かわうそ初心者のブログ

カワウソ歴8年目の初心者とちびっくが"知ったか"のかわうそ日記を綴ります。いつまでも未熟な"初心者"と"ちびっく"の共同ブログ。8年目に突入でも"初心者"のまま!! Twitter⇒@OtterBeginner

ぶらり海遊館

iPhone 026

こんばんは、初心者+です。
GW初日は大阪海遊館に行ってきました。しかも夕方から。

カメラを持たずにカワウソに会いに行ったのは今回がはじめて。
ゆっくり、じっくりわんぱくファイブを観察ができてよかった。たまにはいいですね
と、いう事で今回はカワウソの写真は撮れなかったのでなしです...
撮影はiPhone。


海遊館の入館ゲートが外に設置されていました!
コピー ~ iPhone 024
帰りに撮ったので閉まってます。


iPhone 035
今までチケット売り場はこんな感じ。


そして、新しいコツメグッズが増えていました。

コツメジャック
iPhone 027

コツメシール×2
iPhone 028
                      
プチシールのアップ ちっちゃい!
iPhone 029

ステッカー!!!
iPhone 030
iPhone 036
わんぱくファイブ + シロクマの熊吉(これは海遊館ではありません)

こっちもシール
iPhone 031

コツメ・・・?靴下
iPhone 032

裏面。間違いなくコツメ靴下!
iPhone 033
ムクモデル?

コツメがいっぱい。充実してます。
iPhone 034

海遊館 おとまりスクール 夢のコツメーランドの続き

画像 152

こんばんは、初心者+です。

今回2回(4/14、4/21)にわたって行われた、海遊館の「女性限定おとまりスクール」~カワウソミニ講座編~の1回目に参加してきました。その続き。

カワウソミニ講座は、現在海遊館でコツメカワウソの担当をされている方が講師として、分かりやすく、楽しく、時には厳しい現実を伝えながら解説をしてくださいました。

講座の中で使用されたスライドは、講師の方が作成されたのでしょうか?最初の1枚から参加者全員の心を掴んでいました

まずは、コツメカワウソの赤ちゃんの誕生から。
生まれたときの体重は60~70gあり、へその緒は2~3日後に自然に取れているそうです。取れたへその緒はどこにいくんでしょう?

講座中は撮影ができなかったので、比較的イメージに近い写真でご紹介。

IMG_4345
(イメージ:二見シーバラダイス 結 2011.10撮影 10日齢) 生後まもない写真は持ってません・・・

実際の写真は仰向けになったコツメベビーのお腹にへその緒がついてました。正確な位置は忘れましたが、だいたいこんな感じで、黒いのがニョロ~ンとついてました。
あくまでも「イメージ」なので、あしからず。

15日齢で歯が生えてくるそうです。
10_01
(イメージ:アドベンチャーワールド クウ 2011.10撮影 13日齢) 小さな歯が見えますか?

30日齢で目が少ずつ開いていきます。一気に開かず徐々に開いてくるので、不機嫌な顔っぽく見えますw
IMG_0171
(イメージ:アドベンチャーワールド アサヒかキョウ 2011年11月撮影 55日齢) まさに仏頂面

_MG_8304
(イメージ:宮島水族館 アラタ 2012.1撮影 72日齢) 一気に72日まで飛ばす?


40日齢、歯が生えそろい、海遊館ではこの頃から離乳食の訓練が始まります。
_MG_6336
(イメージ:海遊館 チビ4 2012.3撮影 59日齢) 小さな抵抗中

そして、魚を食べるようになると足腰が強くなり、泳ぐ練習も始まります。
_MG_6187
(イメージ:市川市動植物園 ハコ(仮 2012.4撮影 90日齢) 目が必死っ

IMG_3514
(イメージ:海遊館 ゴボウ 2011.8撮影 158日齢) 立派な歯が生えています

カワウソの食事:海遊館で与えている食事は、シシャモ、ニジマス(小)、ワカサギ等。
「これが最後だよ!」という合図でしょうか?最後は大きいニジマスの切り身です。

カワウソの寝床:彼らのお布団は日本全国ほぼ共通の「ドンゴロス」。クネクネとまるでダンスをしているかのように、ぬれた毛をこすりつけたり、中で包まって寝ます。

カワウソの健康管理:マイクロチップで個体と体温を管理されているようです。家に帰ってマイクロチップについて調べてみました。

マイクロチップは専用打ち込み器(インジェクター)を使用し、肩甲骨の中央の皮下あたりに埋め込まれます。以前、海遊館のブログに掲載されていた写真には15桁の数字が表示されていましたが、数字の内容は「国」「動物種」「チップの会社コード」「動物の個体番号」のようです。

このマイクロチップには体温センターも組み込まれ、読み取り器(以下「リーダー」)によって体温を測定します。

通常は肛門に体温計を挿入して測定するようですが、これは動物に対して強いストレスを感じさせ、バラつきが生じ、正確な数値が出ないことがあるようです。チップを埋め込んだ辺りにリーダーをかざすだけで体温がわかるなんて画期的!

(参考)日本ベェツグループ マイクロチップのすすめより
http://www.pet-hospital.org/microchip/microchip.htm


カワウソの体重測定:海遊館では成獣は1週間に1回、幼獣のときは3ヶ月になるまで毎日体重測定をするそうです。

体重測定をしているコツメの写真が可愛かった。
それを合成で再現!クオリティーが低いのはご了承ください。
体重測定
(合成写真:桂浜水族館 どちらもコウメ 2011.12撮影)


体重計に乗るとご飯がもらえるので、待ちきれないコもいるようです。

下の図のように、体重計の台の高さを利用して、しっぽを含めた体重を測りますが、時々わざと(?)しっぽを地面につけるコもいるとか これじゃ正確な体重は量れませんね。なかなかの策士。
しっぽ
(イメージ図:エクセル作)


カワウソの健康診断:定期的に行われます。
仰向けの状態で麻酔マスクを顔にすっぽりかぶせ、麻酔薬を吸入している写真がありました。
そして歯石除去や採血、レントゲン等を撮るようです。
WS000001
(イメージ図:エクセル作) ツッコミどころ満載ですが・・・


この後は、「カワウソの体験コーナー」室へ移動します。ここから写真撮影可能に。

骨格標本でコツメカワウソとラッコの比較をしてみようのコーナー。
ミグ
手前:コツメカワウソ。奥:ラッコ。

画像 038
ミグ

コツメカワウソとラッコの毛皮にさわってみようのコーナー。
画像 033
画像 032

毛皮
手前:コツメ。奥:ラッコ。手触りふわふわ

パル
パル

ラッコの毛の吸水実験のコーナー。
画像 031
ギュッとしぼると・・・すぐに乾いていました!ラッコの毛ってすごい!

わんぱくファイブと記念撮影のコーナー。
海遊館スタッフコスチュームを着てわんぱくファイブと一緒に記念撮影!
画像 037

画像 025
パネルの一部。全体を撮っておけばよかった・・・

ラッコ、ユーラシアカワウソ、コツメカワウソの大きさを比較してみよ~のコーナー。
画像 036

page1
こんな写真では全然比較できませんね


コツメカワウソの赤ちゃんの体重を量ってみようのコーナー。
画像 015

page



しかし、すごい企画だと思いませんか?今回の参加者全員がカワウソ通になったと思います。そして今まで以上にカワウソが大好きになったこと間違いなしです!


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜次の日*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

カワウソバックヤード見学:おとまりスクール翌日は、「予備室」と呼ばれるカワウソのバックヤードと、現在わんぱくファイブたちが活躍している「展示場」と、彼らの「寝室」を見学しました。

予備室は外の日が差し、明るく広くそして超清潔な所でした。
バックヤード
(イメージ図:エクセル作) 茶色いウンチみたいなのがコツメです。ごめんなさい。

興奮していたせいもあり、あまりレイアウトを覚えていませんが、だいたい上の図のような感じ。
脱走対策としてそれぞれ2重扉になっていました。
1班、2班に分かれて10数名で入室しましたが、窮屈な感じもなく見学ができました。

まず扉を開いて左側にいたのはゴボウ君と初対面のイブキ君です。ここはしゃがんでご挨拶。柵に手のひらをピタっとくっつけているとゴボウがぷにぷに触ってきてくれました!

去年最後に見たゴボウはぽっこりお腹のやんちゃな小僧でしたが、今はスリムな若造になっていました。でもやんちゃ盛り、いたずら盛り、わがままっ子っぷりは健在の様子。
同居しているイブキおじさんのヒゲが短くなっています。ゴボウと同居するとみんな噛み千切られる運命にあるんですね。
IMG_3699
ゴボウ 2011.8撮影

そして扉の右側にもいくつも部屋があります。こちらは下から約1メートルの高さまで目隠しパネル、上は柵になっていたので、覗き込んで見ました。
手前の部屋にいたのはツバキお母さん。お髭が伸びてる!
そしてツバキの影からひょっこりと顔を見せてくれたのが、今年生まれたチビ4たち!大勢の人間に驚いたのか、最初はプールの影に隠れたりツバキの背中に隠れてモジモジしていましたが、キーパーさんが部屋に入ると、ウェットスーツにかじりついたり、長靴にかぶりついたり、悪さし放題。
page
上)ツバキ 2011.8撮影  下)チビ4 2012.3撮影

そしてツバキたちの奥にもいつか部屋がありますが、目隠しパネルで見えませんでした。
とはいえ、普段会えないコツメたちに会うことができ、最高のひと時でした。



予備室見学の後は・・・
出勤前のファイブたちの職場である「展示場」見学。
WS000000
(イメージ図:エクセル作) 海遊館の展示場。ぜんぜん違う?まぁそう言わずに・・・

実際に展示場の陸部にたつと、8F観覧通路は近く感じました。観客の会話は聞こえているのか知れません
そして観覧通路から死角になっている部分に排水溝があって、ファイブたちはそこで遊ぶのも好きみたいです。

陸部の奥に寝室があります。出勤前のファイブたちは「早く出して(ご飯ご飯!)」と騒いでいました。
ドアの隙間から小さな手。許可を頂いて、ここでもこっそり握手をさせてもらいました。きっとあの手はハチおじさん♪

予備室も興奮しましたが、やっぱり展示場に立った事が一番興奮したかもしれません。
足場はニュルニュルしてて、スニーカーではちょっと怖かったです

と、まぁざっとこんな感じで夢のコツメーランドレポートは終わります。
途中からヘタクソな絵が出てきましたが、ご了承ください。
カワウソミニ講座で使われたスライドに魅せられて、私も「伝えたい!」という気持ちで作ってみました。
その前にまずちゃんとした文章を書かなきゃなりませね。永遠の課題・・・


恩賜上野動物園 念願のコツメにご対面!

60D 457

こんばんは、初心者+です。

初心者にとっては初めての、ちびっくにとっては2度目の上野動物園に行ってきました。

上野駅の人の多さや動物園の大きさにと、色々びっくりしましたが一番驚いたのはコツメ舎。噂には聞いていましたが、実際に見ると「こんな感じだったのか!(((( ;゚д゚)))」と改めてびっくり。コツメ舎は園内の東園にある『クマたちの丘』の中にありました


60D 445
なんと、マレーグマと混合展示。本当に一緒だった
段差や鉄線で仕切られていますが、鉄線の隙間からマレーグマの方に行ったりしないのだろうか?と不思議に思います。


7D 741
パネルもマレーグマと混合。ハクビシンも一緒に展示されているようです。どこにいたのだろう...



WS000000
文章では判りにくいので、エクセルで作成。展示場はこんな感じです。もっとマレーグマの展示スペースが大きかったかもしれませんが、初心者の印象はこんな感じ。カメラマークは撮影ポイント。★★★がもっとも撮影した場所です。


iPhone 002
★★★の場所


iPhone 001
★★★から撮影するとこんな感じ。手すりにひじを固定し、水路を泳いでいるコツメを撮ったり、真下でご飯を食べているコツメを撮ったりできます。

7D 870

7D 951


7D 1048
★★から撮るとこんな感じ


7D 979
縦長の緑の部分は水路です。実際に水色ではなく緑色。グレーの部分は岩場。ミオが細く段差のある岩場をぴょんぴょん飛び跳ねていました。

7D 1000
茶色い部分が地面。グレーの岩場の段差のせいで、地面にいる時はあまり見えません。


60D 378
水色が窓ガラス。突然に彼らはこの窓ガラスにやって来ますが、距離が近すぎてなかなか撮れません


60D 381
こんな写真ばっかりw


iPhone 005

iPhone 004
下り坂途中にある窓にも時々来てくれますがほとんど来ません。これはキーパーさんが夕食を窓際に置いてくれたので、アミンがやってきました。

そして、上野動物園で驚いたことがもうひとつありました。


7D 1072
それはアミン君...のお顔
実際会ってみると本当に『バイオ顔』。長崎バイオパークにアミン君の姉妹がいますが激似


7D 1013
そしてアミン君のパートナー、ミオちゃん。意外に可愛い顔をしています


60D 302
なかなか繁殖しない2頭ですが、仲の良いカップルでした。今はミオちゃんをダイエットさせて繁殖を促す作戦中だとか。


7D 1151
がんばれアミン&ミオ


7D 985
ん?


7D 746
そして、去年までユーラシアカワウソのミーちゃんが展示されていた展示場ですが、現在はハクビシンとアナグマが展示されていました。


7D 743
カワウソじゃないから?寝ているから?なんか寂しい...




7D 761
TVで見たヘビクイワシ。捕食シーンは見られませんでしたが、歩く動作が既に面白い


60D 234
ハシビロコウ。竹垣がいい感じに雰囲気を醸し出してます。アフリカの鳥なのに和風


7D 794
おっと。こんなところにもハシビロコウが


7D 795
正体はペーパークラフト。


60D 529


60D 484
のいち動物公園のコツメカワウソ・ハルに出会うまで、実は初心者的男前カワウソはアミン君だったことを思い出しました





那須どうぶつ王国 フウの知恵比べ

_MG_7281

こんばんは。ちびっくです。

写真がアレなのもありますが、少し不機嫌な顔をしているフウ君。
その理由とは...


IMG_7602
あ...何か匂う...


IMG_7604
ん~っ!


IMG_7608
あ~でもないし...


IMG_7633
こーでもない...


IMG_7634



IMG_7635
フンっフンっフンっ


IMG_7636
ぴゃーっ


_MG_7290
んーーーっ。お手上げ...


フウ君が知恵を絞って、頑張っていた理由とは...


IMG_7609
アクリルの隙間に落ちた、おやつの鯵と、それを取ろうとしたスタッフさんが落としたトング
そこらのオモチャより長い事、くいついていましたw


那須どうぶつ王国 クニシゲJr.に会いに行ってきた

IMG_7592

こんにちは、初心者+です。

今回は栃木県那須高原にある、那須どうぶつ王国に行ってきました。
那須どうぶつ王国は未開の地。あまりの情報の少なさと距離の問題でなかなか足が向かなかったのですが、ひらパーから初心者の大好きなクニシゲの息子が移動したとあっては行かずにはいられません

新幹線で移動すると交通費があれなので、レンタカーを借りてコチトラを巻き込んでGo
那須は大阪からの距離で例えると、岡山の池田動物園や香川の新屋島水族館くらいの距離になります。そう考えると特に遠いわけではありませんが、東京は渋滞がすごかった...さすが日本の首都。レンタカーがATでよかった(...と、ちびっくが言っていましたw)


_MG_6856
そんなこんなで予定より少し遅れて到着しました。那須どうぶつ王国。お初の園館お決まりの入園口。
高原らしく霧がかかっていました。とういか霧雨

入園後はカワウソ展示場へ直行
まずはカワウソの確認が鉄則です。



・・・が、



_MG_6881
コツメカワウソが2頭いるはずなのに不在...
近くのスタッフさんに伺ったところ、寒いので『水の王国』の室内で展示中との事。展示場所は初心者とちびっくで持っている情報が違いましたが、実際に確認すると簡単な事で、夏は外。冬は中。そして現在はまだ寒いから中。
確かに那須は寒かった。大阪の天気と気温しか頭に無かったので、終始ブルブル...


60D 142
教えて頂いた場所へ行ってみると、いましたそしてファンタジー

今回のウソ撮りは超難関
でも、那須高原まで来たんだから後には引けない。撮って撮って撮りまくるべし


60D 038
小屋の上で2ショット


7D 068
覗いたところを
口の周りが黒っぽいお顔と、ファンタジー度合い...。一瞬、南知多ビーチランドのユズ君を思い出しました。


_MG_7222
ずーーーーーっとカワウソ前に居たため、那須どうぶつ王国のスタッフさんも見るに見かねて、ちょっとしたハプニング付きおやつをあげたり、アクリルを拭いてくれたりと、とてもとても親切にして頂きました
なのに、このありさま。とてもとてもゴメンナサイ

ごめんなさい写真の中から個体紹介をと考えたのですが、実はアクリルに汚れが少ない部分が1箇所だけあり、中腰の高さで体勢が保てるなら、まぁまぁ綺麗に撮れたりします。傍から見るとプルプル震えて、何かの苦行みたいなのだそうw

_MG_7428
ナツコ♀
海外出身。なかなかのカワウソ顔をしていると思います。小屋の周りをグルグル走り回る、元気系マイペース。フウの分まで食べるからか、ちょっとお腹がぽっこりなのでダイエット中。


_MG_7476
フウ♂
小屋の上で寝る事が好きな、おっとり系マイペース。

ひらパー父さんクニシゲの2度目の子供達のうちの1頭で、ミクニの同腹。ひらパーでフウに会った時はまだまだちびウソでしたが、今は立派な若ウソ。ナツコの尻に敷かれているようですが(w)、1歳3ケ月の割にはフウもなかなか堂々として落ち着き払った様子。もしかして、おっとりが過ぎている!?


IMG_1514
2011年6月撮影 ひらかたパーク
あの頃のクニシゲ一家は賑やかでした


そんなナツコとフウのペアは、まぁまぁ仲良し
微妙な表現なのは、フウの前にいたササノスケがナツコと超仲良しだったらしいからです。どのスタッフさんも声をそろえて仰っていました。まだペアになって日が浅いし、これからに期待ですね

_MG_7580
ナツコ(左)とフウ(右)。小屋の上で眠そうにしています。


_MG_7277
アクリルに貼り付いて、スタッフ観察
なぜか下方(足元)を見る事が多いので、上目遣いが可愛いのです


_MG_7369
そして、定位置はココ。やはり扉前
扉の隣に掃除ホース用の小さな穴が開いていて、そこから隣室が見えるようで暇があれば覗いていました。穴を逆から見たら絶対に可愛いハズ


_MG_6880
さて、最後になりましたが本来のコツメカワウソの展示場はコチラ。カピバラさんのお隣です。カワウソ展示の中では数少ない見上げることが出来る展示場のようです。展示場はぐるりと回る事ができ、全方位から観察が可能。しかもまだガラスが汚れていない。これは期待ができます
※奥に見える薄緑の三角屋根が冬のコツメ舎


_MG_6882
前面ガラス越しに見上げる


IMG_7698
背面から見下ろし


_MG_7490
那須高原の気温を考えると、コツメカワウソが屋外展示されるのは...いつ頃でしょうか?
夏が楽しみです





のいち動物公園 みどりの中のミン

_MG_5622

こんばんは、初心者+です。
4月初旬に行ってきた、のいち動物公園の写真です。

この日はちょっと肌寒い日でしたが、新緑がきらきら青空に映えていました。
IMG_5678

カワウソ放飼場はというと・・・
_MG_4083
荒野のツメナシ

_MG_4242
砂地のコツメ

ウソちゃんたち、草は引っこ抜くのも遊びのひとつです。
草1本も残しませんw

でも、ユーラシアカワウソのミンちゃんは草には興味がないらしい。
彼女は寝床用の枯れ葉があれば満足の様子。
IMG_6208
お気に入りの昼寝場所。実はこの下には枯れ葉でいっぱい。

3種展示のうち、ミンちゃんの放飼場だけが草が茂っています。
_MG_4234

チラっと見えたミンちゃん。ご機嫌そう・・・
IMG_5829

気づくと息を止めて見ていました。
まるで野生個体に出会ったような錯覚を覚えませんか?
_MG_4307

ここはのいち。我に返って写真、写真♪

木の皮に体をこすり付けてグルーミングをしています。
_MG_4302

_MG_4329

実際の野生カワウソは草を抜くんでしょうか?展示個体特有のもの?

_MG_5616
目が合った!

_MG_5609
あくびした! 三 ω 三

_MG_5321
キーパーさんとお話し中。ミン「あのね・・・」 K「うん、うん・・・」

緑の中のカワウソは素敵です。
IMG_6013

そして枯れ葉ベットを作る前に・・・
IMG_6701
寝ちゃった



市川市動植物園 1人娘のハコちゃん(仮

_MG_6004

こんばんは。ちびっくです。

千葉市動物公園の翌日は市川市動植物園です。大阪から遠征時の、ほぼお決まりコースですね。天気は千葉と比べられない程の快晴。日焼けが痛い...そして千葉の嵐が恨めしい...

さて、市川は今年に入って1頭♀が生まれています。詳しくはコチトラ『写真の埋立地』コチラ『Das Otterhaus』。名前はまだ決まっていないようなので、コチトラに習いハコちゃんで

あ、去年4月生まれの2子の名前を聞いてくるのを忘れた...


では。ハコちゃんは、まだ子供なのを生かして家族の中では無敵状態
数多い兄妹になんの遠慮もなく行動していました。

_MG_6345
せっかく引き剥がした木の破片を無邪気な目をして奪い取ります。遊び道具を盗られちょっと困った様子。この後もずっとハコちゃんについて回り、返してもらえる時を伺います。


_MG_6349
ねぇ、ちょっと...


_MG_6357
まだですか...ね...
なんとも控えめな要求です


_MG_6462
そういえば、市川コツメ団子は素晴しい。1点を中心にして渦を巻くように団子になっていました。


_MG_6465
別角度から。なんか台風の天気図を見ているような
ハコちゃんが大人の渦に入りきれてないのが、また可愛らしい


この後、ハコちゃんに悲劇が起こります...


_MG_6482
渦巻き団子の端っこで寝ていると、「どてっ!」っと落ちてしまいました
びっくりしたハコちゃんが鳴いた瞬間...すごい事に


_MG_6488
寝ていた一家全員が瞬時に起きてハコを探します。そして、あっという間にハコちゃんを引き上げバックヤードへ全員避難まるでドリフの撤収を見ているようでした。
でも、よくよく思うには、ハコちゃんを落とす原因は兄妹の誰かの寝返りだったりw


_MG_6205
水泳特訓も始まっているのですが...


_MG_6209
ハコちゃんが大きくなりすぎ踏ん張る力が強いのか、なかなかプールに引きずり込めません
この日はやっとこさで2回ほど落とされていました。遊ぶ大人ウソを羨ましそうに眺めるけど、怖いんだろうなー

この日はお昼過ぎから、ズーラシアのユーラシアがなかなか起きないという理由でカシワヤさんが来園。解説を聞きながら楽しみました。もちろん、その後は寿司もぐれで大人な気分を味わいました


~~ あまった写真 ~~

_MG_6049
考えるカワウソ。


_MG_6687
夢はオリンピック


_MG_6763
あのね。


_MG_6781
上げて下さい。


_MG_6806
あ げ て ~~~!


_MG_6834
調子に乗りすぎました。


_MG_6734
ムツキとナナ。


_MG_6792
市川名物


海遊館 おとまりスクール

画像 142

こんばんは、初心者+です。
週末「海遊館女性限定おとまりスクール」に参加してきましたので、その様子を少しだけ。

画像 002
夜空に輝く海遊館が待ち受けます。


画像 005
15年続く海遊館の伝統イベント「おとまりスクール」。最初は親子連れでスタートしたようですが、数年前から「女性限定」スクールも開始したそう。今回の募集は抽選倍率なんと4倍。1回目(4/14)、2回目(4/21)の両方に応募して1回目に当選しました。・゚・(ノД`)アリガトーっ

昼間と違う静かな水槽。お気に入りの水槽前にマットを敷いて、寝袋で一夜を明かすことが出来ます。そして、なんと言っても今回のおとまりスクールの目玉はカワウソミニ講座+カワウソバックヤード見学付き。夢のような企画。

それでは初心者と夢のコツメーランドの世界へ出発!


20:00~
今回、カワウソミニ講座という事で、海遊館オープン当初にカワウソを担当されていたキーパーさんと、現在担当されているベテランキーパーさんからのご挨拶で始まり、続いてカワウソ・ヤングスタッフさんによる「カワウソミニ講座」が始まりました

主に海遊館のコツメの食事や、健康管理、カワウソの生態、ペットブームによって起こった密輸等のお話がありました。スライドに使われた写真は、海遊館のブログで使用されているもの以外にも貴重な写真などが盛り込まれ、見ごたえ、聞きごたえのある内容です。

次に別の部屋に移動して、とっても面白い、貴重な、初心者にとっては感動的な『企画』がありました。


20:45~
ここからカワウソとは一旦離れ、夜の水族館の探検。総勢28名の参加者を2班に分け、海遊館スタッフさんによる解説付きで夜の水槽を見学します。

画像 042
まいど~

感動したのはタコ。活発にそしてクールにポーズを決めるタコ。その時の写真がないのが残念。日中はダレている姿が多いですが夜のタコは一味違う。 えっ?かじってませんよ
画像 172
写真は翌日撮影


22:30~
指定された範囲内(6F~5Fあたり)で自由に寝床を決められます。初心者はどこで寝たかと言うと・・・エジプト展の中。ちなみに日本の森は指定外でした...
画像 166
写真は翌日撮影

とにかく眠たかったので、暗くて誰もいないところを探したところ、ちょうどいい場所を発見!
一体何しにきたんだ?参加されたみなさんはきっと水槽前で夜の魚を堪能したんだと思います。
ですが、真っ暗でしたが非常灯の灯りを頼りにオブトアレチネズミの赤ちゃんと、日中は背中を向けて寝ているハリネズミの可愛いお顔もばっちり拝見することができました!むっさ可愛い!

画像 169

画像 170
どちらも翌日撮影


23:00~
早めの就寝。最初は暑くて寝袋の中でパン一になろうかと思っていましたが、だんだん底冷えで寒くなりました。でも疲れていたので案外爆睡


6:00~
いつもは寝覚めが悪いにも関わらず10分前に起床。寝袋を片付けるのにひと苦労。


6:45~
海遊館の隣にあるマーケットプレイスにて朝食。なんと食べ放題!朝は食べない派ですが、ここぞとばかりにお腹いっぱい食べました。


7:30~
朝の水槽見学。夜とは違った雰囲気です・・・か?ここらあたりからソワソワしていたので覚えていません
そして、8:30まで自由行動。次は待ちに待ったカワウソバックヤード見学。想像するだけで落ち着かなくなってきたので、早々に集合場所であるカワウソ水槽前でスタンバイ。

画像 058
わんぱくファイブ出勤前のカワウソ水槽。アユが泳いでいます。これ、全部ファイブのおやつ・・・

画像 062
そんな事を考えながら待っていました。集合時間が近づいてくると、ドキドキして足がすくみました。
一体どうした、私?


8:30~
キタ~!カワウソバックヤード見学!謎のベールに包まれたです!
あのコに会いたい、あのコはどうしてる?あのコは元気にしているんだろうか~

残念ながらバックヤード見学はカメラの持ち込みNGでしたが、数頭のコツメカワウソに会うことができました!あのコが!このコが!w(゚o゚)w *・゜゚・*:.。..。.:*・゜
でも、初心者のお目当てコツメには会えませんでした ニッキ~、オリーブ~

バックヤードツアーを終了し、再びカワウソ水槽前へ。
ファイブ出勤のお時間です。寝室から飛び出してきたら、まず朝一のお仕事。それは「朝食」!
画像 087

画像 106
うちはシュロ君の写真が圧倒的に少ないんですが、この日はばっちり撮れました


9:30
スクール終了。今回お世話になった海遊館スタッフのみなさん、ありがとうございました!人生最高の思い出になりました。そしてスクールでご一緒させて頂いたkittoさんにも感謝します。


画像 053
解散後は再入場し、開館前の海遊館を堪能しました。

画像 084
ひとけのない海遊館・・・。これサイコー


いつもは人でごった返すカワウソ前は・・・


画像 118
誰もいない

画像 122
朝日がさして明るい写真が撮れました。

画像 127
始まりました水中バトル

画像 139
誰もいないので、集中して見ることができます。

画像 128
仲裁にやってきたのはハチおじさんかな?

画像 129
ハチおじさんも参戦かよw

ファイブの水槽、独り占め。なんと贅沢なひと時・・・



と、思ったら突如現れた団体さんっ
どうやら海遊館のプレミアムツアーの御一行さんでした
そこでびっくりまんぼうさんとご対面!ハジメマシテっ

団体さんが去る前にレンズを替えて、フンフフ~ン ふと顔を上げると・・・
あっという間に人・人・人!オープンと同時に人の波が押し寄せてきました。

初心者の夢のコツメーランドはこうやって幕を閉じたのでした・・・


夜の水槽は魚を驚かすから撮影禁止。カワウソバックヤード見学も時間の都合上(?)カメラ持込禁止だったので、全体通して写真はあまりありません。ですが、撮影OKなところもありましたので2回目(4/21)のおとまりスクールが終わった後に写真や詳細をアップ予定です。

2回目に当選された皆様。床は固く月曜日まで腰が痛いと思います。が、サイコーの2日間になること間違いなし思う存分、夜中の海遊館とコツメカワウソを楽しんできてください
そして朝食は、カレーにパスタに和食と何でもありますよコーラとフルーチェも


ひらかたパーク くにしげ一家の春

画像 139

こんばんは、初心者+です。

3ヶ月ぶりになります。ひらかたパークのくにしげ一家に会いに行って来ました。ところで、くにしげがソフトバンクの孫社長に似ていると思いますか?ちびっくが似ているというのですが...
そんなことはさて置き(孫だけにw)、春のひらかたパークはとても美しかった。さくら舞い散る桃色の道


画像 156
先週あたりがちょうど満開で、もっと綺麗だったのでしょうね

画像 142
ひらパー父さん・くにしげ!大好き。

画像 030
そして奥様のスノーちゃん。相変わらず小顔のべっぴんさん。


そして、ちょっと最近ハゲになったという情報を聞き、ずっと気になっていた娘のミクニ。
画像 066
「ハゲ・ハゲいうな ちびっくが怒るだろ」 

私たちが訪れた数日後にお腹周りの毛が抜け落ちたようですが、今ではだいぶ毛が生えてきて左太ももの付け根辺りにチョコンとある程度にまでなりました。

「毛が抜け落ちた」と書きましたが、正確な表現ではないかもしれません。病気やケガでもなく、毟り取ったのかどうかもわかりませんので、やっぱりここでは「ハゲ」というファジーな表現にしときます。
毛引き症かと思いましたが、何はともあれ生えてきたというから一安心。

画像 019
ハゲの部分が白くなっています。ナイキのマークと思えばかっこいい

画像 070
この日の午前中は冷たい雨が降りましたが、午後からいい天気に。気持ちよさそうに泳ぎます。

画像 096
泳いでいるときの指が可愛い。 スィ~

画像 119
広い水槽は、カワウソが水の抵抗を少なく泳いでいる事がよく分かります。 スィ~

画像 167
一泳ぎしたスノー

画像 062
ひとっ風呂浴びてきたくにしげ。ほんの一浸かり程度でしたが、水槽に入りました。

画像 203
一家団欒、見つめる先はもちろんキーパーさん!

画像 147
「ねぇ、ま~だ~?」

画像 209
キーパーさんの姿が見えたら、いつもの場所でキーパーさんの出待ち!

画像 211
キーパーさんの登場と共に、食卓(卓ではないか)へGo
くにしげ、出遅れてますよっ...

画像 224
そしてみんな仲良く食卓囲んでおいしくいただきます。べっぴんスノーちゃんのすごい顔

画像 244
「待って、行かないで・・・」キーパーさんを引き止めるスノー。「離しておくれ、スノーちゃん」キーパーさんは次のお仕事があるのよ。

画像 079
「最初はグーよ」 そんな事言っていない・・・

画像 177
くにしげのしっぽには何が詰まってる?

画像 158
チューリップが愛らしく咲き・・・

画像 163
くにしげが佇む。

画像 154
色鮮やかなキクモモが咲き誇り・・・

画像 031
スノーが見つめる。

画像 155
色とりどりの中に真っ白な雪柳。花言葉は「愛嬌」。

画像 077
元気いっぱいミクニのおすまし顔。


  春のひらパーはいつもと違う。


千葉市動物公園 家族でワラワラ

_MG_5791

こんにちは。ちびっくです。

今年に入って、ちびっく2本目のブログは千葉市動物公園のポンタ一家です。いきなり千葉
なぜ千葉かというと、今日は初心者が海遊館のイベント『海遊館女性限定おとまりスクール』に参加しているので、ちびっくは暇なのです。男性だけのおとまりスクールは開催されないのでしょうか!?

それにしても、せっかく千葉まで来たのにあいにくの雨。しかも大雨...
でも、カワウソ前を独占できたので気分は五分五分

_MG_5769
さて、千葉市動物公園のコツメカワウソですが、やはりワラワラと大家族していました。現在は2頭が他園館に出たことにより10頭の展示です。それでも10頭...


_MG_5631
最初に撮れたのはこの子。半年前とは鼻模様が随分と変わってしまい区別できません。ハラパンなのか、ナーダなのか...


_MG_5687
アナタハダレデスカ?ピンク鼻は以前はいませんでした


_MG_5667
どじょうタイム前は、あむあむタイム。空腹を紛らわす為に葉っぱや枝を食べてます。


_MG_5677
こちらも負けじとあむあむタイム。もう半分くらい食べたとこ?


_MG_5722
美味しいのか?
そういえば、鉛筆の後ろを噛むと美味しかった記憶がありますw


_MG_5647
置いた荷物に興味深々。


_MG_5671
どじょう待ち一家。


_MG_5673
キーパーさんLove
右端はチイコでしょうか?


_MG_5734
どじょうタイムへ向けて、気合のポーズ


_MG_5739
泳いで暇つぶし中


_MG_5881
スイーーーーーッ


_MG_5812
いい枝もってるな?ってタカリ中。


_MG_5715
チイコにべったりなのは誰?


千葉はやっぱり多頭展示の集団行動がすごい。他園館と同じ気分で見ていると目移りして写真が撮れない
そして、誰だかわからないなんかいい方法はないだろうか...
そういえば代番キーパーさんも、いつまでたっても誰が誰だかわからないって言ってたな...


coming soon ...

□安佐動物公園
□海遊館
□のいち動物公園
□みさき公園
□ニフレル
□安佐動物公園


Twitter プロフィール
かわうそ暦8年目突入!!
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
記事検索
かわうそ初心者のブログ