かわうそ初心者のブログ

カワウソ歴4年目の初心者とちびっくが"知ったか"のかわうそ日記を綴ります。まだまだ未熟の"初心者"と"ちびっく"の共同ブログ。4年目に突入で"初心者#"に変身! Twitter⇒@OtterBeginner

のいち動物公園 土佐ウソ

H1DX0961


こんにちは、初心者#です。
ブログの時系列がぐちゃぐちゃになってしまいましたが、6月に行って来たのいち動物公園の続き。


H1DX0968
好奇心旺盛な瞳でまっすぐに見つめてくれるコツメカワウソのハル。


H1DX0912
ハルのお嫁さんとして札幌からやって来たメメとはペアになって3年以上が経ちました。ハルは相変わらずメメとの水中バトルを楽しんでいます。


R5D_0244
そしてお昼寝も一緒ハートコツメの出来上がり。


R5D_0230
海外から密輸され、関西空港で保護されたメナムとメコン。高知の風土はきっと彼らにあっていると思います。


H1DX0959
日本ではのいちzooと二見シーパラダイスにしかいないツメナシカワウソ。クラ父さんの大きな体は、隣のコツメカワウソたちのお父さんとよく間違われます。


H1DX1063
アフリカ出身、高知育ちのクラ父さん。水中をダイナミックに泳ぐ姿は惚れ惚れします。


H1DX1025
これがツメナシカワウソの指。前肢には爪がないがじゃき。


R5D_0235
ツメナシカワウソのララ母さん。ララもアフリカ出身、高知育ち。立派なお髭はララの証。


H1DX1484
息子のソラ君。唯一の日本生まれのツメナシカワウソ。正真正銘の土佐っ子です。


H1DX1285
現在、展示場に出る練習をしている最中のユーラシアカワウソのアザミちゃん。
姉妹のアカネちゃんの警戒心が半端なく強いため、展示場に出てきても一緒に隠れている事が多いようです。
外の展示場は楽しいよ。きっとアザミとアカネも高知の空気が大好きになるはず。



H1DX0973
昔にはカナダカワウソもいたのいちzooのカワウソ舎。今はコツメ、ツメナシ、ユーラシアの3種が揃っています。これってカワウソファンにとっては嬉しい事です。そして何より自然に溶け込んでるように見える展示はのいちzooの大好きなところです。



今日のアニマル!
H1DX1562
チンパンジーのダイヤ君かな。これは大好きなヤマモモを探しているところ。


R5D_0015
この実がみんなの大好物。ちなみに拾って食べた誰かさん曰く、「甘くてうまい!」らしいです。


H1DX1603
双子のサクラの方が強いみたい。


H1DX1130
ブチハイエナのブッチー父さんとエナ母さんと子供達。のびのび暮らしている姿が堪能できます。


H1DX1155
水浴びが大好きなんですね


R5D_0260
ブッチー&エナ一家の個体識別は尻尾でできます。そう、尻尾が写っていないとブチハイエナ初心者はお手上げです。子供っぽいからトーフかダイズかアズキか。


R5D_0277
展示場の壁に設置されているドーム窓。でっぱりドームとへっこみドームがあり、へっこみドームをのぞき込むのが好きみたい。愛嬌たっぷりの子供達です。


R5D_0316
閉館間際の晩御飯。この日はたくさんの動物クラスターさんがいて、みんなでお食事風景を見ていました。大の大人がみんなニコニコ顔


H1DX0945
水中を気持ちよさそうに泳ぐフンボルトペンギン。たくさん飼育されていますが、1羽だけキーパーさんにスリスリするペンギンがいました。まるで猫のような甘えっぷり。


R5D_0258
歌が得意なシロテテナガザル。ニタ父さんとチャコ母さんとニコ。ニコも随分大きくなりました。


H1DX1173
ミナミコアリクイの・・・コア父さんかナミ母さんのどっちか。多分コア父さんかな


R5D_0022
アナホリフクロウの親子。じっとこちらを観察されました

 
H1DX1016
のびのびと元気な動物たちを見ていっぱい和むことができました。

 
coming soon ...
  海遊館
  安佐動物公園

Twitter プロフィール
かわうそ暦4年目突入。かわうそ初心者♯に変身!
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
記事検索
かわうそ初心者のブログ