かわうそ初心者のブログ

カワウソ歴8年目の初心者とちびっくが"知ったか"のかわうそ日記を綴ります。いつまでも未熟な"初心者"と"ちびっく"の共同ブログ。8年目に突入でも"初心者"のまま!! Twitter⇒@OtterBeginner

本島 イルカ村 ふれあいと抱っこ

H1DX0832


こんにちは。ちびっく&初心者です。

本島イルカ村のイベント『コツメカワウソとと遊ぶ夏3コース』に参加して来ました。午前と午後、もちろん『抱っこ写真』に申し込み。最初、午後は『ふれあい』だったのですが『抱っこ写真』に急遽変更しました。


H1DX0752
岡山県児島観光港から、6:25分発のフェリーに乗り30分。瀬戸内なので波も低く船酔いの心配もなし。


H1DX0762
たまにパラパラする雨の中、瀬戸大橋の下を通ります。霞がかかって遠くは全然見えません。残念。


H1DX0763
7時に着いたフェリーから降りて左手の観光案内所。8時からのオープンですが、1時間も待てずにゆっくりと自転車を漕いで移動を開始。道中は思ったより山、、、山、、、。25mと34mと10mを越えます。


H1DX0790
ということで、早くに着きすぎました。イルカ村。10時のイベント開始まで1時間半フラフラと辺りを散策。港まで戻ろうかと考えましたが、日頃の運動不足を考慮して断念。


H1DX0783
イルカの給餌を遠くからパパラッチ。鳴き声と跳ぶ音が聞こえてきます。バンドウイルカ複数頭とハナゴンドウが1頭いるそうです。赤ちゃんイルカも


H1DX0808
さて、10時に始まりましたイベント。ダイスケくんの登場です。2人で参加のため『抱っこ写真』(抱っこ係)+『見学』(写真係)を申し込みました。
まずはコツメカワウソの解説なのですがカワウソにちょっと詳しかったので省略となりました
代わりにダイスケくんについての話題に。(※本当は爪や生態など、本格的な解説があります)
なお、イルカ村担当のトレーナーさんは○○とか○○のキーパーさんとお知り合いで、カワウソについて情報交換をしておられるとの事。もちろんカワウソだけではなく"うそらー"の生態もきっちり伝わっていました


R5DM0094
『ふれあい』の開始です。ダイスケくんが出てきました。


R5DM0107
尻尾や背中、肉球に触れる事ができます。尻尾は筋肉の塊。重かった。


H1DX0857
触られる事は特に何とも思わない様子。逆撫でや毛を掻き分けてトップコートとアンダーコートを遠慮なく堪能。人の好き嫌いは無いそうですが匂い系はちょっと苦手とか。


H1DX0947
しっかり触れ合った後はお待ちかねの『抱っこ』です。「ダイスケくん、おいで~」という掛け声とともに我が腕に飛び込んでくるダイスケくん。


H1DX1095
抱っこされても嫌がることなく、しっかりカメラ目線。

ダイスケくんの体温、筋肉質なしっぽ、ふわふわの毛、チクチクと服を貫通するヒゲ、薄いけどしっかりとした水かき、前肢と後肢の肉球の感触の違い...。
「みる」のと「触れる」の違いは大きいと感じました。


H1DX1150
抱っこが終わればゲージに戻ってご飯の時間。直接口に持っていっても噛まれる恐れはありません。でもちょっと怖い


H1DX1191
最後は握手でサヨウナラ。

洋服にはダイスケ君の毛と鼻水とにおいがしっかりと染み込み、イルカ村を後にしました。


参考までにまとめ。

◆イルカ村の場所
 ・ここ(GoogleMAP検索では観光案内所になる)
 https://goo.gl/maps/7wv3BeLp72G2

◆申し込み
 ・コツメカワウソとと遊ぶ夏3コース
 http://www.honjimairukamura.sakura.ne.jp/natu_course/

◆撮影
 ・カメラ設定
  コンテナハウスの中で窓には遮光フィルム。光源は蛍光灯。暗いけどフラッシュ・補助光はOFF。
  初心者のカメラでは、大体以下の設定で撮りました。
  SS 160~200。F2.8~F7.1。ISO auto(ほぼ6400~12800)。
 ・レンズ
  カワウソとの距離が取れないため、24~70mm。8~15mmの2本。
  70~200mmは出番なし。
 ・位置取り
  蛍光灯から順光になるように頑張る。

◆本島内の移動
 ・レンタルサイクル
  電動アシストが付いた自転車を絶対におススメ!海沿いの道路も結構な起伏でした。
  借りられる場所は本島港で船を降りてすぐにあります。
 ・コミュニティバス
  自転車の横をスルスルと行きますが、イルカ村のイベント時間と運行時間が合わず、、、
  本島 バス 路線図・時刻表・料金表
  http://www.city.marugame.lg.jp/useful/timetable/honjima/index.html

◆ごはん
 地元の方に伺って、お昼は『網小屋』で食べました。お惣菜がGood
 本当は違うお店を調べていましたが臨時休業。事前に電話で確認・予約する事。
 H1DX1232

 ・塩飽本島 食事・宿泊施設
  http://honjima.justhpbs.jp/shokuyado.html

◆その他
 ・虫よけ・日よけ対策
  自然が豊かなので蚊とか飛び系が多かった。自転車に大口開けて乗ると入ります。
  ダイスケくんの抱っこイベント参加する場合は、虫よけ・日焼け止めスプレーなど要注意。
  基本は服で防護。触れ合い前の基本と思います。(タバコ臭もやめましょう)

◆次に行くスケジュールmemo
 ※カワウソメインで観光そっちのけです。

 6:25 児島観光港発(観光の場合駐車場無料。朝一の便は直接船で料金精算)
 7:00 本島港着
 7:05 レンタルサイクルを借りる(電動アシスト付き)
 8:00 観光案内所でモーニングを食べつつ休憩
 9:20 イルカ村へ向け出発
 10:00 午前のイベント開始
 10:30 午前のイベント終わり移動
 10:50 笠島地区を観光・ご飯(吾亦紅)・休憩
 13:40 イルカ村へ向け出発
 14:00 イベント開始
 14:30 イベント終わり移動 
 15:00 観光案内所でコーヒーを飲みつつ写真整理と休憩
 16:45 本島港発
 17:15 児島観光港着


のんほいパーク ほい、久しぶりだのん

R5DM0103
2016.4.30,Toyohashi Zoo&Botanical Park


こんにちは。かわうそ初心者きまぐれ日記 、今回は新規訪問です。


R5DM0004
名古屋から電車で約1時間ちょっとのところにある「豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)」に行ってきました。


R5DM0007
園内は広く、動物園ゾーン・植物園ゾーン・遊園地ゾーン等があり緑豊かな施設となっています。


R5DM0005
2016年1月に市川市動植物園からチナちゃんとレモンちゃん、そしてアドベンチャーワールドからユウ君がやってきました。


R5DM0290
カワウソ舎発見!とっても気合の入った展示場です。


R5DM0013
正面からみたカワウソ舎。3つのゾーンに分かれます。
左は砂場やドンゴロスベッドがある展示場。右はプール。そして真ん中には展示場とプールをつなぐ通路があります。


R5DM0298
砂場のある展示場の外には足場(写真左下の緑のベンチ)があるので、小さなお子さんでも楽にのぞき込めるようになっています。最初はベンチと思って避けていましたが、飼育員さんが「乗ってください!」と声をかけていました。


H1DX8768
お盆のようなドンゴロベッド。ぴったりサイズ。


H1DX8990
クネクネゴロゴロ。コンニチハ~。


H1DX8890
久しぶりのユウ君。かつてこのブログで「仮)うそタ君」と呼んでいた小さな男の子が、いつの間にか立派なカワウソになっていました。

アドベンチャーワールド 家族



R5DM0198
おぃっちにーさんしぃー



R5DM0093
遊びに忙しいユウ君。

この日、チナちゃんは治療中につきお休みでした。遊んでいる時にケガをしてしまったそうですが、順調に回復しているようです♪


R5DM0224
ユウ君が小石でジャグリングを楽しんでいると...レモンちゃんがフラ~っとやってきました。
レモンちゃんもすっごい久しぶりの再会です。


H1DX8758
あの時は小さかった(当たり前だけど)ユウ君とレモンちゃん。千葉と和歌山のカワウソが愛知で一緒に暮らしています。不思議な感じ


R5DM0087
このトンネル、超~いい感じ。


R5DM0089
ほい、次いってみるだのん。


R5DM0243
展示場とプールをつなぐ通路にて。
アクリル越しにご挨拶~。


R5DM0236
レモンちゃんのブヒ顔。
出会った頃は小さくて可憐な女のコでしたが、貫禄あふれるコツメ姉さんになっていました。
市川市動植物園 レモン祭り

R5DM0020
ちょっとワイドな、ワイルドではありませんよ、ワイドなレモンちゃん。
実はおめでた説があるようです。でもただ単に『ワイド』なだけかもしれませんが、もしかすると「ママレモン」になる日がくるかもね。


H1DX8787
のん、気が早いだりん。(訳:ねぇ、気が早いわよ)

ところで「のん」と「ほい」というのは三河弁のようです。
「のん」は『~だねぇ~』のような語尾で、「ほい」は、『おい』とか『やぁ』のような呼びかけの表現。
よくわかりませんが『のんほい』という響きは心地よいだのん。


R5DM0058
お魚もってす~いすい。


R5DM0060
しかも悟りを開きながらのす~いすい


H1DX8702
のんほいパークでのほほんと過ごした1日でした。

 

みさき公園 冬のナツの子供たち

R5DM0103
2015.11.22,MisakiPark


こんにちは、かわうそ初心者、きまぐれ日記へようこそ。
去年11月に訪れたみさき公園のカワウソ親子の様子です。


R5DM0151
みさき公園の『動物園』ゾーンから。
まずはナツお母さんの登場です。通称なっちゃん。勝手にそう呼んでいます。
なっちゃんのパートナーだったレオン君は亡くなったそうです。現在、娘のリンちゃんと暮らしています。


H1DX9107
娘のリンちゃん。兄妹フウ君と合わせて「風・鈴」と書きます。現在風君は東武動物公園で暮らしています。


R5DM0173
広くない展示場ですが、活発に泳ぐ姿や、通行人の中からキーパーさんの姿を必死に探す様子が大人気のナツ・リン親子です。


R5DM0170
ナツ・リン親子の「食」への執着心は凄まじい。人間の言葉が喋れたら「お腹空いた!」ばっかり言っているに違いない


R5DM0096
次は、『動物園』からイルカショーがメインの『シャイニースタジアム』へ。
こちらにいるのはなっちゃんの長女・レナちゃんです。


H1DX9016
『シャイニースタジアム』ではシーズン毎にテーマが変わりイルカショーが繰り広げられます。


R5DM0033
イルカショーを観に来たお客様に、レナちゃんから熱~い視線でご挨拶。


H1DX8856
以前は囲いの中でカワウソたちと自由に触れ合う事ができる「カワウソとあそぼ♪」という夢のイベントがありましたが、今現在は開催していません。


H1DX8937
レナちゃんの妹たち、テラ・ミラ・ララの3姉妹が大活躍をし全国のウソらーを魅了していたイベントでしたが、お嫁に行ったり妊活に勤しんだり…等の理由で、しばらくは開催予定はないようです。でもいつかきっと復活してくれることを楽しみに待っています。


R5DM0104
レナちゃんの双子の兄弟レン君はバックヤードにいるようですが、時々イベントの公開練習を行っています。この日は残念ながらレン君に会うことはできませんでしたが、運が良ければ公開練習の「練習台」になることができるかも!です。


H1DX9003
ゲージの中のドンゴロモック。


H1DX8923
とっても居心地が良さそうですね。


H1DX8844
次はレアキャラ、レナちゃんの弟ししまる君です。


H1DX9162
時々出没。イルカショーの前に「ちょこっとお散歩」をすることがあるようです。


R5DM0230
飼育員さんの方に乗っかり、ハーネスを装着します。
その間、飼育員さんによるフェイスマッサージ。


R5DM0239
もみもみ。


R5DM0237
しゃ~~~。


H1DX9264
フェイスマッサージ効果が出てるかな?キリッとシャキッと凛々しいお顔になったししまる君。
いざ、しし散歩出発のはずが...


H1DX9246
飼育員さんの後ろに隠れて、「大勢の人がいると怖いよ~」が発動中。


R5DM0281
そんなビビリーししまる君からちょっと離れて望遠で撮影。


R5DM0253
「うん、大丈夫。怖くない」。ビビリーが解除されると...


H1DX9291
いざ、しし散歩の始まりです。
ここ、みさき公園ではシャイなシャイニースタジアムのししまる君のお散歩は遠目で見守るのが暗黙の了解となっています。


H1DX8817
「遠目...」と言えば、みさき公園を出てフェンス越しになっちゃんの子供たちが見えます。
こちらは...たぶんレン君かな?


H1DX9473
このポーズは多分ララちゃんかな。その他にもミラちゃんの姿も遠目から見ることができました。

これは去年11月の様子です。今では展示メンバーが変わっているかもしれません。またなっちゃんファミリーに会いに行こうと思います。


H1DX9057
そう言えば、この時はたくさんの子ザルちゃんに会うことができました。ムチムチぽてぽて可愛い子ザル。

 
coming soon ...

□安佐動物公園
□海遊館
□のいち動物公園
□みさき公園
□ニフレル
□安佐動物公園


Twitter プロフィール
かわうそ暦8年目突入!!
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
記事検索
かわうそ初心者のブログ