毎日新聞の連載、今回のテーマは、マイホームを売却して新たな住宅を購入するにあたっての視点について書いてみました

住宅を売却する場合には利益か損失が出ると思いますが、今回は利益が出ることを想定

ここ数年は、不動産価格が値上がりしているところも多く、売却により利益が出るケースも少なくないと思われるからです。

マイホームの場合は基本的に、利益が出ても3,000万円までは税金がかかりません
そうは言っても、一部を除いて普通はなかなか3,000万円の利益って考えられないかもしれませんね。

ただ注意点は、利益を求める式は単に、売却価格−(購入価格+諸経費)ではないということ。
「購入価格」ではなく、「購入価格から減価償却を差し引いた金額」なので、購入した金額よりも低くなるので利益は出やすくなります

この「3,000万円の特別控除」を使う場合に知っておくべきなのは、次に買う住宅に「ローン控除」を使うことはできないということ

なので、どちらを使った方が良いかは事前に試算して決めることが必要になります。
値上がりしていてもローン控除の方がトクになるケースも少なくないので、売却を検討される際には一度計算してみて下さい