かわうそ初心者のブログ

カワウソ歴8年目の初心者とちびっくが"知ったか"のかわうそ日記を綴ります。いつまでも未熟な"初心者"と"ちびっく"の共同ブログ。8年目に突入でも"初心者"のまま!! Twitter⇒@OtterBeginner

海遊館 ゴボー☆クリスマス

R5DM0304


こんにちは、初心者♪です。
まだまだ去年のカワウソおっかけが続きます。


R5DM0234
去年のクリスマス前の『体感!熱帯雨林』展示場のジャングルメンバーはこちら!


H1DX1015
 久しぶりにゴボウが海遊館の展示場に帰ってきました。(今は違います)


H1DX0940
2011年3月海遊館生まれのゴボウ君。かつては、甘えん坊のわがままなゴボウを『ゴボウ王子』と呼んでいましたが、今では親となり成長したゴボウは『王様』に大変身


IMG_0973
ゴボウと初めて会ったのは、2011年7月『日本の森』の展示場でした。


IMG_1079
お母さんのツバキとゴボウ。何故だかツバキのお髭がベリーショート。後から分かった事ですが、ゴボウがお髭を噛みちぎっていたのです。


H1DX1084
現在に戻って、こちらはゴボウの息子、ツクシ君。ゴボウの子供たちはお髭が短い。コレ多分、ゴボウの仕業。


IMG_6217
2011年7月の写真に戻りますが、チビゴボウことゴボウ王子のお髭は立派です。


IMG_7160
2011年8月撮影。甘えっコキャラからいたずらっこキャラになりつつあります。


_MG_7537
『日本の森』でみた最後のゴボウ。まさに『ゴボウ王子』の貫録です。


73931668
いきなりヘタな図になりますが、2012年4月、海遊館の「女子限定おとまりスクール」でカワウソのバックヤードに行った時にゴボウと再会しました。
(過去ブログ)海遊館 おとまりスクール 夢のコツメーランドの続き


_MG_9168
2012年8月。大好きなイブキおじさんと一緒に新潟市水族館「マリンピア日本海」へ出張に行っていた頃のゴボウ王子。ここでも嬉しい再会を果たしました。


_MG_9421
海遊館の「日本の森」展示場の時もそうでしたが、ゴボウはホースを見つけると激しくかぶりつきます。マリンピア日本海のキーパーさんの困った顔+楽しそうな笑顔が印象的でした。


R5DM0006
そんなゴボウ王子が、息子と共に海遊館の展示場にやってきた!


R5DM0009
食事は王様ゴボウから。両手を広げ、うんと背伸び。王様、ちょっぴりカッコ悪い姿です


R5DM0088
自分だけ立派なお髭をピ~ンとな。


R5DM0012
次は子供たちの番。


R5DM0108
カリカリ(固形フード)をもらって嬉しいな~♪ byワラビ


R5DM0218
(向かって右)ゴボウが子供たちと遊んでいます。なんだか『ゴボウ=パパ』という事が未だにピンとこなく、何となく違和感の塊で観察をしていました。


R5DM0224
おもちゃを取に来た子供にストップをかけるゴボウ。小さな子供たちを前にゴボウはやっぱりゴボウであり、ゴボウの信念、すなわち『我、王なり』的な存在感をアピールしていました。


R5DM0556
ゴボウDNAを引き継いだ王の子たち。


R5DM0236
父のようにみんなから愛されるコツメ君になってね。


R5DM0343
父を超えなきゃ、いつまでたっても『ごぼちんのコ』って言われるよ。


R5DM0279
大丈夫。キミたちならゴボウとアヤメの血を受け継ぎ、最強の個性を持ったコツメカワウソになる!


次回は久しぶりのわんぱくフォー♪


海遊館 師走のハチミミ

H1DX0222


こんにちは、初心者♪です。
2014年12月の海遊館『体感!熱帯雨林』のカワウソレポート♪


H1DX0073
初心者とちびっくが大好きな、海遊館のハンサムボーイことハチ君です。


H1DX0007
ひとクセもふたクセもある、まん丸レディのミミちゃん。


R5DM0038
この熱帯雨林ではコツメカワウソの個体が時々変わって展示されています。この日はたまたまハチ&ミミ。確かほんの数日だけの登場でした。色んな個体に会える嬉しい特別展示場です。


H1DX0034
真っ白な部分と輝く茶色のボティ、昔から変わらぬピンクのお鼻。そして何よりハチの醸し出す雰囲気が大好きです。


R5DM0039
丸い目、丸い顔、耳もおヒゲも可愛いハチ。ラブリーはっちん


R5DM0290
『日本の森』展示場にいた頃より、ひとり浮世離れした表情を浮かべていました。ハチは何を見ているんだろう。


H1DX0567
はっちん、もうすぐ7歳。そろそろはっちん似の可愛い孫がみたいもんだね~、と姑気分。


H1DX0102
一方、ハチの奥様ミミちゃんは...。相変わらず例のクセがさく裂していました。


H1DX0241
潜る潜る。ヒトの股やら…


H1DX0233
 ハチの股やら。


R5DM0212
キーパーさんが来たら、まずは潜ります。


R5DM0079
隙あらばハチにも潜ります。


R5DM0316
時にはすべり台だって滑ります。スイ~


R5DM0309
こんな風変わりなミミと相性があう(?)のはっちんただひとり。


R5DM0149
素敵なはっちん。可愛いはっちん。突然ですが、はっちん祭り、始まるよ~
 

H1DX0061
 ワッショイ♪ワッショイ♪


R5DM0072
 はっちん♪はっちん♪


R5DM0082
ばうあー♪ばうあー♪はっちん♪はっちん♪


H1DX0126
 はにかみはっちん♪ラブリーはっちん♪


R5DM0020
夢見るはっちん♪ラブリーはっちん♪


R5DM0320
はっちんと少年


R5DM0322
はっちんの方が何百倍も可愛い♪大勝利~♪


R5DM0010
はっちんの可愛さに取り乱してしまいました...。


以上、はっちんレポートでした。次はハチミミからバトンタッチ、ゴボウの王様の登場です。



のいち動物公園 サポーター感謝祭と3種カワウソ

H1DX9705


こんにちは、初心者♪です。
去年の11月に行って来たのいち動物公園の続きです。


R5DM0707
毎年2回行われているのいち動物公園動物サポーター感謝祭に行って来ました。
まずは園長さんによる近況報告。今回もカワウソサポーター数は第2位でした…。


R5DM0713
カワウソに関する報告はアカネとアザミの事です。前回は『ユーラシアカワウソが仲間入り』でしたが、今回は『ユーラシアカワウソなじみました』。「導入」から「展示」へ。次は「婿がきました」を密かに期待...


H1DX9209
報告会が終わるとご贔屓の動物のバックヤードにレッツゴー。カワウソのサポーターでも他の動物を「ご指名」することができるんです。まぁ、毎回「カワウソ」を指名している初心者とちびっくです。


R5DM0745
今回カワウソツアーには10名を超える参加者が集まりました。数年前までは初心者とちびっくの2名だけだったんですけどね。カワウソ人気、来てますねぇ。でも毎回2位はナゼ?


R5DM0769
バックヤードにいるツメナシカワウソのクラとララ、コツメカワウソのメナムとメコンにおやつをあげましょう。


R5DM0733
『早く~!コッチは3日ぶりの食事なんだよっ~』って言わんばかりの騒ぎっぷり。朝ごはんを食べて何時間もたってないハズなんですが...。


R5DM0746
コツメ界でも有名な(?)メナムとメコンの騒がしいおねだりにはチビッコたちもタジタジ。


R5DM0775
一方、ツメナシカワウソの「静かな圧」。コツメカワウソと違ってビャービャー騒ぎませんが、ワカサギをあげようとモタモタしているとクラ父さんの圧力を感じます


R5DM0789
『遅いぜよ…』


H1DX8460
バックヤードのカワウソたちの次は外の展示場のカワウソたちにもワカサギをプレゼント。


H1DX9669
普段はキーパーさんが投げ入れるワカサギをサポーターのみんなで投げ入れますよ。ソラ君、満足気です。
そして私たちサポーターも大満足な約1時間の感謝祭でした。


では、改めてカワウソ3種のご紹介。
R5DM0408
展示に向かって左が『ツメナシカワウソ』、真ん中が『コツメカワウソ』(写真の手前)、右が『ユーラシアカワウソ』(写真の奥)。水槽がアクリルガラスに仕切られ、3種のカワウソが展示されています。


H1DX7468
ユーラシアカワウソの展示場はピンクのサザンカが彩りを添えていましたが...


R5DM1027
コツメカワウソの展示場はイチョウの葉がいっぱいに広がっていました。


R5DM1304
ハル君の男前度も更にアップ


R5DM0329
朝一番のキラキラする水面ではクラ父さんの毎朝恒例の「ヒゲちぎり」。手の毛も薄れています。


R5DM1084
石コロ抱えてハイ、チーズ♪


H1DX9752
背中をモゾモゾ...


H1DX9757
やっぱり石コロで遊んでいました


R5DM0996
ツメナシカワウソのソラ君が展示場を駆け巡り...


R5DM0646
ユーラシアカワウソが目を剥き歯を剥き大暴れ。


H1DX7442
コツメカワウソのメメとハルは冬の澄んだ空気を感じています。


H1DX7451
自然あふれる展示場で見るカワウソは「可愛い」より「美しい」という言葉がしっくりします。もっと美しいカワウソが見られる動物園や水族館が増えて欲しいな...。



久しぶりの今日のアニマル♪
H1DX9141
レッサーパンダのカイ。1列リンゴをムシャムシャと♪


H1DX7787
ジャングルミュージアムのナマケモノの親子。初めて食べたのが小松菜だったので名前が「コマちゃん」になったそう。素敵な名前♪


H1DX7702
グラントシマウマのモミジちゃん。元気に駆け回っていました。


R5DM0173
シロテテナガザルのチャコ母さんとニコちゃん(腕だけしか見えません)


H1DX7756
ハシビロコウのささ君の『バァ~~~~』元気よろし

のいち動物公園 ユーラシア姉妹

H1DX7476


こんにちは、初心者♪です。
今のところ順調にブログを更新しています。きっと今だけ♪お正月だけ~♪
という事で、去年11月に行って来たのいち動物公園です。


H1DX7400

今回はのいち動物公園「サポーター感謝祭」に参加することと、もう一つ最大の目的は彼女たちに会う事でした。


アカネ_H1DX7611

クネクネゴロゴロしているアカネとアザミ姉妹。


H1DX7681
カワウソ舎のサザンカが満開を迎え花弁がはらはらと舞い、アザミとアカネの展示場に彩を添えていました。


R5DM0012
2013年6月に福島県の水族館で生まれ、スタッフさんによって花の名前が付けられた「スミレ」「アヤメ」「アカネ」「アザミ」の4姉妹。それぞれの名前には花言葉の意味も添えられているそうです。
 「スミレ」=花言葉は『誠実』
 「アヤメ」=花言葉は『愛』
 「アカネ」=花言葉は『私を見て』
 「アザミ」=花言葉は『安心』

「スミレ」と「アヤメ」は新潟市水族館マリンピア日本海へ、そして「アカネ」と「アザミ」は2014年3月にのいちzooへやって来ました。徐々に展示場に慣れる訓練をし、ようやく8月頃から通常展示になりました。


H1DX8033
どんぐりを咥えているアザミちゃん。彼女とは6月のサポーター感謝祭以来の再会です。


H1DX7911
(のいちzooでは)ハジメマシテのアカネちゃんです。よろズラ!
前回はバックヤードにお邪魔した時、ドンゴロスの中から出てきてくれませんでした。展示場に出た当初は岩陰に隠れてばかりいたようですが、今ではご覧の通り岩の上で「私を見て」と言わんばかりにデンっと構えています。


syomen
では、アカネとアザミの見分け方をご紹介。向かって左がアカネちゃん。ωが全体的に薄茶色。
右のアザミちゃんはωの茶色が濃く、そして下の方は白色です。お鼻の形も違いますね。


ago
こちらはあごの写真。左がアカネ。ωが薄茶色、唇が黒。
右のアザミちゃんはωがこげ茶と白に分かれていて、唇はピンク。あごの毛色も違います。


H1DX9884
絶対そうだとは言えませんが、岩の上に好んで行くのがアカネちゃん。
今現在はあるかどうかわかりませんが、お尻の辺りに『ふたごハゲ』があるのがアザミちゃん。


H1DX9857
個体識別ができたところでお待ちかねの『カワウソのお食事タイム』です。


H1DX9337
カワウソ担当さんによる解説付きのお食事タイム、土日は10:30からです。
アザミちゃんは今か今かと待ち構えています。


H1DX7816
真下で待ち構えるアカネちゃん。
今ね、カワウソ担当さんが≪カワウソ3種展示は日本全国でここだけ≫って大事なお話をしている最中だからもう少し待っててね。


H1DX8656
解説が終わるとワカサギを一掴みにしてプールに投げ入れます。頬張りすぎ


H1DX8638
水かきをニパっと開き水中で待機。目が真剣そのもの。


H1DX8733
食べている時のカワウソの表情って大好き。


H1DX9305
でもこうやって水中でワカサギを食べている彼女たちを見ているとついつい思い出してしまうのが「ミン」ちゃんの事。ミンちゃんも水かきをニパ~っと開き、お髭をピ~ンと張って美味しそうにワカサギを食べていたことを思い出します。

ミンちゃん:2012年11月に亡くなったユーラシアカワウソ


R5DM0660
ミンちゃんもこの木でよくグルーミングをしていました。ミンちゃんの想い出がドバっと蘇ってきます。そんな風に想い出に浸っていると…


H1DX8980
姉妹の元気な水中バトル勃発


H1DX8789
これを待っていました!迫力満点、イキイキバトル。


H1DX9006
掴みあって飛び上がって、もうひっちゃかめっちゃか。


H1DX8795
体当たりで喉元ガブリ~。この時聞こえてきたのが「フンガ~」


H1DX8826
戦いの場は陸へと移り、そこでも激しいガブガブ合戦。フンガ~


H1DX8847
おぬし、逃げるのか!


H1DX8848
待て待て~ぃ!


H1DX8860
牙をむいていざ勝負!


H1DX8895
がっつりホールド。プールの端までやって来ました。


H1DX8900
こんな感じで展示場を隈なく飛び回っているアザミとアカネです。


H1DX8990
上野動物園でみたアザミたちのお姉ちゃん「うめ」「もも」「さくら」の激しいバトルが楽しくて忘れられない初心者ですが、またそれがのいちzooでも見られてとっても幸せです。
そして何って言ってもウソ好きにはたまらん「カワウソ3種展示」♪


H1DX8507
アザミちゃんがお隣のコツメプールを気にしています…。


H1DX8485
やって来たのはコツメのハル君。この体格差!


H1DX8486
頭の大きさからして違います。しかしハル君はユーラシアカワウソよりコッチの人間の方が気になるようです。ワカサギ持ってないヨ~


R5DM0431
プールの仕切りのコツメ側とユーラシア側。夢のコラボレーション。贅沢なひととき。


R5DM0435
ちびっくも初心者もこの夢のコラボに興奮してしまい、鮮明な写真じゃないのがとっても悔しいです...

次はサポーター感謝祭とコツメカワウソ、ツメナシカワウソです。




 

桂浜水族館 コツメたち

H1DX7306


あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
初心者♪とちびっくで綴るかわうそブログ、新春第一弾は去年11月に行って来た桂浜水族館です。


H1DX7317
去年は色々あったコウメちゃん。体調を崩したこともありましたが、今ではすっかり元気になりました。


H1DX7314
コウメ立ちも健在です。


R5DM0001
コウメちゃんの向こう側にいるのはテン君。


H1DX7298
コウメちゃんにもみくちゃにされてもサレルガママなテン君です。


H1DX7308
絵になるカップル、コウメとテン。


H1DX7343
絵になるのはコウメとテンだけではありません。こちらはミズホと王子君。


H1DX7349
ミズホはプールでグルグルグルグル泳いでいました。


R5DM0019
もうしばらく実施されていない王子君のお散歩タイム。


H1DX7366
桂浜水族館はガラッとスタッフさんが変わりました。


R5DM0012
吻タッチ


H1DX7387
以前よりちょっとスリムになったような王子君。


R5DM0004
こちらはアシカプールにある飼育部屋。サクラちゃん、お久しぶり!


R5DM0009
不思議と分かる「ソラ」君息子のゴボウ君(海遊館)がソラ君にソックリになっていたよ。


 R5DM0044


以上、桂浜水族館でした。


 

Happy New Year 2015!

H1DX5437


I wish you a 
HappNew Yea!


今年も変わらずペーペーの初心者ですが、よろしくお願いします。
coming soon ...

□安佐動物公園
□海遊館
□のいち動物公園
□みさき公園
□ニフレル
□安佐動物公園


Twitter プロフィール
かわうそ暦8年目突入!!
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
記事検索
かわうそ初心者のブログ