HOME'Sさんのコラムがアップされています
今回は、住宅購入について、購入の10年後に売却するケースについて書いてみました

コチラです。

マイホームを購入して将来的に売却するというのは、意外とよく質問されます
金利が低い状況がずーっと続いているから、購入してしまった方が良いのでは、という風に思う方も多く。

住宅購入は金額が大きいので、確かに低金利の恩恵はそれなりにあります

3000万円を30年で借りた場合、金利1.5%と2%では、それぞれ年間返済額が124万円、143万円、総返済額は3,730万円、3,990万円の違いがありますから。
ただ特にここ数年は物件価格も上がっているので、割安というわけではないですけどね。

マイホームが欲しいというのは、運用とはまたちょっと異なる観点があるので、もちろん数字だけではありません

ただ最近は、ずーっと住むというよりは、将来の住み替えも見越して購入する方も増えている印象。
とすると、「資産価値」がひとつのキーワードだったり

「資産になるかどうか」という、漠然とした言葉で考えるのではなく、具体的に数字として把握しておくと良いのではないでしょうか