かわうそ初心者のブログ

カワウソ歴6年目の初心者とちびっくが"知ったか"のかわうそ日記を綴ります。いつまでも未熟な"初心者"と"ちびっく"の共同ブログ。6年目に突入で"初心者♪"から"初心者"に逆戻り! Twitter⇒@OtterBeginner

ときわ動物園 混合展示の醍醐味

R5DM0098
2017.5.13,TokiwaZoo


こんにちは。初心者です。
2年ぶりに山口県宇部市にあるときわ動物園に行って来ました。
前回訪問した時はリニューアルオープンの直後でしたが、現在はグランドオープンし、5つのゾーンに分かれていました。


H1DX2675
お目当てのカワウソは、2016年10月28日に4つ仔が誕生し、賑やかになっていたコツメファミリーです。


R5DM0001
そして待っていました混合展示。コレです。コレ!
おサルとコツメの共同生活。


H1DX2637
おサルとコツメの共同生活を観覧する場所は全部で3ヶ所。
まず、カワウソ展示室とプールが広がるこの場所は、吹き抜け空間となっているため、雨の日も暑い日もゆっくり観覧することができます。しかもベンチも完備されています


H1DX2632
プールの奥、陸地部分でお散歩をしていたコツメのリンちゃん。
ボンネットモンキーたちが近くにいても全然ヘーキなんですね。


R5DM0205
異種が気になってソワソワしているのは若いボンネットモンキーたちの方だけ。
楽しそうに遊んでいるカワウソにちょっかいを出そうとウズウズしています。


R5DM0215
ほら、手を出したのはボンネットモンキーのおチビちゃん。
周りのカワウソや大人のサルたちはそんな様子を見守っています。


H1DX2693
ホントの岸辺のよう。

動物の自然な姿を再現しようと「生息環境展示」をしているときわ動物園。
広くてどこにいるのか分からない。でもそれを探すのが、ときわ動物園ならではの楽しみ方のひとつです。


H1DX2720
この日は10時20分頃に室内展示室にて給餌が行われました。
きっとササミだと思いますが、人が多くて近くで確認することができませんでした。給餌時間は決まってないようです。

室内はいたってシンプル。


H1DX2754
玄関(展示室)出るとすぐプール。

このプールはカワウソ専用プールではなく、水に潜ることができるボンネットモンキーも使う事ができます。でもボンネットたちが実際に泳いでいる姿を見たことがありません。


R5DM0222
おっ、びちゃびちゃなおサルを発見!
「もしや泳いだのか」と、少々興奮しながら見ていましたが、どうやら仲間に突き落とされたり、自ら転んだりしていただけでした。なんか親近感。頑張れ、チビちゃん


R5DM0194
移動するときは比較的集団行動をとるボン・リン一家。

かつて福岡動物園のコツメの展示場とシシオザルの展示場の間が自由に行き来ができていた頃も、コツメ一家は集団で行動をしていました。それなりに警戒をしているんですね。


H1DX2760
ボンネットの群れの中を颯爽と駆けてきたボン・リン一家。

プールでしばらく遊んだ後は...


R5DM0008
はい、みんなで大移動。


H1DX2767
ボンネットモンキーたちの熱い視線を受け流し、向かって行ったのはボン・リン一家の秘密のアジト!


R5DM0167
はい、到着。

ここはボンネットモンキーとコツメカワウソ展示場の最初の観覧スポットです。
正面には大きな岩があり、岩の上ではおサルがぼ~っと。
岩の下ではコツメがぐ~っとする憩いの場でもあります。


H1DX2808
ボン君がせっせと巣材になる葉っぱや枝を運んでいました。


H1DX2815
何度も往復する働き者のお父さん。
でも、巣穴の中はどうなってんの?


R5DM0099
ちょっと画像が粗いですが、巣穴の様子がチラリ。


R5DM0076
巣穴の広さは不明ですが、一家で寝るスペースはあるようですね。
でも時々、ボンとリンだけ外で日向ぼっこをする時もありました。
(巣穴から両親を見ているおチビちゃん。コッチにおいでよ)


R5DM0109
長閑なひととき。そこへ若いボンネットモンキーがやって来ました。


R5DM0103
ちょっかい出さずにはいられない。
それが若サルの本能なのか。
リンちゃんは警戒中。ボン君は爆睡中。


R5DM0118
リンちゃんの目ヂカラに負けた若サルは、今度は岩の下のチビウソたちをおちょくろうと移動してきました。


R5DM0126
私の子供たちに手を出すな!

そんなアテレコがバッチリはまる瞬間です。
だけどボン父さんは微動だにせず爆睡中。


R5DM0130
あっ、手を出した!


R5DM0135
今度はリンちゃんのおヒゲをひっぱった!

若サルの命はここまでか
と、思った瞬間・・・


R5DM0136
まさかのチュー


R5DM0137
やっぱりチュー
しかも旦那が寝ているそばでのチュー

この後は黙って去って行った若サル君でした...。
一体何だったんだ~~~~っ


R5DM0141
ふんっ、若サルなんてお手のものよ。

と、言いたげなリンちゃんでした。

福岡動物園でも、コツメのふく太君とシシオザルのチビちゃんとがチューをした瞬間がありました。
その時も、寝ているコツメたちにちょっかいを出しにきたチビサルを諭すようにチューをしていましたが、異種間でもコミュニケーションをとっているんですね。


R5DM0158
チビウソたちが巣穴から出てきました。


R5DM0181
みんな起きたところで、展示室にレッツゴー♪


R5DM0011
この場所はボンネットモンキーとコツメカワウソの展示場の側面から見える観覧場です。

前回はここで遊ぶ姿を見かけましたが、今はファミリーの糞場となっていました。
木と木の隙間からみんなが大きな口を開け、しっぽをピンっと立たせながらおトイレをしている姿がチラリ。


R5DM0229
糞場からコンニチハ。
この仔はオスのカイ君かな?
今回は「おサルとコツメ」に必死すぎて個体識別に挑戦していません


H1DX2696
巣穴から糞場を経由してそして水辺の展示室へと大移動をするボン・リン一家。
それにつられて人間も走ります


R5DM0036
移動の間、道草をしていたリンちゃん発見!

私たちが訪れた翌日、大きな岩の隙間は飼育員さんによって塞がれてましったようです。

以前より、木や石で岩の隙間を塞いでいっては、カワウソたちにどかされてしまう、というのが続いているようです。

ときわ動物園のブログではその様子を「これが本当のイタチごっこ」と表現していました。イタチ科のカワウソに対して上手い表現だ!なんて感動をしていましたが、ボン・リン一家にとってはお気に入りの場所が減っていくのは深刻な問題かもしれませんね。

ときわ動物園 飼育員ブログ「8月28日いたちごっこ


R5DM0046
完全に塞がれたところもありましたが、今回はどうなることやら?

お気に入りの場所なら取り返せ!
って心の中で応援している初心者でした。


R5DM0084
おサルとコツメの共同生活。
そこには緊張感と、のんびり感と、そして新たな発見がいっぱい詰まっている空間でした。

coming soon ...

□安佐動物公園
□海遊館
□のいち動物公園
□みさき公園
□ニフレル
□安佐動物公園


Twitter プロフィール
かわうそ暦5年目突入!!そして、かわうそ初心者♪に変身!!かわうそ写真はこちら⇒ @OtterBeginnerP
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
記事検索
かわうそ初心者のブログ