2012年11月18日

    スキャンする準備が完了したので作業開始!

    前回の “【自炊生活その6.5】快適に本を裁断するためにDC-220Nの替刃とカッターマットを買ってみた” では裁断機の消耗品パーツについて紹介しました。長かったこの自炊生活シリーズもついにメインである本を解体してスキャナーでスキャンする「自炊」作業に突入します。やり方に関しては人それぞれいろいろあると思いますのでここでは私のやり方を紹介して進めていきます。まだまだ初心者ですので今後やり方が変わるかもしれませんが現在の自炊スタイルです。

    とじ太くん 3000を使って本の解体作業

    では、自炊したい本を用意します。今回は解説用に “「ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ! 」の第2巻を買ってみた” で紹介した「ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ!」を使って説明します。
    漫画の自炊-1

    あとからまとめてスキャンしてもいいんですが、帯ありもスキャンしておく場合は解体する前にやっておくとやりやすいので先にスキャンしておきます。
    漫画の自炊-2

    接着剤を溶かすためにスーパーや薬局で売っているクッキングシートを準備します。クッキングシートは溶けた接着剤がとじ太くん 3000の中にこびりつかないようにするために使用するので必ず準備してください。
    漫画の自炊-3

    カバーを外した本をクッキングシートの上にセットします。
    漫画の自炊-4

    とじ太くん 3000のスイッチをONにし、約45秒待つと「ピー」とアラームが鳴るのでアラームが鳴ったら準備完了です。
    漫画の自炊-5

    アラームが鳴ったら本をとじ太くん 3000にセットします。しっかり奥まで押し込むとブザーが鳴るのでブザー音を確認します。ブザーが鳴ってから約45秒後にアラームが鳴り始めて本を取り出すまで鳴り続けます。1回目のアラームでは足りない場合もあるので2回目か3回目のアラーム音が鳴ってから取り出すと確実に解体できます。
    漫画の自炊-6

    接着剤が溶けていると簡単に本を台紙から剥がすことができます。もし、剥がしずらかったらもう1度とじ太くん 3000にセットしてください。とじ太くん 3000で熱しすぎると本を痛めることになるのでほどほどに温めてください。
    漫画の自炊-7

    本を台紙から剥がしてみると接着剤で固定されていることを確認できます。
    漫画の自炊-8

    台紙から剥がした本にも接着剤はくっついています。
    漫画の自炊-9

    本にはべったり接着剤がついているので接着剤を剥がすことはできません。
    漫画の自炊-10

    そしてまだ接着剤が温かいうちに本を裁断できるだけの枚数に分けてください。そのまま放置しておくと接着剤が固まって本の形に固まってしまいます。
    漫画の自炊-11

    DC-220Nでは同時に裁断できる枚数に制限があるので5mm以下の厚みになるようにページを分割しておくといいです。
    漫画の自炊-12

    DC-220Nで接着剤がついた余分な本の部分を裁断する作業

    それでは分割したページを1セットずつ裁断していきます。
    漫画の自炊-13

    切り落とす部分を確認します。切り落とすのは接着剤がついている2mm程度を目安にします。漫画の自炊-14

    切り落とし部分を確認したらレバーを上から持ってき裁断します。
    漫画の自炊-15

    すべてのページの余分な部分を裁断完了したらあとはスキャナーでスキャンするだけです。
    漫画の自炊-16

    スキャナーでスキャン作業

    ここまでの作業が完了したらあとはスキャナーでスキャンをするだけです。ADFスキャナの場合は念入りに接着剤で固定されていないかパラパラっと1ページ1ページめくって確かめてください。フラットヘッドスキャナはスキャンする際に気がつくのでそれから調整してもいいですがADFスキャナと同じように先に確認しておくと裁断する準備の手間を省けるので確認しておくといいです。

    フラットヘッドスキャナは1ページ1ページスキャンしないとならない苦行がこれから待っているのでここからが本番ですかね。漫画を自炊する場合はADFスキャナが欲しい・・・。

    <Amazon>


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    kotositukotositu at 07:00│コメント(0)トラックバック(0)自炊(電子書籍化) | PC関係:機材などこのエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    トラックバックURL

    コメントする

    名前
    URL
     
      絵文字