かわうそ初心者のブログ

カワウソ歴8年目の初心者とちびっくが"知ったか"のかわうそ日記を綴ります。いつまでも未熟な"初心者"と"ちびっく"の共同ブログ。8年目に突入でも"初心者"のまま!! Twitter⇒@OtterBeginner

アドベンチャーワールド スーパーエリート、その名は・・・

R5D_3605


こんにちは、初心者plus+です。アドベンチャーワールドの続き。
ベビーズの次はおじいちゃんだ!


R5D_3999
アンギラスとピグモンのお隣さんである、大きいジャミラさんと小さいフウ君。


H1DX0564
はい、正面。フウ君は約2キロ半、ジャミラさんは4キロちょい。一目瞭然の体格差です。


H1DX0803
日本で初めてコツメカワウソとユーラシアカワウソ(チネンシス)を繁殖させたアドベンチャーワールド。カワウソの歴史と繁殖はココから始まった。(と、言っても過言ではないよね?)


H1DX0459
来月で16歳。可愛い可愛い赤ちゃんのようなおじいちゃん、フウ君。
※ご飯の解説では11歳と言われているようですが...


R5D_3566
5頭兄妹のフウ君は、生まれた時から一番体が小さく、体も弱かったので人工哺育に切り替えたそうです。それからは・・・ご覧の通りすくすく元気に愛らしく成長しました。


R5D_4007
アドベンチャーワールドでは『人と動物と自然とのふれあい』をテーマに、カワウソもトレーニングを行っているようです。もちろんフウ君だって。いやフウ君、実はかなりスゴイんです。


H1DX0511
人工で育ったフウ君は人間に慣れているため、ちょっと前までは夕方に行われるふれあいイベントの担当を務めていました。今も展示場で触れ合うことができるようです。


R5D_4161
今からフウ君と触れ合い・・・って、まだフウ君ご飯食べてるよ!!!


R5D_4163
嫌がるところか、抱っこされていても気にせずご飯を食べるフウ。


R5D_4169
ホントにへっちゃら。カワウソを飼育されている方なら驚きのシーンかもしれませんが、これって本当にスゴイ事だと思います。


H1DX0844
そしてそのまま宙へと舞うフウ君なのであります。


R5D_3684
キーパーさんによると、フウ君は最もベテランコツメさん。


R5D_3693
「カワウソは賢い動物なので、あとはトレーナー次第。フウ君のトレーナーは優秀だったと思います」との事・・・。トレーナーさんもスゴイ方なのかもしれませんが、フウ君はベテランというより、もはやふれあい界のスーパーエリートだと思うのです。


H1DX0530
フウ君の当時のトレーナーさん。ご本人は「フウの親です」とおっしゃっていましたw


R5D_3803
ショーで活躍中のカリンちゃん。

カワウソのトレーニングは、キーパーさんの手に鼻をツンとタッチする「ふんタッチ」や体重計に乗る「台乗り」等をよく見かけますが、それ以外にもアドベンでは麻酔なしでも注射が打てるようなハズバンダリートレーニングもあるようです。「ふれあえる」イコール色んな事が可能になるんですね。


H1DX0207
のほほん・どっしり構えたジャミラさん。推定10歳の彼女も健康チェックを受けるための十分な訓練をしています。


H1DX1388
でも1番スゴイのは、自由にのんび~り、まった~りしている姿で大勢の人間を和ませている癒しパワーの持ち主だって事だと思うのです。


H1DX0293
次は海獣館のコツメカワウソ!お久しぶりのシウバ君。


R5D_3948
シウバ君に初めて会ったのが、初心者がまだブログをやる以前の事。観光で立ち寄った越前松島水族館でした。


H1DX1293
もともとアドベンチャーワールド所属だったシウバ君は、たくさんの子供たちの父になり、お勤めを果たして故郷に帰ってきました。バックヤードで暮らしていたため、会う機会がありませんでしたが、今回ひっさしぶりに会えて感無量です!


H1DX0341
シウバ君、息子のチップ君はお父さんになったよ。チョコ丸君は岡山のお空を飛んでいるよ。チイコちゃんはたくさんの子供たちに囲まれ賑やかですよ。孫の結ちゃんなんてムチムチして可愛いのなんのって・・・


H1DX1351
シウバ君のお隣さんはアサヒ君とキョウ君です。


H1DX1330
2歳になったアサヒとキョウは若さ溢れる元気な泳ぎでお客さんを魅了します。兄弟のクウは越前松島水族館で元気にしているのかな?


R5D_3817
ショーで活躍するメルちゃん。プールにダイブして泳いで梯子を登って・・・


R5D_3827
ステージでおやつを食べて・・・


H1DX1085
帰りは梯子を降りません。豪快な飛び込みです。


R5D_3843
で、颯爽と帰って行きました。この他、ショーに出ているカリンちゃん、デコポンちゃんたちは超ベテランさん。ヤング・メルちゃん、頑張っています。


R5D_3598
パレードに出てくるのはシャア君。大人しくてまった~りしています。アドベンのコはまったり癒し系コツメが多いような気がする


R5D_3654
こうしてみると、1日何回コツメに触れているんだろう?日本一、カワウソに触れ合える場所って事は間違いなし



カワウソ以外もいっぱいいるよ!今日のアニマル!
H1DX0277
チビパラさんが可愛いくて。


H1DX0273
アヒルのお散歩。のどかな風景も楽しめます。


アドベンチャーワールド 冒険ベビーズ

H1DX0155


こんにちは、初心者plus+です。
ブログが滞り、3週間前に行ってきたアドベンチャーワールドのお話しです


H1DX0056
私たちが訪れた9月の初旬。赤ちゃんたちが誕生し52日目の朝を迎えていました。


H1DX0018
朝の体重測定。


H1DX0021
早く兄弟たちの元に帰りたい・・・


R5D_3286
体重測定の後はメディカルチェック。


R5D_3326
しっぽチョロリン


H1DX0079
次はボクの番?


H1DX0094
キーパーさんがノートに書き込みしている間、きちんと収まって待っています。


R5D_3285
大人しく待っているように見えて、実はバスケットから脱走しようと企みます。ひとりが脱走すると、次から次へと・・・を繰り返し。バスケットに収めては1頭1頭体重を量り記録し・・・を手際よくこなすキーパーさんでした。


H1DX0133
朝のメディカルチェックと共に、ちびっくによる個体識別。


H1DX1587A

H1DX1613B

H1DX1623C

H1DX1649D
だ、そうです。初心者にはみ~んな同じ顔に見えます。鼻の模様で識別していますが、今頃きっと模様が変わっているかもしれません。


H1DX0624
お父さんアンギラスと、お母さんピグモンは待っています。


R5D_3536
アンギラスは子供たちの帰りを。


H1DX0373
ピグモンは朝ごはんを。


H1DX0214
メディカルチェックを終えた子供たちが帰ってくると、アンギラス父さん、大忙しの巻き。


R5D_3484
子供たちを安全な小屋の中に戻します。でもお父さんの目を盗んではあっちウロチョロ、こっちウロチョロ
 

H1DX0165
連れ戻された子供たちはも・ち・ろ・ん・・・


R5D_3386
はい、キャッチ。


R5D_3774
ぶ~っ


H1DX0391
アンギラス大忙し。ピグモンは水浴び。アン・ピグ一家、恒例の子育て風景。


H1DX0251
もっと外で遊びたい。冒険したい。連れ戻されたコを岩影から見守るコ。


H1DX0235
もう1頭のコも出てきました。どうやら作戦大成功?


R5D_3362
よし、ココなら見つからない!


R5D_3498
この後、アンギラスの努力によって小屋に連れ戻されたベビーズ4。ここからはピグモンの出番。ベビーズにお乳を飲ませる時間です。


R5D_3388
邪魔にならないように外で待っているアンギラス。ピグモンが授乳中に退屈しないようにと、外から小石を拾ってピグモンの顔のそばにそっと置いて行きました。この写真の真ん中の小さい石がそうです。


R5D_4032
相変わらず素敵なアンギラスと愛されキャラのピグモンです。


H1DX0963
ピグモンたちは出産も育児も展示場で行っています。雨の日も風の日も。私たちは子供たちがたくましく成長する過程を見守ることができます。そして、(多分毎日?)お披露目も行われ、なんとベビーズを撫でる事もできるんです。


H1DX0939
ココからは別のキーパーさんから伺った昔のお話し。日本国内でコツメカワウソの赤ちゃんが初めて生まれたのが1988年3月、アドベンチャーワールドでした。


H1DX0897
当時は国内でコツメカワウソを飼育・展示している園館も少なかったんじゃないかと思います。カワウソの生態や飼育方法等の情報がなかった頃ではないでしょうか。


H1DX0919
それからもアドベンチャーワールドでは順調に繁殖し、徐々に国内にコツメカワウソを飼育する園館も増えていったそうです。


R5D_4126
もちろん、育ったコツメたちは各地の園館にお嫁さんに行ったり、お婿さんに行ったり。そこでも子供を生み、そして孫が誕生し…。今現在、各地で活躍しているコツメカワウソのルーツはほとんどがアドベンチャーワールドだったりする、って事を知ってビックリしました。


R5D_3769
赤ちゃんを返せと、今か今かと待ち構えているアンギラス父さんの元に帰っていくベビーズ4。
この瞬間が一番インパクトのあるシーンだと思います。赤ちゃんは親の元へ。


R5D_3515
ピグモン母さんも子供たちをお出迎え。おかえりおチビちゃん。


H1DX0380
この時は52日齢の赤ちゃんでしたが、今は既に70日を超えた辺りです。きっとやんちゃ盛りの食べ盛りに成長している事だと思います。早く会いにいかないと、子供たちに会えないかも!?


R5D_3371
次回はチビちゃんも気になるアクリルの向こう側のお話し。



こっちだってベビーズ!今日のアニマル!
H1DX0288
ベビパラさ~ん!


ひらかたパーク クニシゲ一家

_MG_0290


ひらかたパークのコツメカワウソ、クニシゲ(推定17歳)、スノー(5)、ミクニ(2)が亡くなりました。
詳しくは@manbou400さんのブログをどうぞ。
水族館と動物園と時々景色 『お疲れ様でした。


ひらかたパークでは1996年頃からコツメカワウソを飼育・展示していたそうです。
繁殖を目指しいろんな個体を導入していましたが、なかなか赤ちゃんが誕生しませんでした。

今から7年前のちょうどこの季節、屋島山上水族館(現・新屋島水族館)からオスのコツメカワウソがやって来ました。


H1DX0537
愛嬌のあるお顔と、お里で負った男の勲章・口元の大きな傷。極太のしっぽ。その名もクニシゲ。
当時いたメスとペアを組むも子宝には恵まれず、パートナーに先立たれました。


_MG_2163
それからひらパーでは、クニシゲの新しいお嫁さんを迎え入れようとしましたが、なかなか見つからずなんとか獲得したお嫁さんがスノーちゃんでした。
 
翌年に展示デビューをし、クニシゲと意気投合。その年にひらパー待望のコツメカワウソの双子の赤ちゃんが誕生しました。


IMG_8233
サンゴとシズクです。(写真は2011年2月撮影、サンゴ)


IMG_8052
更に約1年後、4頭の赤ちゃんが誕生し、ひらかたパークは8頭の「クニシゲ大一家」が展示されるようになりました。関西唯一の大家族展示でした。
子供の成長と共に4頭のうち3頭のオスは各地に引き取られ、1番体が大きなメスがひらパーに残りました。


R5D_9582
三番目の女の子、そしてクニシゲの「クニ」をとって「ミクニ」と名付けられました。
 
お父さんやお母さんよりみるみると体が大きくなったミクニちゃん。そんな大きな娘のために力を合わせて娘の遊び相手をしていたクニシゲとスノー。


R5D_1259
クニシゲは来園当時に比べ、年々若返っていったと聞きました。たくさんの子供に囲まれ、隣にはいつも可愛らしいスノーちゃん。


R5D_1130
小さな石ころをチマチマ転がし、浅瀬でスノーちゃんとのんびり過ごし、プールでミクニを追いかけて遊びます。

クニシゲは千葉Zooのポンタ父さんのような強い父さんキャラではありません。
むしろ子供たちからいじられるキャラでした。でもスノーも子供たちも小さなクニシゲを労わるかのようにクニシゲの細切れの魚は食べない、みんなで走って行っても遅れてくるクニシゲの場所は空けてあったり、取っ組み合いも力加減をしたり。。。人間の欲目かもしれませんが、みんながクニシゲのペースに合わせているように見えました。


R5D_9529
みんなに愛されたクニシゲ父さん。体は小さいけれど、その存在感はとても大きい。そして美しいスノーちゃん。走って踊って愛らしい姿を見せてくれました。本当にひらかたパークにやって来てよかったね。

そんなクニシゲ一家に出会えて本当によかった。


2011/2/27撮影
IMG_8143

IMG_8098

IMG_8115

IMG_8204

IMG_8349


 2011/6/26撮影
IMG_0869


2011/8/12撮影
IMG_4815


2011/9/30撮影
_MG_4888

_MG_4894

_MG_4905

_MG_4881


2012/1/15撮影
_MG_0218

_MG_0034

_MG_0222

_MG_0239

_MG_0331

_MG_0136

_MG_0171


2012/4/14撮影
画像 008

画像 163

画像 187

画像 031

画像 203


2012/9/9撮影
IMG_0885

_MG_2078

IMG_0864


2012/12/1撮影
R5D_9135

R5D_9529


2013/8/10撮影
R5D_1066

H1DX0522

H1DX0407

H1DX0273

R5D_1179

おやすみなさい。クニシゲ。スノー。ミクニ。

 

のいち動物公園 まぁるい目

R5D_3014
こんにちは、初心者plus+です。
カッパを着込み、傘を持ってのいちzooへレッツゴー。

朝から大雨だったため、開園時はお客がまばら。しばらく初心者とちびっくとカワウソたちだけの時間を過ごす事ができました。


H1DX1360
おはよう、メコン。


H1DX1358
ム~っとしたメナム君。眠いの?お腹が空いたの?それともメコンと夫婦ケンカ中


R5D_2772
仲良く出迎えてくれたのはメメ&ハル。


H1DX1391
朝からリラックスモード全開のクラ父さん。


H1DX1412
土日祝は10:30から始まるカワウソお食事タイム。雨のため観客は初心者&ちびっくのみ!貸し切り気分で贅沢気分♪


R5D_2808
泳げないメナムとメコンのために、ワカサギは陸に投げ入れられます。メコンはメナムに盗られまいと、土ごとワシっ~と掴んでコンテナの中へ。口にも手にもワカサギが・・・


H1DX1425
メメもハルもワカサギを自分の脇へ寄せて食べます。絶対あげないぞ!という強い意志を感じます


H1DX1461
一方、ひとり展示のクラさんは余裕の構え。


H1DX1452
誰にも取られないから必至さはない?


H1DX1495
でも、食べてる顔は必至そのもの


H1DX1477
豪快な食べっぷり。


R5D_2884
でたっシガレット挟み食い


R5D_2844
普段はちびっこで占領されてしまうアクリル前。この日は思う存分楽しむ事ができました。ただし雨雫でキレイに見えませんでした。


R5D_2850
ワカサギ発見!


R5D_2852
クンクン。ワカサギに間違いない!


R5D_2858
美味しすぎてゴメンナサイ


R5D_2888
お腹いっぱいになりましたか?
のいちzooのカワウソの中で最も大きなクラ父さん。


H1DX1377
日本国内で1番大きなカワウソは、二見シーパラダイスのブブゼラ君(ツメナシカワウソ)、次にクラ父さん、3番目にアクアマリンふくしまのドナウ(ユーラシアカワウソ)と思っているんですがどうでしょう?釧路や盛岡のカナダカワウソも忘れてはいけませんね。


R5D_2787
のいちのカワウソたちはとっても愛嬌があります。目をまぁるくし、何か面白いことがないかと探しているメメちゃん。


R5D_2784
ハル君は好奇心旺盛な瞳をキラキラさせています。


H1DX1604
見つけた今日のオモチャいつも新しいオモチャを探して遊んでいますが、この日は「何かの実」でご機嫌に遊んでいました。


R5D_3000
しばらくこの実でジャグリング。遊んだ後は口の中に入れてグチャグチャ&ポイッ。


R5D_2795
そしてポイ捨てされた実の後始末をするのはいつだってメメ。


R5D_3069
ハルはまぁるい石や、葉っぱやドングリやクルミ、時には心無い客が投げ入れたミカンの房もオモチャにしてしまいます。上手にコロコロ転がします。(そしてポイ捨て)


R5D_2955
のいち名物『メメ・ダイブ』
ハルと違って活発なメメは泳いで走って、大忙し。毎回この飛び込みを見るのが楽しみです。何とも元気ハツラツなメメ・ダイブ。


R5D_3197
今度は横からメメ・ダイブ。


R5D_3198
ざ・ぷ~ん


R5D_2980
メコンちゃんも目をまぁるくして何やら考え事?ご飯ならまだですよ。


R5D_2805
「またコイツらか」って思ってるでしょ、メナム君。確かにご飯は持っていませんけどね。

のいちのコツメたちはみんな目をまぁるくしてお客を観察しています。だからよく目が合います


R5D_2937
午後からクラ父さんとバトンタッチ。ツメナシカワウソのララとソラ親子。
ソラ君、また大きくなったような気がします。


R5D_3124
ソラ君も目をまぁるくして「何してるの?」もしくは「何か面白い事ない?」と覗き込んできます。
ごめんね、ソラ君。ソラ君をひたすら撮ってるの。オモチャは持ってないの。もちろんおやつも持ってないの


R5D_3130
小さかった頃のソラ君の写真があれば、成長記録になりそうな写真。あるかもしれないけど、掘り起こすには枚数が多すぎる…


R5D_3097
実はこの日がララ・ソラ親子の最後の展示だったようです。


R5D_3217
ソラ君の成長に合わせ、とうとうやって来た「独り立ち」。まだまだ幼くてお母さんにベッタリなソラ君の事が心配ですが、立派なツメナシカワウソへの第一歩。


H1DX1581
ソラ君が展示場デビューした当時、ララは常に辺りを警戒し、鋭い目つきをしていましたが、今ではこんなに優しい目に。


R5D_3234
まぁるくてぼた餅みたいだったソラ君も徐々に凛々しい顔立ちになってきました。ほんのちょっぴりだけど

現在、ツメナシ展示ローテーションがどんな風か分かりませんが、きっと曜日制か時間制でクラにもララにもソラにも会えるんじゃないかと・・・期待しています。


R5D_3228
メナムの変なポーズは健在。


R5D_3071
メメ・ハルの仲良しっぷりも健在。

コツメグループは日々面白いものを見つけて楽しく遊んでいました。ツメナシ坊やは独立し、今後はララ・クラ夫婦の復活が期待大です。そしてソラ君、お兄ちゃんになる可能性が大だね



やっぱりそうだったのね!おめでとうブッチー&エナ一家!
R5D_2895
ブチハイエナに赤ちゃんが誕生していました!この日既に12日齢の赤ちゃん2頭がいたんですね。今回の出産はエナお母さんにとって大変苦労したようですが、元気になりつつあるようなので安心しました。

のいち動物公園News 「ブチハイエナが産れました。

おめでとう。そしてお疲れ様。そしてありがとう。楽しみがまたひとつ、増えました。早くエナや赤ちゃんやとーふやブッチ父さんに会いたいよ

のいち動物公園 園長とお散歩

H1DX1417


こんにちは、初心者plus+です。
桂浜水族館でオーちゃんのお散歩を堪能した次の日はのいち動物公園で「園長のお散歩」です! 

毎月第一日曜日はのいち動物公園の園長さんと一緒にお散歩をするイベントがあります。はりきって整理券をゲット。
が、生憎の大雨。朝からの来場者数が少なく、なんと・・・園長を貸し切り園長と初心者とちびっくの3人で園内をお散歩です。


R5D_2919
どうぶつ科学館を出発し、こども動物園ゾーンにやってきました。ペンギンは世界中で日本が1番繁殖に成功しているそう。そしてなぜか日本だけ"ペンギン"というカテゴリーが出来上がっているとの事。世界では鳥の1種扱い。そういえば、けっきょく南極大冒険の頃からペンギンが主役ですね。


R5D_2753
次はアナホリフクロウ。 7月中旬に孵化した4羽のヒナたち。(もう1羽はどこ行った!?)


R5D_2924
見事なチューチュートレイン♪
自分たちで穴を掘って住処にするのかと思っていたら、実はプレーリードックの掘った穴を利用しているそうです。確かにあの細い脚では大きな穴は掘れませんね


H1DX1509
続いては。こんにちは、ブッチー♪


R5D_2894
ブチハイエナを導入する時のエピソードや生態などを教えてもらいました。世間一般のハイエナのイメージが悪く導入には苦労したそうです。ブチハイエナ前に来て急に園長のテンションが上がったように思えます!(きっとブチハイエナが好きに違いない


R5D_2929
水浴び大好き、ブッチー父さん。


R5D_2893
エナは出産準備のため、この日はブッチー父さんだけの展示でした。元気な赤ちゃんが産れるといいなぁ。担当キーパーさんがカメラ片手にバックヤードへ入って行くのを目撃しましたが...


H1DX1518
次はサバンナ展示場へ。6月に誕生したグラントシマウマの赤ちゃんが元気に飛び跳ねていました。


H1DX1525
お母さんに寄り添うアンディ君。母親に甘えるのはカワウソもシマウマも一緒だ・・・なんて当たり前のことを思ってしまいました。


H1DX1523
ここでは草食動物、肉食動物の違いについて、また生態についてお話しを聞かせてもらいましたが、イベントでちびっく画伯が登場した事は秘密です。


H1DX1555
最後はハシビロコウ前。ちょうど給餌中でした。大きな魚を丸飲み!

朝からバケツをひっくり返したような大雨でしたが、昼前には雨が止み、ゆっくりお話しをしながら散歩をする事ができました。もちろんカワウソとかカワウソとかカワウソの事もいっぱい聞くことができました

毎月第一日曜日に開催されている『園長のお散歩』。是非機会があれば参加されてみてはいかがでしょうか?楽しく学び、そしていろんな事を質問をしバックヤードにも行けるというてんこ盛りなイベントです。


H1DX1341
お散歩を終え、カワウソ舎へ戻って来ると、コツメカワウソは同じメンバー。メメ&ハル。


R5D_2983
メコン&メナム。


H1DX1469
ツメナシカワウソはクラ父さんから・・・


H1DX1682
ララ・ソラ親子にバトンタッチ。


H1DX1312
カワウソの続きはまた今度~


桂浜水族館 それぞれの絆

H1DX0902


こんにちは、初心者plus+です。
8月の終わりに桂浜水族館へ行って来ました。


H1DX1180
つい2ヶ月前に行って来たばかりなんですが、コウメちゃんが気になって・・・ね。

ちぃさな浜辺の水族館の飼育スタッフブログ 『こんどこそ


R5D_2433
コウメちゃんとソラ君はとっても元気に泳いでました。元気すぎて写真が撮れないっ


H1DX1010
コウメちゃんとソラくんの間に赤ちゃんが誕生しましたが、生まれてまもなく天国へと旅立ってしまいました。
Das Otterhaus【カワウソ舎】 『桂浜コツメーズ、その1・コウメソラテンミズホ


H1DX1114
短い期間だったようですが、必死にお乳をあげていたコウメちゃん。


H1DX0968
そのコウメちゃんと赤ちゃんを守るソラ君。


H1DX1108
小さな命を授かったその瞬間からコウメとソラは立派な母と父だったと聞きました。


R5D_2526
ちょっとグルーミングをサボり気味だったか、寝癖みたいにセンター分けになっていました


H1DX0754
ゆっくり休養したコウメちゃんはいつもの元気で食いしん坊なコウメちゃんに戻っていました。


H1DX1153
楽しそう♪


H1DX1242
コウメとソラに再び機会が訪れることを願っています。


R5D_2682
コウメちゃん、頑張れ!フガフガっ


H1DX1071
ソラ君、頑張れ!アグアグっ


R5D_2725
お次は桂浜の王子様とサクラ様。


R5D_2449
通称オーちゃん。大分のうみたまごからやってきてもう4ヶ月が経ちました。


H1DX1197
何故だか真上写真ばっかりになってしまうサクラちゃん。


H1DX1186
サクラちゃんはカメラを向けると顔が強張ってしまいます。でも以前に比べると表情が柔らかくなってきました。で、更に可愛くなっていました


R5D_2552
1日3回行われる「王子君のお散歩タイム」。まずはカワウソ舎前で体を拭き、その場でふれあいタイムが始まります。オーちゃんの背中をなでなでしていると、後ろからサクラがピーピーっとオーちゃんを呼んでいます。


R5D_2607
サクラちゃん、ちょっと待っててね。オーちゃんすぐに戻ってくるからね。


H1DX0810
今日はダブルオーでお散歩


R5D_2580
時々オーちゃんはスタッフオーさんを見上げます。


H1DX0850
長年連れ添ったコンビのよう。


H1DX0859
お散歩を終えると、お待ちかねのご飯。


H1DX0862
オーちゃんのお気に入りの(高級)ペレット。


H1DX0910
サクラには魚。


H1DX0868
オーちゃん、スタッフオーさんと何話しているの?


H1DX0889
あぁ、とてつもなく甘えん坊


H1DX0942
一方、秘密の部屋のテンとミズホ。アクリル越しにもわかるテン君のぽっちゃりボディ。


H1DX0959
ミ、ミズホどうやってツルツルの扉をよじ登っているの?謎です
 



しぼんでる!今日の海獣!
R5D_2600
テンとミズホの秘密の部屋にいるカリフォルニアアシカ。カメラを向けると(カワウソにだけど・・・)いつもポーズをとってくれます。・・・がっ


R5D_2432
ぬんっ。コタロウがしぼんでる~~~。これは発情期になると餌を食べないっていうやつなんでしょうか?


H1DX0756
なでしこちゃんもますます芸達者になっていました。
桂浜のみんなは変わらず元気でした。あっ、スタッフさんが真っ黒に日焼けしていました。夏の勲章ですね。

池田動物園 チョコ丸の空

H1DX0403


こんにちは、初心者plus+です。
約8ヶ月ぶりの池田動物園は何かと変化がありました。まずはメンバー紹介。


H1DX0236
3歳の若いお父さん、チョコ丸君。


H1DX0283
もうすぐ2歳になる息子、チップ君。


H1DX0083
今はチョコ丸チップの2頭です。


R5D_2290
今年、娘のマーブルとローズはお嫁さんに行きました。そしてつい先日、お母さんのミントちゃんが天国に召されました。「さみしい」なんて言葉は不要。メンズだけになりましたが、張り切って行きましょう


H1DX0121
チップ君は立派な若ウソになり、お父さんと同じぐらい大きくなりました。


R5D_2100
金網ムギムギのチョコ丸父さんは、濡れていてもわかる艶々の毛。


R5D_2002
相変わらずチョコ丸君の熱心な営業活動っぷりに、我を忘れて夢中でパシャパシャとシャッターを切るちびっくと、きゃ~きゃ~騒ぐ初心者であります。


R5D_2132
ちょっとビビりな性格なんでしょうか?チップ君はほんの時々、柵前にやって来てくれます。


H1DX0259
そして岡山県の新名所間違いなし!カワウソ飛び出た新水槽いつできたの!?


H1DX0543
では早速、行ってみましょ~♪


H1DX0378
と、その前に、カワウソ舎と新水槽のつなぎ目で一呼吸。ふぅ~…。では行きますよ…


H1DX0736
鳥か?飛行機か?


R5D_2388
いや、チョコ丸だ!!!


H1DX0358
飛んでます!チョコ丸が岡山の空を舞っています。


H1DX0612
チョコ丸、青空をバックに飛んでおります!美しい。これは美しいカワウソの新スタイル!


R5D_2238
この水槽の高さは、こんな感じ。写真を真下から撮るのにちょうどいい高さ!


R5D_2377
望遠レンズの貴方にはしゃがんで撮影すればOKでございます。ん~チョコ丸君、ワンダホ。

さっきからチョコ丸チョコ丸って。池田zooにはチップ君もいるでしょ


R5D_2114
チップ君「・・・」


H1DX0355
ブクブクブク・・・。今日はここまで。顔浸けまで


R5D_2199
ヤング・チップ(別名ビビリー・チップ)は、まだこの水槽がちょっぴり怖いらしい。ほんのちょっぴりね。
でも、この写真を撮って2週間が経った今頃は、もうスイスイお空を飛んでいるかもしれない。


R5D_1976
お仕事中のキーパーさんに何やら相談ごと?「ねぇ、ねぇ、そろそろアレください」


H1DX0677
おねだり効果が効いたのか、ドジョウタイムが始まった!


H1DX0646
ワンダホな水槽でチョコ丸父ちゃん、ハンターの血が騒ぎます・・・。


H1DX0651
ドジョウはどこだ!


R5D_2322
しっぽをくねらせドジョウを必死で捕まえる。どうぞ真横から真下から、そんなカワウソの姿がたっぷり楽しめます。


H1DX0670
待て待て待てぇい


R5D_2353
くわえたドジョウはかなりの大物


R5D_2402
岡山の空を飛ぶカワウソ。ドジョウタイム以外もちょくちょく泳ぎにやってきますよ


H1DX0351
一方新水槽がちょっぴり怖いチップ君は、顔だけつけて隅っこにくるドジョウを待ち伏せ。そこまで出来たらあと少し・・・。頑張れ。ヤング・チップ!


R5D_2314
新水槽には優しい光が注がれていました。ミントちゃんの眼差し・・・


R5D_2134
夕方、突然始まったカワウソ展示場のコツメ櫓のリフォーム!


R5D_2146
ねぇ、ねぇ、何してるの?


H1DX0539
新しい櫓にチップ君もワクワク。で、完成したコツメ櫓は?


撮り忘れました


R5D_2128
平日ですが、コツメカワウソのスポットガイドがあるらしいですよ~。



カワウソ以外も見ましたよ。今日のアニマル!
R5D_2254
ペリカンのごっくんタイム。ホントに「ごっくん」。


R5D_2092
フラミンゴ様のお成り~。


H1DX0228
ルリコンゴウインコのはまちゃんさんです!美しい羽にウットリ。この後腕が筋肉痛になったのはいい思い出

 

みさき公園 カメラ大好き!

H1DX1186


こんにちは、初心者plus+です。
みさき公園のプール営業も終了し、暑かった夏の終わりを感じます。


H1DX1035
今週からプール営業と共に「カワウソと遊ぼ♪」イベントもお休みに入りました。きっと秋のイベント開催時に復活すると勝手に思っているんですがどうでしょうか


H1DX1037
お昼寝中のララちゃん。


H1DX1043
この夏の期間、「カワウソと遊ぼ♪」イベントが一時中止となった事がありました。心配だったのでちょっと様子を見に来てみたら、テラミラララ姉妹は元気にしていました。


H1DX1051
姉妹の生活リズムが少しズレてしまい、イベント中にお昼寝したり、トイレに行くようになり、いったん様子を見るために中断していたようです。


H1DX1235
おトイレといっても、イベント中に『タラ~』という訳ではないよ。一旦お部屋に帰ってからおトイレするんだよ。


H1DX1111
この日はホームページにもシャイニースタジアムの受付にも中止と掲げていましたが、姉妹の生活リズムが順調に戻りつつあったので、急きょイベントが再開されました。


H1DX1115
ララちゃん、お仕事復帰おめでとう。


H1DX1117
復帰と言っても1~2日休んでただけ。


H1DX1119
そんなに休んでないわよ。

ララちゃん、近い…


H1DX1145
現在の彼女たちのお気に入りはコレ。その1、ボール。


H1DX1126
その2、ベルト。


H1DX1135
持ち上げたり、カチャカチャ音をたてるのが楽しいらしい・・・


H1DX1129
んっ?でも一番興味があるのはカメラのようです。


H1DX1151
この日は「カワウソと遊ぼ♪」イベントがないと思っていたので、広角レンズを1本しかもって来ず、写真は相方ちびっくに任せ、初心者は手ぶらでイベントに参加したんですが・・・


H1DX1153
この姉妹、大のカメラ好き。カメラを持っているちびっくが気になって仕方がない。


H1DX1154
あっ!カメラ!


H1DX1155
ねぇ、ねぇ


H1DX1157
なぜか口を開けたまま急接近


H1DX1168
うひゃひゃひゃひゃ~
カワウソに遊ばれました


H1DX1180
自由気ままなお嬢さんたちです。もし秋季イベントで「カワウソと遊ぼ♪」が開催され急に中止になったとしても暖かい目で見守ってあげたいですね。


H1DX1190
テラミラララに会えなくても、シャイニースタジアムには季節のイルカショーがあります。動物園に行けばナツリン親子も待っています。秋のみさき公園も目が離せません。


H1DX1271
動物園のリンちゃん。何やらジ~ッと見ています。


H1DX1278
リンちゃんが見ているのはカメラ!


H1DX1295
石の上に乗っかって、更に熱心に見ています。


H1DX1283
ちゃっかりポーズ


H1DX1281
みさき公園のコツメカワウソはみんなカメラが好きみたい♪


R5D_1861
この日も暑かったせいか、動物園の方は人が少な目。おかげでず~っとカワウソ前を独り占め。


R5D_1912
行儀が悪いんですが、お客さんが来ない間は地面に座ってリンちゃんに遊んで貰いました。


R5D_1880
リンちゃん、水中二足歩行をするんです。トットットット。こんな可愛い顔をして近づいて来るんですよ♪


R5D_1855
また、トットットット・・・


R5D_1928
そして、可愛い指でアクリルの窓拭きをします。だからアクリルが内側からキレイになるんです。


R5D_1897
窓拭きをしたところから撮った写真。リンちゃん、ありがとう。


R5D_1899
ナツも窓拭きが得意です。みさき公園では下のアクリルガラスから写真を撮るのがおススメです。


R5D_1908
不定期「アクリル越しにカワウソと遊ぼ♪」


R5D_1948
どっしりマーメイド、リン。


R5D_1962
どっしり寝ぐせマーメイド、ナツ。

今週はみさき公園の休園日。秋も元気な姿をみせてちょうだいね。



ワッショイ!夏祭り今日のシャイニースタジアム
H1DX1061
ハイ・キック!


R5D_1824
迫力、スピード、ジャンプ力!そして大歓声に包まれ、大人も子供も笑顔になるイルカショー。秋バージョンも楽しみです。


coming soon ...

□安佐動物公園
□海遊館
□のいち動物公園
□みさき公園
□ニフレル
□安佐動物公園


Twitter プロフィール
かわうそ暦8年目突入!!
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
記事検索
かわうそ初心者のブログ