かわうそ初心者のブログ

カワウソ歴6年目の初心者とちびっくが"知ったか"のかわうそ日記を綴ります。いつまでも未熟な"初心者"と"ちびっく"の共同ブログ。6年目に突入で"初心者♪"から"初心者"に逆戻り! Twitter⇒@OtterBeginner

Happy New Year 2016!

H1DX0133


あけましあておめでとうございます

今年もよろしくお願いします

素敵な1年になる事を祈って カワウソと共にあらんことを




ときわ動物園 おサルとカワウソ

H1DX0123


こんにちは、初心者♪です。
今日の主役はおサルとカワウソ、ときわ動物園の続きです。


H1DX1088
ボンネットモンキーとコツメカワウソの展示は新しい発見の連続です。


H1DX1097
サルとカワウソはお互いを意識しつつも、無関心を装っています。ただし子ザルは別。


H1DX1100
常にカワウソの動向を見ている子ザルたち。見られることには慣れっこのリンちゃん。意に介しませんよ。


H1DX1101
但しボン君は子ザルの存在がうっとうしいようで、すれ違いざまにギャウッと文句を垂れています。でもリンちゃんの陰に隠れて


H1DX1193
「何してるの~?」子ザルが近づいてきました。
ボン君は「あっち行けよ」と言わんばかりに口が半開きですが、リンちゃんは相変わらず落ち着いています。


H1DX1309
枝で遊んでいたリンちゃんの前にまたもや子ザルがやって来ました。でもリンちゃんは微動だにしません。


H1DX1334
落ち着き払ったリンちゃんに飽きた子ザルは後ろにいたボン君の前に行き、わき腹をポリポリしました。
それがボン君の癇に障ったのか、またギャウッと威嚇された子ザルちゃんでした。


H1DX1123
大人同士はスルーなんですが、子ザルたちは何かとちょっかいを出してくるようです。その度にボン君がギャウッと追い払う役目のようです。なんていうか、姐さんを守る舎弟って感じ。


H1DX0305
抜き足差し足忍び足~…リンちゃん、うしろ~~~~


H1DX0302
ハイ、タッチ。

でも、リンちゃんはいちいち相手にしません。この後も何事もなかったのように去って行きました。


H1DX1280
ボン君のしっぽにもハイ、タッチ♪


H1DX1289


ギャウッと怒られていました。子ザルちゃん、どんま~い。


H1DX1132
コツメの姐さんと舎弟のお通りだよ。


H1DX1133
リンちゃん、凄味がでています。ボン君も「いつでもかかってこんか~い」的な姿勢で歩いております。


R5DM0678
「そこどくのどかないの


R5DM0677
ここでも追い払うのはボン君です。子ザルちゃんはびよ~んっ。


H1DX0576
植栽を引っこ抜いて食べるボン君。おサルとカワウソが引っこ抜いてしまうようです。美味しいのかな?


R5DM0147
岩場にはたくさんのくぼみがあり、ボンとリンはいくつかの巣穴を作っているようです。ちなみにこの写真は糞場のようです。


R5DM0612
リンちゃん、枯葉を持って巣穴にGo!


R5DM0583
巣材を持ち運ぶリンちゃん。実際はボン君の方が巣材運びに熱心なようです。野生のカワウソはどっちの仕事なんだろう?

姿が見えないときは巣穴で寝ているかもしれません。でも寝ているより、放飼場を散歩している事が多い気がしました。


H1DX1341
またもや事件発生。ボン君が寝ている子ザルのしっぽを噛んじゃった!


H1DX1342
驚いた子ザルの小さな悲鳴を聞いた大人サルがボン君に飛びかかります。


H1DX1344
ボン君の背中にかぶりつく大人サル。でもボン君の余裕の表情から察するに、噛みつこうとしているけどなかなか肉を挟めない感じでしょうか?

やめとけばいいのに、ボン君もギャウッと大人サルに飛びつきます。その間、リンちゃんはそそくさと岩山へ逃げボン君を振り返ります。


H1DX1387
何とか岩山に逃げ込んだボンとリン。でも子ザルの悲鳴を聞きつけたサルたちが13頭程集まって来てにらみ合いが始まりました。まっすぐおサルの目を見る冷静なリンちゃん。


H1DX1411
でもここがカワウソの賢いところ。戦わずしてスルッと大きな岩の下に逃げ込みました。サルたちはボンとリンが出てくるのを待っています。

でも、ボンとリンは別の出口からさっさと出ていってしまいました。


R5DM0721
オスとメスの違いなのか、個体差なのか。おサルへの対応が全然違うボンとリン。これがメメとハルだったら間違いなく、メメがハルを守るんだろうなぁ…など他のペアの事を想像してしましました


R5DM0646
子ザルにちょっかいを出さない。そんなルールがあるのかな?
普段は本当にお互いを無視しあっているボンネットモンキーとコツメカワウソです。

ちょっかいと言えば…


H1DX0888
亀です。ちょいちょいカワウソに弄ばれているようです。この日も陸に上がった亀をカプ~っ


H1DX0889
水中に引きずり込まれました。その後は知らんぷり~♪なカワウソです。カワウソが近くに来たら手足をひっこめていました


H1DX0750
子ザルのちょっかいをかわし、亀にちょっかいを出し、岩場を冒険し、寝室でご飯を食べる。ボンとリンの日常はちょっと刺激がある毎日のようです。


H1DX1479
今日のランチは「シジミ」。切込みを入れ、食べやすいようになっています。

ときわ動物園のスゴイところは、どの展示前にもガイドさんがいるっていう事です。


H1DX0857
ぱくぱくタイムはもちろん、それ以外の時間帯もほぼ1日中、飼育員さんが立ち解説をしてくれます。だから質問も色々できるんです。


R5DM0771
動物の動きを観察する楽しさが盛り込まれているときわ動物園。

ところで、ボンとリンは青空の下へそ天で寝る事はあるのだろうか?


R5DM0556
もう一つ第四の観覧スポットがありました。それは正面向かって左側の植え込みの隙間です。もう少し観覧スポットを増やして欲しいなぁというのが正直な感想でした。

とは言えこの展示場、掃除が大変そうですよね。実際、動物をバックヤードへ収容した後にあちこちの糞を探して掃除をしているようです。


R5DM0648
見どころ満載、新たなカワウソの魅力も再発見!な、ときわzooでした。

ときわ動物園 最強展示

H1DX0761


こんにちは、初心者♪です。
2015年3月にリニューアルオープンした山口県宇部市にある『ときわ動物園』に行って来ました。

このリニューアルと共にコツメカワウソを展示すると知ったのは今から3年前の事。首をなが~くして待っていました。そして、ボンネットモンキーとの混合展示と聞いてびっくり仰天。
では、びっくりどっきりオッターの世界へいざ突入!


H1DX1582
ときわ公園内にある『ときわ動物園』。歴史は古く、地元の方に愛された動物園です。かの有名なペリカンの「カッタ君」の生まれ故郷だったんですね。お若い方はご存知ないんだろなぁ…。


H1DX0003
素敵な木彫りのモニュメント。はい、ココ注目!


H1DX0004
好奇心旺盛な瞳を輝かせているカワウソがいますよ

ここで重大なお知らせ。公園内には遊園地、売店、レストラン、お手洗いなど充実しておりますが、動物園内には一切ございません。再入場は1回まで。年パスを購入した方がよいかと思われます。


H1DX0008
おっ!?嬉し楽しい給餌のお知らせ。コツメカワウソのぱくぱくタイム!


H1DX0630
ときわ動物園の主役はおサルさんたちです。シロテテナガザルが自由にのびのびと空を飛ぶように木から木へとジャンプしていました。


R5DM0852
はい、お待たせしました。コツメカワウソの展示場~!ではなく、ボンネットモンキーとコツメカワウソの展示場です。高い塀に囲まれ、外にも中にも緑がいっぱい。


R5DM0853
こちらの展示場の観覧場は3ヶ所です。まずはこの正面ですが、唯一アクリルなしで見る事ができる場所です。但し、手前にも岩があるため背の低い初心者は少々見えにくい。

大きな岩の向こう側に見える次の観覧スポットに移動します。


H1DX0031
第二の観覧スポット前には動物の案内板がありました。
ところで、園内の雰囲気がなんとなくよこはま動物園ズーラシアのような感じです。


H1DX0100
はい、こちらが第二観覧スポットから見える主役のボンネットモンキーさんたち。Ⅰ群、Ⅱ群に分かれて日替わりで展示されているようです。この日は頭数の多いⅠ群の日でした。のどかな風景。いいですねぇ~。


おい、初心者。カワウソはまだか

ちょっと待てちょっと待てお兄さん…。 
なんてテンションをあげな・が・ら・の~

H1DX1066
はい、来た!リンちゃんを先頭にコツメカワウソの登場です。でも行く手にはおサルたちがっ~


H1DX0204
はい、スルー。こちらの期待とは裏腹に(一体何を期待していたんだ)リンちゃんは素知らぬふりをしてスタスタと通り過ぎました。


R5DM0599
続いてボン君もスタスタスタ~っとスルーです。


H1DX0028
この広い展示場内では、サルとカワウソは棲み分ける事もなく、お互いが自由に行き来しています。


H1DX0197
植栽豊かな展示場。この展示場は『生息環境展示』をコンセプトに、動物たちが生息している環境を再現しているとの事です。混合展示と生息環境展示。この最強セットは普段では決して見る事の出来ないカワウソを見ることができます

そして、動物と同じ高さの目線、もしくは見上げて欲しいという設計者の思いがつまった展示場でもあります。
だから正面スポットでは下がのぞき込めないようになっているんですね。


R5DM0429
展示場に沿って降って行くと、今度は洞窟風建物に入ります。第三の観覧スポット。
そこにはコツメカワウソの寝室と水辺があります。


R5DM0777
初めまして、ボン君。ドイツからやって来た現在2歳のオスです。若くてむっちりとした可愛い男の子。なんとなく、平川zooのチェリーちゃんに似ているような気がしましたが、お国が違うので血縁関係はないでしょう。


R5DM0651
こちらは池田zoo生まれ、徳山zooにお引越しした旧名ローズちゃん。今のお名前をリンちゃんと言います。お鼻がローズ色をした可愛い3歳のメスのコツメカワウソです。


H1DX0394
正面と、第二、第三観覧スポットの中ではココが一番距離が近くて、大はしゃぎをするボンとリンを見る事ができます。


H1DX0770
この木の中を通ると寝室につながります。


R5DM0352
この寝室はおサルが入ってこれないので安心して休むことができ、そしてぱくぱくタイムも行われます。


H1DX0923
でもね、やっぱりお外で遊ぶのが一番楽しいよ♪


H1DX0398
このプールはボンとリン専用のプールかと思いきや、実はボンネットモンキーたちも夏になると泳ぐそうです。おサルって水が嫌いなんだと思っていました。

この日はボンネットモンキーたちの泳ぐ姿を見る事はできませんでしたが、今度はカワウソと一緒に泳ぐ姿を見てみたい。


H1DX0537
その代わりと言ったらなんですが、亀とカワウソが一緒に泳いでいました。


H1DX0473
水辺ではしゃぐボンとリン。
徳山zooに居たころのリンちゃんは、ずっとひとり暮らしだったせいか寝てばっかりでした。そのリンちゃんのイキイキとした表情を見た時、池田zooで姉妹で大はしゃぎをしていた頃のリンちゃんを思い出しました。


R5DM0409
自然のオモチャがいっぱい。池田zooでも葉っぱや枝で遊んでいたね~。


H1DX0709
リンちゃんって昔からオモチャを持ってカメラ目線をしてくれました。そのサービス精神は今だに健在。


R5DM0488
常に行動を共にするボンとリン。
ボンとリンという名前は、とある国の初代国王の名前にちなんだと聞きました。肝心のお国はお忘れました。


H1DX0070
自然界にいる野生動物と、園館にいる飼育下動物、そしてペットとして飼われている愛玩動物…さまざまな運命を持った動物たちがいます。
野生動物以外はみな人間の管理下におかれ、言葉を悪くすると自由を奪われた動物たちです。


R5DM0089
でも私は園館にいる動物、と言ってもカワウソばっかりなんですが、飼育下動物に会いに行くのが大好きです。
施設によって飼育環境が大きく異なりますが、どの園館も動物たちが過ごしやすいように様々な取り組みや工夫がいっぱい施されています。


H1DX0821
作られた環境の中でも動物たちの行動を見る事によって、自然界にいる動物の生活を想像したり、時には絶滅した原因なども自分なりに考えたりすることもあります。

でも、このときわ動物園のボンネットモンキーとコツメカワウソの混合展示を見てから、全てが吹き飛ぶ位に驚きと感動が一気に押し寄せました。こんな展示があったとは…。

カワウソが主役ではないけれど、カワウソ好きの方には絶対行って欲しい動物園です。『可愛いコツメ好き』な方には物足りないかもしれません。展示場の広さに対し、観覧スポットが少ないので、姿を探すのに一苦労…。でも「探す楽しさ」も実感できると思います!


次は、ボンネットモンキーとコツメカワウソの小競り合い風景です♪

 
coming soon ...

□安佐動物公園
□海遊館
□のいち動物公園
□みさき公園
□ニフレル
□安佐動物公園


Twitter プロフィール
かわうそ暦5年目突入!!そして、かわうそ初心者♪に変身!!かわうそ写真はこちら⇒ @OtterBeginnerP
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
記事検索
かわうそ初心者のブログ