昨年の不動産業界は、不祥事がいろいろとあって、これまでに比べて融資が出にくい状況です。

業界の中だけでなく一般メディアでも連日報道されていたくらいだから、ご存知の方も多いと思います
大きなものはこんな感じ

  不正融資問題
  サブリース問題
  手抜き工事問題

今年も引き続き余波を受けていて、全体的に融資審査は厳しくなっています
特に、アパート・マンションを一棟で購入する際の必要な頭金が多くなっているため、実質購入できる方が少なくなっている感じですね。

それでも、不動産欲しい!という声は結構耳にします
区分所有ならばまだ比較的融資がつくものがあるということで、自ずと資金が向かう先はそちらへ

金融機関だって、収益を上げるために何とかしなくてはならない。
だけど選択肢が少ないので、右へ倣え状態で不動産に注目が集まり

マイナス金利が導入されてからというもの、不動産価格が上がっているのは融資が出ていたのが大きいです。

一棟ものへの融資が厳しくなった今、今後は区分所有の価格動向が気になるところです。