プロフィール写真
北野 琴奈
◆日本FP協会 CFP®認定者
 (ファイナンシャル・プランナー)
◆日本ソムリエ協会認定
 ワインエキスパート

◆実践型FPとして、講演・執筆・資産運用アドバイザーなど多方面にわたり活動中

◆TBS「がっちりアカデミー!!」、
BS11デジタル『不動産王』、
BSジャパン「日経プラス10」、
日経CNBC「不動産投資AtoZ」
等にコメンテーターとして出演
  • ライブドアブログ

収録・執筆・取材

毎日新聞の連載コラム

毎日新聞のコラムが、6月14日の朝刊に掲載されています

今回は、相続対策によく使われる「小規模宅地等の特例」について取り上げてみました

これ、漢字ばっかりでとっつきにくいと思うのですが、自宅を相続するにあたっても関連してくるので、使う方も多い特例です

平成30年度の税制改正で、この特例を使える方の範囲が狭まったため、相続対策の見直しをしなければならない方も出てくるでしょう。

小規模宅地等の特例では、大雑把に言うと、マイホームを持たない子が亡くなった親御さんの自宅を相続した場合、その土地の評価が80%も減額されるのです
(他に満たすべき条件はありますが。)

業界では「家なき子」特例などと言ったりもしますが、今回その対象者が縮小されることに。

一例を挙げるとすると、相続開始前3年以内に3親等以内の親族等が所有する家に住んだことがある場合は特例を受けられなくなりました
3親等というと、叔父叔母です。

この特例はもともと、相続する方が、相続発生後もなるべく居住環境に困らないようにと配慮されたものでもあります。

それが、意図に沿わない税負担軽減だけが目的になってしまった事例が散見されるようになり、今回の改正に到りました。

これまで以上に早めの検討・対策が必要になりそうです


HOME'Sの連載コラム

HOME'Sさんの連載コラム、今回は久しぶりにREITについて書いてみました

コラムはこちら

昨年2017年は、日本株式市場が好調であった一方、REITはあまりぱっとしませんでした
不動産市況はそんなに悪いことがあったわけではないのですが、外的要因というか。

このあたり、不動産とはいえ、金融商品の側面も大いにあるよなぁと実感です

まぁREITは、基本的に価格が下がると利回りは上がることがほとんどなので、分配金狙いで購入するには良い環境だったかも

だって、平均利回りが4%台半ばだったので
このご時世、なかなかない水準です。

NISAを使えば、税金もかからないし
もちろん、銘柄は選びますけれどね。


日経モーニングプラス出演

IMG_5478
ご縁があり、BSジャパンの「日経モーニングプラス」にファイナンシャルプランナーとして出演しました
朝7:05〜の番組に生出演なので、当然起床も早く

4時半過ぎ起きです。
最近、なかなかない時間。
この季節、東京では真っ暗ではないのですね。
うっすらと夜が明けそうな雰囲気の時間です

IMG_5494出演したのは2コーナーで、「マネークリップ」&「フィナンシェルジュ」。(資産運用・経済の疑問を、ホテルのコンシェルジュのように解説するという意味らしい)

前者では個人型確定拠出年金iDeCoがテーマ、後者は空き家問題についてでした
報道番組の中の枠だし全部合わせても10分くらいなので、概要についてという感じです。

生番組は久しぶり。
コメントは〇〇秒でまとめなきゃいけなかったりと、秒単位を意識する必要があり、独特の緊張感があります

こういう表現の方が良かったかな?など、後から思うことは多々ありますが・・・
キャスターの方々やスタッフの皆さんが良い方ばかりで、ありがたい

レギュラーの方は、毎日早朝からのお仕事で時間的に大変だなーと思って伺ってみたら、「でも、毎日だとリズムができるので、かえって良いかも。」とおっしゃる方も

確かに、そういう視点もあるかなーと思いつつ、私自身は無理そうだなぁ

HOME'Sさんの連載コラム

HOMESさんのコラムがアップされています

今回は「コンセプト型の賃貸住宅」について
基本的には借り手市場で、多様化も進む賃貸住宅。

いわゆる普通の物件だと、築年を経るごとに魅力が減っていく≒空室期間が長引く、賃料が下落するといったスパイラルに陥りがち

そういったことにならないための対策として、物件に何かしらの特徴を持たせて他と差別化を図ろうというものです

入居層は限られるかもしれないけれど、気に入っていただければ、長期間住んでもらえる可能性もあるわけで

価格競争に巻き込まれないようにするには?というのは、賃貸市場に限ったことではありませんね。

選ばれ続けるには、試行錯誤や工夫が今後ますます必須事項となりそうです

コラムこちらからどうぞ〜。

海外だと、建物が古くなっても価値が落ちないとか、逆に古いものの良さみたいなことも言われるのだけど、日本は以前ほどではないにしてもまだ、新築や築浅が強い傾向にありますね。

需給バランスの影響も少なからずでしょうけれど


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



REIT 決算・運用報告書内の対談

IMG_3869IMG_3870

REIT銘柄のひとつである、フロンティア不動産投資法人さんの社長との対談模様が、今期の決算・運用状況報告書に掲載されています

そちらにも記載がありますが、実はフロンティアさんの社長とは6年前にも対談させていただいていまして。
社長は今年交代されたので、初めてお会いする方でした。
以前の田中社長もでしたが、藤山社長も大変お話ししやすい方

6年も経ったのだなーと改めて感じた次第です。
当時は東日本大震災からまだ4、5ヵ月程度で、そのようなことも話題に上ったなぁと。

フロンティアさんは商業施設を運用対象とするので、現在の消費動向といったことについても話しが展開し

物販系のeコマース市場規模は、6年前と比較して4兆円→8超円と倍くらいになっているそうですが、日本の小売販売額は140超円で、こちらは10年ほど変わっていないのだそう
マクロ金額は変わらず、「売れるもの」が変わっているのですね。

その他、分配金や財務、成長の考え方なども伺い、私も勉強させていただきました

こちらからもご覧になれますので、よろしければどうぞ〜
(p6〜9です。)


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



日経ムック 「REITまるわかり! 徹底活用術」

IMG_3778IMG_3781

毎年おなじみの、日経ムック「REITまるわかり!徹底活用術」が出版されました
今朝の日経新聞広告にも掲載されています。

REITの日経ムック本はここ4年ほど、毎年この時期に出版されていて、REITについて最新情報や基本的な考え方などがまとめられています

私が取材協力させていただいたのは今年で3年目

今回は、「実物派 vs REIT派」というテーマ。
収益性やコスト、リスクなどといった7つの項目で実物とREITの比較について話しをしたものをまとめてもらっています

J-REITも上場してから紆余曲折を経て今年で16年。
だいぶ認知度も上がったかなーと感じます

少し前までは、興味あるのは年齢層が高めの男性ばかりという感じでしたが、最近は若い世代や女性の方も増えています。


よろしければご参考くださいませ


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site


帰国しましたー。

あっという間に米国滞在も終わり、帰国しました

今年の関東は、8月が梅雨みたいですね。
成田に着いて、湿度の高さに日本を実感

7月は全く雨が降らずでどうなるかと思いましたが、これでトータルのバランスは取れている感じなのかしら。

米国ではいつものように、不動産関係の方とお打合せや実際に現地を視察もできたりなど、有意義な時間

インターネットの普及に伴ってリアルタイムで情報は取れるようにはなったけど、やはり実際に自分の五感で得るものは格段に違う
そんな話しは、現地在住40年になる方もおっしゃっていました。
全く同感

またセミナーなどでもお話ししていければと思います。

バタバタとしていてお知らせが遅くなりましたが、HOME'Sさんのコラムが更新されています。
「不動産売却の際に知っておきたいこと」

基本的には、実需ではなく賃貸不動産についてのものです。
コチラからどうぞ!


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



週刊エコノミストへの寄稿

IMG_3095IMG_3094


週刊エコノミストさんからご依頼があり、不動産投資に関するコラムが掲載されています

こちらの雑誌を読まれる方は経営者も多いということで、相続対策、資産の評価減効果を得るために不動産を活用することに興味をお持ちの方もおられると思います

とはいえ、賃貸不動産を保有すれば日々の管理は必須

もちろん、自分で行う、外部に委託する、ということは各自で選ぶことはできますが、最終的な判断・決定は自身です

そいういう意味では、既に他の事業を経営されているのであれば慣れておられる方も多いはずですね。

別業界の良い点を、賃貸経営に活かすということも可能でしょう
ご多分に漏れず、不動産も「慣習」的なものは多い業界だと思いますので。

最近は、IT化が進みつつあったりなど新たな芽も出てきていて、今後の動向にも注目です


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



『家主と地主』掲載

IMG_2995IMG_2994

全国賃貸住宅新聞社さんが発行する、『家主と地主』。
太陽光発電についての対談記事が掲載されています

業界メディアを運営する社長にお話しを伺ってきた時に賃貸住宅新聞社の記者さんも同席されていたので。

普段、なかなか業界動向とか国のエネルギー政策についての話しを伺う機会がないので、面白かったー

川副社長、きさくだし、大変論理的なお話しだったのでとてもわかりやすかったです
後日、私の方でもまとめたものを記事アップする予定。

私自身は昨年から発電開始していて、今のところ順調に推移中。
まずは1年、どういう動きをするのかチェック継続です


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



朝日新聞出版さんの「ゆとりら」

IMG_2849今年の3月に朝日新聞出版さんから創刊された「ゆとりら」という雑誌

60代の女性をメイン読者として想定されているとのこと。

リリースは年4回くらいを考えられているのかな?
前回の春号に続き、夏号です。
前回はREITについての取材を受けて、監修した記事が掲載されました

今回は事前にいろいろテーマを出して検討した結果、「リバースモーゲージ」で決定

リバースモーゲージって、もともと日本では1980年代からあったのだけど、なかなか普及しなかった経緯もあります

最近は、取り扱う金融機関が増えてきたので、見聞きすることも前より多くなったかなと。

リバースモーゲージは、自宅を担保にして金融機関からお金を借りるのだけど、基本的に元本部分の返済はご本人が亡くなられた後でOKというもの。

住み続けながら、「自宅を有効活用」しようという感じですね
メリットや使い方、注意点などについてまとめられています。

細かいルールは金融機関によっても異なるので、ご興味ある方は実際にいくつか調べたり、問合せてみると良いでしょう


北野琴奈オフィシャルサイト
Official Site



Archives
Copyright(c)2007-2016
Kotona Kitano
All rights reserved