アマルティア

名張ホースパーク内吉田ファームで調整されています。中間も、順調に乗り込まれており、6日現在、角馬場でダクとハッキングで入念に身体をほぐした後、坂路にて1本目を軽めキャンターで、2本目をハロン17~18秒程度で乗られ、日によって15-15の時計で乗られています。雨川場長は「ウォーキングマシンに激突した様に、馬に元気が有り余ってる位で、乗り手も抑えるのに手を焼いています。作田調教師にはいつでも戻して貰って構わないとお伝えしているのですが、担当の厩務員さんの手が空き次第と聞いています。近々戻れると思いますよ」とのことでした。


そんなに忙しいのかい???
調子良い時に戻さないでどうすんの・・・
そんなだから今年はまだ1勝も出来ないんですよ・・・やる気の無い厩舎はダメだなぁ。