プロフィール写真
北野 琴奈
◆日本FP協会 CFP®認定者
 (ファイナンシャル・プランナー)
◆日本ソムリエ協会認定
 ワインエキスパート

◆実践型FPとして、講演・執筆・資産運用アドバイザーなど多方面にわたり活動中

◆TBS「がっちりアカデミー!!」、
BS11デジタル『不動産王』、
BSジャパン「日経プラス10」、
日経CNBC「不動産投資AtoZ」
等にコメンテーターとして出演
  • ライブドアブログ

つれづれ

クラシック音楽祭、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン

IMG_2524IMG_2526

あっという間にGWも終わり、通常の仕事モードも早、週後半

連休中、遠出はせずに比較的近場で過ごしました
いろいろイベントは入れていたので、毎日出かけていましたが。

そのうちのひとつ、「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」という、クラシック音楽祭に行ってきました

東京国際フォーラムで3日間、大々的に開催されたもの。
全350公演もあるというからすごい規模ですね

「ラ・フォル・ジュルネ」自体は、1995年にフランスで始まった音楽祭だそう。
「一流の演奏を気軽に楽しんでいただき、明日のクラシック音楽を支える新しい聴衆を開拓したい」というコンセプト、素敵です

日本での初開催は2005年。
公演はゼロ歳からOKのものもあるし、3歳以上だと入場できるものがぐっと増えます
世界の一流アーティストの演奏で本格的なのだけど、1公演45分くらいなので気軽だし。

まわりには屋台もたくさん出ていて、ほんとお祭り気分です
爽やかな陽気の中、子供OKで音楽を楽しむという贅沢
ただ、かなり混雑してはいましたが。

こちらの音楽祭、来年も開催されるだろうからぜひまた行きたいなぁ


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site


オーケストラとアニメの融合コンサート

IMG_2294

クラシックコンサートやバレエなどは年齢制限があることも多く、大体は、小学生になっているかどうかが基準

「未就学児は入場できません」という記載をよく目にします。

でも最近は、「ゼロ歳からのクラシック」みたいなものも増えてきているかなーという印象です
娘は先日5歳になったので、参加できるものが少しずつ増えてきました。

そんな中、お友達にお誘いいただいて行ってきたのがこちら。
4歳からOKのもの。
「オーケストラとアニメの融合 ファミリーコンサート」(ハウス食品グループ)

ファミリーとはいえ、本格的です
2部構成で、1部はオーケストラの演奏で2部がアニメとの融合。
1部も単に演奏だけではなく、内容が工夫されていました。

面白かったのは、曲の一部をオーケストラの各パーツごとに分解して演奏をしたもの。
ヴィオラってこういう役割なのね、などという発見があり興味をそそられました

2部のアニメでは、バッグス・バニーやトムとジェリーなんかが出てきて、懐かしさも満載

演奏と画像がぴったり合っていて、これが面白い
へぇー、こんな表現法があるんだなーと。

娘も、時折声を出して笑いながら見入っていました

2014年から毎年恒例で行われているそう。
開催地は東京、大阪。
今年はそれに加えて、仙台、熊本、郡山でも行われるとのことでした。

来年も既に決まっているよう(東京:4月22日)で、次回も行きたいなーと思っています


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



野菜ドーナツ@中目黒

IMG_1875BlogPaint

中目黒にある、野菜ブランド「SOAKS」のカフェ。
娘と一緒にちょっとひと休み

ここのドーナツは、ごぼうとかれんこんとか、野菜を使ったものがいろいろあります。
といっても、「ザ野菜」という味ではなく、自然な甘さ・美味しさ

あとは、季節限定のものも
たまーに立ち寄っています。

いつもは、カフェオレを頼むことが多いのですが、今回はちょっと目についた「紫芋オレ」。
カフェインレスなので、子供でもOK

ほんのり、紫芋のやさしい風味が感じられます。
娘も、「美味しい〜」と言っていました。

目黒川沿いだから、このあたり散歩途中の休憩にもよいかと。
ドーナツはテイクアウトも出来るから、家でも楽しめますよ〜


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site


初ミュージカル リトルマーメイド

BlogPaint

娘とは「初」のミュージカルに行ってきました

リトルマーメイド。
休憩はさんで2時間半ほどなので4歳児はどうかなとも思ったのですが、娘は話しの大まかな内容は知っているのでなんとか大丈夫かなと思い

結果、けっこう楽しんでいました
シチュエーションがいろいろ変わったり知っている歌があったりなど、彼女なりに楽しんでいたようで。
「アンダーザーシ〜」と歌っていました。

あと、会場スタッフの方々も小さい子供に慣れている感じがしました。
たくさん来るのかな?

こういう時間、年末だからこそのぜいたくなひと時

もっと小さい時は、外出先で静かにしていられるかなどハラハラしてばかりだったのですが、ある程度の年齢になると違いますね。

いろんなことを一緒に楽しめるようになるのはいいなーと感じます。
長かったような、あっという間だったような。

そうやって、1年が瞬く間に過ぎていくんだろうなー。


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site


毎年年末は・・・思い出ベンチ

子供がいると、必然的に公園に行くことが多くなります
家に近いところはもちろんのこと、どこか出かけた時にも、気がつけば探すのが習慣になっていて。
いつか、全国公園めぐりというのも楽しそうだなー

子供が産まれる前も公園は好きで、考えを巡らせる時などたまーに行っていました

IMG_1641そんなこともあり、毎年この季節我が家の恒例となっている、「思い出ベンチ」というものがありまして

これは東京都が平成15年度から行っている寄附事業で、公園に設置するベンチへの寄付金を募っているものです。
ベンチには寄付者がメッセージを書く記念プレートが設置されていて、毎年、何を書こうかと考えるのが楽しくもあり

公園の一例を挙げると、日比谷公園、井の頭公園、代々木公園、小金井公園、上野動物園、多摩動物公園など、東京にいれば身近に感じるところも多々

我が家は今年で12回目。
今までのメッセージを見返してみると、当時のことがよみがえります。

40文字以内の字数制限の中でまとめているので、その1年がぎゅっと凝縮された表現になり、後で見ても何があったのかが思い出しやすい

毎年、年末年始という時期にぴったりです


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site


イルミネーション@ミッドタウン

IMG_1593

今年もあと1ヵ月ということで、イルミネーションがあちらこちらで見られるようになって華やか

先日立ち寄ったのは、六本木のミッドタウン。
毎年恒例で、今年で10回目だそう。
そうか、ミッドタウンが出来て10年にもなるんだ。

ブルー系のものが多くて、ちょっと大人っぽいかな。
でも光と音楽のコラボレーションもあったりと、子供も楽しめます
週末で人は多かったけれど、まだ11月だったから1、2回待てば近くで見ることできて

IMG_1607IMG_1594

こちら(写真左)は、シャンパン・イルミネーションという名前がつけられていて、ミッドタウンっぽいなーと
シャンパン、飲みたくなります
(実際この後、飲みに行き

年末年始、お酒の機会も多くなりそう〜。

休肝日とのバランス取りながら、ですね


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site


大人も熱中!

IMG_1518IMG_1521

子供のおもちゃで最近楽しんでいるのが、フランス生まれのこちら、KATAMINO(カタミノ)。
同い年のお子さんがいる方のお家で遊んで面白かったので、購入してみました

箱にも書いてありますが、対象はなんと3歳〜99歳
こんなにはっきり大きく書いてあるものって、あまり見ないかな

指定された駒を使ってボードを埋めていくというのが、オーソドックスな遊び方。
駒数やボードの広さによって難易度を変えられるので、年齢に関係なくできるんです

というわけで、子供だけでなく親も楽しんでいます。
集中してやっていると時間を忘れるくらい
ぴったりはまった時の、「あっ、できた!」という感覚は◎

たった20ピースの駒で3万6千通りの組み合わせができるというから、かなり遊んでもまだまだですね

他にも遊び方はいろいろあったり、木製&色もきれいっていうのもポイント高し


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site


稲刈り初体験

IMG_1371IMG_1400

先日は秋晴れの中、稲刈りへ行ってきました
6月に植えた苗がしっかり大きくなって実もつけていて、娘は大喜び

私としても、田植えのみならず稲刈りも初めてです。
作業量としては田植えの方があるだろうと思っていたけど、いやいや稲刈りも結構な重労働
足元がまだぬかるんでいてずぶずぶだったから、なおさらかな。

ひざ下まであるぬかるみの中を進みながら、腰をかがめて一束ずつ刈って、それを束ねる人のところへ持っていっての繰り返し

ちょっと気を許すと、大人でも泥の中に尻もちつくくらい。
荷物量の関係上、着替えは子供分しか持っていっていなかったから、ドロドロになると大変・・・

来年早々に、このお米も使ったもちつきがあって、彼女にとってはそれが一番楽しみかもなー

IMG_1395稲刈り後は、近くに植えてあるサトイモを見に行き。
娘は、サトイモの大きな葉っぱをカサにして走り周っておおはしゃぎでした

疲れていないのかい・・・というくらい元気いっぱい。

いや、すごい体力です


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



アメリカの巨大ヒトデ

アメリカというと、何でも「大きい」イメージがある私だけれど、今回行った水族館でもそれを目の当たりに

IMG_0850巨大なヒトデに触ることができる水族館。

基本的に子供向けではあると思うけれど、私もこんな大きなヒトデは初めて

他にも、ウニとか貝とかもいました。
一番のインパクトは、ヒトデだけれど

そばには水族館のスタッフの方も結構いて、ざっくばらんな話しもできます。

皆さん、本当に愛おしそうに生物に接していたのが印象的

BlogPaint最初はかなりびびっていた娘も、私が触ったり優しいスタッフの方のフォローがあったりで、触れるようになりました

最後は、「かわいいねー。」「やさしくだよねー。」と言えるまでに

60歳くらいの女性スタッフの方が、
「怖ければ無理しなくていいのよ。彼女が触りたいと思う時が一番のタイミングだから、ごゆっくり。」と言ってくれて、そうそう、子育てってそういうことなんだよね、と改めて。


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



アメリカ滞在

IMG_0729

数日前よりアメリカに来ています
2年ぶり。

IMG_0845IMG_0742

日差しは強いとはいえ、朝晩は20℃を切るくらいだから快適
湿度も低いし。
逆に言うと、乾燥しているから「肌」にとって良いかどうかはわからないのだけど・・・
いちおう、女性としては気になるところ

娘連れでもあるので、彼女のための時間もありつつ不動産関係も粛々と。
現地見たりマーケットの現状を聞いたりする中で、やはり現場は大切だと再確認

娘は、本場のディズニーランドでも楽しいひと時を
真夏というのは日本と同じだけど、湿度が低いので真昼間でも大丈夫。

待ち時間も、ちょっと日差しがじりっとはするけどそこまで苦にはならない。
ミッキー、ミニー好きの娘、堪能していました

不動産も、いつもお世話になっている現地の方々とミーティングを持ちつつマーケットについていろいろ見たり聞いたりと。
現状のリアルな話しを直接聞けるのは、とっても貴重な時間です

また、日本でもフィードバックできる機会があればと思います


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



Archives
Copyright(c)2007-2016
Kotona Kitano
All rights reserved