かわうそ初心者のブログ

カワウソ歴8年目の初心者とちびっくが"知ったか"のかわうそ日記を綴ります。いつまでも未熟な"初心者"と"ちびっく"の共同ブログ。8年目に突入でも"初心者"のまま!! Twitter⇒@OtterBeginner

エビとカニの水族館 特別展示in天満屋

H1DX8323


こんにちは、初心者#です。
今回はTwitterで情報を得た『ご新規コツメさん』に会いに行って来ました。


R5D_0812
池袋にあるサンシャイン水族館からお引越ししてきたばかりのおんぷとすみれ姉妹です。


H1DX8312
ピーターとシュラの間に誕生した現在1歳3ヶ月になる姉妹です。
『おんぷ』という名前はアイドルグループが命名、『すみれ』は一般募集によって命名されました。


まずはお引越し先の水族館についてご紹介。

おんぷとすみれ姉妹は、和歌山にある『すさみ海立 エビとカニの水族館』にお嫁入りしてきました。
名前の通り「エビとカニ」だけの水族館らしいですが、毎年恒例で移動水族館を実施されているそうです。
おんぷとすみれは早速その移動水族館の方へやって来たという訳です。

H1DX8483
それは広島県にあるデパート『天満屋 福山店』7階 催事場!

夏休みの子供をターゲットとした期間限定のイベントですが、コンセプトや説明書き、展示方法は想像していたより大規模なものでした。

R5D_0883
展示水槽からクラゲゾーンへ。


H1DX8462
いろんなクラゲがいましたが特にブルージェリークラゲがお気に入り。


R5D_0884
次はウミガメ教室!


H1DX8467
Hi!ようこそエビカニ水族館へ


R5D_0885
タッチングプールもあり、小さなお子さんに大人気。


R5D_0862
会場は全体的に暗めの照明。


R5D_0868
サメプールは上から見下ろせるようになっています。


R5D_0878
可愛いハリセンボン


R5D_0897
大きな円形の水槽にはクマノミがいっぱい


H1DX8455
オニダルマオコゼ。


で、お待ちかね。おんぷとすみれ。
R5D_0794
入口からぐるっと一周すると出口にあるのがコツメカワウソ展示場。広さにして約8畳ほど。


H1DX8482
カワウソ展示場を出るとそこはグッズ売り場(無料ゾーン)。そこからも少しだけカワウソを覗けますが、ここはお金を払って順番通りに回りましょう。


H1DX8193
展示場はアクリル板で覆われカワウソにピントが合わず、また蛍光灯によるフリッカーによって、写真は少しおかしな色になってしまいます。室内展示には多いですね。


H1DX8265
手前には水槽があり、背泳ぎをして遊んでいました。


H1DX8226
正面の奥に飼育スタッフさんが出入りする扉があります。


H1DX8188
この日はデパートのオープンと同時に7Fの会場へ直行。ちょうどご飯を食べているところでした。もらっていたのは頭と胴を切り離したアジです。内臓や骨はそのまま。サンシャインではアジを食べたことがなかったとサンシャインの常連さんに聞きましたが・・・。


H1DX8191
ちゃんと食べた?最後はアジを弄んでいましたが、お腹がいっぱいになったからかな?


H1DX8274
ご飯の後はドンゴロスや木のオブジェでクネゴロが始まりました。


H1DX8302
この木のオブジェが楽しそうなんです。


H1DX8288
コツメ心をくすぐる隙間がいっぱい


H1DX8387
コツメを探せ!その① ヒント:手が~・・・


H1DX8405
コツメを探せ!その② ヒント:おんぷとすみれ、両方いるよ


R5D_0786
登ったり潜ったり。なかなかいいアイテムですね!
でも、これってスリムな彼女たちだからこそ楽しめるのかも。ぽっちゃりコツメちゃんには一度入ったら脱出不可能なんて事になりそう



R5D_0799
天満屋さんでのお仕事が終わったらエビとカニの水族館に帰るんだろうか?


すさみ海立 エビとカニの水族館 ホームページ

天満屋福山店 ホームページ

移動水族館のチラシ PDF

チラシをみてビックリ。コツメの写真がコ○メちゃん


 
coming soon ...

□安佐動物公園
□海遊館
□のいち動物公園
□みさき公園
□ニフレル
□安佐動物公園


Twitter プロフィール
かわうそ暦8年目突入!!
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
記事検索
かわうそ初心者のブログ