子供関係の用事があり、少々大分に滞在していました

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_35ae基本的には大分市内にいたのですが、少し足を伸ばして由布院にも。

昼間は32、33度くらいあったと思いますが、緑が多いからか日陰はまだしのげる感じ

駅から金鱗湖まで徒歩20分くらいかな。
道の両脇にはお店が連なっているので、ちょこちょこ立ち寄りながら行くと1時間近くかかるかと。

あたりは中国語が飛び交っていました。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_35b4途中にあった、「どんぐりの森」なる「となりのトトロ」を中心としたお土産屋さんも観光客でいっぱいでした。

「となりのトトロ」は、大分にある地名「轟(ととろ)」に関係して取り上げられたことがあるよう。
記念スポットとしても有名なのかな

金鱗湖まで行った後は、折り返して駅近くの温泉に向かおうと思っていたのですが、暑くて歩くのは途中で断念

タクシーで移動することに
ちなみに向かった先はこちら
由布岳が綺麗に見えてGood

タクシーの運転手さんの話しだと、少し前までは中国語より韓国語が多かったらしい。

それが最近の日韓での色々なことが影響して、韓国からの観光客がめっきり減ったそうです。
そんなに直接的な反応があるんだなぁ。

九州は、韓国・中国から近いからこそ、変動の大きさを感じやすいのかもしれませんね

ちなみに今年のGWは、宿泊場所の予約で日本人の観光客が優先されていたようで、日本人がかなり多かったとのことでした。

GWの方が、温泉に入るにも散策するにも、気候は良いですね