最近は、若い方もお金の運用に興味を持つ人が増えてきているよなー、と感じることも多くなってきました

むしろ、より真剣かも。
そうならざるをえない環境だからとも言えますが

でも違う視点から考えるのならば、バブルの頃のように運用で大きな失敗をした方も少ないだろうから、始めるにあたり、心理的な抵抗がそんなに大きくない可能性もあるのでは

バブルを経験した世代は、成功した方もいるけれど、大きく損失を被ったという声も多い
「もう、投資はこりごり。」という方も少なからずおられると感じます。

私は、お金の運用は中長期で地道に取り組んでいくものだと思っていて
だって、経済の成長ってそんな急激ではなく基本的に緩やかですよね。
であれば、経済と大きく関係しているお金の運用だってそうだと。

だから、途中で大きく損失を出すことで気持ち的に続けられなくなってしまうのはもったいないと。

それを避けるためには、最初から自分のリスク許容度を考える必要があります。

「そのお金は最悪、どの程度減る可能性のある運用なのか?」ということを、実際に数字を出してみることが大切ですね。

そのためにはいろいろな方法がありますが、また次回ご紹介したいと思います

とはいえ、確かに気持ちのコントロールは難しいのですけどね・・・

若い方には、とにかく短期で儲けようとあせるのではなく、時間という大きな武器を十分活用して欲しいなーと思います