの視点も持つことで、どこに問題があるのかが見えてくるはず

「先送り」するのではなく、「知って対策を考える」方が、長い人生、気持ち的にも良いのではないかなと思うのです

コラムはこちらからどうぞー